« 花見情報 | トップページ | ワルキューレ »

2009/04/03

信じられる友がいるならば

有吉伸人さんと話していて
思った。
プロデューサーは孤独である。

さまざまなことを、全部自分で
決めていかなくてはならない。

相談する相手もいないのである。

そんなことを話しながら、
有吉さんはフリスク(ブラック)に
手を伸ばして食べた。

ぼくの脳の中で、ミラーニューロンが
活動した。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の打ち合わせ。

今回の担当は、荒川格さん。

荒川さんが、宮崎駿さんを取材した
名作の後、一体どのような番組をつくるのか、
これはスゴイぞ!

花見。
石川哲朗くんが
本当にすばらしい働きをしてくれた。
石川くん、ありがとう。
こころから、ありがとう。

君がChief Hanami Officerをした
「はなみ2009」は永遠だ。

粟田大輔が教えてくれた
大庭さんの展覧会も素晴らしかった。

http://www.scaithebathhouse.com/ja/exhibition/data/090306daisuke_ohba/ 

世界は実に美しいじゃないか、ねえ、君。

午後8時に灯りが消えたあと、
芸大の授業のあとにいつも飲んでいた
砂場の横のスペースに移動して
さらに飲んだ。

塩谷賢もきたぞ!

いろいろな思い出が通り過ぎた。

ぼくたちは若かった。
ぼくたちは若い。

不安でいっぱいだった。
不安でいっぱいだ。

希望にすがりついた。
希望にすがりつく。

信じられる友がいるならば
その手に触れて、ぬくもりを
感じたまえ。

心の宇宙の中で、神の真理と
手のぬくもりの占める大きさは
全く同じだ。

石川哲朗からメールをもらった。
________

みなさま、今日はお花見おつかれさまでした。たくさんの人に楽しんでいただけたみたいでうれしかったです。
家に着くまで無事に帰って、余韻にひたってください。ありがとうございました。幹事冥利につきる花見でした。
みんなの喜んでるのを見るのがこんな気持ちいいなんて初めての経験でした。
今年一年もがんばりましょう!応援してくださったみなさん、どうもありがとうございました!
石川哲朗
____________

寺町健
からメールをもらった。

_____________

茂木さん

寺町です。

昨日は久しぶりに上野公園で飲み、あのころの木曜日の夜に飲んでいた事を思い出しました。
単に楽しかっただけでなく、あの空間と時間には様々な事が詰まっていた事に、改めて気づきました。
あの丸い砂場での記憶を忘れないようにしようと、強く思った花見でした。

小さいところにおさまっているのではなく、もっと本質的な事に立ち向かって行こうという気が奮い立ちました。

______________

戸嶋真弓さんからメールをもらった。

__________
石川さん

幹事さんお疲れ様〜。o(^_^)o
楽しいお花見をありがとうございました。
場所もバッチリで、桜を堪能することができました。
いろいろな人が、個人で、団体で楽しめることは、本当に
すばらしいことですね。

あらためて思います。
世界はすばらしい。

としままゆみ
_________________
 ばんざい、みんな青春だ。

ばんざい、ばんざい、えいえいおー。

まあ、生きているうちが花なんだから、
せいざいやりたいことをやろうよ。

4月1日にエイプリルフール書いていて、思ったよ。
あとせいぜい40回エイプリルフール書いたら、
おさらばだなあ。

みんな、助け合って、仲良くやろうよ。

コノサカズキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトエモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

井伏鱒二。

4月 3, 2009 at 09:33 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信じられる友がいるならば:

» 不動明と飛鳥了 再会シーン トラックバック SWANの 「Trust me!」
 デビルマンの後半、旧コミックスの5巻のエピソード。  私が考える中で、マンガ史上最も美しいシーンの一つ。 永井豪の作家としての才能が結集されており、いつまでも語り継がれるべきだ。 セリフ、コマ割り、... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 0:31:37

» Seventeen トラックバック Tiptree's Zone
 二年前のこと、私の外見は二〇代後半から三〇代前半で、そして精神年齢は「一七歳くらい」と、ある人から言われた。  それは、とてもいいことなんだよ!  だって、この世界で最も重要なことの一つは、一七歳の時に食べたチーズバーガーの味を忘れないでいることだから....... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 4:08:02

» etude49 トラックバック 御林守河村家を守る会
江戸時代の和算が、 ある分野では西欧を抜いていたことも事実です。 [続きを読む]

受信: 2009/04/04 10:01:51

コメント

大庭さんの作品、私も見に行けました。

桜を思わせるような点々を見ていたら、ふっと思い出しました。
細かく樹の葉が描きこまれている絵を前にして、私が思ったのか尋ねられていたのか忘れたけれど、
「よくこんなに一枚一枚丁寧に描けますね。大変じゃないですか?」
という問いかけへの画家の答えを。

「私はね、この樹の葉を一枚一枚描くのが楽しくてしょうがないのですよ。」

これ、茂木さんが教えてくださった話だったかしら。
たくさんのことをされている茂木さんにも、こんな時間がたっぷりありますように。

投稿: masami | 2009/04/07 16:53:35

ウチでも近くの公園へ子どもと花見に行きました。ご近所さんも沢山おいでで、賑やかでした。

すると、関西にしかないと思っていた紅枝垂れ桜が何本も、花並木になって紅い蕾を枝にたわわにつけているのを発見してしまいました。今まで、何の木か分からなかったのが、蕾をつけてやっと分かった。ソメイヨシノが満開を過ぎる頃に見頃となりそうで、楽しみです。

うれしいと共に、不思議な気がしました。エイプリル・フールではありません。ところで「空き地連盟」は奇特な人もあるものだと、数日、感心しておりました・・・。

投稿: 吉野桜 | 2009/04/04 7:20:50

That it will never come again
Is what makes life so sweet.
-----Emily Dickinson

投稿: Tiptree | 2009/04/04 4:09:58

素敵なお花見だったんですね☆

今回のクオリア日記、茂木さんの感動が文章から伝わってきます。
永遠が本当にあったら人間おかしくなるけど、純粋に感動してる人を思うと永遠があればいいのにって思います。


私はというと、仕事最初は調子よくやっていってたのですが、人間完璧にはなりきれないもので、最近ちょっと判断力が鈍ってしまいます。
A型だからかな(笑)最初はおりゃ~ってがんばって、自分でも調子いいぞって思えても、いつも同じことをするわけではないのが飲食店で、いつもと違うことが起こるとあれあれっと・・

何事も準備が大事。
準備して失敗したらしょうがない。

そして間違ったらすぐいう。

あ。自分に対しての反省でした(笑)
自分勝手なコメントでごめんなさい。

友達は大切ですねっ

私、高校の時、男の友情に憧れるものがありました。
お互い気持ちがまっすぐで、後先は考えない。
ぶつかるときは本気。
だから、恋愛となってぶつかったら表面上の友情は壊れてしまったのかもしれない。
でも本気だからかっこいい。
だからいつか分かり合える時が来ると思う。

私も友達は大切にしたいです。
もちろん、恋愛も大切にしたいです(^^)/

投稿: もととうほう高校 | 2009/04/04 2:22:41

私は今日、約一年距離を置いていた親友と再会しました。彼女いわく、私に対しあらゆる面で嫉妬をしてしまい、そんな醜い自分が嫌いだから、この感情がおさまるまで待っててと。あれから一年数カ月が経った今日、私と彼女はいつまでも笑い転げていました…この子とは更に強い絆で結ばれそうだ!そんな、嬉しい春の一時でした(^-^)

投稿: ピンク | 2009/04/04 1:35:26

茂木さん、やっぱ 仲間は最高です!!

私たちのまわりには信じる友達ばっかりです!!
(一番疑わしいのは自分。 ∑(`∇´ι)ハッ!いかんいかん、自分も信じなければ…!!)

茂木さんは40回じゃ終われませんよ!
!(^^)!

みんなで
素敵な、陽を 幸せを お酒に溶かしてお召しになったのでしょう!
青春ですねー!
私も友達で花見します!
みんなで幸せになろうねっ✿✿✿

今日も素敵な一日を!(*^^)v〰♫☆♪

投稿: 夏輝 | 2009/04/04 1:01:36

茂木先生 こんにちは♪
お仲間のみなさんと、ほんとにリラックスされて、お花見楽しまれて良かったですね。なんだかそこだけ、ぼんやりと霞みがかかって、夢の中の出来事のようです。先生が元気だと、私も元気になれます。そして先生が幸せだと、私もお裾分けをいただいて、幸せになれます。桜の花びらが舞い散るように、先生の幸せが、まわりの人達に舞い降りて、みなさんを幸せにするんですね!「はなみ2009」永遠に「美しい時間の空間」に保存されたんです。みなさんの幸せなお顔が見えるようです。過去と現在と未来が、一緒になって流れているような時間が、確かにそこにあったと思います。どうぞ先生は、いついかなる時でも、元気で幸せでいてください。先生の幸せが、まわりのみなさんの幸せでもあります…。世界も人の心も地球も美しい。美しさは永遠に続きますから…♪

投稿: 平井礼子 | 2009/04/03 23:47:17

昨日のお花見に行かれなくて、とても残念ですが、多くの人々の暖かい“温もり”に満ち満ちた、まさに弾けるが如き喜びと感動が、文面から直に伝わって、こちらも心がぬくもって参ります。

若し来年もお花見があれば、その時は是非参加したく思います。

人生は一期一会。嗚呼だからこそ、他者同士が暖かなる触れ合いと深き友情を育む時と場が必要なのだ…。

室生犀星の言うように“さらば”こそが人生の要諦ならば、もっと人と出会い、互いに信じられるともばらになるための絆を…生きている限り、今からでも遅くはないだろう…少しでも良いから築き上げたいものだと、信ずる友が青春時代に出来なかった、私は常に考える。頭上に咲く爛漫の桜を眺めながら。

人生とは、希望と不安が綴れ居りのように綾なす道程を歩むこと。仮令少なくても、魂の奥底に光る希望と、哲理という名の羅針盤、心から信じ合える朋友(とも)がいるならば、行く手にあろう試練も壁も、恐れることは決してないように思える。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/04/03 23:41:11

茂木健一郎さま

有吉伸人さまと同じ お心をお持ちかと

同感感情

深刻なことではない意味です
そうそう!! とか そうなんだよな など。

なかなか実はテレビ局の番組におかれまして、ご決断を下される方さまが ご自身の心境を・・・ 茂木健一郎さまが自然体の方さまなので
ごく自然に有吉伸人さまは茂木健一郎さまへ、あくまで推察です。

ところで
私、どうしても食べたくなり フリスクのブラック 買いに行きました。
恰好良いと感じます有吉伸人さまがブラックのフリスクですと
どんな?
食した感覚ですが、想像よりも食べやすいです
なんと申しましょうか ブラック!! 
ブラックコーヒーを連想してしまい 刺激が倍増かな、そんな想像が逆に
食べやすい!! ブラックのフリスクでした。

さてさて、それは
もちろん今晩も恰好良い半井小絵さんの気象解説 拝見致しました。
ゴールデンウイークまで北海道 スキー出来るのでしょうか?
来週 札幌は雨が降りそうとの気象解説
融雪が心配です、あくまでスキーをする私の想いとして。


投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/04/03 21:13:05

茂木先生、

お久しぶりです。何カ月ぶりでしょうか。
そちらは花見のシーズンなのですね。
こちらソウルの桜が咲くのは
もう少し先になりそうです。
最近、あまりにも忙しくて目が回りそうです。
そんなとき私を慰め元気づけてくれるのが、
デスクの横に貼ってある先生の記事や写真。
きっと茂木先生も今頃忙しく
駆け回っておられるのだろうなあ、と思いながら・・・。
きょうは珍しく嵐の前の静けさのようで、
ちょっと息つく暇ができたのでコメントしてみました。

投稿: K.M | 2009/04/03 20:57:15

助け合って、仲良くやろう。そして…孤独にサヨナラしましょ。

自分を偽るのは、労力がいります。

それより、自身に素直に、未来へ受け継がれるような幸せを一緒に探したいなぁって思いますが、どうなんでしょう?(*/ω\*)

投稿: 奏。 | 2009/04/03 19:54:06

私事ではありますが、私は生死をさまようような状態を一度経験したことがあります。
様々なことに我慢に我慢を重ねた結果でした。
自我を大切にしないということが一体何をもたらすのか、自分の身をもって知るきっかけとなりました。
それ以後の『生』は、人生のおまけだと考え、自分の欲すること(≠堕落)に忠実でいようと己れの心に誓いました。それから、私は自分自身の心の破り方を覚えました。
人生一度っきりなら、今からでも始めてみようじゃないか!と思ってから、ホントの友達に恵まれました。
友達はいいですね。
何処にいても、友達。
自分自身に掛け値なしで付き合ってくれる友達。
魂で付き合える友達。

『ばんざい、ばんざい、えいえいおー』


そんなふうに言える人生。これからたくさん味わいたいですね。
その為に、もっともっとつき抜けていきたい。
茂木哲学に、乾杯!
ありがとうございました。

投稿: ゆみっち | 2009/04/03 19:38:06

本当に。
心を開いて繋がる事の出来る友がいるならば…
この流れゆく時間の中で、満たされて生きていけますね。

投稿: 土屋圭子 | 2009/04/03 17:49:47

茂木さんと塩谷さんは、どの様なお話をなさったのでしょうか~…非常に興味があります!…

投稿: cosmo | 2009/04/03 15:50:04

有吉さん、これからも「プロフェッショナル 仕事の流儀」を楽しみにしております!!

投稿: ふぉれすと | 2009/04/03 14:07:23

例え、一人でも信じられる人がいることで頑張る事
ができますね、世知辛い世の中ですから信じられる
人が居るだけで幸せなんだと思います。

投稿: あきら | 2009/04/03 13:55:06

例え、一人でも信じられる人がいることで頑張る事
ができますね、世知辛い世の中ですから信じられる
人が居るだけで幸せなんだと思います。

投稿: あきら | 2009/04/03 13:54:31

「プロデュース」

『プロデューサーは孤独である。
さまざなことを、全部自分で
決めて行かなくてはならない。
相談する相手もいないのである』

『心の宇宙の中で、神の真理と、
手のぬくもりの占める大きさは
全く同じだ。/
みんな、助け合って、仲良くやろうよ』

 この頃、シゴトとプロデューサーの両方やりたくなってます。
 シゴトの孤独は手放したくないけど、
 プロデュースのほうは参加というかたちでドキドキワクワクしながら。
 人ってみんな他人や社会や政治や文化のプロデューサーになれる!
 気がしています。
 胸の中に温度があれば。
 悪いところを叩くのもテですが、
 いいところを見つけて伸ばすほうが断然愉しいですね!
  
 
 

投稿: 島唄子 | 2009/04/03 11:45:30

茂木さん、昨日はありがとうございました。
無事、現地に到着することができ、短い時間でしたが上野でのお花見を楽しむことができました。

思えば、東京に住んでもう何年(何十年?)にもなろうとしているのに、上野公園でお花見をしたのは初めてです。
傾く西日と、月明かりと、お花見の提灯に照らされた桜が白く浮かび上がる様はとても綺麗でした。
とてもよい機会に恵まれたことを感謝します。
幹事をして下さった石川さん、ありがとうございました。

今日も素晴らしい一日でありますように。

投稿: 楠 | 2009/04/03 11:06:51

茂木健一郎様

素敵なお時間をすごされたこと
お察しします。


「茂木健一郎のトークブレイン」での
選曲も大好きです。

There are places I'll remember
All my life though some have changed
Some forever not for better
Some have gone and some remain
All these places have their moments

With lovers and friends I still can recall
Some are dead and some are living
In my life I've loved them all

But of all these friends and lovers
There is no one compares with you
And these memories lose their meaning
When I think of love as something new

Though I know I'll never lose affection
For people and things that went before
I know I'll often stop and think about them
In my life I love you more

Though I know I'll never lose affection
For people and things that went before
I know I'll often stop and think about them
In my life I love you more
In my life I love you more

投稿: Yoshiko.T | 2009/04/03 10:01:46

コメントを書く