« プロフェショナル 江川悦子 | トップページ | Extremists »

2009/07/07

部分日食の楽しみ方

皆さんご存じのように、2009年
7月22日に、皆既日食があります。

国立天文台による情報

現在私が滞在している
上海でも見られるというので、
ホテルにポスターがありました。


東京などでは、部分日食となりますが、
その楽しみ方について、畏友、田森佳秀が
すばらしいメールを送ってきたので、
ここにご披露いたします。


田森佳秀氏

To: mogilab
From: Yoshi Tamori
Date: Mon, 06 Jul 2009
Subject: [mogilab] 部分日食の楽しみ方

こんにちは、mogilabの皆様、

人によっては、どうでもよい話かもしれませんが、手土産代りに以下をどうぞ。

7月22日に日食があるのは、御存知と思いますが、もうトカラ群島へのツアーチケットは残っていませんし、上海まで行く程の時間とお金が無い人は、残念な事と思います。部分食では、美しいコロナやプロミネンスを見ることはできませんが、部分日食も十分、面白いので、諦めてはなりません。
部分日食には、部分日食の楽しみ方がありますので、日食の日は、何を置いても晴れる場所に出向きましょう。

その1(トゲトゲ木漏れ日)
=========================
部分日食を楽しむには、まず、木漏れ日が見える所で部分日食の時の影を見ましょう。その影の中の木漏れ日が皆、三日月になる刺々しさを味わう事が大切です。

その2(天変地異)
===============
また、ほんの少しだけ西の空に雲があると、空を動く月の影を見る事ができます。この影が、ぐんぐん近寄ってくる不気味さと、同時に巻き起こる大風が、ますます天変地異を、かもし出してくれてワクワクしてきます。

その3(人工木漏れ日)
====================
穴を沢山あけた、大きめの厚紙を用意して、その穴の影がどう変わるかを楽しみましょう。この手の、ピンホールを利用する実験の時は、紙の周りから回りこんでくる光による明るさを、如何にして抑えるかが大事です。一番簡単なのは、暗い箱の中に像を結ぶようにしておくことです。

その4(欠けた太陽の刻印)
=======================
ピンホールから漏れた太陽の直径は、ピンホールから1m離れたところで、大体9mmです。

月も太陽も視直径は大体0.5°(太陽=0.533、月=0.518)、なので、2分で月一個分ずれてゆきます。

ここで、定規を、予め計算しておいた、太陽の影の軌道に沿うように地上に固定し、新品のDVD-Rを用意して、以下のように、定規に接触させて配置します。
(以下、英等幅フォントで描き直してください。)

Paper
SUN ` ,.--.,,
O , ,` ,'` '.
-,', - / `, /
`',. / , |¥
/ `',. ' ,.., ¥ +--¥ ¥
,' `'. ' ` | | ¥
/ |`'., |NewDVD| | | ,13秒に1mmづつDVD-Rを
' | ``'., / | | /   右に移動させる
-` , ',`.,` / +--. '
¥ `. `- ' |'
`. `'@ ,' -¥
'. ,-
-------------------------------------------------+
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|| | | | | | | | | | |
| |
+------------------------------------------------+

もちろん、厚紙のピンホールを通った太陽の光がDVD-Rの感光面にあたるようにしておきます。ピンホールからDVD-Rメディアまでの距離は1mになるように気をつけ、回り込みの光があまりあたらないように、大きめの厚紙に穴を開けてセットしておきます。

ここで、時報をあらかじめ録音しておいて、太陽がきれいに欠けたところで、ピンホールからの光をあてます。時報の「ピッ、ピッ」という音を13個数えるたびに、1mmづつDVD-Rを定規に沿って並行移動させます。

すると、5分も頑張れば、DVD-Rに太陽の三日月の影を焼きつけることができます。

もちろん、ちゃんと焦点を実験で定めておけるなら、簡単な望遠鏡を使えば、広角を大きくとれるので、短い時間でも、焼き付けは可能です。

以下、定規の向きを決める時に、参考にしてください。

月の影が動く様子

http://eclipse.gsfc.nasa.gov/SEanimate/SEanimate2001/SE2009Jul22T.GIF

私は、日食の時の、大風が好きです。

ぽよ

7月 7, 2009 at 09:44 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部分日食の楽しみ方:

» 天の恵みにかけよう トラックバック 須磨寺ものがたり
まずは天気予報が気になる、 どうやら曇りがちだが、 雨はなさそうなので、期待したい。 [続きを読む]

受信: 2009/07/07 11:15:17

» etude103 トラックバック 御林守河村家を守る会
岩倉使節団はすでにスイスをすぎて、 1873年(明治6年)7月15日の夜、 リヨンに着きました。 [続きを読む]

受信: 2009/07/08 4:55:26

コメント

明けて今日は、部分日食を見ようと思って休みも取ってあるのに、
考え事が始まってしまいまだ眠れません。 それより、晴れるかどうか。
7日のクオリア日記の、田森さんのご提案のおかげで、
皆既日食じゃなくても全然いい!と思って過ごして来れました。ありがとうございます。


茂木先生が舞台をご鑑賞されたという、野田秀樹さんの『パイパー』をテレビ録画で観れました。
一瞬も飽きさせない、そして、これほど格調の高い作品だったのかと知りました。
すごい想像力だと思いました。


以下は、上の話題とは直接の関係はありません。
(茂木先生やブログ読者の皆様には今更というような内容だと思いますが、
夜なかの考え事の一部です・・・)

想像力(空想)は、人類を救ってくれるものですよね?
空想が人を狂気に導くのではなく、
空想とそれを支える孤独の欠如が、現実社会への狂気の引き金になりうる、と思う。
”発達した”社会は、非現実的な想像力と孤独とを、不要としていくかも知れませんし、
それで生きていける人はそれでいいと思います。
悲劇は、現実の現代社会におさまりきらない何かを自分自身に背負いながらも、
空想すること、あるいは、孤独を守るスキルを、自分の心に
育てることができないでいる人々ではないのか?と思います。

反社会的な行為を、一度も心に思わない人はいないのではないかと思います。
でも、思うということと、行為するということは、たとえ脳の中では近くても、
宇宙の中では全く違う。
これは、必要があってそうなっているのですよね?

投稿: Mizno Yuli | 2009/07/22 5:37:26

おはようございます。
部分日食の楽しみ方 どれか チャレンジ したいと思います ! 田森サン ありがとうございます

田森サン も 茂木サンも その時々で ずいぶん お顔の印象 が変わります。
内面の深さ が在り、 いろんな 表情を 現れるのでしょうか。 茂木の笑顔も 柔らかいです。

投稿: サラリン | 2009/07/08 6:50:34

茂木先生 こんにちは♪
皆既日食、とても楽しみにしています!広大な宇宙の小さな太陽系の中の、小さな地球のまわりで起こる自然現象ですけど、地球にとっては大きな出来事ですね!ノンビリと、そのうち日食グラスを買おうと思っていたら、テレビで売り切れ続出、と言ってたので、慌てていろいろ電話して、やっとその売り場で最後に残っていたのを買えました。これが無いと、絶対みられませんから…。小学校の頃、理科の時間に下敷きで観察したのは、間違っていたんですね!ムス…!母はガラスに煤をつけて見たそうです。これも間違い!ムス…!(笑)梅雨明け頃で、お天気も大丈夫ではないかしら?天気と言えば、今日は七夕、一年にたった一度の再会だから、絶対会えるようにして上げたいですね!広大な宇宙の、小さな星の物語です♪

投稿: 平井礼子 | 2009/07/08 2:25:24

すっごーい!これ、タモくんが書いた文章なの?すごいじゃない。文章のなかに、ちゃんと漢字が入っているじゃないの。

でも、相変わらず、何が書いてあるのか、先生、よく分からないわ。ふふ、でも、いいのよ。タモくんが、日食のときに大風が吹くのがすきだっていうことはわかったわよ。そうなのよ、タモくんが、そんなふうに感じるなーっていうことが一番、大事なのよ。それを大切にしていくといいよ。先生、そう思うよ、うん・・・。


サブテキスト

「この文章、ふつうに、わかんないね。」
「うん、わかんない。」
「数式はもちろん、わかんないけど、日食に大風って、どういう意味なんだろうね?」
「どういう意味なんだろうね。」
「数式もわかる人にはわかるものだよね。とすると・・・」
「なるほど。この文章もわかる人にはわかるんだ、きっと。」
「そうすると、この一文は、天才が書いた”詩”みたいなものなんだ。おそらく、わかる人にはわかるんだ。」
「なるほどね。っていうことは、これは、『博士の愛した数式』ならぬ『博士の愛した詩』っていうことね・・・。」
「うん、今のところ、そう思うしかないよね。」
「うん、そう思うしかないわよね・・・。」

投稿: 砂山鉄夫 | 2009/07/08 0:40:49

その1とその2は、
私でも頑張ったら可能でしょうか?

田森先生、ありがとうございます!
茂木先生、素敵なメールのご披露
ありがとうございます!

日食の時の大風、田森先生はお好きなのですね。
想像で、イメージを膨らませてみました。

似ていると思って浮かんだのは・・・
宮崎駿監督のジブリ映画作品で、
大好きな「天空の城ラピュタ」
や「風の谷のナウシカ」の大風です。
私も好きです。

投稿: 発展途上人 | 2009/07/08 0:10:26

茂木さん、田森さんのメール紹介してくれて、ありがとうございます!

田森さん、色々な方法教えてくださり、ありがとうございました!面白そう☆

投稿: 奏。 | 2009/07/07 19:41:13

 茂木先生の英文は、怠け者の私が初めて読み続けたいという願望を持った類稀なるテキストです。簡にして要、範囲は多岐にわたり、壁を造らず代わりに樹木を茂らせ、空から雨ふれば雨に濡れ、雨水たまり池できれば空の雲映すを観る。しかし、いつでも台風地震に倒れぬ家くらい建てられるんだという実力を備え、またこれを磨く。これは胸躍る生き方です。
 公国や王国を築く玉座の温もりを手に入れたヒトは大学教授にも多いことでしょう。学問のブランド化は進むばかりではないかと思われます。
 私には先生の髪の毛にその生き方のヒントがあるような気がしてなりません。つまり、囚われないという遺伝子がその髪の毛一本一本に潜み、爆発している。(笑)面白いご先祖様。
 中ほどで悪口も書きましたのでどうぞオフレコにしてください。テキストに本当に感謝しています。
 

投稿: M | 2009/07/07 15:54:13

茂木先生 こんにちわ

(*'▽'*)ワァ♪スゴイ情報
東京では 皆既日食が見られないし
それに 何と言っても 今 梅雨だし・・・。

・・と チョッピリ しょげしょげしていた私にとっては
そぅなのね~と言う ワクワク情報でした
田森さんッありがとぉ(*- -)(*_ _)ペコリ ございますです

茂木先生は 22日は 何をしていらっしゃるのかな
眺められたら良いですよね

う~ん その為に 上海に行くのも良いなぁ・・・。
(結構 本気)

ともあれ
天体は いつもどの時代にも
人間の 魂を 揺さぶるのですね

投稿: Lily | 2009/07/07 10:10:42

コメントを書く