« 女脳 ひらめきと勝負強さの秘密 | トップページ | 小乗的な修行 »

2009/06/07

Queen of Sweetness

Queen of Sweetness

The Qualia Journal
7th June 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/ 

6月 7, 2009 at 07:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Queen of Sweetness:

コメント

毎回。みなさんのコメでやっと話の内容がわかるあおちょんです。

駄菓子。最近。駄菓子屋さんのチェーン店が増えていて。

結構。面白いです。

まだあおちょんが小学生の頃は近所に何軒かあったけど。

今はもうまったくないです・・・なんかさびしい・・・

今はコンビニで駄菓子買う時代・・・

なんか。今の子たちかわいそう・・・

しかも今高くなっているし・・・消費税つくから余計に・・・

種類も少なくなっている気がするのはあおちょんだけ???

投稿: あおちょん | 2009/06/08 18:42:49

茂木さんの”queen of sweetness”
この表現が大好きです!

een 、eet の掛け合いみたいなものと、
sweet と queen の 愛らしさみたいなものが
連鎖反応相乗効果で想像が広がっていきます♫✷~☄

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/06/08 14:59:32

読めそうな気がして再読しますが…

駄菓子や甘い物の事だとは思います。
幼稚園?┐('~`;)┌

Queen of Sweetnessを調べたら
Queen Anne's lace →野生ニンジン
にたどりつき

「ニンジン」と髪の毛を引っ張る
ギルバートの頭を
黒板で殴るアンを思い出しました。

投稿: ぱろっと | 2009/06/07 22:04:52

茂木先生 こんにちわ

”駄菓子屋さん”が お好きだったのですね
きっと ワクワクしながら
お店で買い物をしていたのでしょうね

私の場合 駄菓子屋さんは経験できなかったけれど
ベーカリーに行って 綺麗な お菓子を買うのが楽しかったです。
でも 綺麗過ぎて ジュエリーみたいで
食べるのが惜しくなり とっておいて
いつしか食べられなくなった思い出が一杯あります

それにしても。と思うのは。
何故 小さな子供用のお菓子は
あんなにも鮮やかで綺麗なのかしら。
知り合いの子を 遊ばせていて おやつを買ってあげると言うと
決まって 鮮やかな色の お菓子を選ぶ不思議。
結果 彼女の舌は 綺麗な青に 染まります。
内緒ね って言われても 親に 返しにくいのですよ。毎回。

投稿: Lily | 2009/06/07 19:51:08

矢内棋士の『男性は相手の手を封じこめるような手を指すことが多い』に対して、「何か少し潮流が変わって道筋が見つかると、女流棋士のスタイルが勝つ可能性が出てくると思います」との返答に、励まされた。男女雇用均等法が施行され約20年、いわゆる「会社」でその道筋がみつかった状況になく、いまだ男性流しか通じないことに歯痒さがある。(41歳、会社員、女性)

投稿: ichika | 2009/06/07 19:33:23

駄菓子にはnostalgiaを感じます。
スイートペーパーは食べたことないですが、子どもの頃はたまに花の蜜吸ってたような記憶があります(笑)
ツツジとかサルビアとか?
(毒があるといけないので真似しないで下サイ)
Mysweetmemoryです♪
古代ローマではバラの花を食べていたみたいですけど、どんな味なんでしょう?
そゆえば昔のインディアンの方でトウモロコシしか食べてないはずなのに、美しい立派な体格の方がいました。錬金術と申しますか、体の不思議であります。では。

投稿: 眠り猫2 | 2009/06/07 17:47:35

I take some sapplements recetly.
It is true people who need them
have concerns about keeping their health.

My Queen of Sweetness was Tyrol-Choco.
Most of us could buy only one a day,
so we spent much time to get sweetness
in hills and fields.
Do you know Tokeiso ?
It is called passionfruit today.
Wild Tokeiso is my King of fruits !

投稿: 島唄子 | 2009/06/07 13:20:03

茂木健一郎様

昨日のこと、大阪にむかしむかしからある
大坂のお菓子といえばこれ!
お土産にはこれ!という
粟おこしの本店に行ってきました。
http://www.daikoku.ne.jp/index.asp
Sweetnessの秘密がわかりました。

投稿: Yoshiko.T | 2009/06/07 13:02:33

コメントを書く