« Tomorrowになれば | トップページ | 歴史の歴史 »

2009/05/29

懐かしい気持ち

私と一緒にいとこの結婚式に出席した
両親は、その後、
福岡と北九州の親戚の家に
一泊ずつした後、
新幹線で移動し、
姫路城を見たとのこと。

それから、有馬温泉に一泊した。
以前から泊まってみたかった
ようである。

父親と電話した。

お客さんがとても少なくて、
仲居さんが「わざわざいらして
くださってありがとうございました」
と和菓子を下さったという。

「神戸で、有馬温泉の人たちが
もう大丈夫だから来てくださいと
キャンペーンをやっていたよ」
と父。

良い時間を過ごしたようで、私も
うれしい。

NHKプロフェッショナル班の
柴田周平さんと、成城学園前駅で
待ち合わせ。

東宝スタジオに行く。

入り口には、『七人の侍』
の大きな壁画。

歴史を刻んだ場所だということがわかる。


東宝スタジオ入り口にて。シルエットは柴田周平さん。

しばらく待っていると、先に来て
ロケをしていた粟田賢さんが
内側から空けてくれた。

粟田さんと言えば、
2009年2月20日のクオリア日記
「現場で生きる」で既報のように、「へっへっへっ」と笑う
その顔が素敵なディレクターさんである。


笑顔が素敵な粟田賢さん


スタジオ内にある
「メイクアップディメンジョンズ」
のオフィスを訪ねる。

特殊メイクアップアーティスト、
江川悦子さんがにこやかに迎えて下さった。

「あのう、よろしければ、Tシャツに
を脱いで、このローブを着てください」
と江川さん。

椅子に座ると、さっそく始まった。

頭髪の上にゴムをかぶせる。
生え際のラインを線引く。

鏡を見ながら、「そうか、オレは、
出家して剃髪すると、こういう
顔になるのか」と考える。

柴田周平さんが、「なかなか似合っていますよ」
と言う。

粟田賢さんが、「へっへっへっ」
を笑う。

それから、造形剤を塗り始めた。

目をつむると、もうそこからは
感触でしか何をやっているのかわからない。

頭のてっぺんから首筋まで、
まんべんなく包まれる。

口もぎゅっと閉じていて、
鼻の穴だけが開いている。

そのうちに、吸っているのか吐いているのか、
わからなくなった。

20分ほどで終わる。

「取りますよ」と江川さんが言われるのが
聞こえてそれから、頭のあたりで
水が沸騰しているような感覚になった。

「作業が速かったですねえ!」
と江川さんに言うと、
「スピードが勝負ですから」
とのお答え。

ハリウッド映画などを中心に
大活躍されている江川さん。
とてもやわらかな印象の、素敵な人だった。

柴田周平さんと外のテーブルに座る。

雨は上がっていた。

話しながら、少し寂しそうな表情を
する柴田さん。

そのうち、にっこり笑顔になった。


柴田周平さん。東宝スタジオにて。


NHKに戻りながら、柴田さんと
話した。

弘前出身の柴田さん。

なぜ、この人は懐かしい気持ちになるのだろう
と考えながら、車窓の風景を眺めていた。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の収録。

医師の中村清吾さん。

人に対して、人として向き合うこと。

その温かさがすべての出発点であることを、
中村さんに教えていただいた。

5月 29, 2009 at 06:12 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい気持ち:

» 安全宣言 トラックバック 須磨寺ものがたり
昨日、夕刊が届き、 一面に「神戸市長が安全宣言」と、 書かれてあり、思わず記事に見入った。 [続きを読む]

受信: 2009/05/29 9:51:53

» [University]そろそろ、大学に絶望してきた トラックバック 有限(言)生活 [ugen27の日記]
■ココニイルイミハナンナンダロウカ 独学という道もある ジャンル: 本・雑誌・コミック 人文・地歴・哲学・社会 教育・福祉 教育 ショップ: 楽天ブックス 価格: 735円 ■今までは何とかやってこれた。  親が高い高いそれはとても高い学費を払ってくれた... [続きを読む]

受信: 2009/05/29 14:34:47

» 素敵な人 トラックバック POPO
「あきらめの悪いことなら負けませんよ」 なんて言ってどこまでも前向きな人が好き [続きを読む]

受信: 2009/05/29 23:49:27

コメント

茂木健一郎さま

おはようございます

昨晩の半井小絵さんの気象解説

スカートでも素敵でした
ところで長ズボン
イメージとして、スキー場で女性の方々がお召しのスキーウエアのような長ズボン
半井小絵さんもスキーがご趣味とのことも思い出し、長ズボン、恰好よいな!と、です


九州と聞くと
私は長崎

一人旅で長崎市内にも夏に宿泊し長崎県営プールに、ふらりと
こういう誰も知らないところでプールに浸かり
と、まさか英樹ちやん!と、親戚などが知る由もない土地ですからね、が

夜、両親と電話で話
長崎市内に、いとこの、おばさんが、いる初めて知り
一応、教わった電話番号に

めったに長崎に英樹ちやん、こないんだから!遊びに来なさい!

おばさんの家に、さて
でも場所が解らない

すると、市電に乗り、ここで降りて!
電話での会話

あー!長崎県営野球場があって陸上競技場もあり長崎県営プールも!ですよね!今日、プールで泳ぎました!申すと


英樹ちやん
おばさんの娘は、そのプールで、よく泳いでいて、おばちゃんは陸上競技場に健康のために夜、歩きにです!
場所が解らない?
市電の駅まで迎えに行く!


びっくりしながらも
長崎市内の、おばさんの家に参り
楽しくビールを飲み
次の日は長崎観光も

長崎の、おばさん
今でも感謝
ふと、また長崎に行きたくなってきました

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/05/30 7:02:32

おはようございます。九州での従兄弟の結婚式後、御両親様は久しぶりに親戚の方々とお話できて良かったですね。有馬温泉もくつろがれたご様子。そのお話を聞いている茂木サンの優しさ。 いつかお会い出来てたら・・・。東北、四国、九州にも茂木サンファンは居ますから、講演会等ありましたら、早めのお知らせお願いします。休み取って行きます! 東宝スタジオで茂木サンは何をされたのですか?興味津々です。後日明らかに? 特殊メイク・・ (~_~;) プロフェッショナル班の柴田サン、笑顔爽やかです。よく地域により人柄が違うと言います。私も懐かしい感じがします。

投稿: サラリン | 2009/05/30 6:32:28

茂木さん、Hello♪(^-^)私も温泉が大好きです♪行きたいな〜♪ワイン風呂は飲んでないのにほろ酔いです(*^^*)本当です(笑)真心込めたおもてなし。うれしいですよね♪そう、和菓子も♪心に残る、よみがえらせる、素敵な時間の提供ですね♪良かったですね♪七人の侍、すごいですね、私の場合、最初から、助け船に乗っていざ出陣♪(笑)屋根付きです♪(^-^)v荷物が重いか心配ですが(;^_^A魔法の馬車にも乗っちゃいます☆♪優しい馬は同じ所に来てくれます♪そしてサイン本。今日の所はなかったですが、また明日も探してみよう♪それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/05/30 1:56:05

こんにちは

特殊メイクを茂木さんがするのでしょうか?、茂木さんがいっぱいになるのでしょうか?、番組楽しみにしております。(^^)

投稿: メイクのクオリアby片上泰助(^^) | 2009/05/30 1:07:39

茂木先生
     出家すがた
     お似合いだと
     思います
     
     ご両親の旅
     すごく暖かく
     家族のすがたを
     視させて頂き
     こちらまで
     嬉しくなりました

     

投稿: 岡島妙英 | 2009/05/29 23:57:21

 ご両親様が、楽しいお時間を過ごされたことを聴かれて、
良かったですね。
 新型インフルエンザの影響で、老舗の温泉地も訪れる方が
減っていて、その中で寄ってみたかったんですよと言われて
温泉を楽しまれる方は貴重で、仲居さんも嬉しかったのでしょう。
 
 映画撮影などの特殊メイクを、凄いなと思っていたのです。
呼吸し辛いのかな?とか、頭にきゅっと密着してきつく
ないかな?とか、そういう疑問があったのですが、
先生のお言葉で、内側からの感覚を想像する事が出来ました。
スピードが大事なことも判りました。

 人として人と向き合うことの大切さ、温かさ。
忘れないで生きたいです。
拝見する番組からも学びたいです。  

投稿: 発展途上人 | 2009/05/29 23:30:29

茂木健一郎さま

成城学園前駅

今は地下にホームですけど

昔、町田方面から、まだ成城学園前駅が地上駅でした頃、上り坂なんですよね成城学園前駅の手前は
あれは多摩丘陵?あれ?昔、社会科の先生が言われていたこと
なにかの境目、丘陵地の、そんなことを言われていたので何気に本当!と
当たり前な感覚でしたが
成城学園前駅が地下ホームとなり
あれ?でも丘陵地の境目ですから町田からの上りの線路、難儀なく地下にスムーズ?
つまり、坂の線路でしたのが、平行か、それよりも角度はつけても浅く地下に、かな?あまり普段は町田市から都心には行かないので小田急電鉄さんには乗らないので
どうなのかな?

こんど都心に行く時、成城学園前駅の手前、意識してみます。

町田市から都心に
複々線の小田急電鉄さんでスムーズに都心になので助かります。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/05/29 23:24:14

茂木さんが、ご両親のお話しをするのって、珍しいですね。でも…ご両親への思い、温かくて、素敵です☆
人に対して、人として向き合うこと。それは…自分の素直な気持ちで話をすること。と、いうことを考えています(^-^)

素直な気持ちで話をすると、壁がない感じがします(^o^)

投稿: 奏。 | 2009/05/29 23:13:04

茂木先生

朝、家事をしながらたまたまラジオ代わりにつけぱなしにしていたテレビに
茂木先生を発見してびっくり
ついつい家事の手を止めて見入ってしまいました
ミミズクと茂木先生
とてもよかったです (^^ゞ

投稿: たかこ | 2009/05/29 22:51:51

おお、柴田さんの出身地は弘前なのですか!…私事ながら、自分の両親も弘前出身です。

りんごの生産地として名高い、その弘前から、我が家には年の暮れぐらいになると、赤や黄色のりんごが箱ごと送られてくることが多い。

その甘い瑞々しさを味わいながら、我が家は冬を過ごすことが多い。

新型インフルエンザ騒動で、観光などに打撃を受けたという京阪神。最近は一連の騒ぎも収まってきて、神戸の南京町やポートアイランドなどには、お客さんの数が、少しずつ増えてきているとのニュースが流れていた。

一連のパニックに苦しめられた、当地の人々の心境を思うと、危機的な状況を脱することが出来て、本当によかったと思う。

神戸や大阪の、あの雑然としつつも、パワーに溢れた人々の賑いが、1日も早く完全に戻ってほしいと念願している。

茂木さんのご両親が訪れられ、掛け替えのない良い時間を過ごされた“白鷺城”こと姫路城や有馬温泉も、これからはまた何時もの賑いが戻ってくることだろう。

“人に対して、人として向き合うこと”

医療の世界だけでなく、どんな世界でも言えることだが、いざこれを自分に置き換えて考える時、果たして相手に対して「人として」向き合っているかどうか、実にあやしいものだ(汗)。

もう少し、人に対して、温かい心で向き合う事が出来れば、もうすこし、人の心が「わかる」ようにならなければ…と思い悩んでいるきょうこのごろだ。

それはさておいて、茂木さんも特殊メイクを体験されたということで、どんな出来映えなのだろうか…?

もしかしたら『プロフェッショナル』で放映されるのだろうか?楽しみですね。

ご紹介の『メイクアップディメンション』社のHPを拝見したら、実に沢山の特殊メイクの作例が示されていて、その芸の細かさに非常に感心した。

特に“坊さんメイク”は非常に精緻な仕上がりで、頭などは本当に剃髪したように見えるのが凄い。

特殊メイクの凄さは、通常の化粧とは違い、ライオンやゴリラなどの動物や、“カッパ”や“エイリアン”など、仮想の世界の住人になりきれるところにあるのだろう。

現実の世界にいる「私」という実在が、メイクという術を用いるだけで、仮想の世界の住人になりきることが出来る。

(特殊)メイクという術を通して、役者たちは、そのようにして、現実と仮想の世界を行き来しているのかもしれない。

現実と仮想を行ったり来たりしていくうちに、多重な姿に変わる術を身につけ、どんな世界の住人にもなりきれるようになっていくのだろう。

役者だけでなく、藝術を志す者達は、それぞれの作業をしている間に、気がつくと、仮想の世界の中に入っているのかもしれない。

長々と失礼致しました。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/05/29 22:16:21

茂木様
先程は新幹線で失礼致しました(笑)毎日持ち歩いて読んでいる本の著作者様がまさか隣の席に!!!
凄く驚きましたが嬉しかったです(*^_^*)
毎日お忙しいとは思いますが、お体ご自愛ください。それでは、失礼いたします☆

投稿: あい | 2009/05/29 19:05:11

↓追伸
去年のクオリア日記読み返していましたが、4月7日の「なにも死ぬことはない」6月28日の「マルチチュード」10月20日「スズメの子」いいです~
(>_<)
素晴らしいお話を本当にありがとうございます
m(_ _)m
関根画伯は絵がうまいですね♪
コスタリカの本は、出版されているのでしょうか?幻の蝶の写真、ドキドキしました!

投稿: 眠り猫2 | 2009/05/29 14:19:56

茂木ィ先生、こんにちは
(・ω・)/
雨が降ってていい感じです。
今アンドルーローレンスキングさんの奏でる、クロマティック(半音階)ダブルハープの、バッハ「シャコンヌ」を聴いてます!
(BVCD34005)
ありえない神秘的な美しさに満ちた音楽です。( ̄○ ̄;)
ハープ奏者のアンドルーローレンスキングさんは、茂木先生に似ています!(クオリアが)
えーと、ライナーによりますと英仏海峡ガーンズィ島生まれ。ケンブリッジ大学で数学の修士過程終了後ロンドンアーリーミュージックセンターで音楽を学ばれたそうです。一度三鷹市芸術文化センターに来てくださったことがあり(何故か)生で聴きましたが素晴らしく美しい世界でした。
キングさんは可愛らしい熊さんみたいで一目惚れしました!
(>_<)
ヨットマスターでもあるらしいです!
魂で似ている茂木先生にぜし聴いていただきたいCDです!(とゆーか皆さんに)
懐かしい人っていますよね。
初めて会うのに以前から知っていたような不思議な感じ、男女ともにあります~って私は閉じてるので友達は非常に少ないですが(笑)
無意識では魂は一つにつながっていて、離れていないと昔友人が言っていて、ほおぅと思いました。
なるほ

投稿: 眠り猫2 | 2009/05/29 14:06:28

茂木先生 こんにちわ

特殊メイク
茂木先生 今度は一体 何があったんでしょうか?
20分ほどで仕上がったと言う事は
それほど 複雑なものになったと言う事じゃないですよね?
あ でも スピードが 勝負・・・う~ん。
是非 メイクアップした写真を アップして下さいね(´∀`*)ウフフ

・・それにしても ここでもスピードが勝負とは。
先日の材料科学者:細野先生を 思い出しました。
スピードが勝負。の世界じゃなくて 良かったです 私

ところで 懐かしい気持ちになる人は
キット 生まれる前に 仲良しだったのじゃないかと。

懐かしい気持ちになる風景なら 私にもあります。
不思議だなぁと いつも胸に抱いています

ps.明日の朝日カルチャー お仕事で遅れてしまうかもしれません。
ヘタをすると 時間がおして拝聴できないかも
生茂木先生に会えるか・・ Σ(*゚ェ゚*)はっ明日は私も時間との勝負だわ

投稿: Lily | 2009/05/29 12:10:37

茂木様
初めまして。本題と異なる感想を書くことお許しください。

東宝の看板のミフネのような男は日本のテレビの業界では育ってこないだろうな。もともと日本人は、男女ともに女顔が好きだし、制作側も質にこだわってつくる姿勢が希薄になった。
何とも残念である。

投稿: りょう | 2009/05/29 11:10:00

江川さんにどんな特殊メイクを
施されたのでしょう!?
そのプロセスを
「へっへっへっ」と笑いながら想像しました。
仕事場にユーモアが漂うのはいいですね。
どんな深刻な場面でも
ユーモアの樽を心の中でゴロゴロ転がせ
醸成させておこうと思います。
「主語に囚われずに考える」
という文章に共感しました。
「私」というブラックボックスや特権からの解放。
ユーモアも
「私」を相対化し
相手の立場に身を置いたり
権威を退場させる
愉快なパワーヒッターかもしれません。

投稿: 島唄子 | 2009/05/29 9:52:04

茂木健一郎様

ご両親様素敵なお時間を過ごされて
本当に良かったですね。
茂木さん、造形剤を塗られていらしたとは、
どんな楽しいことにチャレンジされているのでしょうか?!
柴田さんは、茂木さんとごいっしょにいらっしゃらるとき
心を開いていらっしゃられるのではないでしょうか。
そんな柴田さんに懐かしいお気持ちになられる茂木さんは
どんなことが思いあたられますか?
いつも素敵な人に囲まれて
素敵な時間を過ごしていてくださると嬉しいです〜☆

投稿: Yoshiko.T | 2009/05/29 9:18:46

茂木先生
みなさまの人の良さが伝わってくるお写真ですね。先生がいらっしゃる事で、こういった笑顔になられたのかもしれませんね。
プロフェッショナル、放送を楽しみにしております。
今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

投稿: さくら | 2009/05/29 7:36:03

茂木健一郎さま

おはようございます

プロフェッショナル仕事の流儀さまの公式ブログで知ったことです

本日は収録と、そして
番組の基地!
お引っ越しの最終期日が本日までとの

大忙しの1日かと想像します
最終的に茂木健一郎さままでが、これを持って!お引越のお手伝い?
まさか、ないとは思いますが
番組ブログのお写真からは
なかなか進んでいない様子
さて
お引越後の番組基地
お部屋の雰囲気は?
どうなのかな?
楽しみです。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/05/29 6:56:11

コメントを書く