« 授賞式 | トップページ | 講演会のお知らせ »

2009/07/15

Aerial dance

Aerial dance


The Qualia Journal
15th July 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/

7月 15, 2009 at 05:38 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Aerial dance:

コメント

ある著者の言葉を思い出しました。「人間は本能が壊れた動物」である…
ん-…

投稿: | 2009/07/18 23:00:54

茂木先生、おはようございます!


私も今朝、淡い黄色の紋白蝶が舞っているのを見ました。緑の中をヒラヒラと近寄ったり離れたりしながらいつの間にかいなくなっていました。


凄く綺麗でしたよ、先生。

それでは本日も素晴らしい1日となりますように。・゜゜゜・。(*⌒∀⌒*)ノ♪♪♪

投稿: | 2009/07/18 8:05:47

昨日、字を間違えました。すみません。
お恥ずかしいです。


空中のダンス

昨日、私は大阪大学で講義をした。

通りに沿って歩いた、私は二つの普通の
矢車草(青色の蝶?)(Graphium sarpedon)
空の蝶を見た。
彼らは飛び続けた、お互いに追いかけ合った。

しばらくして、彼らのうちの一匹がもう一方の
周りを廻り始めた。
その動きはかなり速かった。
およそ一度ならずちょっとの間
その旋回は完成した。

私は、この優雅なそして動的な
行動を示すことに魅了された。
それは遺伝暗号に書かれなくてはならない。
どうしてかあるいは何のためにか知ることなしに、
何代も何代もこの空中のダンスを行ってきたのだ。


難しかったです。
たぶん今日もおかしな訳になっていると思います。
二匹の蝶々が空中でダンスを踊るように
ひらひらと舞う。
一方が一方の周りを素早く旋回する。
どうしてか解らないまま、代々受け継がれていく
何かの意味があるかもしれない、不思議な行動。

解らないからこそ、その瞬間、神秘的で
美しくて惹かれるのでしょうか。

投稿: | 2009/07/15 23:02:46

「Qualia Journal」の本文をちょっと読んで見た。アオスジアゲハ(common bluebottle)が空中を舞う様子が浮かんできた。

夏が近づくと、うちの近所でも、アオスジアゲハの舞い飛ぶ姿を見かける。

他のアゲハよりも忙しなく、空中で舞う姿は、都会の緑の、夏の風物詩となっている。さながら、街路樹の妖精といったところ。

あの黒地に青緑色の模様が入った羽根のデザインが妙に気に入っている。

アオスジアゲハではないけれど、日曜日の朝方、町を散歩していたら、黒い大きな蝶が目の前に現われた。アオスジアゲハよりもゆったりと飛び、優雅で美しい黒アゲハであった。

蝶にはどこか妖精のイメージがある。もっともそれは人間からみてそういうイメージが浮かぶだけで、蝶自身は、そんなことは毛の1本だにも考えていないのだ。

でも、ひょっとすると、蝶も空を舞い躍りながら、自分の生きとし行ける者として、前途に待ち構えている厳粛で尊くもある運命を、思うことがあるのかもしれない。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/07/15 22:24:07

茂木先生 こんにちわ

I seem to express the joy that was born somehow
when I see two butterflies flying to pick quarrel.
I watch that a butterfly drops in at the water hole
in season in summer.

I think that we live in time in the same world,
・・I am sorry for Professor Mogi・・
I don't leave it to the collector of the creature
throughout the life, don't intend to bend either

投稿: | 2009/07/15 16:36:14

茂木先生、改めて桑原武夫学芸賞受賞おめでとうございます♪\(^_^)/
青い蝶々のダンス綺麗ですね♪ 蝶々の祝福のダンスですね♪
仲良しの蝶々なんですね♪
仲良しと言えば白洲信哉さんのお顔が!
茂木ィ先生のご友人がオンパレードで、素敵なパーティーですね♪(^o^;)
梅原猛氏と言えば「隠された十字架」が凄かったです。
高校生の時友人が貸してくれたのですが、確か法隆寺は聖徳太子の呪いを封じる鎮魂の寺だという内容だったかと存じます。独創的で大変魅力的な御著書で、もう一度読み直したくなりました。
昨日は岡倉天心の「茶の本」ブックオブティーの英語版を買いました♪(頑張って英語で読みます!!)
「茶の本」は名著ですよね♪
岡倉天心大好きです♪
そゆえば茂木さんも岡倉天心にクオリアが似ています!
天心大物です。心から尊敬しています。
では今日も素晴らしい日を!

投稿: | 2009/07/15 7:56:30

茂木健一郎様
大阪で茂木さんがご覧になったこの蝶
この近くにも飛んでくることもあるの
ではないかしら、出逢えることもある
のではないかしらとふと思いました。
そんな風に思い描けたことだけでも
幸せです。ありがとうございます。

投稿: Yoshiko.T | 2009/07/15 6:20:01

コメントを書く