« 桑原武夫学芸賞 | トップページ | 忘れない »

2009/05/14

共感できる友人の大切さ

早稲田のリーガロイヤルホテルにて、
廣済堂出版の川崎優子さん、私の小学校時代からの
親友の井上智陽
ライターの山本信幸さんで
打ち合わせ。

国際教養学部での授業。

電通の佐々木厚さん、家庭画報の富岡啓子さんと
打ち合わせ。

機関銃のようにキーボードを叩く。

幻覚について考える。

「アナザースカイ」の収録。

漱石の猫を持ち歩いていた。

NHK出版の大場旦さんからメールを
いただいた。

_______

From: 大場 旦
To: "Ken Mogi"
Subject: なんと、めでたい!!
Date: Wed, 13 May 2009

茂木健一郎さま、

大場です。おつかれさまです。

おかげさまで、
「プロフェッショナルたちの脳活用法」が絶好調、
やれ嬉しや、と思っていたところ、
桑原武夫学芸賞受賞のビッグ・ニュース!
こんなに素晴らしいことはありません。おめでとうございます!
Wで嬉しい。

ちょうど一昨日の夜、増田健史と久しぶりに飲み明かし、
茂木さんの話で盛り上がっていました。
つまるところ、われわれは何があろうと、
一生、茂木さんに併走していこう、ということです。

この喜びをしみじみと味わいながら。
心よりのお祝いを。


大場旦拝
__________

佐伯剛さんからメールをいただいた。

__________

From: "Tsuyoshi Saeki"
To: "Ken Mogi"
Subject: Re: ご無沙汰いたしております。風の旅人 佐伯です
Date: Wed, 13 May 2009

「今、ここからすべての場所へ」は、今読み返しても、茂木さんの渾身の作品と感じ
られますので、それが正当に評価されたことは、大変嬉しいです。

 かなり以前にもお話ししましたが、茂木さんの越境行為は、境界の中に閉じこもっ
て自分の保身だけを考えている人たちや、古い権威的構造だけを拠り所にしている人
たちの足場を揺るがせ、社会的地位を脅かし、つまらないプライドを損壊させる可能
性がありますので、いろいろ敵視されることもあるでしょうが、世の中のパラダイム
が変わっていく時というのは、茂木さんのようなエネルギーに満ちた人が登場するの
は必然だと思います。
 
 言葉は悪いですが、蛸壺化している現在の知的ヒエラルキーこそが今日の教育状況
をはじめとする様々な悪弊の温床でもあるわけで、それを掻き回す存在が、茂木さん
以外に何人も登場する必要があるのでしょうが、知的活動を行いながら、それだけの
柔軟性と速度を兼ね備えることは簡単ではありませんね。多くの場合、柔軟性や速度
というのは、学問の世界と逆向きですから。
 それがゆえに、経済にしろ何にしろ、学問の世界が社会の実情から常に遅れをとっ
て、後追いの分析にしかならないのだと思います。
 後追いでなく、前を走ること。茂木さんのスタンスはそういうものですから、風当
たりがきつくて当然です。陰ながら応援しています。
 
 風の旅人は、37号をもって現在の望月通陽さんの表紙も終わり、また新たな装い
で出発しようと思っています。
 
風の旅人 編集長 佐伯剛

__________

昨日うけとった増田健史からのメールを
再掲。

__________

From: 増田健史
To: "'Ken Mogi'"
Subject: お祝いまでに(ちくま増田)
Date: Tue, 12 May 2009


茂木さま

よかったですね、おめでとうございました。
これで、ますます「自由とは何か」の筆が
進んでしまうことを信じています。

自らの道を歩め。他人には好きに語らせよ。
(カール・マルクス)

ますだたけし
_________


世界のすべての人と同意するのは不可能である。
何よりも、「多様性」という視点から、そんな
ことは望ましくない。


志向性を同じくする人と、つながっていくしか
ない。

共感できる友人の大切さを、しみじみと噛みしめる。

弱きもの我ら、身を寄せ合って温かさを
力とするなり。

5月 14, 2009 at 08:01 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55852/45007534

この記事へのトラックバック一覧です: 共感できる友人の大切さ:

» 『共感できる友人の大切さを、しみじみと噛みしめる』~BOM(b)ちゃんの秘密基地に潜入したよレポ~ トラックバック 右手にスカルプチャー(アコースティックギター日記)
アコギ仲間であるBOM(b)ちゃんの『秘密基地(激爆) いよいよ公開!』(Guitar Tips 5/4/2009)の記事で紹介されたように、いつでもいらっしゃ~いの言葉を真に受けて(笑)早速行ってきたレポをお届けします。 まぁ詳細は後ほど書きますが、昨日、茂木健一郎さんのブログで..... [続きを読む]

受信: 2009/05/14 13:49:58

コメント

 この日の夕方、がしがしと歩いていると、登っておいで、と言っているような木と出会った。木の枝に腕を回して耳を押しつけ目をつぶる。

 ここ数日いろいろな思いや言葉が浮かんでは消えていった。そして今、木のイメージだけが残っている。
 これはこういうことかもしれない。
 今、ここ の様々な思いを次々と解き放つ茂木さん。私はそれに誘われて虚空を漂っている。その場所を具体的に表す言葉を私は知らない。
 あれからずっと、どこかで震えていたような気がする。でも、もう大丈夫。あの木が私を支えてくれている、と感じるから。だから、もう少し漂っていることにした。
 そして私は茂木さんの言葉に触れ続ける。

 「物理の散歩道」
 私は茂木さんとほぼ同じころに読んでいた…。
 読み方は全然違うと思うけれど。
 図書館に行くたびに手にとって、気に入ったところを読んだ。
 物理と散歩道を組み合わせた意外性が、その本を作ろうとした人たちの、その時の、楽しそうな雰囲気を伝えているような気がした。
 茂木さんは、それこそがしがしと瞬く間に読んだに違いない。
 この本への態度の違いが、今につながっているよう。
 唯一私の記憶に残っている豆と人の動きの類似性は、私の中に新しい視点を与えてくれた大きな出会いだったかもしれない、と感じている。

投稿: masami | 2009/05/18 8:28:43

茂木先生、おはようございます♪


☆☆☆改めまして桑原武夫学芸賞受賞おめでとうございます☆☆☆
先生を尊敬しております者の1人として心からのお祝いを申し上げます。へ(*^∀^)乂(^o^*)ノ


共感出来る友人、ほんまに友はかけがえのない宝物やなあと思います。


゛弱きもの我ら、身を寄せあって力とするなり″

なにか力が湧いてきました。

それでは本日も先生にとってステキな1日となりますように(*⌒∀⌒)/。・゜゜゜・。☆彡☆彡☆彡

投稿: wahine | 2009/05/15 7:28:30

茂木様

毎日blogを楽しみに読ませていただいています。

私も佐伯さんと同じ意見です。

以前にblogを読んでて、茂木さんが、
何か言えないことに憤慨している感覚を受けて、
あ、自己保身の人から、
圧力のようなものがかかってるのかな、
と、思っていました。

けど、昨日のblogを読んで、

負けるな茂木さん!!

と、強く応援したくて、
たまらなくなりました。
茂木さんを慕っている方は
本当に多く、
影響力が大きいので、
色々悩むこともおありかと思いますが、
多くの方々が応援しております。

どうか、ご自愛しながら、
挑戦し続けていただければと、
陰ながら、非力ではありますが、
応援しております。

失礼します。

投稿: 笑う猫 | 2009/05/15 6:11:02

こんにちは

夜、インタネットのニュースのチェックをしながらテレビを見ていたら、キムタク主演ドラマ「MR.BRAIN」のCMをやってた。

キムタクが 脳科学者の設定。茂木さんがキムタクに演技指導するかもしれませんね。(^^)

投稿: 脳科学者のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/05/15 1:23:40

風の旅人 編集長 佐伯剛氏のおっしゃられるように、私も茂木先生のことをそう思います。私には心の支えだし、脳科学は勿論のこと、多方面(あらゆる面)での先生です。
もっともっと知る為に、先生の本を読みます。
「今、ここからすべての場所へ」もやっと読めそうです。鞄の中に3冊は本を入れていますが、そのうち少なくとも1冊は茂木先生の著書で、2冊入っている時もあります。これからも、考えをもっと知りたいです。
私は自分が早起きすらできないでいるのに、茂木先生は、日々様々なことをこなしておられる。
朝から洗濯機をまわしながら「茂木先生は、どうして 走り続けられるのかしら?」と声に出して問いかけてみましたが、わかりません。 (エネルギーを持続し続けることが凄すぎます。)
わかるのは…今の時代には、とても必要な方だろうと言うことです。
『共感できる友人』は、私にとっても 大切な人たち。
凹みそうな時でも、その存在があるだけで、心丈夫です。大事にし続けたいです。

投稿: 山本由樹子 | 2009/05/15 0:36:48

今週刊西洋絵画の巨匠「モディリアーニ」を拝見してました。
茂木ィ先生の「泥中の宇宙から咲いた花」のエッセイ、もの凄~~く良かったです(・ω・)/
(前号のミュシャのエッセイもウットリしました♪)
表紙の「ジャンヌエビュテルヌの肖像」は国立新美術館で釘付けになった絵です。
蒼い瞳のジャンヌが弥勒菩薩に見えて、顎に当てた指から血を流しているように見えたのです。一緒に行った友人に「ねぇこの絵、指から血を流してない?ジャンヌの犠牲を表現してるんじゃないかなぁ。モディリアーニはジャンヌの自己犠牲的な愛情を痛いほど理解してたんだね」と言った覚えがあります。
やっぱりモディリアーニが一番好きな画家です…私には。最も心惹かれます。
映画ではアンディガルシア主演の「モディリアーニ真実の愛」と、ジェラールフィリップ主演の「モンパルナスの灯」がどちらも素晴らしい名画です!
「モンパルナスの灯」では冷徹で悪魔的画商役のディノバンチェラが圧巻でした。
機会あったら、是非ご覧になって下さいね
ってご存知かも?

投稿: 眠り猫2 | 2009/05/15 0:30:55

茂木さん、おめでとうございます!
大場さんのメールも嬉しいですね。
私は、われわれは、一生伴走していこう。の所、特にグッときました。

そして共感できる人を大切にしたいです。
その人の言葉は、厳しい事もありますが、励ましてくれるものだったり、思わず心が温かくなるものだから(^-^)

投稿: 奏。 | 2009/05/14 23:19:32

w(☆o◎)w ガーン

《訂正の訂正》

周りから見ると
それは“幻覚”と受けとられる。

…どうでもいいか、そんな事は!

(*^_^*)

だだ
人が“幻覚”だと思っても
その人にとっては
大切な“現実感”だったら
別に他人がどうのこうの
言っても、言われても

>自らの道を歩め。
 他人には好きに語らせよ

自分勝手に語ればいいじゃん!

自己の責任に置いて。

と、思いました。

投稿: ぱろっと | 2009/05/14 22:57:53

茂木健一郎さま

今晩も恰好よい小絵さんの気象解説にて私も好きな色 黄色いお洋服の小絵さん

スキーウエアも私は黄色ですので、雪が降りしきる映像にスキーを連想でした私、同時に本日?
北海道の一部では雪模様との小絵さん、さり気なく恰好よいです。

今、ここから
すべての場所へ

世界を肯定する意志。
人生という旅。

手触りの優しい受賞作品
書籍と表現よりも

手触りも優しい受賞作品と表現させて頂きます

私は、それまでのセレンディピティ 偶然の幸運否定から、それでしたら納得のセレンディピティ
手触りも優しい受賞作品の中の記述で印象的なこと


本当は成功主義に着地させられるほど生やさしものではない。
セレンディピティは、潜在的には自我を脅かし、破壊することさえある。
恐竜たちを絶滅させた地球への巨大隕石の衝突が良い例だ。


私は驚きとともに地球に巨大隕石が衝突し恐竜が絶滅したからこそ
現代の今、もしや恐竜が絶滅していなかったら、人間ではなく、原宿にしても渋谷においても恐竜が闊歩していたやも

人類においてのセレンディピティは
地球に巨大隕石衝突
それにより恐竜絶滅

セレンディピティの説明明瞭

ほかにも
手触りも優しい受賞作品におかれまして、
私は、あ!と させて頂いてます。


偶然の幸運
セレンディピティとは
後々に
あれはセレンディピティ
偶然の幸運でした、
ほのかに、優しく香り立っ瞬間、あ!あれはセレンディピティ、と。

今、ここから
すべての場所へ

私は偶然の幸運
セレンディピティの実感です。

茂木健一郎さま

おめでとうございます。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/05/14 21:53:34

こんばんは。祝!桑原武夫学芸賞受賞おめでとうございます!! 信念を持ち、考え表現してきたことが評価される事は茂木サンの生き方にも繋がる評価だと思います。良かったですね。私達も嬉しいです(^_^) 是非『今、ここからすべての場所へ』 読んでみます 。shine shine サラリン

投稿: サラリン | 2009/05/14 21:43:35

“「今、ここからすべての場所へ」が『桑原武夫学芸賞』を受賞!”

昨日の日記にあった「うれしい知らせ」というのは、なるほど、こういうことだったかと…。

本当におめでとう御座います。心よりお祝い申し上げます!

「今、ここ~」の執筆をはじめ、八面六臂の茂木さんのご活躍は、閉塞感に苦しみ、未来への希望を見出しかねている多くの人々の中から、何があっても前向きに生きる為の希望と活力を引き出し、絶望と閉塞に覆われやすい心の壁を打ち破り、何が起こるか予想も難しい世を逞しく生きる勇気を沸き立たせる力を秘めていると思う。

茂木さんの闘いは、それこそ世界中の何処にでもいる、自己保身と旧来の価値観にしがみつく、種々の人間たちの足下を脅かしている。それゆえに敵も多い闘いなれど、この地上の将来を憂える者達にとっては、まさに大いなる勇気と希望を、ひとりひとりの心のタンスから引き出してくれるものだ。

この日記の一読者に過ぎない私も、この地上の将来について憂えている者のひとりとして、茂木さんの闘いに共鳴しないではいられない。心のベルを鳴らさずにはいられない。

ところで、互いに共感でき、志向性を同じうする人々=同志を持つことは、師匠を持つことと同じくらい、自分の人生に大きなプラスになる、ということを実はまわりの沢山の人から教わってきた。

孤独のなかに生きるより、同志という共感する友を持つことは、仰るように本当に大切なのだと心から思わざるを得ない。

同志と繋がるしか、この、いよいよ混迷の度を深めようとする乱世を生き抜くすべはないのだから。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/05/14 21:41:20

化粧する脳からのにわかファンです。
突然申し訳ありません。
クローズアップ現代で茂木先生を見たい私と野球が譲れない小6の息子。TVを2画面にして見ていました。野球を見ているとばかり思った息子が突然「お母さん、この人(茂木先生)正しいよ。」
「だって、ほら。こう言う事さ。」
そういうとテーブルにたまたま置いたあった小冊子を取り
30センチほど持ち上げ、ポンとテーブルに戻しました。
私は???。インプット、アウトプットの話?客観性の話??。
彼のボキャブラリーと私の理解力では、、、。
ただ、小学生である彼のブラックボックスで何かが起きたのはその表情から読み取れました。未来を担うであろう子供たちにも確実に茂木先生の活動・心は届き刻み込まれている事実がうれしく感じました。
茂木先生と子供達。ヒエラルキーの教育現場でもこの地球の未来もそう暗いものではない、と感じました。
毎日元気を頂いています。ありがとうございます。
長文でごめんなさい。御礼まで。

投稿: machiko | 2009/05/14 21:27:56

茂木健一郎さんの本で、失っていた希望を取り戻すことが出来ました


先生がテレビに出演して話す言葉の一つ一つに希望と意欲と、時には愛を感じます

頑張って下さい
応援しています!

投稿: 向日葵 | 2009/05/14 19:15:46

茂木先生 こんにちわ。

cloverまずは
shine桑原武夫学芸賞受賞受賞おめでとうございますshine
amazonした”今、ここからすべての場所へ”が届くのを
楽しみにしているところでした。
人文科学対象なのですね。
とっても茂木先生にふさわしい気がしますsign01

佐伯さんからの お祝いの言葉に

>知的活動を行いながら、それだけの
柔軟性と速度を兼ね備えることは簡単ではありませんね。

>エネルギーに満ちた人

と ありますが
まったく 本当にその通りだなぁと思い 同感しました。

佐伯さんには
私みたいな言葉たらずにとって 代弁のような言葉を
茂木先生に送ってくださって 感謝です。


日々 自分のやるべき事を追いかける中

カール・マルクスさんの
”自らの道を歩め。他人には好きに語らせよ。”

(ますださんにも この言葉を思い出させてくださって
感謝です。)

茂木先生の

>共感できる友人の大切さ

には 自然と深く何度も そうだなぁ と うなずき
笑顔が生まれました。

茂木先生 有難うございます。


ただ・・。

>世界のすべての人と同意するのは不可能である。
で もう1つ思い出したのが

ジョン・レノンの imagineでした。

世界の人達が すべての面において 同意しなくても
どうにか 戦争や その類が なくなってほしいと
私は 祈らずにはおれず

以前 プロフェッショナルで 登場された
Miss DDR の瀬谷さんの記憶が よぎります。


話は 戻りますがclover

茂木先生shine再び 本当におめでとうございますshine
そして 毎日 本当に お疲れ様ですsign01
これからも
感受性と知性を兼ね備えた時代の水先案内人として
大変でしょうけれど どうぞ よろしくお願いしますcat

投稿: Lily | 2009/05/14 18:16:16

茂木さん、今夕わ〜♪今日は他店にヘルプに来ていて今度来たら買おうって思ってた、アイスレモネードを持ってスタッフルームで休憩中♪レモンのスライスがぷか〜んとかわいいな♪桑原武夫学芸賞受賞おめでとうございます☆♪ここ数日であっという間に目から鱗で♪何になっちゃうのかしらん♪?そう、そして、毎日、元気になっちゃう吉備団子♪ありがたやぁ〜♪ワイルドで優しくてオチャメな茂木さんに私、ついてきます(勝手に♪)
そうなりね、繋がってるって、共感できるってうれしいです。日々ありがとうございます(^-^)v茂木さんは吉備団子食べてますか?♪それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/05/14 17:23:18

桑原武夫学芸賞の受賞、
おめでとうございます。
掲載された方たちのメールの温かさ。
追従ではない友の言葉は
その人の生き方も現れ、胸に響きます。
「機関銃のようにキーボードを叩」いてくださるおかげで
つぎつぎと新曲にお目にかかれ楽しいです。

ノルウェイの森がフランス人監督によって
日本の俳優で映画化されるというニュースが伝わりました。
日本語で演じられるのかもしれませんが
原作者と関係者の話し合いの叩き台になった脚本は
英語だったそうです。
おー、英語。もうちょっと時間とって
ニュアンスが伝わるていどにはなろうと思います。
「おまえら英語だけはできるようになっとけよ」
だれかさんの声が響きます。

投稿: 島唄子 | 2009/05/14 15:10:40

やはり茂木さんのパワーはすごいですね。

ぼくも、茂木さんのサイトなどを見て、やる気をだしています。

投稿: 世界人 | 2009/05/14 14:12:27

あっ\(◎o◎)/!

《訂正》

周りからすると
それは“幻覚”と受けとられる。

m(_ _)m

投稿: ぱろっと | 2009/05/14 12:58:14

『幻覚について考える』

幻覚と言えば
身体の一部が無くなってしまっているのに
ある日
あるみたいに感じる。
動いているように感じる。

脳の記憶が“ふっ”とよみがえる
と言うのか?

見た目には
もうその身体の一部は無いのに

周りからすると
それは“幻覚”とれる。

投稿: ぱろっと | 2009/05/14 12:53:19

 私にとってはあまりにタイムリーな “うれしい知らせ” で、さっきから、心臓がどきどきしています。
 受賞されたご本人は、今、この瞬間も淡々と仕事をされているのでしょうに、一日中、“浮世離れ”の状態になりそうです。
 こうなったら、観念上の茂木さんを思いっきり膨らませてしまおうかしら。
 混乱を巻き起こす茂木さんに脱帽。
    Congratulations!

投稿: masami | 2009/05/14 12:43:27

茂木様

色々と おめでとうございます。

"共感できる友人の大切さ" 同感いたします。

子供の教育についても、あまりに幼児期から

知的になり過ぎず、皆同じにという事が、

少しでも改善されるなら、幸せだと思います。

これからも、TVや、本で 沢山のご活躍を

とても楽しみに期待しています。


投稿: ちぐさ | 2009/05/14 12:38:34

茂木健一郎さま

この度は本当におめでとうございます。
「今、ここからすべての場所へ」は、読み進んでいくのが
もったいないと思うくらい、深く感じ入るところのある
本でした。読み終わった後、もう一度最初にもどり
胸に刻んでおきたいフレーズを書き写したりもしました。

私は茂木さんのお仲間には入れませんが、勝手に併走させて
いただく所存でおります(笑)

自分にできる分野で一歩先を行けるようにと、遅ればせながらの
格闘をしていますので、この先いつか本当のお仲間になれる日が
くるかもしれないと、励みにさせていただいている次第です・・・

ところで、南直哉さんが朝日カルチャーセンターで講義をなさる
ことを知り、申込みをいたしました。ことらもとても楽しみです。

茂木さんを通して知ることとなった世界がたくさんあり、私を含め
多くの人がその恩恵に預かっていると思います。
感謝しつつ享受させていただきます。いつもありがとうございます!


投稿: yuzuriha | 2009/05/14 12:22:50

茂木健一郎様

茂木先生から教えていただくことの多様性、
謙虚なお人柄に学ばせていただくことの潤い
に感謝の日々です。
『自由とは何か』たのしみにしております。
世界中の素晴らしいお友達が、茂木健一郎さんを
応援されていることと思います。

投稿: Yoshiko.T | 2009/05/14 10:26:49

茂木先生、受賞おめでとうございます。
素晴らしいですね
私も茂木さんの「言葉」に出会えて本当に良かったです。
変化を恐れないで前へ進むこと。死ぬまで勉強すること。自分が主体的に他人の安全基地になること。
未熟極まりない私ですが、茂木さんの「言葉」に出会って、何か変わってきたと思います。
地上には同じ人間は二人といないんだから、多様であっていいんですよね。
茂木さんは私たち読者の安全基地で~す
(勝手にしてごめんなさい)
これからも、よろしくお願いします!

投稿: 眠り猫2 | 2009/05/14 10:06:55

道に迷ったとき、日々闘っている茂木さんの本を読みます。

自らの道を歩め。他人には好きに語らせよ。

今日からカール・マルクスも私を支えてくれる人になりました。

投稿: しずく | 2009/05/14 9:51:18

おめでとうございます!!ますます笑顔に拍車がかかりそうですね!!

投稿: ふぉれすと | 2009/05/14 9:00:43

私は、幼少の頃から本が大好きでした。
本の世界には、私の理想の世界が広がっていたから。百科事典や世界地図を眺めてたら、それだけで至福だった記憶があります。
現実には、アウトサイダーにならざるを得ない状態でしたが(笑)
同じ教室の中にいるヒトだけを友達にしようと思うこと自体、無理でした。
クラスは違っても、仲のいい友達といつもつるんでました。想いを共に出来る友達といる方が楽しいに決まっているから。
『フツー』に馴染もうと考えてみたけれど、何一つ面白いと思えるものがなかった。先生も月並みなことしか言わない。
『こんな奴に私の人生(進路)を決められるのかよ…』
…大人には、都合の悪い子供でした(苦笑)
そして、今。
多種多様な人間と関わり合えています。組織に属さなくても、『知識』と『経験』さえあれば、ヒトと繋がっていられるんだと実感しています。
自分の意志を持って生きてきたことを誇りに思っています。自分の言動に対して責任を負って生きていられるのですから。
ヒトと似たようなことをしているだけで、安心するような危うさを持たずに済んでいる。
今の子供達は、ヒトと同化することで、自分の色を隠し『皆がやっている』と言い訳をする。
自分の意志がない。自分を持つ訓練が足りない故に精神の鍛練が出来ていない。これからの日本は、どうなっていくのか。
より一層、自己責任の原理を持たなくてはならなくなると思います。
先生の風当たりは、半端ないものだと思います。
でも、その姿勢に共鳴する人間は、確実に多数存在します。
私は、その中の一人です。
では、またキーワードを貰いに来ます(笑)
ありがとうございました。

投稿: ゆみっち | 2009/05/14 8:54:27

表現することは、強烈に嫌われ強烈に愛されることです。
が、強烈に嫌われるとさすがに落ち込みます...
で、人生の並走者の手を握るわけです。
と、また走り出せる。
おめでとうございます。

投稿: 象の夢 | 2009/05/14 8:34:21

はじめまして。受賞おめでとうございます。
エネルギーいっぱいに活動していらっしゃる茂木さんがご自身を弱き者と仰っているのが素敵だとおもいました。
茂木さんのご発言は、いつでも科学的見地から勇気を与えて下さいます。
また、人生を楽しまれているのが伝わり、それだけでもこちらも生きているのが楽しくなってきます。
誰もが本当はこの閉塞感を突破したいとおもっているのではないかとおもいます。
是非いろいろな革命をなさって下さい☆

投稿: 金魚の水槽 | 2009/05/14 8:28:07

少しだけ 志向の違う 友人達  永久

     地球が落ち着くその日まで  暫しの 休息 ・。 

投稿: 一光  | 2009/05/14 8:23:28

茂木さんおめでとうございます!!

本当に素敵なご友人!
だって、茂木さんだから。

明るい未来を願って乾杯✫✷⋆☆♫!

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/05/14 8:16:35

コメントを書く





絵文字を挿入