« どんな人にも役割が | トップページ | プロフェショナル 木村俊昭 »

2009/05/19

ステップを踏んで見せた

金沢工業大学に着いて、控え室にいたら、
田森佳秀が顔を出した。

「弁当は余っていませんか?」とNHKの人に
聞くと、「ごめんなさい、ありません」
と言う。

そこで、田森に、「何か買って来いよ!」
と言うと、「いいんだ、オレは、今体重を
絞っているから」
という。

「おかしいなあ。いつも、ダイエット中じゃ
ないか。なのに、なぜあまり変わらないんだ?」
と私。

「違うんだよ。温かくなって、運動をしやすく
なったから、体重を減らす季節なんだ」
と田森。


「お前、体重が一年のうちに変動するのか?」

「そうなんだ。10キロくらい変わる。冬は、
体重が増えるんだ。」

「まるで、冬眠するクマみたいだな。」

そんなことを話しているうちに時間が来た。


NHK金沢支局が主催する、金沢工業大学の
学生さんたちに向けての講演会。

脳科学の話をがつんとして、それから
『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の話をした。

皆さん熱心に聴いて下さって、
質疑応答も盛んだった。

講演会が終わって、田森佳秀と
歩く。


田森は、魔法瓶を持っている。

「なんで、それを持っているんだ?」

「これ、いいんだよ。コーヒーを入れて
おくと、次の朝まで冷めないんだ。」

「その魔法瓶じゃなければならない
理由は、何なんだ?」

「別にないよ。」

「うそつけ。絶対に理由があるだろう。」

博士号をとって、理化学研究所に行き、
田森佳秀に出会って17年。

田森が何かを持っている時には、必ず
その裏に具体的な理由がある。
長年の経験で知っている。

「スターバックスのグランデが、ちょうど
入るんだよ。」


一緒に歩いていたNHK金沢支局の人が
笑う。

「お前、それいろいろ実験して確認したのか?」

「それに、ほら、普通の魔法瓶って注ぎ口の
ところが小さくなっているだろう。これは大きな
ままなんだ。だから、氷を入れて冷やすことも
できるし。」

田森が、魔法瓶を空けて、構造を説明
してくれた。


田森といろいろな話をした。
楽しかった。
魔法瓶以外にも、いろいろな話をした。

その大切な魔法瓶を、田森は、一緒に
食事に行った店に忘れてしまって、
店の人が追いかけてきた。

「ああ、よかった。まだ外にいて」

「いやあ、忘れたら、どうせ二三日の
うちに取りに来ていたからだいじょうぶです。」

ふと田森の足を見ると、何かがついている。

「これ、何だ?」

「おもりだよ。片足2.5キロ」

「効果あるのか?」

「いや、最初は減ったけれども、もうサチって
しまって、今はフラット。」

「そんなものをつけると、足取りが重くなって
意味なくなるんじゃないか。」

「そんなことはないよ。軽く走れるよ、ほら!」

田森が、リュックを抱えたままステップを
踏んで見せた。

まるで、萩本欽一さんのように。

金沢の夜。田森佳秀が、魔法瓶を持って、
萩本欽一になった。


田森佳秀氏



おもりをつけた田森佳秀氏の足


田森佳秀backnumber

入試でも漢字を書かない男の実在について

ほとんどのカロリーを


ひとさし指でツンツン


5月 19, 2009 at 06:50 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステップを踏んで見せた:

» 24.6Km/h トラックバック 御林守河村家を守る会
ただいま、24.6Km/hです。 [続きを読む]

受信: 2009/05/19 7:47:38

» 東京物語 トラックバック 須磨寺ものがたり
一人のお客様が弊店に来られ、 お茶をお買い上げいただいた。 「今朝の未明に子供がうまれたんです」と、 喜色満面とはこのような顔なんだと感じた。 [続きを読む]

受信: 2009/05/19 9:43:39

» etude75 トラックバック 御林守河村家を守る会
ワシントンに着きました。 [続きを読む]

受信: 2009/05/20 7:53:20

コメント

今回も、田森さんのユニークなエピソードが紹介されていますね。

広口の魔法瓶を持って、欽ちゃんステップ(笑)

読めば読むほど、不思議で面白い人だなァ、と感心してしまう。

御二人の友情に、幸あれ。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/05/20 5:36:09

茂木さん、Hello♪田森さんいろいろと、面白くて楽しい方ですね。back numberも読んでわかりました♪いろんな所で(笑)♪ふと思いだし笑いしちゃいそうです♪(^-^)v茂木さん、ありがとう私も色々と思い出した事があって、あれは幼稚園の頃の話で、家の前で遊んでいたら、何か視線を感じると思って、左を見たら、肩にカマキリが乗っていて、逆三角形の顔で私をジッと見ていたのです。ビックリした私はカマキリが動かない様に忍び足でお父さんとお兄ちゃんの所まで頑張って行きましたよ。それで、カ、カ、カマキリとってよ(>_<)怖いよ(T_T)と言うとどこにいるの?と、ここだよ、見つけた二人は笑いながら自分でとってごらんよ〜と言いながら、私は泣きながら(T_T)結局はお父さんがとってくれたんですけどね、その時間、長かったな〜そしていつの間に居たの?何に思ってたの?それ以来私は、虫が苦手です(笑)あと中学生の時、自転車に乗って遊びに行く途中、夏で、前からすごいスピードで何かが、そう、セミが、私のおでこに、もうだめだぁって言わんばかりにタックルしてきました。ビックリした私は、その後どうしたか思い出せない(笑)ただジジジッとしか(^.^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/05/20 3:27:57

茂木先生 こんにちは♪
田森さんの足の重りすごいですね!自分でつけた所を、想像して見たんですけど、足が倍くらい太くなると思うので、絶対に女性はやりたくないダイエットだと思います(笑)どこにつけるのがいいんでしょうか?う~ん!お腹はどうですか? つけたまま立ったり座ったり、腹筋したりすると、だんだん凹んでこないでしょうか…笑。失礼しました。でも田森さんのお写真拝見すると、今のままで十分魅力的なので、痩せる必要は無いんじゃないですか? これからも、茂木先生の笑いとって、楽しませていただけたらと思います…笑♪

投稿: | 2009/05/20 1:53:07

こんにちは

私も、クレジットカードのポイントで買った、広口の魔法瓶と、アマゾンで買った、足の重りを持っています。

田森さんが、赤の他人とは、思えなくなってきました。(^^)

投稿: | 2009/05/20 1:48:49

茂木さんのブログ、そして御著作にもご登場の田森先生は、いつも何か不可思議な雰囲気をお持ちで、思わず、くすりと笑わせていただいています。

今日は”魔法瓶”に”足の重り”。はは。田森先生に、何がいけないのだ、と正面から問われると困るのであるが、やっぱり、ちょっとヘンなのである。そして、茂木さんとのやりとりから醸し出される可笑しさは何とも言えず。

きっと、ご本人としては、全て筋がとおっていて、少しもヘンとは思っていないフシがあって、そこが、何とも可笑しく。

田森先生、どこが可笑しいかということを理論的に説明しますとですね、まずもって、きょうび、魔法瓶なんかを持って歩いてる人というのはですね、それだけで・・・・・(あらら、気が付くと、間もなく夜明けか。田森先生は、人のジョーシキなんかには、当然、関心はなく、昨日の夕方から取り組んでいる数学の問題を解き続けており・・・。)


投稿: | 2009/05/20 1:04:32

“たもり”さんは面白い方って傾向があるんでしょうか(笑)
でも先生、“類友”という言葉もありますよ(笑)

投稿: | 2009/05/20 0:03:19

↓追記
昨晩ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の全曲を初めてCDで聴きました♪(ベーム指揮バイロイト祝祭管弦楽団1966年)
実は私はワーグナーを聴くのは、ユダヤの方に悪いなぁという潜在的罪悪感?があったのです。意識したことなかったんですけど。イスラエルではいまだにワーグナーはタブーだと聴いたことあります(バレンボイムがワーグナーを最近イスラエルで演奏して話題になりましたっけ??)
でも茂木さんや塩谷さんがはまるんだから、絶対いいはず!と思って聴いてみました。
ワーグナー、宇宙空間で星の超新星爆発を繰り返し見ているかのような、高貴な美しさに満ち満ちていました!もうビックリです!
さすがベーム!って対訳がなかったので何が歌われてるのかまだ謎なんですけど、ものすごく感動しました!
対訳買ってじっくりワグネリニャン?になりたいと思います(本当は↑猫みたいに可愛いわけではありません)
教えてくださり、ありがとうございました
m(_ _)m

投稿: | 2009/05/19 20:46:02

茂木健一郎さま

きちんと小絵さんの気象解説を拝見、尾瀬の山開き! 山には、まだ雪があります、私 当然、スキーを連想でした

小絵さんも ご趣味がスキーですよね。スキー、本当に楽しいですよ。

茂木健一郎さま

書籍

感動する脳

難しい事柄を解りやすく、そして私には難しい段落の後にスムーズに拝読が出来る部分で拝読しながら少し休憩の段落もあることが
ちようど
川下りのボートが激流の連続では 大変! 激流もあり、穏やかに流れるところもあり、例えるのでしたら
茂木健一郎さまの書籍は
イメージ的にゴムボートの川下りです。

脳として書籍の冒険アドベンチャー
ただ私は、なにぶん書籍の冒険アドベンチャーに不慣れ、拝読のスピードは、手こぎボートのスロースピードのような気がします、などマイナス思考ではなく、私も、存分に
茂木健一郎さまの書籍

感動する脳

楽しく拝読でしたし

また改めてて拝読させて頂きます。

ところで
今晩の番組は拝見せずに寝ようと思います。

せっかく
町田市は藤の台団地にあります藤の台診療所で医院長先生に診て頂き、適切な お薬を処方され、元気になってはいます、あくまで お薬によってかと。
睡眠、睡眠も良いお薬の一つですので 寝ます。

投稿: | 2009/05/19 20:18:50

茂木健一郎様

茂木さんのおかげで、
様々な方々に好感をもつように
ならせていただくのですが.....
田森教授の素晴らしさ
秀逸^^
是非、田森佳秀氏と
茂木健一郎氏の対談を
ご披露くださいませんでしょうか?
ああ、想像しただけで
脳の活性化間違いなし!
幸せの微笑みがひろがると思います。


投稿: Yoshiko.T | 2009/05/19 18:56:35

茂木さんに。
昨日の朝、アルバイト出発時刻が遅くなって、家から五反田まで猛ダッシュしました。出勤中の人々の視線は少し恥ずかしかったですが、遅刻の方がずっと私にはつらい体験になると知っていたのです。
電車に乗り込んでから急に汗が滝のように落ちました。
せっかくの化粧もしていないのと同然でした。
でも、そのおかげで余裕で到着したのです!
心の中で「やったぜ✮(ニヤリ)。」

そして、雇い主に1本の電話が。
「え、デザイン保留? …」
今日、私の組む予定だったブラウスのデザインが保留となり、今日する仕事が無くなったのでした。
「ごめん、光嶋さん、今日他の仕事用意してなかったから、今日は帰ってもらって明日来てもらってもいいかな?」
仕事無いなら居る意味が無いので「仕方なし!」、とあっさりとんぼ返りです。
もちろん、雇い主の方がずっとショックだったはずです。
昨日の内に、私が明日作業できるように夜遅くまでパターンを仕上げてらっしゃったのですから!
しかも「結構すてきなブラウスになっていたのに!せめて見てもらいたいよねー?」 とおっしゃっていました。

三宿から渋谷まで歩き、途中の氷川神社にお参りして、こんな幸せな私たちの毎日にお礼を言ってきました(^^)!

投稿: | 2009/05/19 17:21:52

田森さん、
おもしろい人ですね。
スタバのアイスコーヒーの入った
魔法瓶と
サンドイッチを持って
ヒメジオンの咲く原をいっしょに
歩いてみたい人!
片足2.5キロというと
ちょっと小柄な猫を
一匹ずつ足首にはべらせて
歩くようなもの。
その足でステップを踏んで
タモリではなく欽ちゃんに
なるんですね。

投稿: | 2009/05/19 13:07:02

Dear茂木先生、田森さん最高です!お腹ツンツンされてるのが可愛いです!プハッ
(≧▽≦)ってなんで足におもりつけてるんですか?筋トレ??克己心旺盛ですね(T_T)←ふるふる (感動の涙)って私凄い笑い上戸です。普段あまり笑わないんですけど、笑いだすと止まらないんです。
かくいう私も結構笑ってもらってます(^^ゞ
花火大会で右手に焼きそば左手にジャガバターを持ったままゴミ用の巨大な穴に落ちたことあります。幸いゴミはまだなかったのですが、友達が私の悲鳴で振り返った時、地面から食料死守して両手を突き出している姿が目に焼き付いて(頭まで地面の位置まで落下)その人は地面を転がって死ぬほどヒィヒィ笑ってました。
ジャカバターと焼きそばはしっかり食べました♪
先日も割とハイスピードで歩いていたら、待ち合わせていた友人に後ろから話しかけられ後ろ向きでそのままのスピードで歩いていたら、細い標識にぶつかりました!(☆o☆)クラクラ宇宙が一瞬見えました(真理がかいま見えた瞬間…)
よくけつまづいたりドアの間にハマってたりします(亀っぽい?)
しかし大怪我はしません。すりむく位です(あとたんこぶ)
そんな毎日です。はい。

投稿: | 2009/05/19 12:58:11

こんにちは。昨日のブログの余韻に浸り、生きる上での真意を確かめられた安堵感に包まれています。 そんな中、本日のブログは友人 田森サンの素敵な個性に思わず微笑んで拝見いたしました。信念ある行動に脱帽、お互いに刺激し合う大切なご友人ですね。o(^-^)

投稿: | 2009/05/19 12:42:49

夏と冬で3キロから5キロ体重が変わります。
6月に入ると食欲が減退、
10月になるとチョコレートが無性に食べたくなる…
んですよ

つまり春は動き出し、夏は軽やかで秋には冬を感じ始める。
それも毎年毎年…

やっぱり熊ですよね、私も

投稿: | 2009/05/19 12:20:46

「これ、いいんだよ。コーヒーを入れて
おくと、次の朝まで冷めないんだ。」

って事は、次の朝までには飲み切らないのですね。

投稿: take | 2009/05/19 11:43:05

茂木先生 こんにちわ

わ~い
やっと プロフェッショナルが見れる日になりましたよぉ。
楽しみで ワクワクですよ。

それは楽しみに とっておいて・・・。
と。

田森さんとの やりとり
物凄く面白いですね
長年の お付き合いの友人って 色々な意味で大事大事。
でも 今回のエピソードは まったくコントみたいですよ
スタバのグランデが ちょうど入るとか
足に重りを付けているとか
(↑これは忍者のアニメ:ナルトに出てくる登場人物みたい)。

ところで 茂木先生
体重は 1年の内で 変動する人は 結構 多いのですよ。
その為 バレエの発表会などは 発表会の時期によって
踊る側は 苦労するんですよ~(ヤレヤレ)

何にしても 萩本欽一さんのように
走って見せてくれる 田森さん。
何だか
茂木先生の周りには
(人差し指をつきだした たけちゃんまんセブンさんとか)
いつも 気心の知れた人達が集まっているみたいで
知らずと笑みが浮かびますよ
楽しい気になると 脳にも良い気がします

投稿: | 2009/05/19 10:58:16

茂木さま
楽しかった。
魔法瓶以外にも、いろいろな 話を した。
なんだかとても楽しそうですね~ 魔法瓶で、氷をいれても外側に水滴が付かないタイプ、凄くよいですね。「ビタミンたっぷり」や「マイお気に入りな味」を作って、魔法瓶を(夏は特に)バックに忍ばせております! ただ一つ残念な事は、持っているだけでワクワクする様なカラ-で、サイズもS.M.Lなどバリエーションが豊かなものがあったらばよいのにと~~
話は前の日記に戻ってしまうのですが、茂木様が着ていらっしゃったAPPLEのTシャツ素敵ですね。どちらで購入出来るのでしょうかとふと、思ってしまいました~
大変失礼致しました。
クオリア日記、これからも楽しみにしております!

投稿: | 2009/05/19 8:53:49

おはようございます!
田森さんのいろいろな生活の中での試みが楽しいですね。

足の重り、色違いのピンクが実家にありました。
母親が筋力UP❣の為に使っていました。
効果はあったのかな…。
私には重くてだるすぎて嫌~な感覚でした(^^)

それにしても10㎏の体重変化はすごいですね!
夏はそうとう絞れてらっしゃるのでしょうね!
体重減った分、皮膚も縮んでくれたらうれしいのですが✮

投稿: | 2009/05/19 8:24:11

私もウォーキングの時に、足のおもりを時々使います。下半身を鍛えると重心が安定してフルートを演奏する時にとてもいいのです。コンサートのドレスの下に付けて演奏したことも何度かあります。何故か音も良くなるのです。(笑)
そういえば、三浦雄一郎さんのお父さん(同じく山岳スキーヤー)を、スイスアルプスの宿でお見かけしたことがありますが、ウォーキングの時に足のおもりをいつも付けて鍛えてらっしゃったようです。
この足のおもり、なかなかの優れものですよ!

投稿: | 2009/05/19 7:45:39

茂木健一郎さま

喉が痛くて寝るにも
それによる熱で

ところで
先ほど母

そういえば、ゴールデンウイーク前から体調が悪かったよね
言い出し
実は四国は徳島へお魚釣りの時から、旅行中にも熱があり、などでしたが
持ち直したかな?が

どーんと

でも母のゴールデンウイーク前から体調が悪かっよね、 びっくり
内心、私、考えていたので。しかし連休が原因などされたら来年の連休が
違う!と否定はしましたが
喉がこんなにも痛いと

これでも今晩の小絵さんの気象解説は必ず拝見します、いい根性してますでしよ私。

投稿: | 2009/05/19 7:03:19

            おも  体重

   おも 体重に  自由意志はあるのだろうか ?

投稿: | 2009/05/19 6:56:12

コメントを書く