« Ten seconds | トップページ | 私が変身したアインシュタインは »

2009/06/25

眞木準さん

眞木準さんの突然の訃報に接し、大変驚くとともに、深い悲しみの思いにとらわれています。

エンジン01の会合などで、眞木準さんの温かいお人柄に接し、さまざまなことを教えていただきました。

先日、今年のエンジン01のポスター撮影の際ににお目にかかったばかりで、その時はお元気だったのに、あまりにも突然のことで言葉もありません。

広告の世界で多くのすぐれたお仕事をされてきた眞木準さん。ポスター撮影の際のスタジオで、てきぱきと指示を出されるその姿に、「さすがは眞木さん」と感激するとともに、これからもいろいろと教えていただきたいと思ったばかりだったのですが。

本当に残念でなりません。

ここに、生前のご厚情に心から感謝するとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。



2009年2月、浅葉克己さん、眞木準さんと、
「朝日広告賞」の審査会にて。
林真理子さんの日記より)

6月 25, 2009 at 09:15 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眞木準さん:

コメント

眞木 準サン の ご冥福を お祈りいたします。 親しい方に もう逢えない寂しさは 辛いものです。 いろいろな面で ご尽力されていた方と 知りました。 想いは受け継がれていくと思いますが、もっともっと ご活躍をしていただきたい そう期待されていた方ですね。 (合掌)

投稿: サラリン | 2009/06/25 23:47:38

親しくしていた人が、突然亡くなる。
とても悲しい事ですが、私は信じたくないという気持ちの方が強くなってしまいます。
だって…あの時、会って話したじゃないの!なんでこんなに急に!って。

心の何処かで、人は…大切な人や自分も含めて。いつかは亡くなるんだという気持ちがあるのに…突然の訃報は切ないですね。。

投稿: 奏。 | 2009/06/25 22:53:12

茂木さんにとって大切な方が、突然旅だってしまわれたなんて…。

その分野で、素晴らしい仕事を為さっている方が、若くして亡くなられてしまう。どんなに言葉を尽くそうとしても、悲しみは尽くしきれない。

人生には何時終わりが来るかわからない。どんなに明日がある、と思っても、それがある時、唐突に終わりを告げてしまうことがある。

その唐突に終わりを告げるかもしれない人生を、人はそれでも、懸命に生き抜いていくに、如くはない…。

そして、亡き人の姿は、残された人々の胸に、永遠に、生き続ける…。

眞木準さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/06/25 21:05:53

眞木準さん、高知県でのオープンカレッジin高知
にもご活躍が期待されていらしたのに、残念です。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: 発展途上人 | 2009/06/25 16:48:14

眞木準様
「でっかいどお。北海道」「恋を何年、休んでますか。」
「女は、ナヤンデルタール。」「イマ人を刺激する。」
などのコピーを創られたかたと知りました。


でっかいどお。北海道 素敵なコピーだなあって
北海道の絵がそのまま浮かんできて感じました。

日々に彩りをあたえてくださいましたこと
深く感謝いたします。

この場をお借りして、御冥福をお祈りいたします。

投稿: Yoshiko.T | 2009/06/25 16:00:54

あの親しみのある「でっかいどお。北海道」の方だったのですね。
あまりにお若く見えるので、びっくりしました。
ご冥福をお祈り致します。。。。

投稿: 楠 | 2009/06/25 13:55:59

こんにちは、茂木さん。本日2回目の投稿です!!眞木準さんの名前は知りませんでしたが、今朝の新聞の死亡欄が何気なく目にとまり、「でっかいどお。北海道」のコピーを見てピンと来ました☆ 有名なコピーは作者の名前が分からなくても人々の記憶に残ります!! 謹んでご冥福をお祈りいたします。
合掌

投稿: ケン | 2009/06/25 11:02:17

ご心中お察し致します。
ご冥福お祈り致します。

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/06/25 9:25:57

コメントを書く