« 赤上が行くのは12階だから | トップページ | 池上高志がいない間に »

2009/07/29

Civilization

Civilization

The Qualia Journal
29th July 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/

7月 29, 2009 at 08:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Civilization:

コメント

茂木先生 こんにちわ

You watched a dance of Bali.
It would be very mysterious space

It's a pleasure to watch tradition almost
as same as there are a lot of I have not gone countries,
and walking the way which is not famousness every the country.

I wonder, why does more many people go to watch them;
there is tradition to say Kabuki and ability or a Noh
comedy with much effort in Japan and still lives.

Something may disturb
Or not spend rich time with everyday business.

Then, we can travel anywhere by air in the world.
I notice it having known Japan all the time
when I go to the foreign country

投稿: Lily | 2009/07/29 22:35:26

文明

文明は多くの形態で入ってくる。

私は2月にバリ島に旅した。
私の滞在の最後の晩、ホテルで
レゴンダンスショーがあった。

そのステージは庭の暗闇の中から始まった。
少女の踊り手二人が、薄明かりのついた演壇に漂って、
外の世界の浮き沈みのことを忘却して、ガムラン音楽
(インドネシアの打楽器中心の合奏音楽)にのせて、
優雅に彼女らの足と手を動かした。

ちょうどその時に、私はその踊り子達は
文明の中心にいることを確信した。
努力と美学は、その中核に入港する、
伝統を豊かにし、輝きをもたらす、光る、
魅了する、心を奪う、
関わることで十二分に幸運をもたらす人
それらを解明するもの。

美しい文明の真実性のその生き生きした感覚は、
私から一度として離れたことがなかった。
そしてそれは今日も私と在る。


おかしな訳になっていると思います。すみません。
『脳は0.1秒で恋をする』(読了しました)
の中で、バリ島を再訪なさったと書かれていました。
その旅で感じられた、癒しの風景はもちろん、
人々の生命の躍動、生きる情熱につながる、
新しいエピソード、忘れがたい感覚のことを
記して下さったのですね。
ありがとうございます。

独特の音楽と舞の、その瞬間そこだけに広がっている
古から伝承された、なのに新しく豊かさを増した
新鮮な輝きのある世界。
暗闇の中に燃え立つような命の輝き、音楽と舞。

踊り子さんたちに大切に伝承された踊りの素晴らしさは、
その形だけでなくて、習得の努力と美学によって
豊かさをまして、芯から輝くもの。生きた文明。
彼女達こそが生きた文明。
魂に響いて、包み込まれて離れない。

無形文化財のような貴重な伝承。
美しい文明、いつまでも残し伝えて欲しいですね。
心を惹かれる美しい自然、なつかしい景色、
温かい気持ち、熱い感動の感覚。
そのような感覚を忘れないために、
そのような感覚と出会い浸るために、
人は生きているのかな?
とふと思いました。

投稿: 発展途上人 | 2009/07/29 22:03:20

はじめまして。
子どもたちが夏休みに入ったので、私もこの夏、
何かを成し遂げようと、クオリア日記を日本語に訳すことを、
毎朝の日課としています。
本日5日目です。辞書片手に英文と格闘するのは、
20年ぶり。朝のひと時が、楽しみになりました。

投稿: 銀ちゃん | 2009/07/29 10:49:19

茂木健一郎様
Legong danceの神々を歓迎し感謝を捧げる舞いには、
時も忘れて見入ったことがあります。
茂木さんの感動と印象を教えていただきましたら
現代に、精神の疾走をする全ての人に通じるものを
感じました。松明の炎に祈りを捧げ、舞う魂、
天を宇宙を信じて駆ける、舞う、忘れないで
生きて行きたいと思います。

投稿: Yoshiko.T | 2009/07/29 10:01:05

コメントを書く