« 浮世離れ | トップページ | 虹が、池上の心を動かした。 »

2009/05/08

靴が精霊となって

私が子どもの頃は、
昭和の高度経済成長期で、
周囲の自然がどんどん破壊
されていった。

そのことを、幼い私は哀しい
ことだと思っていたが、
当時の経済発展の勢いから
いって、仕方がないことでも
あった。

それが、このところ、時代が
一回りして、当時「遅れている」
と思われていたことが最先端
となっているように思う。

例えば、農業。

時代がくるくると回転して、
気付いてみれば食の生産をめぐる
さまざまが、かつて「ハイテク産業」
と呼ばれた分野よりも
よほど人類にとってチャレンジすべき
フロンティアとなった。 

『プロフェッショナル 仕事の流儀』 
のゲストでいらした農業経営者の
木内博一さんのお話をうかがって
いて、そんな時代のめぐり合わせ
の不思議を思った。

思うに、時間は直線ではなく
円環なのだろう。
概日リズムによって睡眠と
覚醒を繰り返すように、私たち
にとって最先端の問題は
ぐるりと円環を巡って変わって
いく。

2001年宇宙の旅で描かれた
ようなテクノロジーの未来図を
一度経験した後で、歴史の中で
親しんできた自然を見ると、
そこにいかに深遠なる可能性の群
があることか。

ずっと同じリズムで同じことを
続ける必要はない。

うまく円環的循環を活かせ。

それが、生命原理にもっとも適った
ことである。

一度、自然に思い切り付き合って、
その復活に力を注いで、
それからまたサイバーや宇宙に
戻っていけばいい。

都会の空き地は皆木を植えてしまえ。

そうしてから、サイバーやネットに
戻っていけば、勢いは千倍にも万倍にも
なるだろう。

収録が終わった後、
チーフプロデューサの有吉伸人さんと
歩いていた。

「茂木さん、この前食事した時、
お店でぼくの靴を誰かが履いていって
しまったでしょう。」

「ええ、あれから、どうなりました?」

「家に帰って翌朝、玄関先を見たら、
不思議なんですよ。」

「えっ、どうしました?」

「靴の代わりに店から借りて帰った
サンダルの横に、誰かが履いていって
しまったはずの僕の靴が脱いであるん
ですよ。」

「???!」

「それで、不思議だなあ、と思って。
しばらく考えてわかったんですが、
僕は前日、実は別の靴を履いて
出かけていたんですね。店の人が
出して下さった靴は間違いなくその
靴だったんですが、これじゃない!
と思ってしまったんですねえ。」

「だって・・・その靴だって、有吉
さんの靴だったんでしょう?」

「ええ。」

「それを見て、あっ、これは俺の
靴だ、って思わなかったんですか?」

「うーん。なぜか思わなかったんですねえ。」

しばらく無言で歩いた。

「有吉さん、このこと、明日のブログに書いて
いいですか。」

「うーん、どうしようかなあ。ははは。」

朝から雷が鳴っている。

ズドーン、ズドーンと大音響。

有吉さんが忘れた靴が精霊となって
天翔ているのかしらん。

円環の時間の中で、
時折雷が落ちるなり。

5月 8, 2009 at 07:31 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靴が精霊となって:

» こじつけるエネルギー トラックバック 有限(言)生活 [ugen27の日記]
■エネルギーガヒツヨウダ ■最近も人によく会っている。  この間は東大文二の人と話をした。  彼もまた塾と学校の中間形のものをつくりたいと意気込んでいた。  受験がゴールの勉強ではなく、生涯学習を目指す。  その思いはまるで同じだったので、熱く握手を交わし、... [続きを読む]

受信: 2009/05/08 9:43:08

» 靴  トラックバック POPO
いつも履いてる お気に入りの ブランドの靴 スタイリッシュで クッション良くて [続きを読む]

受信: 2009/05/08 21:50:44

» 「生きた体系性」はネットにはない! トラックバック 銀鏡反応 パンドラの函
月刊誌「潮」6月号掲載の茂木氏の記事を読んで。 [続きを読む]

受信: 2009/05/09 5:43:24

» 量子もつれ(2) トラックバック 御林守河村家を守る会
現代物理学は万能であるかのように 錯覚している方がいるのかもしれません。 [続きを読む]

受信: 2009/05/09 7:09:37

コメント

茂木先生おはようございます♪

靴が精霊となって、なんやかとても気に入ってしまいました。有吉さんとの会話も大変面白くて思わずニンマリしてしまいます。(o^-^o)

時間は直線ではなく円環、そうかあ!と思い。


ところで先生、私も昨日長靴を履いて畑仕事をしてみました。しんどいかなあと思ったのですが、意外に楽しかったのです! 何を植えようか考え中です。(´・ゞ・`)


それでは本日も先生にとってステキな1日となりますように。♪♪\(*⌒∀⌒*)/♪♪

投稿: | 2009/05/11 7:05:52

靴のお話、先生のことではなかったんですね。。
ちんばで履くお話を思い出して。

思い込んでしまうことというのがあるんですねえ。


虹は写真でもよく見えるほど
くっきりしていますね。

池上さんの爆笑問題の番組楽しみです。


身のない内容ですみません。

久しぶりに、こんな時間に
コメントが書きたくなってしまいました。

今夜はうっすらオレンジがかった月が昇っていて
とてもきれいでした。

投稿: | 2009/05/10 2:27:24

こんばんは。茂木サンのブログ拝見が夜のリラックスタイムとして定着しそうな予感がしております。虹はふと見つけた瞬間、ラッキー!幸せな気分になります。きっと良い事が・・とすぐ自己暗示。神様からのプレゼントです。どんな時でも空を見上げる余裕を持ち続けたいです。(@_@)

投稿: | 2009/05/09 22:40:07

有吉さんの靴を夜の間に、グノーシスが運んでくれたに、1票を投じます(笑)
多分、どなたかのご親切だと思いますが、グノーシスがいてくれたらいいなぁという願望が、私の心の中で突如にょきにょきと湧き出てきました。
知識深いグノーシスとの出会いを何処かで待っているのかもしれません。
靴の精霊説もいいですね。そういうものの存在を否定したくありません。
八百萬の神を擁する日本に住んでいるんですから。
《水道口に熱湯をそのまま捨ててはならない。水道の神様が火傷するから。》
小さい頃、そうやって大きくなったはずなのです。
ものの気持ちがないと決めつけるのは、逆にナンセンスな気がします。

過去から現在・未来へと。どう生きるかは、自分の責任のもとで。
他人に責任取ってもらえるはずがないのですから。
後悔のない人生の足取りを取っていきたいです。
その上で、先生の言葉は染みてきます。
自分の心に染みます。
今回も、ありがとうございました。
暑くなりましたので、体調にお気をつけ下さいね
(^o^ゞ

投稿: | 2009/05/09 18:07:59

              全靴

  左足 右足  一対  なので


  ゲーム 今・目の前を 対と見て

       合わせて 合わせて 合わせてみたら

       色んな自分が見えてきて

       落ち着く自分を見つけたら

       そんな自分を心がけ

       なりたい自分になってみる  そんなゲーム

    靴を選んで   or 

    鏡の法則 1 対 1

    靴の法則 0.5 対 0.5   より  ゲノム ☆

      虹に架かる虹  天空の意志   【対】

投稿: | 2009/05/09 17:28:22

靴のはき間違え、うちでもよくありました^^たくさんの酔っ払いさんが、靴を間違えて履いて帰っていき、間違えられた人が、仕方なく残りの靴を履いて帰っていました^^ゞ そして、最近気付いたこと。幼い子は、自分の物と人の物が似ていたら、区別がつかないこと。ママのことは、においで分かるのに^^あと、何でも口にいれるのは、色んなことを舌で確かめてるんだろうけど、大人でも間違ってしまう本物そっくりのオモチャのお菓子と本物のお菓子を口に入れずに判断できるようになったのを見た時、成長ってすばらしいなあ と思いました^^

投稿: | 2009/05/09 10:55:04

茂木先生

おはようございます
久しぶりに茂木先生のblog拝見し、やっぱり茂木先生いいなぁ〜と朝から嬉しくなりました

有吉さん 面白いですね
私も似たようなことをよくしては 「大丈夫かいな〜?」と自分を笑っています
皆様よい一日を…\(^^:;)

投稿: | 2009/05/09 8:49:53

茂木さん
おはようございます。
『プロフェッショナルたちの脳活用法』、楽しく拝読しました。山のような付箋がついた一冊になりました。
書評をblog「ほん☆たす」に書きましたので、時間があれば読んでみて下さい。
http://hontasu.blog49.fc2.com/blog-entry-186.html

投稿: 夏の雨 | 2009/05/09 7:47:34

かみなりの朝に始まって
満月の夜に終わる。
なんだか美しい日でした。

円の軌跡を巡る星。
自然の巡りの中に在る人間。
時空は、円環的循環。
まさに。

文明も巡り巡って、
神話が語り継がれることになっているのでは、
と妄想を膨らませます。
宗教。創世神話。
それ以前にあった私たちの社会。
なんていう、物語。

でも、正確に同じリズムが繰り返された時、
人間の脳は対応できない、というような事を聞きました。
勝手に脳が違うリズムに変換してしまう、と。
勝手に揺らぎを作り出してしまう。
本当ですか?

同じ波を繰り返せない人間。
ピッと横にずれた逸脱が
新しい可能性を切り開く、
もしくは世界を造りだしているのかもしれません。
逸脱。追突。融合。創成。

いやぁ、カミナリはすごかった。
新しい季節を告げにまた空は唸りますね。
テンションはあがります。

靴の精霊も、逸脱を選んで
新しい融合を迎えているかもしれません!!

投稿: | 2009/05/09 6:42:06

              靴  


           近似値 0.5 

     求む フラクタル 0.5 の時代

        求めれば与えられ 探さなくても現れる

             近似値   顕れる聖値

投稿: | 2009/05/09 6:03:06

茂木先生 こんにちは♪
有吉さん、おおらかでお茶目で、楽しい方ですね!でも靴の勘違いの件、わかるような気がします。具体的には、今思い出せないんですけど、私はよく物事を、大勢の人が思うようにとらなくて、まったく違う意味で、理解していることも多く「あぁ~あれは何々だったんだね~!」とあとで気付くことが多く、姉によく「当たり前じゃない!ん~な訳ないよね。」なんて呆れられることが多いので…笑。話しは全然違うのですけど、感覚的には、よく分かる気がします(笑)有吉さんに忘れ去られた?靴は今、お店にあるんですよね?寂しい思いをしていると思うので、またすぐ行く機会があるといいですね(笑)こんな楽しい雷なら、いろんな所にドガーン!ドガーン!と落ちて、新鮮な空気を、通して欲しいと思います(笑)先生の左右違う靴の話しといい、靴のエピソード、また楽しみにしています♪

投稿: | 2009/05/09 2:21:23

こんにちは

人類が宇宙に出るとき、宇宙農業が注目されでしょうね。(^^)


「海に千年、山に千年住んだ蛇は龍となって天に昇る。」と、言われますから、会社に千日、遊びに千日履いた有吉さんの靴も龍となって天に昇ったのでしょう。(^^)

投稿: | 2009/05/09 2:17:47

こんばんはm(__)m。初めて書き込み致します。いつもテレビでコメントをお聞きして、脳科学、脳の仕組みや働きを教えて頂きありがとうございます。そのなかで、人は脳と心の繋がりが深く、私達は無意識に感じ、考え行動していると思います。よく心と言っているものは脳なのか?心臓なのか?どちらなのでしょう?答えは解りません。(^_^;)茂木サンの人柄を感じる言葉に優しい、暖かい方と思い書き込みしました。 サラリン

投稿: | 2009/05/08 23:57:42

問題も巡りますが、円環的循環にうまくのり、ぐぅ〜っと加速させたら、うまくいくかも(^^)

何事も全て…考えられる時期になると、そうなってゆくって聞いた事があります。

円環的循環は、もうそうなるようになっているんですもん(*^_^*)
ただそれが早いか遅いかだけであって。

今日のお話にある有吉さん。分かった時、ビックリされたでしょうね。ビックリというより、キツネにつままれた感じかな…(^^ゞ

でも…もとからあったんです。しっかりと。
そこに。

投稿: | 2009/05/08 22:07:58

茂木健一郎さま

小絵さんの気象解説から
明日は東京、久しぶりに晴天!

気温上昇からの熱中症、気をつけます。

靴を預けて食事

私は、その食事処でしか体験はしてません。独身の一人ですから普段、平気に立ち食いそば屋さん、とかですから。

私は フーテンの寅さん、好きです

葛飾柴又にも幾度も

平日に、何気に葛飾柴又に行こうと考え参り

以前、バスツアーで食事しました柴又の食事処
靴を預けて、案内されたのは川が見える大広間

大広間に一人、窓の外、本当に、矢切の渡し見えました

川の流れを見ながら
その大広間で瓶ビールと、うな重を食べ

平日の、あの、なんとも言えない時間の流れ

その時は、まだ、お魚釣りを始める前でした

葛飾柴又に参りました感覚と徳島にお魚釣り
私は同じ感覚です

葛飾柴又、寅さん

寅さん恰好よいと私は、ふと思います。

投稿: | 2009/05/08 22:02:09

茂木さんおはようございます!
円環の時間ですか。
(ファッションは確実に円環です。)
根本が同じでも確実に何か新しくなっていきますよね!

今日も一日、新鮮な気持で輝けます様に!(^^)!✮✧✷✫
⋆〰♫♩♪♫!

投稿: | 2009/05/08 21:53:16

“時間は直線ではなくて、円環”まさにその通りだと思う。

アナログ時計の文字盤を見れば、たいてい丸いから、時間が円弧を描いて一巡りするものだというのがよくわかる。

逆に見れば、アナログ時計というのは、時間というものの姿を眼に見える形で表わしているといえる。

高度経済成長時代、バブル時代を経て、その円環的循環の弧を描いて、右肩上がりの時代の中、行き過ぎた個人主義、成果主義、自己責任至上主義によって、今までこの島国の人々の間にあったコミュニティ、人の絆がズタズタに刻まれてしまった今の時代を反省しているのか、そのコミュニティというか絆を、これからの時代に相応しい(といってはなんですが)形に「再構築」する試みが始まっていると聞く。

ファッションや農業だけでなく、人と人との絆もアナログ時計が刻む時のように、ぐるりと廻って、再びというか3たびというか、見直され始めているのだろう。

そして再構築が始まっていくのだろう。

円環的な循環というのは、仰るように、生命哲学(これは仏教にも深いところで通じる)に叶ったものごとの廻りかたなのだろう。

眼を宇宙に転じれば、数えきれないほどある渦巻き銀河も、常に円環のように回転しながら、自分の中にある星たちの生成消滅を繰り返している…。

それは水の循環にとても似ている。水の循環も時間の廻りも、何故か円い環を描いている…。生命も循環を繰り返している…。考えて見れば、この世は時間だけでなく、全てが“グルグル廻っている”ようだ。

有吉さんの靴の話ではないですが、私も時折、ものを忘れてしまって、ややもすればそれっきりになるという経験を2度ほどしている(2度も!嗚呼、我ながら情けない…!)

幸い、2度ともなくしたものは見つかったけれど…。

もしものを何処かに置き忘れたりして、なくしてしまい、後で気付いて幾ら悔いても、捜しても、見つからないものなら、そのものは精霊になってどこかに消えていったのだと、これからは思うことにしよう…。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/05/08 21:20:55

思えば美術の世界でも食べ物についてでも、自然にあるものが見直される時があったり昔ありましたよね
自然の良さはなくなってからじゃないとわからないし、実際文明があるとそっちにいきたくなるもんなんですよね

投稿: | 2009/05/08 20:30:56

東京は雷伴う雨なんですね

沖縄は晴天つづきですよ、空梅雨だと困るんで精霊にお願いしますね

投稿: | 2009/05/08 19:49:21

茂木先生 こんにちわ。

そうか ファッションだけじゃなく
農業とサイバーも 繰り返すものなのですね。

雨が上がった空を遠く見やりながら

>うまく円環的循環を活かせ。

それが、生命原理にもっとも適った
ことである。

・・・そうなのかもしれないわ・・と 考えました。
そのほうが亀裂が 出来無そう。
円環的循環の元は きっと オクターブの連続のよう。

それにしても 茂木先生
『空き地には木を植えろ』
なんて
猫や鳥達が 大喜びしそうな発案。

雷で 4月とGW気分が さっぱり洗い流された今日でした

投稿: | 2009/05/08 16:39:37

記事とは関係ありませんがかきます。
茂木先生の著書を発売される度に楽しくもツラく嬉々として読ませていただいています。
特に感謝しているのは茂木先生の著書を通じて知った小林秀雄を知れたことです。
茂木先生をテレビで拝見して先生のファンになって著書を読まなければ絶対に知り得ない人でした。
小林秀雄の著書を何度も読み公演のCDを何度も聴き小林秀雄の考え方に衝撃を受け。
今までの自分の考え方にも衝撃を受けました。
それで自分の何かが変わった訳ではないですし自分はなんて馬鹿だったんだとも思わなかったのですが…
例えて言うなら、自分自信は変わってないのに、周りの風景が?情報が?何故か今までと違って聞こえます。正確に表現できませんが気がついた時にはビックリしました。なんか変だっ。と、感じさめている感覚が可笑しかったです。
お忙しい茂木先生がコメントに目を通すとは思えませんが、何か伝えたくて書いてしまいました。意味不明でごめんなさい。そして本当にありがとうございます。
これからも茂木先生の著書や活動を失礼ながら僕の楽しみにさせていただいきます。
お忙しいでしょうがどうか健康に気をつけて頑張って下さい。

斉藤久さま

ありがとうございます。これからもよろしくおねがいいたします。茂木健一郎

投稿: | 2009/05/08 16:07:53

しかし新車が発売されると不思議なことにさっきまでなんとも感じなかった愛車が、いきなり古くさく感じるのってなんなんでしょうね?
それから、私の娘達に古い音楽を聞かせると、昔の音楽って言うんですが??
音楽に古い音楽も新しい音楽もあるんですかね??

投稿: Damsel | 2009/05/08 15:43:21

円環という考え方。
今必要なことは...
靴の精霊。

投稿: | 2009/05/08 13:22:56

むかし、無残に切り崩される森や
埋め立てられる海を見て、
身を焼くほど怒りを感じました。
見えないの?聞こえないの?
そこに息づくものたちの姿が声が
(殺す)おまえが死んでしまえ
呪詛さえ投げます。
やがて自分も属するヒトというものが
ヒト以外に注意を払おうとしない人と
そうでない人に分かれると思うようになりました。
そして、台無しにしたり慈しんだりするヒトもまた
自然の一部と思い至り
地球上で絶景や地獄絵や楽土を繰り広げるのを
許容する自然の本質とはいったい何だろうと思いました。

「都会の空き地は皆木を植えてしまえ」
郊外にいても、公園に行かないと
まとまった繁みはありません。
温暖化対策以上に、ヒトが回帰しようと
しているところがあるような気がしてきました。


投稿: | 2009/05/08 11:25:03

 …僕もありました…スイミングスクールで、着替えのロッカーを開けると、自分の服が入っていたのですが、何故か自分の服に見えなかったんですよねぇ…で、スクールの人まで呼び出して探し回って、最後には僕が泣き出して…一騒動でした。

 昨日見た、ジル・テイラー博士の特番で、森林浴をして、右脳で感じて、左脳を休ませる時間をとても大切にしてらっしゃいました。

 右脳と左脳の間にも、何かの円環があるのかもしれない。

投稿: 岡島 義治 | 2009/05/08 11:03:57

茂木健一郎様

農業経営者の木内博一さんの回が楽しみです。
>人類にとってチャレンジすべきフロンティア
なのですね。 
大企業の経営者や役員をしていたような人たちが
次々と農家を始めていることに出逢いました。
精悍に無我夢中にされているごようすを目のあたりに
しても、意義はわかっても
ピンッ!とわからなかったのですが、
茂木教授の表現でわかりました。

フロンティア。
ここに行きたいんですよね。
どういうものであれ。

ああ、全ての人の経験が
円環的循環に活かされていくとよろしいですね。

茂木教授☆どうかどうか影響力のある人たちに
お智慧あるお言葉を伝えてくださいませね^^

投稿: Yoshiko.T | 2009/05/08 10:19:10

↓追伸
時間が円環しているの、なんだか分かります。
地上の移動だって、地球は球体だからどこへ移動しても、線を延長していけば元の地点に戻りますよね?
モナリザの背景も水の循環風景ですし。
「万物は円の中で流転している」のかもしれません?

投稿: | 2009/05/08 9:14:27

親愛なる茂木様 今朝は雷の音で目が覚めました。(・ω・)/
有吉さんの靴ですが、有吉さんは前日同じ店にA靴をはいて行ってA靴で帰宅された。翌日、本当はB靴をはいているのに、A靴をはいていると誤認。お店から出る時にB靴を出され「A靴ではない!」とお店から借りたサンダルで帰宅。
帰宅後、あれ?誰かはいていったはずのA靴が玄関にある!と気付く。
とゆーことはそのお店にはまだ有吉さんのB靴が残されてることになりますよね??
恐らく「誰か自分の靴をはいていった」という
思い込みで、出された靴を「自分のではない」と認識されたのかしら?
違うかしら?って、靴が物理的に空を飛んで帰宅するとは思えないので、そんな感じかなぁ。他の可能性あったら教えてくださいm(_ _)m
有吉さん、穏やかで優しそうで素敵です(*^-^)bきっと何か没入して考え事されていたんだと思います。
そゆえば昨日いいものが届いていました♪
o(^-^)o
ワーグナーのベーム指揮「トリスタンとイゾルデ」全曲と、レヴァイン指揮「パルシファル」全曲です!
\(^_^)/
ワーイワーイ!
今までワーグナーちゃんと聴いたことなかったので、この機会にトライしてみま~す(^-^)/

投稿: | 2009/05/08 9:07:03

お久しぶりです、茂木さん。
毎回楽しく読ませていただいてます。
今日は日本ハムファイターズの試合を見に行きます。
ところで。
自分と同じ色の点の記事についてずっと考えている私です。
世の中にはいろいろな人がいる。
その中で、自分と感性や志やその他もろもろが
共鳴する人は、そうはいるものではない。

だから、同類を見つけたら、全力で結びついて
いろ。
助け合え。語り合え。そして、共に何ごとかを
成し遂げよ。

私の意見をよく理解してくれる同じ職場の人が来月で引っ越しをしてしまいます。

その人がいなくなってしまったら、この先の人間関係が不安です。
全力で結びついていろ。
その人は彼女がいます。
う~ん。。。
どうしたら。

と今日この頃です。

投稿: | 2009/05/08 9:03:50

そうなのですよね、「農業」は可能性がいっぱいの産業で、エネルギーの源・生命の源。有吉さん、思ったとうりというより、それ以上に穏やかそうで、しかも・すごく丁寧な、だけどちょっと「?」な感じが本当に素敵ですね。

投稿: | 2009/05/08 9:01:08

有吉さん。。。Wow!
プロフェッショナル、楽しみにしております。

投稿: | 2009/05/08 8:32:16

ごぶさたしてます。 茂木さんユニークですね。靴の精霊か〜。 なんか、タイトルみただけで楽しくなりました。やっぱ、笑いは大事ですね。 笑えない状況にあればあるほど笑いかもしれませんね。 茂木さんは、ぼくの父ばりに変です。(笑)

投稿: | 2009/05/08 8:31:47

どんなに好きな人でも家族でさえも時々全く知らない人に見える...そんな瞬間?

投稿: | 2009/05/08 8:26:00

コメントを書く