« 朝日カルチャーセンター 脳と美 | トップページ | 脳を活かして生きる!(朝日カルチャーセンター横浜) »

2009/05/16

たけちゃん百面相

日経サイエンス編集部にて、世界初の
二母性マウスの誕生などのお仕事で
知られる東京農業大学教授河野友宏さんと対談。

ほ乳類における有性生殖において、オス由来の
遺伝子とメス由来の遺伝子は、
ゲノムインプリンティングにおける
メチル化のパターンが異なっている。

河野さんは、メチル化を制御することで、
メス由来の遺伝子を「オス型」にして、
二匹の「母」マウスから子どものマウスを
誕生させることに成功した。

生物の発生において、メチル化などの
エピジェネティックスの果たす役割は大きい。

生物学において、このようなメカニズムだから
こうなると理論的に説明できる部分は少ない。

クローンについても、なぜうまくいくのか、
完全な理論的根拠付けがあるというよりも、
細胞内の未知のメカニズムを通して、
うまくいってしまっている、という側面がある。

今後も、私たちは「なぜかわからないがうまくいく」という生物の奥深さに何度も驚かされる
ことになるのだろう。

脳も同じこと。なぜかわからないが、そうなって
いることはたくさんある。

例えば、記憶の編集のプロセス。たとえば創造性。
たとえば、発話行為。


河野友宏さんの温かいお人柄に魅せられた。


河野友宏さんと。

 ソニーコンピュータサイエンス研究所

脳科学研究グループの会合
The Brain Club。

チェゴヤで議論。星野英一は、
明晰夢(lucid dreaming)の達人らしい。

明晰夢においては、夢の行き先をある程度
コントロールできるとされる。
しかし、完全に制御できてしまっては、
自分と外界の境界が消える。

コントロールできる範囲が自分の
身体であり、それが不可能な
「剰余」として環境が立ち上がるはずである。


たとえ、夢の中で超能力のような働きを
することができる場合でも、必ず上のような
意味での「身体/環境」の区別のモデルが
そこに潜在されているはずだ。

ゼミ開始。

東京大学の池上高志の研究室の佐藤勇起くん
が研究の話をしてくれる。

フッサール、メルロ=ポンティ
の流れを受けた、物体としての「ケルパー」
と生きた主体としての「ライプ」
の二つの身体概念。


アクティヴ・パーセプションによって
環境を認識する際には、媒介項としての
身体が消える。

佐藤くんの風車モデルが興味深かった。



自分の考えを述べる佐藤勇起くん

星野英一が、論文紹介。
FMR-Aという手法を用いて、視覚野の
ventral pathway のみならず、dorsal pathwayの側にも
object recognitionの活動が見られることを
論じた研究。

Nature Neuroscience 11, 224 - 231 (2008)
Two hierarchically organized neural systems for object information in human visual cortex
Christina S Konen & Sabine Kastner

pdf file



熱弁する星野英一くんと、それを聞く関根崇泰くん。

新しい解析手法というのは、とても面白いね。

ゼミをのぞき込んでいた北野宏明さんと、
しばらく議論する。

朝日カルチャーセンター。

宇井純さんの話をする。それから、
ヘルベルト・フォン・カラヤンの話。

いかに美しく生きるか。

論文は、ミラーニューロンのレビューを
読む。

Iacoboni, M., Dapretto, M., “The mirror neuron system and the consequences of its dysfunction”,
Nature Reviews Neuroscience, 7:942-951 (2006).

pdf file


終了後の懇親会。


いつものように「兆一」に行くと、
佐々木厚さんがボトルを4つ抱えていた。

「やっぱり、今日はこれでしょう!」

佐々木さんのやさしい心遣い。

モエ・シャンドンで乾杯した。

花束をいただいたり、CDを贈られたり。

皆様のご厚情、ありがたく。

筑摩書房の増田健史(たけちゃんまんセブン)が来る。

二次会で、たけちゃんの写真を撮ろうとしたら、
NTT出版の牧野彰久さん(傷だらけのマキロン)
の横で、たけちゃんがわざと変な顔をした。

それから、たけちゃんは眠り始めた。

そこを撮っていたら、突然起きて、指を
突き出した。

たけちゃん百面相。

気の合う仲間と、本当に楽しい時間。


牧野彰久さん(傷だらけのマキロン、左)と、
わざと変な顔をする増田健史さん(たけちゃんまんセブン、右)。


眠っているたけちゃん


指を突き出すたけちゃん。


こちらは、品行方正な人たち。
左から、大島加奈子さん(幻冬舎)、
高松夕佳さん(福音館書店)
伊藤笑子さん(筑摩書房)。

伊藤笑子さんが、『今、ここからすべての場所へ』 
を編集して下さった。

5月 16, 2009 at 08:56 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たけちゃん百面相:

» プロフェッショナルたちの脳活用法 トラックバック 須磨寺ものがたり
茂木健一郎さんの近著[プロフェッショナルたちの脳活用法]を、 一気に読み終え、気になる点を再読した。 「トークスルー」なる表現にであい、 なるほどと納得がえられた。 [続きを読む]

受信: 2009/05/16 10:22:32

コメント

STAT(Systematic Tool to Analyze Thinking)
に取り組む者にとりましては
その土台且つ核であるMNSに関する種種の論文を
貴ブログ上でご紹介くださいますことに
感謝申し上げます

投稿: nanna | 2009/05/17 19:21:31

茂木健一郎さま

お薬で喉の痛みが緩和されていた実感です

昨日、調子にのり
早く寝れば良いのに
なにせ、留守番の一人
テレビを遅くまで見てましたら

今、喉が痛い
確かに痛い

耳鼻咽喉科で診て頂いた一昨日でしたか、喉が赤いよ!これで痛くないの?
よりも喉の痛みは確実に痛い
ということは
悪化?

扁桃腺が腫れるは
幼い頃より

おとなしく
活字の大きい茂木健一郎さまの書籍を拝読
その前に
しばし睡眠を。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/05/17 9:34:46

茂木健一郎さま

おはようございます

宅配業者さんのチャイムで起きました今

両親は妹夫婦のところに、弟夫婦の車とは別々に分乗し

田植えのイベントに昨日から。

私、一人で留守番

さて

小絵さんの気象解説通り、雨

田植えは昨日でしたので大丈夫みたくですし

田植えの後の水田には水分も必要

雨も降らないと困りますよね。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/05/17 9:11:01

「記憶の編集のプロセス」
というのはまだよくわかっていないんですか。
おもしろそう。
印象をつないでいるような気がしますが
時間はしばしば前後します。
思い出す過程でも連想が起きます。
4月8日女友達3人で行った「…」というレストラン
この時点でレストラン名を忘れてしまっています。
でも、サラダバーやフルーツバーにあった
野菜や果物やドレッシングの細目はよく覚えています。
記憶にいくつか起点があって
それがよく言われるように
歓びなどの感情、印象を伴ったものであることは
確かなようです。
あ、ここでレストランの名前を思い出しました。
「けん」です。
内容が実際の時間上の生起に従わないということは
自由になっているということでもあるので
その辺がとても興味深いです。

投稿: 島唄子 | 2009/05/17 1:19:49

↓追記

歴史の謎解き本では、井沢元彦氏の「猿丸幻視行」が最高です!!!
いろは歌に秘められた謎解きがたまらないです。あ、また読み返したくなりました~o(^-^)o
ところで、増田さんの百面相、しばらく見入ってから爆笑しちゃいました! (≧▽≦)
今までの人生においてもいまだかつて拝見したことのないタイプの面白いお顔です!(・ω・)/
何度見返しても見るたびに、プハッと(≧▽≦)面白いです。
携帯に保存して毎日拝見いたします!(^o^;)
増田さん、ハンサムなのにありがとうございました!!

投稿: 眠り猫2 | 2009/05/17 0:59:23

茂木ィ先生、おこんばんはです (・ω・)/
先ほど「ダビンチコード」をテレビで見てました。
原作も読みましたが、謎解き本って子供の頃から大好きです!\(^_^)/
仮にイエス様に妻もしくは恋人がいて、その子孫が存在したとしてもなんらは不思議はないですよね
ブッダにだって息子さんがいた訳ですし。孔子のご子孫も存在しますし。
それに私達の遺伝子を遡れば、一人の遺伝子の中に軽く一億人くらいのご先祖様の遺伝情報が入っているかも知れないですよね?
人類皆兄弟って真実ではないでしょうか?
でもカソリック教会が今までの歴史の中で女性を抑圧してきたのは間違いないと思います。
カトリックだけでなく一部仏教でだって女性は抑圧されてきたのではないかしら。
女性に生まれたら成仏できないだとか不浄だとか。
女性から生まれたくせに何言ってんでしょと思いましたが。
男性と女性で優劣つける宗教は信じられません。
人間が人間を抑圧したり搾取するのに利用したんだなと思います。
信長が浄土真宗と闘おうとしたのも、宗教が浄土という幻想で民衆を操作しようとしたからじゃないかなぁ…信長は政教分離をしたかったんじゃないかなぁ…色々考えさせられる映画でした(

投稿: 眠り猫2 | 2009/05/17 0:46:41

こんにちは

同じ親の二つの卵子で、クローンが出来るのではないでしょうか?

TVで、東南アジアの未開の地で、空を飛ぶ夢を見る部族の事が放送されていました。部族の間では夢を普通の事のように話し合っていて、親が夢のコントロールを教えるみたいです。人間はミラーニューロンの働きで鳥瞰図がイメージ出来るのではないでしょうか?

たけちゃんまんセブンさん、顔が「7(セブン)」になっていますね。(^^)

投稿: 7のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/05/17 0:34:52

茂木さん、おはようございます♪魅力溢れる楽しい友人との時間、ステキですね♪特にたけちゃんさんの百面相ビム未知なるパワー感じます。そして私は今日も、茂木さんの、優しくそっと微笑むビームに癒されてます(^-^)♪御礼に、私の未知なるテレパシー送ってみます♪プン☆届きましたか?♪それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/05/16 23:24:52

 伊藤笑子さんが、『今、ここからすべての場所へ』 
を編集して下さり、本当に良かったですね。
そのご尽力のお陰で、今ここに素敵な一冊の本として拝読できます。
喜んでいる読者の一人として、ありがたく感謝!申し上げます。

 お忙しく充実されたお仕事、多方面の方々との対話、
ご講演、ご研究懇談。心強いお仲間との楽しいご交流のお時間。
魂の喜ぶ空間の幸福の余韻が伝わってきます。嬉しいお裾分けを、
ありがとうございます。

投稿: 発展途上人 | 2009/05/16 23:06:49

百面相…以外と皆さん、真剣に考えている時、自分では分かっていませんが、他の人から見たら百面相になっていて、楽しいかも(^-^)

木村拓哉さんが、脳科学者をすることによって、脳科学という学問が、より脚光を浴びそうですね!

投稿: 奏。 | 2009/05/16 21:02:21

茂木健一郎様

なぜと思うことや不思議なことを
解明くださる方々に
敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。
日経サイエンスを
読みたくなってきました。
宇井純さんとヘルベルト・フォン・カラヤンについて
どのように美しく生きることを話されたのかしら.....
朝日カルチャーセンターの
講座を受けられている方々ってお幸せ。
茂木先生、寺子屋塾日本列島をされてくださませ。
電通の佐々木様やお仲間の皆々様に
「茂木先生と日本」のアイディアを〜と
お願い申し上げたいです。
増田様との「自由とは何か」も待ち遠しいです!

投稿: Yoshiko.T | 2009/05/16 17:21:30

茂木先生 こんにちわ

なにやら 専門分野の発表を
どの人も 楽しそうに熱く語っている様子。
何々?
鏡ニューロン・システムおよびその機能障害の結果
・・・(^・ω・^).....ンニュニュ?
私の分野ではなさそうだけれど
皆さんの 熱い様子と
それを キット楽しげに ご覧になっている
茂木先生が 想像できますよ

けれど やはり今日の主役は お祝いされる茂木先生。

・・の筈が(傷だらけのマキロンさん:どこを怪我しているのかなぁ:と)
思っても見なかったダーク・ホース;たけちゃんまんセブンですね。

品行方正じゃない?方にされたうちの1人
たけちゃんまんセブンの 指突き出し写真は
な・何を考えていたんだろぅなぁ~
ご本人に 尋ねたい気持ちが一杯になってしまいましたよ。

気の合う仲間たちに囲まれて祝福をうけて
茂木先生 エナジー・チャージ完了ですね

・・で今日 横浜で 講演会があったとは・・・(>_<)

次回に期待していま~す

投稿: Lily | 2009/05/16 17:18:17

生物の奥深さ、どこまでも覗いてみたいですね!!

投稿: ふぉれすと | 2009/05/16 13:37:53

発想の瞬間  着々とその時に向かい 脳内現象
       備えはいつ何時からか  未知に向けて

       絡み付く多くの現象はすべて結果を見るためのもの


       真 知るための対峙現象  意味は或る


 雀の涙に気付くこと 浅瀬の流れに見入ること ・・

         なんとなく  休息  理由なき呟き ・・

       

投稿: 一光  | 2009/05/16 10:36:04

おはようございます。
佐々木さんのモエ・シャンドン✷とても美味しかった!
記念にコルクを頂こうと思っていたのですが、席を外したときにテーブルがきれいに片付いていたのでちょっぴり残念でした✫

「なぜかわからないがうまくいく」ことは、大切なキーワードだと私も思います。それに乗っかっていくことが幸せのイイながれを創ることにつながっていると思います。
だから、茂木さんが1:00を1:30だと思っていらっしゃった時の話も好きです。
昨日は講義後の会に参加しようと家を出てから奮起しました。
アルバイト終わってから行きました。
かわいい花屋さんを見かけたのでお祝は花にしました!
ブーケを作ってもらったお兄さんにあれこれ注文して、最後に結んでいただいたりぼん、クリーム色で出来上がってきたのですが、どぉしてもみどり系の色がいいって脳が訴えていたので取り替えてもらいました。
すごい五月蝿い客だ!って思われたと思います。
でも、素敵なブーケが出来ました。
美しいとか、かわいいとか、素晴らしいって直感的に思えるようにこだわることは、自分の感性やレベルを高めていく為に大切なことと思います。100%花丸!!はなかなか難しいけど、85%はクリアです!
そうやって私は自分の『美』を磨いていきたいな。
そんな楽しい活動が周囲のひとびとにとって、明るいさざ波をおこさせるモノになるはずです。
(だって、私は素敵な人を見かけると絶対観察して見つめてしまいますよ。感化されますよ。)

モエ・シャンドンのコルクは可愛かった!!

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/05/16 10:35:53

茂木健一郎さま

難しいことを判りやすく記述して頂ける書籍

翻訳とされての、もです

脳にいいこと
だけを
やりなさい

助かります。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/05/16 9:06:16

コメントを書く