« ヘンな手 | トップページ | 持調子 »

2009/06/20

Mastery of admiration

Mastery of admiration

The Qualia Journal
20th June 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/

6月 20, 2009 at 09:13 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mastery of admiration:

コメント

茂木健一郎様

カササギになりたい です。

投稿: Yoshiko.T | 2009/06/21 1:18:45

おじいさんと、鳥の関係が美しいです。

茂木さんもよくお写真で、おじいさんの様に手を前で合わせた姿勢をなさっておりますよね。

相手を尊敬・尊重する気持ち、たいせつに守っていきたいです✧

投稿: | 2009/06/21 1:16:50

オーヒーイズマイグランドファーザー!!ってイッツ・ジョーダンデス(^O^)/
てゆーか、茂木ィ先生も、このおじいさんにオブザベーションされてますよ?(笑)ちらっと見られてるじゃないですか(笑)
私もヒューマンウォッチングがマイホビーなのです。(バット好きな人しか観察しませんが)
今読んでる「ダロウェイ夫人」に「私のたったひとつの天賦の才能はほとんど本能的に人々を知るということだ」というコンテンツがあり、
なんだか激しくシンパシィしてしまいました。
うぅ?怪しいルー大柴みたいな自分がテリブルなので、ここらでストップしておきます(笑)
茂木ィ先生、グッドナイトです(・ω・)/

投稿: | 2009/06/20 21:48:31

自分がまだ小さい頃、その頃住んでいた家の近くに鳥屋があった。

茂木さんが香港を訪れられた時に見掛けられた「バードガーデン」より、ずっと狭くてやや暗かったような記憶があるが、沢山の鳥達の声でにぎやかだった。

文鳥や十姉妹、セキセイインコ、九官鳥、キボウシインコや紅金剛インコなど、沢山の鳥が売られていた。まれにリスザルなどもいたように思う。

しかし、その中に、鏡による自己認識テストにこのたびパスしたというので“賞賛の的”になっているという、カササギ君(Magpie)の姿はなかったように思う。

白黒の姿がトテモかわいいMagpie君。昨夜のアサカルで映像を見せていただいたが、お洒落っぽいチャーミングな姿が印象的だった。

それにしても、鳥という生き物は、何と美しく、また愛らしい生き物なのだろうか。まぁ、鴉やダチョウ、コンドルなどは、愛らしいというより面白いといったほうがいいかもしれないが。

東京ではMagpieによく似た、しかし背中が空色をしている「オナガ」をみかけることが多いが、彼等も、嘴太鴉も鏡のテストをしたら、果たして合格するのだろうか。鴉族はこの自己認識のテストをしたら、パスする確率が高そうに思えるのだが…。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/06/20 18:21:29

感銘の熟練?
香港の通りでの話?
鳥。箱の中。
(写真よりオジサンの目の前の鳥箱?)
鳥達は通過する鏡の自身の認識テスト。
鳥達は自身振る舞いで学ぶ?
視覚の反対で学ぶ?
観察する事の面白み?

今日は、ここまでですヾ(*'-'*)

投稿: ぱろっと | 2009/06/20 17:08:14

茂木先生 こんにちわ

In many countries of Asia,
the people look at a little bird and listen the singing voice is heard in many cases.
Even Malaysia that is right

It will also be a parrot if it is called mirror self recognition test.
Them one's figure they copy in a mirror and think that he is a friend.

Since it grows older it is to love a little bird.
It is very great.
Such a thing if it is waiting previously.
It also grows older.
I think that it is not bad

投稿: | 2009/06/20 13:44:47

" observation is an art open to anybody,
but takes many years to develop and refine."

According to this fine phrase,
the world is full of art and joy.
I feel something innocent in this old man.
He looks as if he enjoys the bird-songs and the flap,
while sympathizes with the captive
with his hands folded.

When we master observation,
the world around us would change
to a treasure island.
Then the world in which we want to live and keep
would gradually change,too.

投稿: | 2009/06/20 11:23:01

たいへんおこがましいですが、茂木先生って、本当に繊細な方ですね!!

投稿: | 2009/06/20 10:04:03

コメントを書く