« 文明の星時間 西田学派 | トップページ | »

2009/06/02

プロフェショナル 木内博一

プロフェッショナル 仕事の流儀

誇りと夢は、自らつかめ

~農業経営者・木内博一~

木内さんたちは、農業の現場感覚
に基づくさまざまな工夫を
積み重ね、付加価値をつける。

そのことによって、農業の
輝きを増す。

ものごとを一番良く知っている
人たちが、そのことについての
はかりごとをする。

これは、忘れてはいけないこの
世の習いではないか。

仲間たちと、硬い結束で結ばれた
木内さんたちの仕事ぶり。

最後はすべてが「コミュニティ」
に還っていくのだということを
思い起こさせる。

信ずるに足る
コミュニティを作ること。
それは、
すべての知の集大成である。


NHK総合
2009年6月2日(火)22:00〜22:49

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

Nikkei BP online 記事(produced and written by 渡辺和博(日経BP))

6月 2, 2009 at 07:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェショナル 木内博一:

» 農業経営者の木内博一 NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』 トラックバック アグハブログ!
6月2日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、農業経営者の木内博一(きうちひろかず)さんが出演。 [続きを読む]

受信: 2009/06/02 8:47:59

» [Video]プロフェッショナル/装丁の職人気質(かたぎ) トラックバック The New Think Create
■オドロキダ。コンナショクガ、コンナヒトガアッタトハ。 ■これもまたS田くんのオススメということで、  感謝の限りです。  本の装丁なんて今まで何気なく触れていたので、  まさかそれを専門に仕事をされている方がいたとは思ってもませんでした。  しかもその道の... [続きを読む]

受信: 2009/06/02 23:13:23

» およよ。 トラックバック 大きな国で
すみきちの感性 すみきちは・・・ 都会の女子は 驚くのだ。 そして 感動するのだ。 プロフェッショナルに 農民が 登場する。 その農民は 普通だけど ちょっと違うのだ。 すみきちは ニンジンを見て およよ という。 農民 木内博一は言う 『このニンジンも、....... [続きを読む]

受信: 2009/06/03 7:08:48

» 儲かる農業 農業経営者・木内博一 プロフェッショナル 仕事の流儀 - proactive agricultural management トラックバック 魯祐の巻物 | yousakana memo
和郷園の農業経営者、木内博一さんの特集。平均年齢30代前半の若い農家の集団。 年... [続きを読む]

受信: 2009/06/07 7:17:36

» 誇りと夢は、自らつかめ 農業経営者・木内博一 - プロフェッショナル 仕事の流儀 トラックバック 魯祐の巻物 | yousakana memo
View More Free Videos Online at Veoh.com... [続きを読む]

受信: 2009/10/01 17:52:48

コメント

 昨晩、番組を拝見しました。
 パソコンがここ数日具合が悪く、拝見できずに
もどかしかったのですが、やっと拝見でき、今日の分まで
戻ってきました。多様で中身の濃い世界が広がっていました。
先生の日記と、皆様のコメント、すみきち&スタッフブログ
から、いろいろな思いが伝わってきました。
言葉にこもった温かさが伝わってきて、いっぱいになりました。

 木内さんの、迷いから信念に変わって行った時の強さは、
弱さを奮い立たせたい私にも、大いに勇気をくれるものです。

不安だけど自分と仲間を信じる気持ちで、頑張れるぞ!と
今ここからを決してあきらめない踏ん張る時の強さは、
きっと内側からいつも気が付かないうちに外にあふれ出ていて、
心無いバッシングに涙されて黙って耐えて、支えてみえたお父様にも、
伝わっておられたはずだと思いました。
その生き様を家族としても仲間としても大事にしたい!と
それこそ信念として、思っておられたのではないでしょうか。

地道で過酷な作業でも黙々となさっておられたお母様。
語らずとも伝わった姿勢から、初めの強い信念が生まれた
ように感じました。
身近なご家族を日々大切になさるように、
農業を信じあい助け合う仲間の皆様をまた大切な家族と
同じように思う。だから、次の可能性にいつもつながる
努力をなさっている。
壁にぶつかった時に、立ち止まり続けないで、次へ可能性を
探しに行くポジティブさに、驚きました。

木内さんが、日々よく見ておられて、感じておられる
アイデアのストックが多いこと。
ご家族の愛情も感じられます。
ご家族が、日頃作られるお食事の手間(材料の組み合わせ
を考えたり、下準備をしたり)の大変さをご存知だから、
それが材料キットとなって売られていたら、時間短縮して
忙しい朝ごはんや帰宅が遅くなって時間が無いときの
夕食準備に役立つことに、気が付くことができる。

そして、それがマイナスだったものをプラスに変える
アイデアにつながった。
規格外でも廃棄せずに、価値のある商品になって
形が悪くても美味しい!!野菜も喜ぶ、
地道な作業を沢山なさった農家の方も喜ぶ、
良いものを買える消費者も喜ぶ、
廃棄の無駄が減って地球も喜ぶ・・・。

仲間の方との交流も、新規の方との交流も
新しいアイデアを試すことも、とても柔軟で受け皿が豊か。
柔らかく受け入れて任せてみたり、まっすぐ耳を傾ける姿勢に、
前向きなエネルギーが集まってくるのかなと感じました。

今回もまたあきらめない強さに感動しました!
ありがとうございました。

投稿: 発展途上人 | 2009/06/03 22:07:21

木内さんも、農業も、どんどん発展しそうですね!!

投稿: ふぉれすと | 2009/06/03 18:53:41

いつも楽しく拝見させて頂いている大学生です。
脳を生かす勉強法も読ませて頂きました。
今月は勉強を頑張る月と決めていて、脳のパワーを伸ばすために頑張ろうと思います。
あと、プロフェッショナルはとても刺激になります。
今後も先生のさらなるご活躍を期待いたします!

投稿: ω | 2009/06/03 4:50:42

茂木健一郎様

様々な気づきがここまでお人を成長させていくのかと、
本当の願いに出逢うことは絶対的な力がありますね。
信頼できる結果を築かれた木内さんの真摯さ
爽快さに、日本の先端で頑張っていかれるおひとりで
あってほしいと祈ります。
茂木さんの質問が冴えておられるのも楽しみです。
表情も心つかわれることでしょうが
自然体でいらっしゃるのだなあと感動しました。


投稿: Yoshiko.T | 2009/06/03 2:24:01

こんばんは、茂木さん。 今日の放送を見ました!甘いトマトが食べたくなりました♪
ほうれん草はポパイのアニメを思い出します!!
「ワオー!何てこったー!オリーブが危ない!!」と言いながら缶詰めのほうれん草を食べると腕の力コブが漫画チックに動き、ブルートをKOします☆
ポパイ以外にも昔はアメリカのアニメがけっこう放送されていました♪ しかし、今は全く放送されていません×
アメリカの特殊効果を使った映画は凄いのに車や家電品などの現実レベルではどうして先進性を追求しないのか不思議です!?

投稿: ケン | 2009/06/03 1:43:29

こんばんは。プロフェッショナル 今拝見いたしました。そこで今気付いたことがあります。プロフェッショナルの本日放送分をブログで告知していたという事は・・。ずっといつ放送になるのかと心待ちしていた回を見逃していたことです。 ショック! どうぞプロフェッショナル制作班の皆様、茂木サン、再放送を望みます。m(__)mそして私の様に途中から見始めた方々もたくさんいらっしゃると思います。初回から再放送を希望します不景気な世の中だからこそ、意欲的でプロフェッショナルな人達を見て前向きにいきられたら。これからも紹介してください。 木内サンのように農業だからこそ、変えていって欲しい。普通の会社員のような所得とやる気が結果を変えられる事を証明していました。農業を 誇りに思ってください。 まだまだ変化に対して、出る釘を打つような 狭い認識しかない人達が多いのが残念です。木内サン達農業後継者の皆さん頑張ってください!

投稿: サラリン | 2009/06/03 0:53:33

木内博一氏の、道無き道を開拓される試み、素晴らしいですね。
都内以外の県にも是非普及させて戴きたいです。

投稿: life | 2009/06/03 0:48:20

茂木さん、番組を拝見いたしました。

農業経営者、木内博一さんは信念が強くて、仲間たちには優しくて、
そしてご家族に対しては思いやりがある人。

イヤイヤ始めた農業で最初は農業人としての‘誇り’が持てなかった
とおっしゃっていましたが、ご自分のお母様と畑作業を一緒にした時
に、「有難う。こ~んなキツイ仕事をしながら育ててくれたんだね。
おふくろにお給料を払ってあげたい。」って思われた、その気持ちか
ら農業集団を当初5人で立ち上げられて、珍しい‘産直’だとか、
冷凍野菜に、カット野菜詰めパックと次から次へとアイデアを出され
ていかれた。

お話しを伺っていて、そのアイデアと行動力に「凄い人だなー!」と
思いました!

でもその途中には、‘商人’と揶揄され、批判にさらされもした。
それでも、自分について来てくれている仲間たちのことを思って信念
を貫かれたのですねー。
木内さんという男の人のたった一人の行動が農業人のあり方や栽培法、
保存技術に加えて市場に出す方法、規格外お野菜の生かし方や野菜の
売り方まで、まだまだ書き切れませんが幾つもの革命をおこされた方
なのですね。

中でも、ごぼうは短くカットされて売り出されるようになって、本当
に求めやすくなったという実感があります!

人間の力ではコントロールできない大自然を相手に命ある野菜を作る!
つくづく、大変な仕事だなーと思いました。

最後の方でご紹介されていました、「刈り取り再生栽培」と「フルーツ
トマト」は、今から興味・関心があります。"^_^"

農業はこれからもまだまだ変化を遂げていく、大きく変わる産業だと
思いました。

常識を疑う目、デメリットに対して知恵を絞ること、そして環境や
時代に対して柔軟に対応していきたいものです。

では、おやすみなさい。(*^。^*)


投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/06/03 0:27:50

茂木健一郎さま

番組、拝見させて頂きました

過日、矢沢永吉さんのファンの私、磯釣りで使う
スペシャル・チャランボ
商品名が実に、その名前
それを矢沢永吉さんの白いマイクスタンドみたく白のテープで ぐるぐる巻いて

ふと、番組で、ツッパリでした!とのことで

私はツッパリではなかったし、おとなしい性格の、ごく普通の人ですが

何気に矢沢永吉さんを連想しながら番組を拝見

まさか番組の後

矢沢永吉さんの番組宣伝が!とは

びっくりしました
そして
今晩の放送も
心に響きました
本当です。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/06/02 23:46:12

放送を拝見して思ったこと。

ツッパリ少年だった時に感じた、農業への恥ずかしさ。木内さんはそれを乗り越え、信じ合う仲間と共に、発想の転換をして、農業の新しい地平を切り開いていったこと。そのことに深い感銘を覚えた。

自然は思い通りにならない、だから面白い。そう心の底で思わないと、“農”の新しい道は開けない。

ベンチャーと考えて、実験しているトマトの水耕栽培で問題が発生した後も、農学者との対話で新しい野菜栽培の方法を知る。そのチャンスの掴みかたが、電光石火のように素早いと思った。

この素早さも、仲間の仕事と生活を支えるためという木内さんの姿勢に、利他の精神の素晴らしさを見た気がした。

p・s・ 番組の対談シーンで、茂木さんのお召しになっている浅い若草色のジャケットが、きょうの放送のムードと合って、なかなかにグッドでしたよ(微笑)。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/06/02 23:01:21

テレビ、拝見しました。

投稿: 中村蔵人 | 2009/06/02 22:55:09

茂木健一郎さま

NHKテレビさまの茂木健一郎さまの番組公式ブログ 本日、更新

私の文章も掲示して頂け嬉しく感謝です

茂木健一郎さまのブログについて触れている文章ですので

茂木健一郎さまに ご報告は最重要です


下記のようにです


_____


http://www.nhk.or.jp/professional-blog/200/20673.html#c15027

ご無事に お引越し おめでとうございます。

まさか、ないとは思いますが

朝のご出社の時

慣れ親しみもあろうかと思います 以前のお部屋に自然に足が向いていた、とか 

もし、そのような体験されましたら ぜひ!教えて下さい

お引越しの後 実は・・・と。 

ところで、 茂木健一郎さまのブログにおかれまして 

有吉さま黙想のお写真が多く掲載されていましたが過日のは

満面の笑顔にて

激務が容易にの、お方の笑顔は恰好よいです。

投稿日時:2009年06月01日 20:49 | TOKYO / HIDEKI

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/06/02 17:27:30

テレビ、拝見します

投稿: 中村蔵人 | 2009/06/02 17:00:40

コメントを書く