« 世界文化社『カラヤン』 | トップページ | You must live »

2009/06/29

智史さん

朝倉千代子さん、笠原裕明さんと
東京駅で待ち合わせ。

新幹線で新大阪。乗り換えて
芦屋へ。

井上智史さんを訪問する。

井上さんのご両親を交えて、井上さんと
お話しする。

井上さんが、その脳の潜在能力を
開花させるきっかけとなった
野田燎さん
のセッションを、井上智史さんとともに
体験する。

世界的なサクソフォン奏者、作曲家である
野田さんが生のサクソフォン演奏をして、
ピアノの伴奏が併走し、
それに合わせて井上さんと一緒に
トランポリンの上でジャンプした。

トランポリンの上に落下してぐんと
沈み込むその際の身体の反応や、
空中にいる時の浮遊感。

音楽のリズムやメロディーと
相まって、なんとも言えない高揚感が
生まれた。

野田燎さんが取り組んで来られた音楽行動療法
から得られた知見は、
Brain Injury誌上の論文 
として発表されている。

Therapeutic time window for musicokinetic therapy in a persistent vegetative state after severe brain damage
Ryo Noda; Yukio Maeda; Atsuo Yoshino
Brain Injury, 1362-301X, Volume 18, Issue 5, 2004, Pages 509 – 515


Abstract
Objective: To determine the therapeutic time window in which musicokinetic therapy (MKT) could be of potential benefit for a persistent vegetative state (PVS), this study analysed the relationship between the timing of MKT and changes in PVS score following MKT. Methods: Twenty-six patients who fulfilled the definition of PVS were treated consecutively by MKT employing a trampoline with live music performance for 3 months. The PVS score ranges from 0-30 and the condition which meets the definition of PVS is never scored greater than 20. Results: As compared to patients with brain damage caused by trauma (n = 12) or subarachnoid haemorrhage (SAH; n = 9), those caused by other cerebrovascular accidents (n = 3) or anoxic encephalopathy (n = 2) appeared to demonstrate a much smaller improvement in their PVS score. When the patients caused by trauma or SAH were analysed in isolation, the effects of MKT were clearly better in those patients in whom the MKT was initiated within 6 months after brain damage. Among nine patients caused by trauma or SAH who had been in a PVS for more than 12 months, however, six (66.7%) demonstrated improvement of their PVS score by 5 or more and four (33.3%) reached a post-MKT score of greater than 20. Conclusions: These findings suggest that, contrary to the commonly held belief, the therapeutic time window for MKT is far greater than 6 months, insofar as patients with brain damage caused by trauma or SAH are concerned. Although the benefits of MKT were not proven directly, this inference is consistent with the hypothesis that MKT can induce an improvement in the clinical condition of PVS patients.


石切生喜病院を、井上智史さんたちと
訪れる。

智史さんを長年にわたって診察してきた
前田行男院長とお話しする。

井上家で、智史さんが描いた数々の絵を
見ながら、お話をうかがう。

井上智史さんは、各地で個展を開いてきた。

まっすぐで、愛にあふれた素晴らしい絵の
数々。

http://www.a-creation-d.com/selectiinoue.html 

智史さんにとっては、このように表現が
できるようになることが、一つの画期的
事件であり、自分自身の内面を映す
鏡を見いだすことでもあったのではないか。

智史さんは素敵な人だった。

6月 29, 2009 at 07:34 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 智史さん:

» etude97 トラックバック 御林守河村家を守る会
デンマークから スウェーデン、北ドイツ、南ドイツと視察しても 取りたててご紹介するようなことがございません。 [続きを読む]

受信: 2009/06/29 8:12:41

» ポスターづくり トラックバック 須磨寺ものがたり
まだ梅雨が明けないうちに、 もう準備としては、 8月の盆踊り大会に向かう。 [続きを読む]

受信: 2009/06/29 12:37:33

» 幸せの価値観 トラックバック POPO
勝者は競争に打ち勝ち 無数の敗者に君臨する 優越感と引き換えに孤独を味わう 「勝 [続きを読む]

受信: 2009/06/30 0:42:53

コメント

今、ベストハウスを見てます。
医学では解明できない奇跡というものを見た気がしてます。
あんなステキな笑顔が出来るのも、お母様の愛と
音楽療法のおかげなのですね。

投稿: NAO | 2009/09/09 21:35:33

おはようございます。智史サン ごめんなさい 漢字違っていましたm(__)m 井上 智史サン お力が発揮出来ますように。 茂木サン も みなさん にも たくさんの光りが 降り注ぎますように!

投稿: サラリン | 2009/06/30 7:15:22

茂木さん、Hello♪(^-^)朝倉さん♪笠原さん♪達と♪東京駅で♪(何時も混みあがって(笑)ますよね♪(笑)待ち合わせ♪ホームでですか(笑)?♪して新幹線に乗っていたのですね♪待ち合わせって♪ドキドキ&素敵ですね♪そういうの私♪好きです♪Willって感じで♪(^3^)(笑)そして♪智史さん♪トランポリン♪&素敵な音楽♪に触れる事が出来ているという事♪ing(笑)本当に良かったですね♪私も4才の頃♪幼稚園の遠足で♪むさしの村♪(笑)に行きまして♪今でも覚えてるのですが(笑)何と♪(笑)トランポリン♪(かわいい♪)があったのです♪(^_^)у初めてのトランポリン♪上に立つと足がワナワナ(笑)するというか♪なにこれ〜?♪(笑)ジャンプしてみると一瞬♪(笑)鳥の様な♪そして自由な感じで♪(笑)そのまま何処か飛べるかも?♪(笑)その不思議な体感がなんとも楽しくて♪(笑)むさしの村にて♪トランポリン♪Only♪(笑)っあ♪たしか動物達や鳥達を眺めた後だった♪(笑)集合時間は知らんプリ♪(笑)きっと私♪一生分位?♪(笑)(わかりませんが♪)のトランポリンをただひたすらに純粋無垢♪なまま楽しんだ記憶があります♪So♪トランポリン&音楽のコラボ♪は何かを奏で始めるのですね♪それがそのまま素晴らしい絵になるのですね♪そしてトランポリンを体感した茂木さんも♪かわいくて♪素敵な♪今までに♪見たことの無い笑顔♪(^3^)が見れて知れて私♪嬉しかったです♪本当です♪その瞬間♪や今も♪きっとこれからも時々ひっょこりと?♪(笑)しばらくは?♪(笑)I can not breatheな感じですが(^.^)人はきっといくつもの♪色々な場面での笑顔をもっていると思います♪一人だけの笑顔♪二人だけの甘い優しい笑顔♪皆との笑顔♪その沢山ある笑顔を魅せあえる♪そんな一面にほんの少し触れる事が出来た気がした♪それもまた♪Good luck(^^)dな感じで?♪(笑)よかったです♪ピンポンです♪(笑)トランポリンです♪(笑)今までも♪今も?♪これからも?♪そういう風に私が封印(笑)した♪したはずだった(笑)気持ちが傷口が(笑)ずっと♪忘れていた(笑)忘れたかった(笑)忘れてなかった(笑)のりずけ(笑)いや♪アロンアルファー強力タイプ♪増量中♪(笑)でなんのその♪無問題(笑)(^_^)у新しい笑顔をてんこモリ♪(笑)詰めて行きたい♪と思ってる矢先でございます♪(^3^)ところで茂木さん、今は?♪(笑)ワ〜オ♪(笑)Really?♪(笑)♪So beautiful you♪それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/06/30 1:27:42

こんばんは。智志サン の表現力が ますます 発揮されて 智志サンもご両親サンもよかったですね。 茂木サンも 楽しかったごようす。 トランポリンや ハンモック など 非日常の揺れなどの 感覚は 大人でも楽しいですね。ちなみに わが家には ハンモックがあり 揺れに身をまかせていると 子供の心に戻ります。 時々は くつろいでいます よ。

投稿: サラリン | 2009/06/30 1:10:26

こんにちは

私の場合、絵を描こうとすると、どうしても、うまく描こうとして無意味な絵になってしまいます。

自由にピアノが弾けるようになるには、練習が必要ですが、自由に絵を描くのも練習が要るのでしょう。(^^)

投稿: 自由の絵のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/06/30 0:13:18

茂木さん、今日のカラーシャツ素敵です(^-^)
いつもの黒い服も、シャープに見え素敵ですが、カラーシャツも新鮮な感じ☆

愛にあふれた作品やその心を感じると、(感じるきっかけがあると、それだけど)心が温まり、幸せな気持ちになりますね!

投稿: 奏。 | 2009/06/29 22:32:01

茂木ィ先生、おこんばんはどす(・ω・)/
トランポリン♪トランポリン♪楽しそう♪
茂木ぃ先生も智史さんも楽しそう♪
脳はまだまだ未知なる可能性を沢山世界なんですね~
音楽行動療法興味深いです!
音楽は人類の脳と心のお薬ですね(・ω・)/
音楽療法の本読んだことあります♪
バッハを聴くと実際に高血圧が下がったりするんですよね♪
バッハもモーツァルトもベートーベンも人類の偉大なるお医者さまです♪
私は文科省の偉い方に言いたいんですけど~こども達の教育にもっともっと芸術を取り入れてほしいです!
音楽や絵画やダンス!授業に楽しい時間を増やしてはいかがでしょうか?
型通りの受験勉強じゃ日本の底力がドンドン落ちちゃうと思います。
もっと楽しく創造性豊かな教育を実践することが豊かな心を育みますし、大人になってからも創造性や芸術はその人の精神的支柱になると思います。そういった豊潤な心が本当の意味で豊かな社会をつくっていくと思います。
「日本の教育に美と創造性を!」ってネコがいってたって、もし茂木ぃ先生が偉い人とに会ったら伝えて下さると嬉しいデスにゃ(笑)
PS茂木ぃ先生、ピンクのシャツが爽やかですにゃ♪

投稿: 眠り猫2 | 2009/06/29 22:12:34

あーっ!!今内容を確認しようと思ったら、誤って送信ボタンを押してしまいました~~。
誤字脱字、変な日本語があったらごめんなさい。m(__)m

投稿: 楠 | 2009/06/29 22:03:29

音楽とトランポリンと絵画。
井上智史さん、野田燎さんとの出会いから
セッションを楽しんで、魂を自由にのびのびと開放
されて、自由に表現なさる喜びにいきいきなさって
おられるのが、伝わってきました。
とてもいい表情をなさっていますね。

一緒につられて幸せな気持ちにつつまれる笑顔ですね。

大きな可能性を持った音楽療法。
沢山の方が希望を持てる新しい道だと感じました。

今日も温かい読後感に包まれています。
ありがとうございます。
素敵な一日をお過ごしで何より!です。
新しい一日も良い日をお過ごしでありますように。

投稿: 発展途上人 | 2009/06/29 22:00:39

まあ!茂木さん、ジーンズ姿、初めて拝見しました。
テレビの取材?スタイリストさんのコーディネイトでしょうか。
とてもお似合いで、素敵ですよ。
トランポリンで一緒に飛び跳ねる姿も、無邪気さそのものの笑顔も。

音楽の理論や楽譜上の決まりごとを、実は私はよく分かりません。
楽譜がきちんとできていないと、時々演奏者からお叱りを受けることも。(>_<)
それでも歌えることの幸せ。
数年前、ストレスで声がでなくなったことがあって、1年近くまともな声を出すことも、もちろん歌うことなど全くできない状態が続きました。今の私からは信じられないですけども。。。(^_^;)
鍼や整体などに通ってるうちに、いつの間にか治り、また再び歌うことができるようになって、歌うことの喜びをあらためて知りました。
音楽って素晴らしいです。

なぜこの空気の振動である音の連なりが、感情、情緒を高ぶらせ、溢れるような喜びに打ち震えるような感動を心に生み出すことができるのでしょう?
そうしてなぜ脳の機能にまで、劇的な変化を起こすことができるのでしょうね。

今日、先日の私のライブに来てくれた友達が手紙をくれて、私の歌を聴いて涙が出たと書いてありました。こんなに嬉しいことがあるでしょうか?!
そうして私も、誰かの素敵な音楽を聴いて、勇気や希望や心の平安をもらっているのです。

投稿: 楠 | 2009/06/29 21:58:54

茂木健一郎さま

今晩の半井小絵さんの気象解説を拝見して

低気圧のことで何気に私、
低気圧のこと私、なんで無頓着か判り
冬のスキーで低気圧と聞くと、確かに今、振り返りますとゴンドラやロープウェイが運休でもリフトが動いていたりで気にしなく、むしろ低気圧通過で新雪が大量に降雪なので
でも今時期は雪ではなく雨!なので
あれ?低気圧あまり気になってなかった自分
そういえば
新年、早々に低気圧の関係でスキー場がクローズで小樽から列車で札幌に出て茂木健一郎さまの書籍を購入し拝読を宿泊先でと、私、コロッと忘れてました

釣りでの低気圧通過は
台風と同じですので!
冬?冬の時期は地元の皆様におかれましては雪かき、など生活面にご苦労を強いられますが
スキーに限ったことでは新雪が降るイメージが低気圧にです

場面場面において同じ低気圧でも季節が違うと同一人物の私ですのに、低気圧への感覚が違う

今晩の半井小絵さんの気象解説で雲が大陸よりの概況で、冬の北海道みたい、 あ! でした。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/06/29 21:58:30

脳の潜在的能力は凄い。

とりわけ、障害によって不自由な制約を強いられた心身を持つ人にとっては、それが何らかの刺激で花開かれることで、周囲が驚くほどの力を発揮し、その制約をフッ飛ばしてしまうのだ。

井上智史さんをはじめ、障害をものともせず、素晴らしい潜在能力を発揮して、絵などを創作している人は、きっとそういう人なのに違いない。

如何なる生まれついてのハンディを背負っていても、いなくても、全ての人間の内面には、本当は、自身も窺い知れないほどの、底知れぬ潜在能力が秘められているはずである。

でも、ハンディを抱えている人がそういう能力を発揮出来るようになるには、周囲の温かい目と、その人を見守る心が如何しても要ると思う。

井上さんが画家として活躍されておられるのも、ひとえに、ご両親を始め、周囲の方々の暖かな理解と、慈愛の見守りがあったからとしか思えない。

井上さんの絵は、きっと周りの人々に、前向きな希望と明るさを与えていると思う。

末永いご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/06/29 20:51:42

井上さんといっしょにトランポリンで跳ねる茂木さん。童心に返ったかのようなお二人の、無邪気なはしゃぎ声が聞こえてきそうです。

「絵を描く」「唄を歌う」「音楽で躍る」ことは、ハンディを抱えて生きる多くの人々にとって、自らの内面を見つめる鏡でもあり、また自分自身の「今、ここ」の気持ちをめいっぱいに表現することでもあるのだなぁ。

ハンディを抱えた人の描いた絵について、雑誌の特集で見たことを思い出した。

彼等の絵には、打算とか戦略とか、そのような余計な邪気は見えてこない。とてもピュアに、自分の思いと向き合い、それを彼等一人一人のやりかたで表現している。あるものは暗く、あるものは明るく…。

それは何処か、ラスコーやアルタミラなどの、洞穴に描かれたプリミティヴな絵に、何処か通じているのかもしれない。

絵を描くという、芸術的行為の原点にあるのは、彼等のような自己の純粋なその時々の、気持ちや考えを、著すことなのに違いない。

純粋な心で描いた絵は、余計な邪気にとらわれがちな私達の心の芯にがーん!とヒットするのだ。

私も心のままに、純粋な思いで、絵筆を持ち、紙に向かっていきたい。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/06/29 20:25:53

茂木さんおはようございます。
智史さんの作品はあたたかいですね♬
とてもなごやかな気持ちになります。

サクソフォンの音色といっしょに飛ぶトランポリンはとても素敵な体験ですね♪
茂木さんのピンクのシャツもデニムも素敵です♫♩♬⋆

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/06/29 13:14:28

井上智史さんの絵、素敵ですね~
「エッフェル塔」の色合い、雰囲気、とても惹かれます!

絵画や音楽の中に込められた本質的なもの、真実が、
眼には映らなくても、やはり人の心や魂を動かすのでしょうか。
希望を感じますね。

とても珍しい茂木さんの赤いシャツ(赤シャツ?)とジーンズ姿にも驚きました(笑)
活動的で、いいですね!

投稿: こばやし | 2009/06/29 10:32:31

井上智史さんの絵、透明な優しさにあふれていて、心がきれいになります。芦屋市の真髄を訪問されたようで、すごくうれしいです。

仕事の都合で3年あまり芦屋市に家族で住みましたが、ヒューマンな土地柄でした。普通の公立小学校で、子供が友達の車イスを押していたりして、それがあたりまえのことになっていました。補助の先生がついているからこそ可能な「お手伝い」なのですが。

あのヒューマニティはどこから生まれるのでしょう。震災から助け合いながら復興された歴史があるからでしょうか。花鳥風月を愛する公家文化のなごりでしょうか。(芦屋市には在原業平のお父さんの阿保親王の御陵があります)「励ます」ことにどれほど強い力があるかを、芦屋で教えてもらいました。(ところで、書いてる途中で一度メールが飛んでしまいました。書きかけが届いてしまっていたら、ごめんなさい)

投稿: 吉野桜 | 2009/06/29 10:21:38

茂木先生 こんにちわ

音楽行動療法 素敵ですよね。

トランポリンで 飛び跳ねるのも 楽しそう。
茂木先生も 楽しそうに写っていますね

トランポリン&音楽行動療法が 脳に良いとは新たな発見。
シミジミ 人間は 心身一体なのですね。

・・私は イルカと一緒に 泳ぎたい夢があります

投稿: Lily | 2009/06/29 9:53:54

茂木健一郎様
脳科学者のお立場って本当に素晴らしく
輝いて思えます。お人を幸福に導くのが
脳であること心であること
音楽や身体感覚を感じられるって
なんて美しいのでしょう。
智史さんとのコミュニケーションが
茂木さんになにかしら貴重なものであったこと
伝わってまいります。
茂木さんの笑顔、なんてあったかい。

投稿: Yoshiko.T | 2009/06/29 8:36:25

茂木健一郎さま

クラシック音楽だけでなく

ふと、カラヤンさんも
音楽の3B

バッハ、

ベートーベン、

そしてカラヤンさんは
ビートルズと
そういえばインタビューにて、ふと思い出しました。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/06/29 7:50:33

コメントを書く