« Hong Kong | トップページ | Advent of Gabriel »

2009/06/12

ゆかしい

香港は、全体的に山がちの地形で、
山がそのまま海に落ち込んでいるような
ところが多い。

中心部も、建物が密集しているが、
そこから少し外れると山の森である。

ここには、ずいぶんたくさん蝶が
いるんだろうなあ。

そんなことを思いながら、タクシー
の車窓から外を眺めていた。

日本語は中国語から表記をもらっていて、
発音は心許ないが何とか読んで意味も
推定できる。

時々、微妙にずれた言い回しに出会って
にやりとする。

たとえば、「小心地滑」。

鉄道駅で最初に見つけた時、
思わず歓声を上げた。


フェリー乗り場で見つけたのは、
「行人天橋」。

夏目漱石の小説の主人公のごとく、
生きる意味を追求する人が、
やがて天の橋を歩いていく。
そんなイメージが浮かんだ。


街は密集度が高く、
建物の間を行く道も、高架になっていたり、
街中の公園も段差をうまく生かして
いたり、空間感覚がだいぶ異なる。

香港に比べたら、東京は、新宿や
渋谷でさえもずいぶん
広々としたところだったなと思えて
くる。

香港の人々の顔が好きだ。
とりわけ、年齢がある程度行っている人。

広州の温暖でのびやかな風土。
イギリスの影響。
中国への返還。

さまざまなことをくぐり抜けてきて、
実に良い表情をしている。

夕食の時に隣り会わせた香港の夫婦の
様子にもしんみりとした。

ゆかしい、という言葉が込み上げてくる。

6月 12, 2009 at 08:14 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆかしい:

» 過去の自分時間 トラックバック 須磨寺ものがたり
地域にあるK女子大学のキャンパスを、 所用があって、 何年かぶりに足を踏み入れる。 [続きを読む]

受信: 2009/06/12 9:17:20

» Qualia & Tumblr トラックバック 鯛の遊び絵
ぶっちゃけ大変でした!無事更新。今週のゲストは茂木健一郎さん、2週に渡ってお送りします。 [続きを読む]

受信: 2009/06/12 10:33:19

» 青き中国 トラックバック POPO
赤い国にやってきた 青い屋根の工場群 同じ形の集合住宅 街はクラクションが鳴り響 [続きを読む]

受信: 2009/06/13 1:46:29

コメント

香港は山に囲まれているんですね。。

中心地風景の写真しか見たことがなく、
それが全体に広がったイメージでした。

いいところなんですねえ。

開けないのか、あえて残すように都市部を密集させているんでしょうか..
都心が大きな山に囲まれてあるのはうらやましいです。

まわりは変わらないでいてほしいですね...


市場もとってもたのしそう。
ドリアンとか

カブトガニたちは生きているんですか。。
ひとつひっくり返ってますけども...

野菜もいろいろで

豊かそうですね。


投稿: | 2009/06/13 17:25:14

こんにちは

子供の頃ブルース・リー、ジャッキー・チェン等の映画を観ていて、香港は香港だと思っていました。その後、学校で香港は中国からイギリスが借りたものだと歴史を知って、実際に返還されるのをTVで見て、教科書の歴史と、現在のTVがつながっている感じがして、当時、不思議な気持ちになりました。


「小人地滑」、「行人天橋」、解けそうで解けない、まるで、なぞなぞみたいですね。(^^)

投稿: | 2009/06/13 4:51:38

茂木さん、Hello♪(^-^)香港での今日はどんな感じですか〜?♪こちらは、静かな時間が流れてますよ〜♪あれ?茂木さ〜ん(笑)(ガサゴソッ♪ドタバタッ(笑))♪大好きな森の中に居るみたいですね〜♪蝶を探しているのですかね♪キャッ(/ε\)そこは、Dangerous(^.^)y-~~&sexy zone♪ですよ(笑)ずっこけ(笑)ない様に木につかまって離さないでいて下さいよ(笑)♪ふぅ(^.^)危なかったですね♪足元注意ですね♪そして今日のMenuは〜?(笑)この時、茂木さんはその素敵で優しい感じの御夫婦と何かを話されたのですか?聞きたいな〜(笑)♪デザートの杏仁豆腐(私好きです♪)は甘くて優しいお味でしたか?♪(食べてないかも(笑))見たいな〜♪(笑)きっと、森のマイナスイオンと素敵な夕食で、癒されちゃいましたか(笑)?♪良かったですね♪それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/06/13 2:26:44

茂木さんが撮った写真(漢字が映っているもの)に、私も思わずニヤリ!としました。

香港の夜景…素敵で、魅入りました(^o^)

学会で行ったとの事ですが、私たちに素敵な写真や、ほんわかするお話ありがとうございます(^-^)

投稿: | 2009/06/13 1:45:02

こんばんは。茂木サン、香港の風景は緑が多く、夜景は 綺麗 ですね。 香港には 複数人で行かれているか と思います。仕事とプライベート 楽しんでください。 夕食時のご夫妻は 長い年月を寄り添い生きてきた貫禄とゆるぎない・穏やかな愛情を感じます。いいですね
私の憧れる 奥ゆかしい姿 です。 はー 先日のブログです。 茂木サンは なかなか 痛い所をついて来ますね (そう、勘違いしている・・です)
夜、車から降りた時に ひんやりと花の優しい香りが漂い、嬉しい気持ちになりました。

投稿: | 2009/06/13 1:06:07

茂木健一郎様

茂木さんが瞬間瞬間を瑞々しく
生きていらっしゃるのが
伝わってくるようです。
素敵な旅をされているのですね。
昨年九月に、九龍やランタオ島で
暮らす友人たちを訪ねて行きました。
緑の中の道路を昇りビクトリアピークからの
景色を心にやきつけました。
SOHOでは他国の者たちが
地元の人たちの温かに
二十四時間ささえられていることを
感じました。
どの人もいい表情をされている記憶が
蘇ります。

投稿: Yoshiko.T | 2009/06/12 23:50:08

小心地滑…すべるフロアにご注意下さい、という意味とみた。直訳だとおそらく、「ぬれてすべり易い地面にご注意下さい」ということなのだろう。

カラフルにキラキラと星の集まりのように煌く夜景、味わいのあるご夫婦のお写真が、印象に残ります。
ご夫婦の表情の中に、人懐こさと、柔和なものを感じます。

香港の歴史を思う時、大国の思惑に翻弄されたであろう経緯が、おぼろげながら浮かんでくる。

当時の清帝国が阿片戦争に敗れて以来、大英帝国の領土となり、20世期末になって中国本土に返還されるまで、深いほど英国の影響を受けてきた。

TVの紀行番組で香港が出て来ると、あの天をつくスカイスクレイパー(摩天楼)から、雑然としていてにぎやかな下町の屋台まで、かつての欧米列強が注ぎ入れた文化的な“血”が流れているように思う。

それに、昔、九龍のあたりに“九龍城”があり、たしかそこは有名なスラム街だった。聞いた話では、あの中は迷路のように入り組みまくった道が張り巡らされ、恰も迷宮のようになっていたとのこと…。

如何も香港はおろか、海外には今だ一度も行っていないのでなんなのだが、ともかく香港には、中華と西欧の文化の血肉が入り混じって、不思議にエキゾティックな匂いを感じる。

それでは、香港での日々、博士が何卒無事故でありますように…!

投稿: 銀鏡反応 | 2009/06/12 22:22:59

今日の、香港のご夫婦の写真を拝見して、

「世界ふれあい街歩き」のことを連想しました。

最近自分がはまってる番組です。

投稿: | 2009/06/12 20:22:33

いいですね、香港の岩山。
お土産に、手のひらに載るぐらいの岩を
持ち帰って下さいよ。

投稿: | 2009/06/12 19:31:33

「小心地滑」
(雨で濡れていて)滑りやすい床だから気をつけて!

地が滑りやすいから「小心」(慎重、気をつける)
になって下さい。
で良いのでしょうか?

小心の意味が微妙にずれていて、でもニュアンスは伝わってきて、
面白いですね。
小心者だからと、思っている私には、新しい発見で嬉しいです。

「行人天橋」。
夏目漱石の『行人』。私も読んでみたくなりました。
イメージが広がっていく興味深い案内板ですね。

中国語って、意表をついて、でも滋味があって面白いですね。
英語表記と並ぶと、違った雰囲気味わいがあるので、まさしく
主体は同じで、違うタグ(見出し)の表現の見本みたいです。

香港の風景のお写真も、味わい深い年配のご夫婦のお写真も
今回の先生の感動をしみじみと伝えてくださる貴重なもので、
何より「なるほどそうだなあ」と、浸りました。

こうした感動のおすそ分けも自分の感動に上乗せされて、
積もり積もって、感性を育てる種になって、
ガブリエルが降りてきてくれるようなことがあったら、
嬉しいです。私には、難しいのかな?

茂木先生、心豊かなお時間をお過ごしですね。
皆様と一緒に拝見できて、嬉しいです。


投稿: | 2009/06/12 18:58:50

茂木先生 こんにちわ

・・ん~送信したのに ページが表示されず
念のため また送ります。

懐かしいです~香港。
返還前まで 知り合いが住んでいて
お茶屋さんをしていました。(漢方の)

返還後には 1回だけしか行ってません。

また立ち寄って エナジーチャージをしてみたいです。

茂木先生も お仕事だけじゃなく
お気をつけて 楽しんできてくださいね

ps.私は 的士が お気に入りです。

投稿: | 2009/06/12 18:18:59

茂木先生 こんにちわ

今日のブログを読んでいたら 香港が懐かしくなりました。
あそこには 返還前まで 知り合いが住んでいました。
それで 結構 頻繁に 行った場所です。
でも
返還後に行ったのは たった1回。

また行って
活気を感じてエネルギーをもらって来たいな。

茂木先生 お気をつけて
お仕事のほかに楽しんでもきてくださいね

投稿: | 2009/06/12 18:10:25

茂木先生 こんにちは♪
香港、楽しまれているようで、何よりですけど、蝶を見つけに行かれないのが、残念ですね。シンガポールに行った時に、なぜか香港の空港で乗換え??があって、空港内だけの香港でしたけど…まだ昔の空港だったので、飛行機が、ビルや山の間をすり抜けて着陸するのは、ほんとにスリリングで、ワクワクしてしまいました。香港の名物?みたいになっていたようなので、残念ですけど…笑、安全第一ですね!「小心地滑」も「行人天橋」も、漢字から、だいたいの意味は想像出来ます。あらためて、漢字は素晴らしい機能を、持っていると思いました。「行人天橋」のイメージは、なんとなく仙人やその弟子達が、修行をしている岩山に掛かっている橋を、想像してしまいました(笑)坂道が多そうなので、くれぐれも、転ばないように気をつけてくださいね…笑♪

投稿: | 2009/06/12 14:05:41

香港へはまだ行ったことがありません

でも
香港の雰囲気を味わえる日記から
現地の様子がとても伝わりました。
街並みが独特ですね

発表応援しています

投稿: | 2009/06/12 9:06:15

去年の11月ごろ香港へ行ってきました。香港の方はどなたもあたたかく、親切でした。

道を聞いても、話し掛けてもいやな顔一つせず答えてくれて、「Have a good trip!」なんてことも言ってくれます♪

帰国前夜に香港の青年が言ってくれた「Welcome to Hong Kong!」の言葉に総括されたステキな旅でした。人間はすばらしいと思える旅でした。

投稿: | 2009/06/12 8:38:03

コメントを書く