« 空き地連盟 | トップページ | お花見 »

2009/04/02

エイプリル・フール

昨日の日記は、「エイプリル・フール」
である。為念。

もう何年か、4月1日の日記は
現実ではないことのさまざまを書いている。

毎年楽しみにして下さっている
方もいて、私自身も、4月1日になると、
「ああ、一年経ったか」と感慨深い。

このブログを再編集して本とした
『やわらか脳』 にも、
何年分かの「エイプリル・フール」
の日記が収録されている。

「エイプリル・フール」は、小学生時代から
親しんでいて、
その頃は、「嘘をついていい日」
ということで友だちどうしで
デタラメを言い合うことを楽しんで
いた。

本格的な「エイプリル・フール」
の文化を知ったのは、イギリスに
留学していた頃で、
4月1日になると、新聞を買ってきて、
「ああ、これだ」「あったあった」
と確認するのを楽しんでいた。

「エイプリル・フール」の記事には
いくつかの流儀がある。

虚偽の内容が、人を傷つけるものでは
ないこと。読んでおもわずにやりとして、
温かい気持ちになるようなものであること。

それでいて、何らかの批評精神に
あふれていること。
現実の世界に対して、新しい視点を
提供するものであること。

記す時には、それが「エイプリル・フール」
であるということを一切明らかにしないこと。
日本の新聞などでは、記事があっても、
「今日は4月1日です」とか、
「これはエイプリル・フールです」
と断るものがあるが、それでは味わいが
半減する。あくまでも真面目に、
本当のことであるかのように書くこと。

今年のイギリスの新聞のエイプリル・
フール記事が『ガーディアン』の
サイトでまとめられている。

April Fools: What was your favourite?  

「イギリスのサッカーファンは、ワールドカップ
予選のウクライナ戦で、世界一長い国家を
聞くという困難に心の準備をしている」

「エコノミスト誌は、エンタティンメントと
マクロ経済学を結びつけた「エコノランド」
のオープンの準備をしている」

などなど。

「クオリア日記」での次の「エイプリル・
フール」の記事は2010年4月1日に
なる予定です。

みなさん、また一年後にお会いしましょう!

一年後だと、4月1日だということを忘れて、
一時的に「騙される」人もいるかもしれません。

「ヨミウリ・ウィークリー」で長年お世話に
なった、讀賣新聞の二居隆司さんのように。

___________

From: 二居隆司
To: "Ken Mogi"
Subject読売・二居です
Date: Wed, 1 Apr 2009
Organization: 読売新聞社

茂木さま

お世話になっております。

先般お願いさせていただきました・・・・
(中略)

本日のブログ、とてもいい話だと思いながら読み進むうちに、
きょうが4月1日だということに気がつきました。
確か、これを始めて2年目ぐらいのときに、
本気で信じて取材を始めようとし、次の日冷や汗を
かいたことを思い出しました

二居 隆司(Takashi Nii)

___________

お気をつけください!

柳川透くんの博士論文発表会と、
箆伊智充くんの博士論文中間発表。

ふたりとも立派に出来て、安心して
見ていることができた。

そろそろ、桜も満開だ。

4月 2, 2009 at 06:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エイプリル・フール:

» エイプリル・フールの流儀 トラックバック 左衛門佐、諸事申致し候
後悔した。 おいしいエイプリル・フールを逃したのだ。 ちなみに4月1日の私の記事は、ウソではありませんので。 愛読している茂木健一郎さんのブログ より、エイプリル・フールの流儀について以下、引用します。 -------------------------------------------- 本格... [続きを読む]

受信: 2009/04/02 13:07:18

» あそぼうよ トラックバック あーと探究者のおぼえがき。
茂木健一郎さんの 『クオリア日記』 を拝読した。 『空き地連盟』という記事に甚く感動した。 東京にもこういう方がいらっしゃって、 こういう場所があるのだなあと、 じんときて、うるうるした。 しか~し、その記事が書かれたのは4月1日。 エイプリルフールで... [続きを読む]

受信: 2009/04/02 16:31:20

» 笑いました トラックバック Michi Takasaki ~ La Vita della Strega ~
えっと 昨日、私の子供時代の思い出を書いたのは、 茂木健一郎氏のブログの4月1日の記事、 「空き地連盟」に心打たれた事がきっかけでした。 でも!今日、分かったんです。 あれは茂木さんの書いた 「エイプリル・フールの嘘」だったと(笑) 最初にそれが分かった瞬間は ・・・と、しかけたんだけど、 すぐに笑いがこみ上げてきてしまいました。 いやぁ〜、お見事! エイプリル・フールの記事には いくつかの流儀があるそうです。 『虚偽の内容が、人を傷つけるものでは ... [続きを読む]

受信: 2009/04/03 10:27:54

コメント

おはようございます!!

茂木さんっつ!!!!!!!

なんて素敵なんだろう!!!!

とっても愉快! とっても楽しい! (♯✧▼✧♯)/♬~♫♩⋆

あ~、こんな騙し、初めてです!
完全に信じちゃった!
夢のようだなぁ…って思いました。
ATさん、茂木さんの分身のように感じていました。

でも、空想の茂木さんだったのですね!
やられちゃったょ!

投稿: 夏輝 | 2009/04/04 0:40:07

茂木先生

今の今まで信じてました
(ノ゚O゚)ノ

そうか〜来年は 気を抜かずエイプリルフールを迎えよう(笑)

お花見いいですね〜
私も参加したかったです

先ほど教育テレビを見てましたら
突然 茂木先生登場されて
大興奮!!
『キャー茂木先生〜』
今までなかった母のミーハー姿に
娘、目が点…。
私の脳には確実よかったはずです!f^_^;

投稿: たかこ | 2009/04/03 23:52:19

今年も素晴らしさ満載のお話をありがとうございました。
4月1日を楽しむ余裕、まさにそういったことが人生の「空き地」を豊かにし得るのだろうなあと感じさせられました。

>記す時には、・・・・・・あくまでも真面目に、本当のことであるかのように書くこと。
ちょっと脱線しますが、
河合隼雄先生のご著書『ウソツキクラブ短信』(←タイトルからして笑える)の中で、ウソツキクラブの条件として、
 1.ウソのようなホント
 2.ホントのようなウソ
 3.ユーモアセンスのあるもの
       とあったのを思い出しました。
ちなみに、ウソツキクラブの会長が国際ウソツキクラブ会長のライアー氏からもらったプレートというのがあって、記された言葉は、“Believe it or not, The truth lies here.”
“信じようと信じまいと、真実はここに存在する”とも、“真実はここでウソをつく”とも読める、っていう・・・。
なお、ご著書の中で、河合先生は8月2日をダブル・フールデーと称し、大いに楽しまれていたようです。


楽しいお花見を☆

投稿: 須戸 和美 | 2009/04/03 0:47:40

空き地連盟…すっかりホントのことだと思ってしまいました☆

あ~モギさんに騙された~☆

来年も騙されそうです…。

投稿: ビーマン | 2009/04/02 23:38:39

 まんまと引っかかりました。僅かに落ちない箇所は、あったもののそのまま気にせずに。
 また(1年後といわず)いつか、うかつに、暖かな異次元空間的文章の世界に誘われたいと思う今日です。
 素敵なエイプリルフールをありがとう。

投稿: hog | 2009/04/02 23:12:54

こんばんは。

今年は、誰にもだまされなかったぞー!とうっかり
気を抜いてしまいました。

空き地連盟。それにしてもこんな出来事を書かれた
茂木さんて・・・もう~
いたずら心いっぱいですね!
そんな茂木さんって大好きです♪

投稿: 花かんざし | 2009/04/02 21:59:16

私も…昨日のエイプリルフールで、こんなに人に対して、こうできたんだ。と、改めて気づきました。

それによって、自身を愛せないものが、他者を愛せるはずがないと云われますが、この経験で自身も大切に思えていると思うと嬉しいです(^o^)

投稿: 奏。 | 2009/04/02 20:22:03

昨日の記事はエイプリルフールのネタでしたか‥
完璧に騙されましたf^_^;
でも心がポッカポカになりました!!!
僕は去年大学に行く意義について,このblogに質問させていただき,茂木先生はそんな馬鹿みたいな質問に丁寧に返事をくださって,僕は自分が大学に行きたい理由を自分なりに考えることが出来ました。
今年の結果は,むなしくも敗戦してしまいましたが今は,来年の今頃僕自身の桜の花を咲かせたい気持ちでいっぱいです。

投稿: 清水悠貴 | 2009/04/02 19:42:59

昨日の「エイプリル・フール」のお話、とっても感銘ふかくて、それでいてちょっとしたユーモアもあり、素敵なお話でした。

私も2006年の4月1日以来、『クオリア日記』でのエイプリル・フール話にくすっと笑ったり、う~む、と唸ったり、ふぁっとした気持ちになったりと、いろいろと楽しませて頂いております。

そこには茂木さんなりの、現代世界・世間に対する批評的視点が、ぴかっと光っているようです。昨日の日記のお話もそうだと思われます。

うむ…なるほど!あっと驚く『おもしろ嘘記事』を書くには、4月馬鹿であることを明かさずに、あくまで真面目に「リアリティ溢れる与太話」に徹することが大切なのか。

日本でこれまで、4月馬鹿記事を書いていたのは「東京新聞」さんだったと伺っていますが、毎年発表されてきたその記事の下には『これはエイプリル・フールです』なんて『お断り』を入れてしまっていたみたいです。

(因みに今年は、嘘記事ではなくて、“おばあちゃんの野球チーム”といった『嘘のような本当の出来事』を記事にしているようです)

日本では一方的に『嘘をついてはいけません!』と言って、嘘をつくことを専ら禁じてきた。そういう「慣習」があるからか、如何しても「お断り」を入れてしまうのだろうなァ。

それはあまりにも、ユーモアとウィットの欠片もない、人を陥れるのが目的の「黒い嘘」ばかりがまかり通ってきた歴史が今日まで、延々と続いている所為なのだろう。

4月馬鹿記事のような“ユーモア&ウィット入り与太話”の裏側には、何がしかの批評精神が脈打っているのだと思う。黒い嘘にはそれがなく、かわりに悪意が秘められている。

そんな嘘よりも、あくまで真面目で、機知とユーモア溢れる『本当のような、嘘のお話』が日本でももっと好かれるようになれば、凍てついてばかりの人々の心も、愉快に温かくなり、この世でみんながもっと生きやすくなるのではないか。

黒い嘘にだまされることはいけ好かないが、1年に1度、真面目っぽい与太に楽しくダマされるのは悪くない。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/04/02 19:31:19

天外伺朗さんの「教育の完全自由化宣言」を
読んだことがきっかけでブログを拝見させて頂くようになりました。
私はアメリカでしばらく過ごしていたこともあってか
日本の教育や生活に息苦しさを覚えます。(現在は中学生です)
このままでは勉強が嫌いになってしまうのではと不安になります。
けれどこのブログを読みとても勇気がわきました。
大人でもこういう考えを持っている人がいると。
できれば私も様々なことに流されずに、好奇心を失わないでいたいと
心から思います。

ガンバレ!
茂木健一郎

投稿: 砂波螺 尤 | 2009/04/02 16:37:44

茂木先生 こんにちは♪
「空き地連盟」に対する、みなさんの思い入れはすごいですね。そしてこれがエイプリル・フールのシャレだとは、またまたビックリ!しました。でもこんなに気持ちがホッコリして、暖かくなる嘘なら、いくらでも聞きたいです。私はなんでも信じてしまうほうなので(笑)(紫色の壁の図書館って、どこにあるんだろう?23区以内だから都に聞けばわかるかしら?)なんて、大間抜けするところでした。危ない!危ない!クオリア日記の4月1日には気をつけないと…(笑)でもこの話しって、もしかしたら賛同する方がいて「嘘からでた誠」になるかも知れませんね!?ぜひどこかで、このお話しが花を咲かせてくれることを、願いたいと思います。天気も良くなり、絶好のお花見日よりですね。お仲間の方達と楽しんでくださいね♪

投稿: 平井礼子 | 2009/04/02 15:08:53

やられました!
愉快だなぁ。
でも、「空き地連盟」二号地がまだ見つかっていない、というあたりで、これはもしかしたらフィクションかもしれないと思いました。
苦労のすえ二号地を見つけて、それがまたぶっ飛んじゃうくらいヘンで心温まるところで…
という展開だとおもしろいなぁ。
茂木さん、ぜひこの『空き地連盟』をシナリオか小説に書き継いでください。空き地に生を得た草花や訪れる蝶々。こどもたちの歓声。観てみたい。聴いてみたいなぁ。

投稿: 島唄子 | 2009/04/02 14:31:29

えーーーーっ!!! そうだったんですかぁ…(^_^;)
何人の人が気づいたのでしょうか?いえ、騙されたのでしょうか?
私は、まんまと…です。
だって『クオリア日記』を読むようになったのは、今年に入ってからです。
しかも、普段から、中学生の子どもにまで「お母さんって、ほんっと騙されやすいよな」と言われてます。
来年は、心して読みます。スケジュール帳に書き込みたいけれども、さすがに2010年のスケジュール帳は販売していませんね。
それにしても…と、振り返ると…不思議な話だなぁと思いながら読んでいたのですが、こんなこともあるのだと…。
そうです。いつも騙されるのはそこ!です。
どんな話も、私が考えもつかないような不思議なことが なるほど あるんだなぁと言うのを思っているので、いつも「嬉しい喜びと 不思議」に出会っています。 騙されるのも 悪くはない。
それにしても…茂木先生に、そんなところ(毎年エイプリル・フールを楽しむところ)がおありとは…。
私は、茂木先生に 人間らしさ?を感じて、どんどん好きになるのですけれども…それは…
時々怒るところ も、好きです。(ブログでしかわかりませんけれども)

投稿: ☆ゆぅしゃん(山本由樹子) | 2009/04/02 12:20:16

…ひっかかりました。
昨日、ランチを昼弁当を食べながら、あったかい気分になってました。

私のエイプリルフールは、産休のおしらせをしました。
「★ご注意★エイプリルフールの企画記事ではございません!」と、末文に追加して。

先日、プロフェッショナルで、育児についてのアドバイスを興味深く拝見いたしました。
「あきらめる」というコトバを受け止めました。
「あきらめる」って、相手に寄り添うことでもあるな~って、妊娠してから、幾度となく思っていたことです。
いざ産まれてきて、育児が始まったら、どうなるかわかりませんが、
自分や夫の変化も今からとても楽しみなところです。

2010年のエイプリルフールが、私の職場復帰(保育園次第…)となることを今から祈ってます!
茂木さんのブログを職場で読めるように。笑。

投稿: miyumiyu | 2009/04/02 11:55:35

エープリルフールのメールを友人に送りました! おめでとうの返信メールが来ました♪
少し後に種明かしのメールを送りました☆
そうすると、かなり驚いたと返信メールが来ました!!

投稿: ケン | 2009/04/02 11:42:33

 う~ん、やられた!
 ほんの微かな違和感を感じたか感じてないか位の見事なウソでした。

 茂木先生はウソも上手いなぁ。

 先生の苦手なことを知りたくなります。

投稿: 岡島 義治 | 2009/04/02 10:39:02

まんまと騙されたぁー!!
茂木さん、素敵なうそつきサン!!
ニマッとしてほんわかして、空き地やおじさんが頭に浮かんでいましたよ(^.^)
空き地連盟のおじさんにキュンとして・・ちょっと幸せ~。
子供の頃の遊びを思い出してとてもあったかい気分~。
我が家の空き地連盟をつくりますぞ!
茂木さんのエイプリルフール・メッセージ、しっかり届きました。

投稿: 直 | 2009/04/02 9:51:04

くぅ~(>。<)
だ、だまされた...
エイプリールフールは、だますことも楽しいけれど、だまされたときも快感かも...

投稿: Akiko | 2009/04/02 9:41:00

茂木健一郎様

とっても素敵なことをされているのですね。
すっかり騙されてしまいました。

素晴らしい作品だと思います。
ああ、本当に空き地連盟のようなことが
できる人たち
詩的な看板を出されるような
本当に格好いい大人がたくさんでてくると
よろしいですね。

今日のお花見などよろしい機会では
ありませんか?

素晴らしいお出逢いがたくさん
ありますように。

投稿: Yoshiko.T | 2009/04/02 8:57:31

わはは!参りました!!笑。

新聞社の者ではないですが、
わたしも取材を始めたくなる位でした☆☆

心あたたまる、最高の4月1日を
ありがとうございました!!

投稿: 月のひかり | 2009/04/02 8:50:34

おはようございます。昨日はエイプリルフールだったのは、よくよく分かっていました。
でも、このブログ内でクリティカルヒットを打たれるとは…。
いい話すぎです。
茂木ブログでのしきたりを胸に刻むとともに、この感覚を大切に記憶しておきたいと思います。
朝から、頭のmassageになりました(笑)
ありがとうございました!

投稿: ゆみっち | 2009/04/02 8:24:12

朝、起き抜けに笑ってしまいました。
昨日がすっぽり4/1で有る事を忘れておりました。あらら
楽しい胸が疼くちょっと酸っぱい日記をありがとうございました。

投稿: hana | 2009/04/02 7:02:32

茂木健一郎さま

おはようございます

エイプリルフール

味わっている余裕と申しましょうか皆無でした私
NHKテレビさまの茂木健一郎さまの番組公式サイトにて釣りのこと本当ですので
そして新年度あけましておめでとうございます
二つの投稿、掲示に感謝ですNHKテレビさまの茂木健一郎さまの番組公式ブログにおかれましてです。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/04/02 6:49:22

コメントを書く