« そんな教えがあったら、信じてもいい | トップページ | 脳科学と哲学の対話 »

2009/04/24

トップ・スピード

ねんざは徐々に良くなってきていて、
公園の森を走ることができる。

しかし、無邪気に駆け下りたり、
駆け上がったりはできない。

トップスピードが出ない。

物足りないな、とぼんやりと
考えながら走っていると、
ツツジの植え込みのところで、
突然クマンバチがブーンと
耳のそばを通った。

うわあ。

反射的に、逃げた。

数歩走って、はっと気付いた。

その瞬間だけは、トップスピードが
出ていた。

出ないなんて、思い込みじゃないか。

人間は、自らにリミッターを課して
しまっている。

もっとも、それを外した時に、いろいろな
障害が出るかもしれないけれども。

ゆっくりと走り続けた。幸い、
ねんざをした右足首も痛くはない。

4月 24, 2009 at 09:43 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップ・スピード:

» SPEED トラックバック POPO
走るのが遅い 泳ぐのが遅い 歩くのが遅い 起きるのが遅い 寝るのも遅い 食べるの [続きを読む]

受信: 2009/04/25 1:32:25

» etude63 トラックバック 御林守河村家を守る会
いまのいわゆるホワイトハウスは、 当時はエグゼクティブ・マンションと呼ばれていたようですが、 幕府の遣米使節団一行は、 日米修好通商条約の批准のためにそこを訪れました。 [続きを読む]

受信: 2009/04/25 8:07:02

コメント

        思いもよらぬ 我身の軽さ

     海が割れるように  一筋の道が見える

        そんなとき 血気逸る  トップ スピード

     テレポーテーション 瞬間移動 かと思った 可の時

投稿: 一光  | 2009/04/25 8:30:25

茂木先生、こんにちは。
 私は、カナダのエドモントンに住んでいる母です。
夫は、宗教学(鎌倉時代の日本宗教を専門)教授のアメリカ人。
夫と同じ誕生日の娘は、12歳。夫に似て理屈っぽく私を圧倒するほど
口が達者です。その娘のことで、先生の見解をお聞きしたくメールさせて頂きました。
 先に、お詫びしなければいけないことは、先生の著書をまだ読んで
いないことです。ただ、インターネットで先生の出演された番組を拝見したり著書を検索し注文しょうと思っていたんですが。
 
 娘の勉強中の状態に困っています。それは、イヤホンで音楽を聴きながら勉強していることです。娘との約束に、毎日30分日本語補習校の
宿題か日本教科書のテキストをすること。たった30分ですが集中すればその積み重ねと習慣が身に付くと考えてからです。他には、現地校の勉強もありますので。
 脳科学で、音楽を聴きながらの勉強は身に付くはずはないと思うのですがいかがでしょうか。娘を納得させる勉強方法を教えて頂けないでしょうか。または、この問題を解決できる先生の著書がおありでしたら
ご紹介いただければ幸いです。

  庭に、きのう降った雪がうっすらと残っています。
  春はホントにくるかしら。
 

 

投稿: クインター久美子 | 2009/04/25 4:23:51

茂木さん、おはようございます!(^^)!

快調、何より喜ばしいです!
読んで思わず笑いがでてしまいました。

学習によってトップスピードが抑えられていたのだと思いますが
それを”思い込みだ”ってはね退ける精神が。

茂木さん、人は絶対に愛情と思いやりと、励ましと、支え合いがないと生きていけませんね!安全基地という大地が私をがっちり支えてくれているという確信、それを 見せつけられて、食らわされました!

最高に幸せ者だと確信致しました。
前に進むだけが、私にできることだと感じます。

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/04/25 1:54:50

いきなりのクマンバチとのニアミスは、さぞびっくりされたことでしょう。おそらく、クマンバチのほうも驚いたりして。

ある状態から自由になるためには、何かの(それも不意な)きっかけも必要なのでしょうね。


"人間は、自らにリミッターを課してしまっている"

…う~む、確かにそう言えなくはなさそう。人間、心の何処かで「これはまだ出来ない」「私はこういう人間だ」という“決めつけ”というか“思いこみ”という形で、箍(たが)を嵌めているのだろう。

適度に箍を外すと、それだけ自由自在になる度合いは大きくなるが、度を越えて外すと、何をしでかすか、自分でもまるで見当がつかないものだ。

「私」という実在が、殻を破って成長するには、「私はこういう人間」という決め付けをまず外す“訓練”からしなくてはならない。が、その訓練が非常に難しい。

難しいけれど、そうしていくことで、古い思いこみの殻を破り、新しい自分に「脱皮」出来る。少なくとも、そのように考えている。

それは、成長の為に、自分に嵌めこんでいた、決めつけの箍を外す事とも言える。

さて似たような経験は私にもあり、ある朝、ゴミを出しに行ったら、向こうからいきなり、黒光りするゴキブリが現れ、恐怖を感じ、ゴミを出した後、うわぁ、と叫び、ぴゅ~!と脱兎のように、駆け足で家の中に入ったことを覚えている。

あの時の恐怖といったらなかった。私はゴキブリが苦手なのだ(怖)。

小学校時代から駆け足の遅かった私だったが、その時は自分でも思わぬほどのスピードが出ていたことだろう(苦笑)。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/04/24 22:17:35

とても美しい文章だと感じ、ブログに貼りつけさせてもらいました。

投稿: 伝説へ、ヒナギクとともに・・・ | 2009/04/24 22:06:57

茂木先生 こんにちは♪
ねんざ、良くなってきているようで、ほんとに良かったですね。旅行中は、捻挫は大丈夫なのかしら?と思っていたので…。トップスピードで走れないこと、やきもき、してしまうと思いますけど、走れない時は、走らないほうがいい時だと思うので、スピードダウンしても、いいのではないのでしょうか?ゆっくり走ると、よく見えなかった景色も、よく見えてくると思うので…笑。私は、リミッターは、知らず知らずに、自分にかけていることが、ほんとに多いので、まずは小さなことからでも、外して行きたいと思っています。茂木先生、ずっと、いつも応援しています!なんだかずっと、トップスピードで、走れ続けている先生を見ていると、ほんとにファンとして、切なくなります。たまには、一日、虫捕りの日もあったらいいのに!と勝手に思ってしまいました(笑)まずは、一分80メートルの速度で歩いて、ねんざ完治させてくださいね(笑)♪

投稿: 平井礼子 | 2009/04/24 21:43:59

もうクマンバチがいるのですね、ムシがぶんぶん飛んでいると、うるさいような嬉しいような気がします。

投稿: ふぉれすと | 2009/04/24 14:36:38

茂木さんのブログ初めて見ました!
人間の思い込みってすごいですよね。僕にも、思い込みが障害になったり、いい方向に転がったりすることが多々あります。
でも、結局それは人間である証拠だと思います。

投稿: カナリヤ | 2009/04/24 11:58:33

茂木健一郎様

おはようございます。
茂木教授の今日の日記を何度もゆっくりと
呼吸をするように読み返していましたら、
さらにパワーあふれる日記が登場して
元気増進させていただけました。
ありがとうございます。
数ヶ月前のこと、茂木教授の日記を読むと
いてもたってもいられなくなって、
目の前にある小さな公園を駆けていました。
自分でも驚いたけれど爽快でした。
今日も駆けてこようと思います。
茂木先生、どうか今日もお元気で
快調でいらしてくださいネ。

投稿: Yoshiko.T | 2009/04/24 10:11:18

コメントを書く