« いや、これは水なんだ | トップページ | 生きた体系性 »

2009/04/05

美を求める心

朝日カルチャーセンター
対談 美を求める心

白洲信哉 茂木健一郎

新宿 住友ホール
2008年4月10日(金)
18時30分〜20時30分

この度著書
『白洲家の流儀』 (小学館)を上梓された
白洲信哉さんと、美をめぐって
対談します。

白洲信哉の「高貴なる野蛮」。

対談で何が飛び出すか、何が起きるのか、
ホスト役の私にも全く予想ができぬ!

この対談だけは見逃せない!
スリリングな展開を瞠目して待て!

詳細 

4月 5, 2009 at 08:29 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美を求める心:

» 青の世界 トラックバック POPO
藍色に染まる 夜空の向こう さみしげに 星はまたたく 大樹は凍える 蒼白く 水面 [続きを読む]

受信: 2009/04/06 0:45:30

» 梅の実つけたよ トラックバック 御林守河村家を守る会
こんなにも梅の実がつきました。 [続きを読む]

受信: 2009/04/06 7:49:16

コメント

突然ですが…

この日は、カトリック教会では受難の主日(枝の主日)。
枝を持ってイエス様をエルサレムに迎え入れるところから始まるミサ。
聖書朗読の個所は、ピラトの裁判から始まって十字架上のイエスさまの死まで。
役割を決めて読まれる。
もちろん神父様がイエスさまの役。
一般参加者は、群衆の役だから、
「十字架につけろ」
と叫ぶ役。
いつもなんとなく、つぶやくぐらい。
でも、確実にあの場にいたら叫んでいただろうな、と思う。
よくてせいぜい遠巻きにして眺めていたか…。
昨日から、聖なる過ぎ越しの3日間が始まった。
儀式はすべて、夜行われる。
聖木曜日の昨日は、最後の晩餐で、洗足式。
聖金曜日の今日は、キリストの受難を記念する祭儀。大斉小斉の日で、夜は又、受難の群衆の役が待っているはず。(茂木さんが白洲さんと話している頃…)
明日は復活徹夜祭。ミサの中で成人の洗礼式が行われる。
日曜日は、ご復活祭。
いつからかは知らないけれど、世界中の教会で大体同じことが行われるていると思う。
華やかな復活祭の前に、カトリックでは一番大切と言われている重々しい儀式が続く。

投稿: masami | 2009/04/10 15:37:59

茂木さん、はじめまして。
「美を求める」、、、私も美しいものが大好きです。
でも、今夜ふと考えてしまいました。
そもそも「字の美しさ」や「絵画の美しさ」の『美しさ』って
基準はどこからきてるのでしょうか???
私は「食」世界の勉強中なのですが、「美味しい」の基準も
時々考えてしまいます、、、
人間にとって感覚の『黄金バランス』がそれぞれにあるのでしょうか?
きっと、脳ってすごく奥深いんでしょうねぇ。
なんてこと考えながら今夜の自分のブログもUPします(笑)
茂木さんの登場、TVでいつも楽しく拝見してます。
私のまわりにファンも多いです♪がんばってくださいね!

投稿: KANA | 2009/04/09 19:24:49

茂木さん、こんにちは。
茂木健一郎さんと白洲信哉さんの対談
なにがなんでも行けたなら・・・と思います。
ホント、スリリングな気配が!
ちょっと遠くて行けそうになくて、とても残念です。
お二人の対談を読ませていただくたび
美しい世界を垣間見たような、
新鮮な発見と喜びがあります。
がんばってくださいね~♪

昨日、出掛けた先で、サンデー毎日を見つけ
茂木さんのエッセイが読みたくて購入しました。
文明の星時間「もの言わぬものたち。」
読ませていただきました。
とても感動しました・・・。
心の中で泣いてしまいました。

今夜、「プロフェッショナル 仕事の流儀」
ですね。嬉しいです。
とても楽しみです!

どうぞ茂木さんの今日が
良い一日でありますように

投稿: なごみ | 2009/04/07 12:19:53

憂き世の「ノイズ」に囲まれつつも、美を求める心だけは失いたくないもの。

その美を求める心とは何か。この対談を聴いて、改めてそのことに思いを馳せたい。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/04/06 5:38:54

こんばんわ!
茂木さんはおはようか(^o^)

ワルキューレ、良かったんですねぇ。。
良いものに出逢うと生きる勇気がわく。
ほんとです。

私も、音楽にはホント影響受けています。
私は邦楽。
音楽の良さはどこか共通点があるのできっと共感できるところがあると思います。なので、ワルキューレも気になります。
でも新宿はちょっと遠い

良いものだけを見て、そこだけに
選択的注意を向け、自分の中で大きく
おおきく育てる。

私の人生のメモ帳に記入させていただきます

投稿: もととうほう高校 | 2009/04/06 1:45:20

茂木先生、はじめまして
私は、偶然買った本、奇跡のりんごで、木村秋則さんに
魂がゆさぶられるような感動を覚えました。
そして本にするようすすめたのが茂木先生と知り、
先生がいなかったら私は木村さんのことを
知らないでいたかもしれないと思いました。
すばらしい人がこの世にいることを教えていただき
本当にありがとうございます。言葉で言い尽くせないほど、
先生に感謝しております。

また、トシガイという番組で、先生が個人的に
お買い物をされていたシーンで、手に入れたものに対して、
これは物ではなく精神なんですと
いうようなことを言われていて、その言葉がとても心に響きました。
すごく素敵な表現だと思いました。

私も感性が豊かになれるように、日々の中で土壌を作っていきたいと思います。

これからも先生が色々なことを発信してくださるのを
すごく楽しみにしてます。

御活躍お祈りしております☆

投稿: urara☆ | 2009/04/05 14:49:03

コメントを書く