« | トップページ | 黒田恭一さん »

2009/06/03

Cup noodles in the van seat.

Cup noodles in the van seat.

The Qualia Journal
3rd June 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/ 

6月 3, 2009 at 08:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cup noodles in the van seat.:

コメント

茂木先生
いつも楽しく読ませていただいております。
今回のカップヌードルの件、私も出勤途中、地下鉄ホームのベンチで、カップヌードルを食べている女性を見た事があります。彼女も朝食をとる時間がなく、コンビニでカップヌードルを買ってお湯をもらい、電車が来るわずかな時間に食べていたのでしょうね。いかに忙しい世の中なんでしょう。と同時に公共の場で物を食べる事は、如何なものかとも思いました。以前山手線でおにぎりを食べていた女性を見かけ、びっくりした事がありますが、彼女も出勤途中の朝食だったのかもしれません。また電車の中でお化粧をする女性など、日本は恥の文化と言われていましたが、恥じらいや奥ゆかしさはもう過去の事になってしまったのでしょうかね。

投稿: | 2009/06/04 6:08:23

無意識を耕し始めたところです。

投稿: shige | 2009/06/03 18:34:03

楽しく読ませていただきました。
英語でコメントする自信がないのが残念ですが
読むほうは回復してきました。
家から自転車で15分くらいのところに
沼を残して整備した公園があります。
昨日そこに菖蒲を見に行ったら
1周2キロほどのジョギングコースに
鮮やかなアンツーカーが敷かれていました。
両脇の木のいくつかにネームプレートが掛かっていて
センダンの細やかな葉の上の空が爽やかでした。
車止めの石の上におじいさんおばあさんたちが座って
楽しそうにお喋りしています。
この方たちもかつて慌ただしい朝を
駆け抜けたにちがいありません。
菖蒲を携帯で撮るために湿地に降りていき
ふと振り返ると
友人たちがわたしの麦わら帽子が
カールのおじさんそっくりだと
熱心にわたしを撮っていました。

投稿: | 2009/06/03 14:24:53

茂木先生 こんにちわ
良かった~。足の調子 良くなったようですね。
安心しました。
ところで そうですね。
新型インフルは 本当にいつまでも続くと思いがちな人生に
終わりがチャント来るのだと言う事を
改めて 教えてくれました。
追記ですが
バッハの死因が眼の手術後の合併症だとは知りませんでした。
それに茂木先生のお気に入りがワグナーだと言う事も。
まだ知らないことだらけで楽しみです

投稿: | 2009/06/03 13:14:30

〇〇〇〇

〇〇〇

〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇

〇〇
I hope you have a nice long-distance jogging☆

投稿: | 2009/06/03 11:42:03

茂木健一郎様

日々お疲れ様でございます。
どうなっていくことがどうしていくことが
多くのかたがたのお幸せにつながるのでしょうね。
カップヌードルを作られた安藤百福さんは
食文化から国境をなくしていかれました。
カップヌードルは幸せの種まきでもありました。
元気であること、元気であれば、
夢、希望のある日々をですね。

投稿: Yoshiko.T | 2009/06/03 10:11:36

うーんかっこいいですね!朝時間がなくてカップヌードルを朝ごはんにされてるんですよね? 茂木先生もお仕事に追われて同じだと思いますけど…
私も必死に増田さんじゃないけど「地を這うように」生きたいと思います!

投稿: | 2009/06/03 9:16:44

コメントを書く