« 幕末の志士のように | トップページ | 芸能山城組公演 »

2009/05/23

余裕のある精神

マスクについて、高城剛さんが
ブログで書いている。

メディア・パンデミック。 

高城さんの言わんとしているところは、
とてもよくわかる。

先日、ぼくは飛行機の中で
Japan Timesの記事を読んでいて、
マスクについての次の記述に目が留まった。

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20090519a4.html 


Faced with the imminent arrival of swine flu, many worried people are donning masks in the hopes of preventing infection. However, according to Kamiya, while the regular masks help reduce the chances of catching the new flu, they don't provide complete protection.
"The virus is small enough to penetrate the average mask, although (by wearing one) you can protect yourself from the majority of droplets when someone near you coughs. But if you're aiming for zero (risk), the mask will not make any difference," he said.
Kamiya added that a respirator mask often used by doctors can prevent infection, but the filters are so small it becomes difficult to breathe.

マスクの効用と限界を冷静に記述
した後で、「一番効果的なのは
医者のする特殊マスクだけれども」、
"the filters are so small it becomes difficult to breathe."

と記述するところに、そこはかとない
おかしみが感じられた。

どんな状況でも、冷静な判断とユーモアを
忘れたくない。

2005年の4月1日、ぼくは次のような
記事を書いた。

動物マスク 


最終的に適応的なのは、状況を客観的に見る
余裕のある精神だと私は信じる。

5月 23, 2009 at 10:23 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余裕のある精神:

» 潔さ トラックバック POPO
新型インフルエンザの感染予防で マスクをしているのは潔癖症の日本人だけらしい 世 [続きを読む]

受信: 2009/05/27 22:14:14

コメント

茂木さま

そうです、これが一番最初に私が担がれたエイプリルフールねたです。編集会議に思わず提案しそうになって、冷や汗をかいた記憶があります。

もうだまされません。(とはいいながら、今年も少し真に受けてしまいましたが)

二居さま

もうしわけありませんでした(笑)。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

茂木健一郎拝

投稿: | 2009/05/25 18:22:02

ブログの内容とは違うのですが。。。。

先日の朝カルの後、レイチェル・カーソンさんの沈黙の春を読みました。
この本は、自分の中で課題本(いつかは読まなければならない本)、として何となくとっておいたのですが、朝カルでの話題に上った後、やはり今すぐ読むべきだわ、と思い直したんです。
公害に関する本だと思ってたのですが、農薬、殺虫剤、除草剤などの害について告発した本だったのですね。
そして今日、木村秋則さんが書き下ろした、という本も読みました。

私自身はレイチェル・カーソンさん、木村秋則さんの考え方に100%賛成です。農薬の害ははっきりしていると思います。
しかし、世の中にはそう考えない人もたくさんいるらしいのです。
農薬を使わないと、植物自身が虫に襲われた時に防御するため、天然の農薬を作り出し、それは人体に悪影響を及ぼすのだから、決められた使用量の農薬を使用したほうが良い、というような意見もありました。そんなことがあるのでしょうか?

仮にその天然の農薬というものが植物自身で作られ、それが人体になんらかの影響を及ぼすことがあるとしても、それらは自然自体に害を及ぼすことはありえません。しかし、天然農薬云々という意見の方はその辺には触れていないようでした。。。つまり、殺虫剤や除草剤は無差別にそこに生きる物全ての命を奪い、空気中を漂い、地中に沁みこみ、川となって流れていくことを。

人間の都合で自然に脅威を与えていいのか?このまま破壊し続けていいのか?そこのところがカーソンさんの最も問いただしたかったことだと思うのですが。それに単体では規定量以下の量でも、それら化学物質を複合して長期間人体に取り込み続けたらどうなるか?という。
結果はもう見えていると思います。アレルギー症状の増加、がん患者の増加、化学物質に過敏に反応する症状もありますし。
どこかで何かのために情報が操作されているのではないかと、勘ぐってしまいます。かつてアメリカの関係する産業団体が、カーソンさんの意見に反対し、反撃しようとしたように。
木村さんだって、きっかけは農薬によるご自身や家族の健康問題でした。これはおかしい、と思うのは当然と思います。

私の前いた会社の親会社は巨大な化学品メーカーでした。
農薬や、化学肥料も作っていましたし、私のいた部署で扱っていた物は(かなり厳しく規制されるようになってきていますが)環境負荷物質を含んでいました。働いている方々はいい人が多かったのですが、この事実は私には心苦しかったので、解放されてホッとしているのも事実です。。。。

興味がずっとありましたので、オーガニックの製品をできるだけ買うようにしていましたが、木村さんの著書を読んで、自然栽培と有機農法はどうも違うということが分かりました。オーガニック=無農薬・無化学肥料を指すと思うのですが、有機って言われると。。。?結局よく分からずに思考停止になって買っていたような気がします。

安易な情報に惑わされないように、もっともっと知らなければいけないことが、たくさんあるように思います。
カーソンさんは生態系の多様性が大切だと述べていました。木村さんも同様でしたね。多種多様な生き物がお互いに影響しながら生きていく事。人間界でも大切なことですが。

長々と申し訳ありませんでした。
でも、茂木さんが多様な生き物で溢れた自然を愛する人で、本当によかったと思っています。
木村さんとの対談を心から楽しみにしています。

投稿: | 2009/05/25 0:03:16

巻き込まれない、引きずられないですね。でも、温かいまなざしを忘れないで。愛というもの。渇愛の対極と思います。

投稿: | 2009/05/24 11:19:12

おはようございます。
お医者さんがなさるマスクはあれかなと、思い当たるものがあるのですが、大変分厚いもので、2~3時間くらいが限界なのだとか。大変呼吸が苦しい物のようです。ゴーグルより細めの強いゴムを大きなホチキスでバチンと固定してあり、「何だかなぁ!」と思ってしまいました。
母親は今年の花粉症にそのマスクを使用したらしく、「えぇ!使ったの!?」と聞いたら、「たまたま家にこのマスクしか無かったんだもん。」と言っておりました。かなり人目を引く様です。
動物マスクのように、笑って楽しめる仕掛けがそのマスクにもあったらより使いやすそうです。

それにしても、動物マスクはすごいアイディアですね。

投稿: | 2009/05/24 10:28:56

知らないうちに洗脳されないために、
迂闊に物事を判断しないためにも…
集団パニックを避けるために、
特定の誰かが苦しまないためにも…
いつも、メディアに対しては、客観的な目で冷静に余裕を持って、見つめてゆきたい。

投稿: | 2009/05/24 7:44:41

茂木さん、こんにちは!お久しぶりです☆

余裕のある精神。大事ですよねぇ。
私から見る茂木さんは、これだという確信的な自分を持っててそれにそって後は自然に身を委ねているように感じられます。
だからいつも私の信じる茂木さんでいてくれる。そんな愛のある母親みたいな存在は多くの人の心の支えになっていると思います。

私も目指そう。
人が安心して話し掛けてくれるような人に。

自分の意見は持ちながらも他人の幸せを願える人になりたい。

投稿: | 2009/05/24 2:24:56

試行錯誤して進むしかないですよね

投稿: ぱろっと | 2009/05/24 0:54:24

茂木ィ先生、おばんです
(・ω・)/
動物マスク可愛いですねって、エイプリルフールの日にちじゅあなかとですか~~(^~^)
危ない危ないまた丸ごと信じるとこでした。
フゥ(Θ_Θ)ゞ
マスクといえば、私めは約2ヶ月マスクしてます(・ω・)/
はい、怪しいマスク星人です
最初は花粉症予防目的でしたが最近の目的は、インフルエンザ予防というよりは、ほとんど「顔隠し」です。マスク慣れちゃうと、物凄く楽なんですよねー!!これが。
いわゆる「チャドル効果」です♪※注「化粧する脳」ご参照下さいませ
チャドル身につけると自由になる感じ、分かるなぁ~
だって「見る」ってある意味残酷な行為だと思いますもん
「見られる」のも苦手です。
私はチャドル文化圏で生活したいなぁ…
今日は沢山泳いで物凄く眠いので、これにて失礼します!
おやすいなさい~

投稿: | 2009/05/23 22:40:07

はじめてコメントします。

新型インフルエンザの対策って難しいですよね。
対策が薄手だと、心配する人がたくさん出て問題化されるのに
対策が濃くても、メディアにやり過ぎだって叩かれたり..。

難しいです。

投稿: | 2009/05/23 22:11:49

状況を客観的に見る余裕のある精神、大人~!!ですね。

投稿: | 2009/05/23 20:27:57

茂木さん、精神不安定、根底からのマイナス思考、あがり性を治す超裏技を体験してきました。内観療法です。私の場合、研修を始めて5日目に脳がフロー状態になりました。かなりの集中状態を保てます。今日七日目の研修が終わりました。悪いものを取り除いた手術後の措置と同じぐらい7日目は大切だと思っています。マイナス思考の父の影響はまだ少し受けそうな状態なので、今日はホテルに泊まり、じっくり五木寛之の本を読んだり、イメトレしたりしています。内観が世界平和に通ずると、昔天声人語に記載されたことがあるそうです。それぐらいの裏技です。しかも発生は日本ですよ。

投稿: | 2009/05/23 19:55:37

こんにちわ

日本で初めての感染者になった高校生たちが「旅行先のカナダでは誰もマスクをして居なかったので恥ずかしくてマスクを着けることができなかった」と発言していました。
私はこれを聞いたらマスク姿に違和感の無い日本人が着用するのは致し方ないことだと思いました。

投稿: | 2009/05/23 18:07:45

5月20日、ブッチャーさんと呼ばれる
解体屋さんがロケ地にやってきて
不織布のマスクの箱をドン!
4トントラックのステップに積みました。
彼女が「持ってっていいよ」と言うと
次々と箱が開けられ、マスクがわしづかみされてゆきます。
街ではマスクが品薄なそうで。
「解体で使うんだけど、
そんなもん着けてたら息苦しくてね」
わたしは不織布のマスクは中に水滴が溜まるのが苦手で
ニコニコしながら見守っていました。
その翌日、熱が出て、4日連続38度越え。
か、関節も痛い。
電車で咳をすると
なんでおまえマスクしてないのと
視線が突き刺さる…
この視線から身を守るため
ウェルシアという薬局で
子供用のガーゼマスクをやっとの思いでゲット。
ちょこんと小さなマスクをつけて
うつむいて電車に乗ってます。

投稿: | 2009/05/23 18:01:33

動物マスク!…おお、そういえば、思い出した。みんなが鳥や獣の絵のついたマスクをつけている、というお話でしたっけ。

そういや…本邦のTVなどの報道をみて思うのは、みんな、あまりにも“ビビリ過ぎ”なのではないか、ということだ。関西あたりではマスクを並んで買う光景がみられ、関東でもマスクは品切れになった。

この新型インフル、感染力は強くても今のところは弱毒性ゆえに、そんなに恐れなくてもいいのではないかと思った。

ニューヨークタイムズだったかワシントンポストだったかの電子版に、確か「日本はあまりにも警戒し過ぎ」と本邦の感染状況が報道されていた。

ヘタに警戒するよりも、多少の余裕をもって、この事態を冷静に見詰めることは必要だなァ、とつくづく思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/05/23 17:11:53

そう、そう!

神戸、大阪のマスクだらけの雑踏を見ていて、
実は茂木さんの動物マスクApril foolを思い出してました(笑)
マスクに描かれる絵はやはり豚でしょうか?

マスクの対ウイルス効果を論理的にきちんと説明している人が少ないなぁと僕も思います。
感染者がするのなら(飛まつの飛散を抑える意味で)意味はあると思いますが...非感染者がする場合の効果については茂木さんが引用した記事の通りだと思います。

ただ、鼻や口に頻繁に触る癖のある人は手からの感染を防ぐ意味でマスクの効果はあるかな...僕は何か考え事をすると口を手で覆う癖があるので都会の雑踏に出るときはたぶんマスクをつけます(笑)

投稿: | 2009/05/23 13:11:52

動物マスク・・・とても一人じゃ出来ない気がする。
こういった事態にみんなで遊び心全開でつけるのもいいかもねぇ。

今マスクをするということは、情報をもらって(煽りを差し引いて)
手を洗ってうがいをしてマスクをする・・・ただそれだけのことだと
思いますよ。

投稿: | 2009/05/23 13:00:13

茂木健一郎さま

書籍

感動する脳

記述の中にも
余裕が感動に導く
そういう内容で記憶しています

余裕ある心が感動を
実感です。

投稿: | 2009/05/23 12:49:57

茂木先生 こんにちわ

本当に 一気にマスク・ブームになっちゃいましたね。
これは 多分 ”新型インフルに対応するワクチンが無い。”
と言われた事から始まったのじゃないかと思います。

よく利用するドラッグ・ストアでは マスク完売で ネットで一応 入手してしまいましたが
封をきらずしばらく保存する予感 濃厚です。

今 日本でマスクをつける と言う事は
”他の人にうつしませんよ・私” と言う合図のようで
こう言うところは 良い悪いではなくて とっても日本人っぽいなぁと思います。
決して 自分が かからない為とは 言えないのが事実なのが 切ないですよ。

でも。
黒髪にマスク(+眼鏡)+お仕事用の服装の集団は 花粉症とは わけが違うので
・・正直不気味です。
TVのニュースで 映し出される その映像は
”マスクをしていない人は 礼儀を知らない仲間はずれ”
みたいにも扱い始めているかのように見えてきます。

今は 茂木先生が 書かれていたように 冷静に。
そして基本的な予防方法・・小児科医の人達が行う 手洗い・うがいなどを きちんと行ったり
他の 例えばこれからなら
ノロ・ウィルスを 防ぐためにキッチンを清潔にするなどの方が 大事な気がします。

う~ん・・と 思ったのは
購入した翌々日 同じネットのストアを見てみたら プライスが2倍近くになっていましたよ・・。


>私は、ヤンバルクイナになって、品川駅のエスカレーターを上がった。

(; ・`д・´)ぇ!? 茂木先生が ヤンバルクイナに。
・・・って
こ・これ 途中まで エィプリル・フールだと気づかず信じ込んで読んでいましたよ

投稿: | 2009/05/23 11:28:40

「動物マスク」の文章。。。好きだな〜 
楽しくなっちゃった。 笑うって大事ですよね。ありがとうございました。

投稿: | 2009/05/23 11:07:39

茂木健一郎様

いつもhotなホットな日記をありがとうございます。
動物マスク
私は、何だか、感動してしまったあ、です。
なのに、エイプルフールなのですネ^^
でも、私、こころみてみたい〜です。

投稿: Yoshiko.T | 2009/05/23 11:07:21

コメントを書く