« 文明の星時間 セコイアの時間 | トップページ | オークション »

2009/04/09

私のねんざで

 走るという習慣は、小学校の
ときからで、
 とにかくずっと走ってきた。

 走る人の宿命で、時々足を
痛めることがある。

 石でつまづいて転ぶことも
ある。

 朝、公園の森を走っていた。

 私はわざと道ではないところを走る。

 斜面を一気に駆け下りようとして、
右足をひねった。

 地面との関係か、足がちょっと内側に
向いたまま着地してしまったらしく、
 曲がった足首の上に、すごい勢いで
体重が乗っていった。

 グギッ!

 一瞬の出来事だった。

 走り始めてから10分後くらい。

 少し時間に余裕があったから、
サッカーのハーフタイム(45分)くらいは
走ろうと思っていた。

 しかし、グギッ! となった瞬間に、
「あっ、これはもう走れないな」と悟った。

 脱力して、しゃがみ込みたくなった。

 そのままトボトボ歩いて帰る。

 早稲田のリーガロイヤルホテルで、
桑原茂一さん、吉村栄一さん、佐々木厚
さんにお目にかかる。
 Club Kingのdictionary
取材。

 「How to argue」について。


桑原茂一さん、吉村栄一さんと(佐々木厚さん撮影)
 
 もいちさんが、坂本龍一さんの
コンサートでの出来事を話して下さった。

桑原茂一Diary

 心が動いた!

 右足が痛い。

 早稲田大学のキャンパスを、足を引きずりながら
とぼとぼ歩く。

 Modern Brain Scienceの第一回目の
授業。

 内田亮子さんにお目にかかる。

 聴講者は、
 300名を抽選で100名に絞った由。

 Mirror and self cognitionの話しをする。

 PHP研究所の横田紀彦さん
が迎えにきて、有楽町の東京国際フォーラムへ。

 『ラフォルジュルネ』についての記者会見。

 続いて何件か取材を受ける。

 初台の東京オペラシティ。

 『題名のない音楽会』の収録。

 佐渡裕さんが、高校生の時に
コンサートに行き、楽屋でポスターにサインを
してもらって、その場でレッスンをつけて
もらったという
Peter-Lukas Grafさん
と佐渡さんが共演。

 まるで少年のような顔をして
フルートを吹く佐渡裕さん。

 初心に還る人は、生命を更新する。

 グラーフさんの語るフルトヴェングラー
の人となりが素晴らしかった。

 最初からスタジオに座っているのとは違って、
かなりの距離を歩いていかなくてはならない。

 本番前に、ディレクターの方に
相談した。

 「今朝ねんざしたので、足を引きずります。
どうしましょう。」

 佐渡さんが、あらかじめ「茂木さんは
ねんざしました」と説明して下さることに。

 超満員の大ホールのステージを、
一生懸命歩いた。

 「放送でどう処理されるのか、楽しみですね」
と横田さん。

 私のねんざで、横田紀彦さんの楽しみが
増えた。

 アインシュタインについての本を作ろうと、
横田さん、桑原晃弥さん、吉田宏さん
新宿二丁目の梅寿司で打ち合わせ。

 桑原さんと吉田さんは、
『ひらめきの導火線』 
を聞き書きして下さった
名コンビである。

 「キャミー」こと、木南勇二さんも
いらっしゃる。
 
 ねんざで始まった一日だったが、
アインシュタインの話をしていると
俄然元気になってきた。

 ばあばあと大爆発する。

 世間の常識をちぎっては投げ、
ちぎっては投げ。

 本質的問いと、具体の間に
キラーパスを通すこと。

 横田さん、木南さんとタクシーで
帰る頃には再び悄然とした。

 当分は走れないな。

 夜道を右足を引きずってとぼとぼ歩く。

 横田さんが親切に買って下さった
湿布薬を右足首に巻いて眠る。

 朝起きたら、3分の1くらいがはがれて
朝日に白く光っていた。

4月 9, 2009 at 07:50 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のねんざで:

» 足首のねんざは、クセになる? トラックバック カープの街広島で、筋肉の張りを解消する施術「卯龍拳」を使いこなす業師のブログ
以前体のケガをした所が、今はよくなっている。 けれど、なんらかのきっかけで同じ箇所をまた痛めてしまう。 よくある話です。クセになってるとか。 本当にクセなんでしょうか? クセは『無意識に行う習慣的な行動』といわれます。... [続きを読む]

受信: 2009/06/20 23:24:14

コメント

 内田亮子さん
 彼女は忘れてしまったかもしれないけれど・・・。
 受験会場で知り合った時から人類学がやりたいと言っていた。記念に見ていこうと有名な池に寄ったのは、あまりにしょんぼりしていた私に付き合ってくれたのかもしれない、と今になって思う。
 無理を言って実習の場をのぞかせてもらった時、ストイックな雰囲気に驚いた。脱力した感じの私の学科とは全然違ったから。
 たくさんの苦労をされただろうけれど、倦まずたゆまず努力され、その志を貫いた彼女の姿を二年程前見つけて、物静かな雰囲気で相変わらず素敵だな、ととても嬉しく思った。
 茂木さんは、本当にいろいろな方と出会うんですね。
 

投稿: | 2009/05/09 14:07:44

茂木先生お早うございます♪
アインシュタインについての本ができるのですね!楽しみにしております。
初心に還る人は生命を更新する、胸に響きます。


先生、くれぐれも捻挫の方無理なさらないようにしてくださいね。ヾ(>д<)


それにしても湿布ひとつとりましても、先生の手にかかるとキラキラ、なんやか素敵なもののように感じてしまいます。

ニッキの匂いがしてきました。(o^-^o)

それでは先生、本日も健やかにお過ごし下さいませ。♪d(⌒∀⌒)b♪

投稿: | 2009/04/10 6:18:33

その後ねんざは大丈夫ですか??お大事になさって下さいませね。

投稿: | 2009/04/10 5:13:23

お大事に。
神様が「ちょっと走りすぎだよ、休憩しなさい」
とおっしゃっているのかも?

投稿: ゲソスキー | 2009/04/10 4:51:42

ご苦労様です。
足お大事にしてください(^-^)

投稿: | 2009/04/09 23:29:12

茂木さん!捻挫は骨折と違って歩けるけれども、
始めはしっかり冷やして、体重をかけないようにして
安静にしとかないと、なかなか治りきりません。
どうしても歩かねばならないなら、
テーピングやサポーターで固定・保護したほうがいいですよ。
・・・・・いちphysical therapistより。

投稿: | 2009/04/09 23:13:34

茂木さん、こんばんわ。
部屋を構えて新生活がスタートしました。

足をひねったんですね。
おもわず、笑ってしまいました。

おれは、走りますよ~


投稿: | 2009/04/09 23:05:32

足の具合は、いかがですか?早めに湿布を貼ったりして冷やしておけば、治り方もちがいますよね(^-^)

桑原さんのブログに心が動いた。と思ったら、足も痛む…ちょっぴり切ない現実(;^_^A

茂木さん、早く足、治してください!

今日の茂木さんの日記に、特殊相対性理論の事が書いてありました。どんな事か気になって、ネットで調べて見ましたが、画面で、ただただ字が送られていく〜って感じで、ちんぷんかんぷんでした(><)
どんな事なのですか??

またバリバリ走れるように、早く足治してくださいね(o^∀^o)

投稿: | 2009/04/09 22:57:08

茂木健一郎さまへ

足お大事になさってください。

一日でも、早く良くなるためには
お医者様へ、行かれた方がよいのではないでしょうか。

今日は満月です。

満月の日には、お月さまにお願い事をすると
願い事をかなえてくださいます。

今日は、お月さまに、茂木さまの足が
一日でも早く良くなることを
お祈りして休みます。

お疲れになっている時は、
あまり無理をなさらないほうがよいですよね。

生命の養生を忘れずに、生活する事が
とても大事です。

明日、茂木さまの元気の元、チョコレートを
お届けできればと思います。

投稿: | 2009/04/09 22:50:38

痛たた・・・
右足、どうかお大事に。

トートバッグ・・・
ごめんなさい!見た瞬間ウケてしまいました(笑)。
もろに“水成論と火成論”って入っちゃってるところが。
TOTE AS CANVASのページ見てみたら、
~あなたのラクガキで、子どもが救えたら~
とありましたね。
フフフ・・・ナイスデザイン☆

投稿: | 2009/04/09 22:49:17

おはようございます!
 茂木さん、足!歩いていいんですか?¿??

茂木さんにかかるとはがれた湿布も
あんな素敵に表現されるのです…✧。

hayaku naorimasuyo-ni✴


茂木さん!わたし、分かりました!!!
茂木さんが爆発し続けていらしたから
髪の毛がくるくるになったのですよ!
それしか無いです!

すごい発見です!(^^)!
AHA体験!??☄ !!!嬉しーです!!アハッ❢
今日も足元、気を付けてくださいね!

❀❀❀❀❀❀❀❀

投稿: | 2009/04/09 21:53:57

あらら…!“ねんざ”とのこと、大丈夫かなと、心配になりました。明日までにハレが引いてなさると好いのですが。

自分も経験はあるけれど、打ち身とねんざは本当に痛い!1日も早く走れるようになれますように。

それでも、休む事無く精力的にお仕事をこなす博士。誠に頭の下がる思いです。

世間の常識は、時の流れに合わせてコロコロと変わるもの。普遍と常識の間は誠に気の遠くなるほどの開きがあるなぁと、常々感じている。

ある時代に常識だったのが、時代が変われば非常識になってしまう。それにいちいち振りまわされていても、値打ちの高い人生行路は歩めない。

コロコロ変わる世論と常識で、混迷し行くジャングルの中、求めゆく本質とは何なのか、微力ながらも、見極め行くようになれればいいなとも思う。

重ねてですが、如何か足のねんざが早くよくなりますように。

それにしても、きょう(04/09)の日中は、ホトンド夏日でした。染井吉野もすっかり色あせ、地面からは小さなポピーやたんぽぽが、輝くように微笑んでいます。

春は駆け足で進んでいきます。それでは、きょうはこの辺で。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/04/09 18:38:26

茂木先生 こんにちは♪
捻挫の具合はいかがですか?しばらくは、腫れが引かないかも知れませんね?私は捻挫したことがないので、どうすれば一番治りが早いかどうか、分かりませんけど?う~んそうですねぇ~?安静にしていることは出来ない状態ですよね?それならば、いつもより、歩く速度を遅くするしかないのでは、ないでしょうか(笑)いつも一分で200メートル位??の速度で歩く所を、普通の80メートル位?にすると、足首の負担も減ると思いますけど…笑!?この方法が、とりあえず安静にしないで、治りを早くする一番いい方法だと思います(笑)そして、走れないでいつも通りの食事をすると、どんどん体重が増えて??またまた、足首も支えるのが大変になると思うので、負担軽くしてあげられると、いいかも知れませんね(笑)明日の対談(朝には今日ですね)楽しみにしていますので、どうぞ80メートル以下の速度で、歩いてくださいね。くれぐれも、お大事にしてください♪

投稿: | 2009/04/09 15:41:00

茂木さん、おはようございます。
先日、ブログを拝見していたら、また熱海方面に来て下さってたのですね。
地元に近い私はとても嬉しく思ってます。
熱海に向かう海沿いの道路の一本上の山道も、桜を満喫しながら熱海迄の道のりを楽しめますよ。山道と言っても海もちゃんと見えます。今度試してみて下さい。
茂木さんならその景色で一句うたえちゃうと思います。今日は休みだったので、ゆっくり起きてブログチェックしたら、捻挫したとの事。とっても心配です。安静にしていられないようですし。でも、絶対無理しないで下さいね。治りが遅くなります。熱と腫れが治まったら、湯河原温泉、熱海温泉、函南の畑毛温泉など、捻挫に良い日帰り温泉がいっぱいあるので湯治にどうぞ!お待ちしてます。
安くて良い穴場があるんですけど、お伝え出来れば良いんですけどねぇ

投稿: | 2009/04/09 12:36:19

おはようございます。湿布の貼り方について。
足首だと、どうしてもはがれやすいので、
上からネットをかぶせるといいですよ。
薬局で買えると思います。
           
もし、肌がデリケートな場合は、
長時間つけたままだと、かぶれの原因になるので、
30分くらい貼ったら一度外し、
(湿布薬の効果は、その位の時間という説もあり)
一日のうちに、何度か張り替える方法も。
 
お大事になさってください。
 
 

投稿: | 2009/04/09 9:54:59

茂木健一郎様

茂木さんが走られる状態になられるのはすぐです。
いつも心身よく動いておられるお人の身体はお強いです。
この機会も「考えるヒント」にされて、
心動かすことに機会に出逢われることを願っています。
茂木さんの言葉に、声に、生き方に、多くのお人は感動し、
幸福になっていかれています。
茂木さんの未来に夢を見させていただいているのですもの。
どうかどうかご自覚いただいて、
健康に留意なさってくださいませね。

投稿: Yoshiko.T | 2009/04/09 9:06:56

茂木先生、おはようございます。(・ω・)/
あちゃー、やっちゃいましたね
(|||_|||)
捻挫大丈夫ですか? (-o-;)
ちゃんとテーピング、とゆーより必要でしたら病院行って下さいませね。
茂木さん、ギリギリのギリまで病院行かない気がいたします。
(私もですが…)
友人でマラソン好きが2人おりますが、たまに「捻挫した!」って足引きずってます。かといってそれでマラソンが嫌いになる訳ではないもようです(ずっと続けているので~)
私は普通に歩いているだけでもコケっと転びやすいので、とても走れないデス~
リスク回避の為代わりに泳いでます(それでもせお泳ぎで頭を壁にぶつけたりしますが…(☆o☆))
どうか、早くご回復されますように…!!
きっと捻挫が治ってまた走れるようになったら、走れなかった分、絶対気分爽快だと思います!!
我慢する楽しみかもしれません…?

投稿: | 2009/04/09 9:05:18

茂木さん、おはようございます。

足首の捻挫、大丈夫ですか?
いつもとても重たい意リュックを背負ってらっしゃるから、それだけでも足への負担が大きいと思います。
とぼとぼと歩く茂木さんの後姿に、なんだかとても哀愁が漂って見えて(私の想像の中ですけど)。
無理なさらないで下さいね。

今朝も気持ちの良い青空ですね。
無職になって1週間が経ちました。どこにも所属していなく、誰からも時間を縛られないギャップ・デイの日々は、想像以上に心地よく、魂が伸び伸びと羽根を伸ばしているのを実感します。

ですが、毎日これだけ頑張って働いている茂木さんに対してものすごく申し訳ない。
それに自分の生活を支えていかなければならないですし。。。
この不況下でどうなるか分からないですが、私も頑張らなければ。

投稿: | 2009/04/09 8:43:38

足の痛みは、先生という躰の持ち主への信号。
聴き逃さないようにしてもらいたいです。
このところの文章を目にする度、無理が祟らないか、老婆心ながら心配してしまいます。

巨木の樹液、地中から水を吸い込む音。
たまには優しい気持ちで、耳を傾けてみて下さい。

投稿: | 2009/04/09 8:34:06

脱兎のごとく走る茂木先生とご一緒したら楽しそうだなあ・・なんて想像していたのですが、お加減いかがですか?しばらくは走れず寂しいですね、早く治りますように・・。

投稿: | 2009/04/09 8:26:17

茂木さん、おはようございます。
(アインシュタインの話をして俄然元気になって、ばあばあと大爆発。世間の常識をちぎっては投げちぎっては投げて、本質的問いと、具体の間にキラーパス)…いつもの茂木さんですね!
湿布が半分剥がれていても茂木さんならすぐ治ります

投稿: | 2009/04/09 8:18:00

コメントを書く