« 文脈の設計 | トップページ | 音楽の捧げもの 刊行記念 講演会 »

2009/04/21

プロフェッショナル 瀬谷ルミ子

プロフェッショナル 仕事の流儀

銃よ、憎しみよ、さようなら

~武装解除・瀬谷ルミ子~

紛争の場には、さまざまな不条理がある。

筋が通らないこと、無茶苦茶なことを
前に、人はどうしてもエネルギーを
失ってしまいがちだが、瀬谷さんは
違う。

むしろ、不条理の存すること自体を
自らの力の源泉とする。

世の中が不条理なるがゆえに、
希望を持って生きる。
瀬谷さんのそんな姿勢は、この困難な時代を生きる
私たちに、大いなる勇気を与えてくれるはずだ。


NHK総合
2009年4月21日(火)22:00〜22:49

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

Nikkei BP online 記事
組織の枠を超えて輝く個人の力
武装解除・瀬谷ルミ子
(produced and written by 渡辺和博(日経BP))

4月 21, 2009 at 08:20 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 瀬谷ルミ子:

» 武装解除・瀬谷ルミ子 NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』 トラックバック アグハブログ!
4月21日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、武装解除を行っている瀬谷ルミ子さんが出演。 [続きを読む]

受信: 2009/04/21 8:58:49

» 「20世紀少年」の詩(うた) トラックバック POPO
宇宙人や外敵と戦う 勧善懲悪なドラマは 星の数ほどある 内なる侵略者と戦うのは [続きを読む]

受信: 2009/04/21 22:44:39

» NHKプロフェッショナル・瀬谷ルミ子さん トラックバック 弁理士の日々
4月21日NHK「プロフェッショナル」は、「武装解除・瀬谷ルミ子」でした。当日、番組が始まる直前にこの番組のことを知り、視聴することができました。 瀬谷ルミ子さんとは、ご本人のブログ紛争地のアンテナによると、 「1977年2月生まれ 中央大学総合政策学部→英ブラッドフォード大学紛争解決学修士号取得。その後、国連PKO職員、外交官、NGO職員として勤務。第二回秋野豊賞受賞。 今までの勤務地は、ルワンダ、アフガニスタン、シエラレオネ、コートジボワールなど。 専門は、紛争後の復興、平和構築、紛争予防... [続きを読む]

受信: 2009/04/23 9:58:15

» [プロフェッショナル][生き方]銃よ、憎しみよ、さようなら 武装解除・瀬谷ルミ子 トラックバック プロフェッショナルへの道
NHK総合プロフェッショナル仕事の流儀 第116回 瀬谷ルミ子さんの放送の録画を見ました。 瀬谷さんは32歳。まずそこに驚きました。 紛争地へ乗り込んでいき、兵士たちに囲まれ、説得したり交渉したりする仕事です。当然、ある程度の経験が必要でしょうし、若いと相手にされ... [続きを読む]

受信: 2009/04/23 13:12:52

» ■現実を受け止め、本気で実行することこそが人を目覚めさせるのだ。『プロフェッショナル・仕事の流儀』 武装解除・瀬谷ルミ子。 トラックバック そこに魂はあるのか?
今回は武装解除活動DDRのプロフェッショナル、瀬谷ルミ子さん。 ■銃よ、憎しみよ [続きを読む]

受信: 2009/04/29 19:42:11

コメント

番組拝見いたしました。
瀬谷さん、百合の花のように清楚でそして凛とした美しい方ですね。
日本に武装解除のプロフェッショナルがいらっしゃるとは驚きでした。
逆に女性だからこそできる仕事かもしれません(男性は男性に対して警戒しますから)
しかし、何が起きるか分からない紛争地で交渉に当たるのは物凄く勇気のいることだと思います。
マラリアに八回かかっても現地に赴く信念の強さ。瀬谷さんは本質的なものしか見ない方だと思います。
不条理を糺し、なんとか平和をもたらそうと努力される瀬谷さん。なさっていることはとても宗教的なのに、宗教に依ってない所も凄いです!弟さんへの思いがエネルギー源でいらっしゃるのですね。
戦争や紛争を止めるにはどうしたらいいのか。人を殺戮する武器をなくすにはどうしたらいいのか。
戦争を抑止する国際法の整備。軍需から民需への転換。
非常に考えさせられますが、まず人間性を信じること…でしょうか?
対話することで殺戮を回避するには瀬谷さんのような方が、絶対に必要なのだと思いました。

投稿: 眠り猫2 | 2009/04/25 0:54:25

あんなに綺麗で、清楚な感じの方なのに、驚くばかりです。

投稿: ふぉれすと | 2009/04/22 19:46:15

世界中の豊かな人が、貧しくなってしまった人々の苦しみや悲しみを、減らしてゆく決意をしたら、この世から憎悪や貧困は消えるのでしょうか。そう思えるほどナイーブではない、と以前なら自分に言い聞かせられたのに。

「困難だからといって何もしなければ、困難が不可能になる。」

瀬谷さんの心の強さを見ていると、あるいは、誰もが少しづつ、そのような夢や信念を持って行けそうな気がしました。それから、紛争地帯の抱える困難に比べたら、例えば日本のホームレスの人達は、まだ何とかなるんじゃあないかと、思えてきました。

自分の視点を変えて来られたことを実感し、「プロフェッショナル」や茂木さんの力はとても大きいと思いました。これからも楽しみにしています。

投稿: 吉野桜 | 2009/04/22 9:01:13

おはようございます茂木さん。
昨日のプロフェッショナル視ました。
小さいうちから武器に囲まれ、大人に言われた事は絶対で、自分の中に様々な思いや夢が詰め込まれていても、いずれ失っていってしまう(麻痺してしまう…と言った方が良いのカモ)。
武力による解決が何を生み出すのか?私には到底理解が出来ない。
そんな中、動き出した女性。自分の境遇とは比較にならないかも知れないけれど、少し共通したものを持てるかも知れない…。一人でもいいから“自分の人生を生きる”希望を持って欲しい。そんな思いが伝わって来ました。
自分が生きている中で「この人の役にたてるなら」と、誰でも一瞬、思ったことがあると思います。その時に、何をしたのか?どういう思いで相手と向き合ったか?
…自分の気持ちにほんの少し余裕があるなら、その思いを外に発信しましょ~。
あっ何だか話がズレてきましたね。それでは今日も1日頑張りましょう!

投稿: 圭子 | 2009/04/22 8:09:51

茂木先生おはようございます。


学校に戻りたい、他になにも望まない。支援する団体がいたが何もしてくれなかったと語った少年兵マイケル。
瀬谷さんの努力の結果夢を語った、その後も無事に学校で学べていることを強く願わずにはいられません。


限られた時間の中でも最善を尽くし諦めない姿勢、そして直接動きひるまずに対話する姿に勇気を。


人生は自分の手で変えられる、目の前の現実に答えがある。


命とは生きるとは、本当の平和とは何か、見終わってからもずっしりと考えさせられる回でした。

投稿: wahine | 2009/04/22 6:32:09

のっぴきならぬ不条理が渦巻く内戦の現場…。その中で兵士から武器を回収し、武力解除と兵士の社会復帰を執り行うのは、安易な気持ちでは決して出来ない。平和な世界実現への強い使命感と、不条理に敢えて立ち向かい続ける勇気、そして内戦で荒れ果て、希望を失った人々の、閉ざされた心の扉を開く慈愛の行動を貫ける人でなくては、成し遂げられるものではない。…番組内で瀬谷さんの行動を見ながら、そう感じざるを得なかった。

それにしても、少年兵の問題の如何に根の深いことか。兵士として働かされているが故に、学校へ行きたくても行けず、希望を失ってしまっている少年の為に奔走されていた瀬谷さん。

その行動に隠された、勇気と愛が、少年の心に希望の灯火を再び灯すことが出来たのを見て、時間はかかるかもしれないが、きっと少年兵の問題も解決に向かうだろうと思った。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/04/22 5:40:34

茂木健一郎さま

今晩の半井小絵さん

ポニーテールで、とても格好良く、そして私、大好きな色の黄色いお洋服で嬉しかったです。

私、半井小絵さんをテレビで拝見の時も、もちろん、そうなんですよね
利き目のことです

茂木健一郎さまの書籍の記述
あれ?私の場合の利き目
右の目で見ると、ゴムの輪の中心から外れてます
左の目を利き目として私は見ています
もちろん半井小絵さんをも。

本日
嬉しいことの他にも
2月の北海道スキーで札幌時計台にも寄りアンケートを書いて、それがプレゼント当選で届きましたペーパークラフトが

嬉しいのは
厳正なる抽選の結果、私も当選ということ

日本語に心救われ
飛行機のキャンセル待ちが取れたことで逆に悩んだ私
しかし(社)札幌市友会さまである札幌時計台管理指定管理者さま
厳正なる抽選の上で私にもプレゼント
なにも悩まず嬉しく拝領させて頂きます。

番組のことですが
助かりました私は心が

マイケルの、自分の人生!
言い切ったことに

茂木健一郎さま
危険を伴う現地に取材の皆様も同行
それは凄い取材の皆様の流儀

現場主義の流儀

茂木健一郎さま
凄い番組です本質を皆様が極めてますものスタッフの皆様、恰好良く極められてます。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/04/22 0:09:45

茂木さん、番組を拝見いたしました。
「武装解除」のエキスパート・・・想像したこともないお仕事で
番組を観ながら、ただただ関心するやら、驚くやら・・・。

少年兵士の現状は、身も心も傷ついて希望も抱けないでいる。

土地も食べ物もなくて、産業を興すこともままならない。

スーダンの社会復帰が如何に大変であるのか、ほんの一端に過ぎない
のでしょうけれど、わかりました。

瀬谷ルミ子さんは、どうしてこのような道を選ばれたのか・・・その
理由のひとつに「弟さん」のことがあったのですね。

最後の方で除隊をして学校へ行きたい!というマイケル少年へ、
「あなたの人生だから・・・。」とおっしゃっていましたが、彼の
顔が笑顔になっていって、希望をもつに至るその過程に、「人生は
自分の手で変えられる。」、「人には道を切り開く力がある。」と
いう言葉が、重く響きました。
どんな人の心にも届けることが出来る言葉として・・・瀬谷さんと
マイケル少年を拝見していて思ったことは、目の前のたったひとり
の人を救うことの大きな意味、その大切さを感じました。

自分にも出来る事を何でもよいからしていかなければ!という気持ち
になりました。

緊張するお仕事で、体調管理も大変なご様子・・・お身体には
くれぐれもお気をつけて、これからも戦争に人生を翻弄された人々の
為、元気にご活躍をしていただきたいと思います。

では。(*^。^*)

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/04/21 23:48:54

とても衝撃を受けました。今でも青二才ですが、二十歳の頃に青年海外協力隊の試験に行って見事に落ちました。瀬谷ルミ子さんの様な信念も無く、特技も無く。恥ずかしく想います。器が違い過ぎると。瀬谷さんの言葉を胸に刻んで、毎日、私の出来る範囲から少しでも成長出来る様に邁進したいと想います。ありがとうございました。

投稿: 刹那 | 2009/04/21 23:12:29

拝見しました!瀬谷さんに将来の希望を語る少年兵に、泣きました。希望が、その道を諦めない気持ちが、動く原動力になる!勇気を頂きました。ありがとうございます。

投稿: 発展途上人 | 2009/04/21 22:56:56

“世の中が不条理なるがゆえに、希望を持って生きる。”

茂木先生、小さな非力な自分にも、小さな一歩でも、それが出来るでしょうか?できれば私もそうありたいと願っています。

介護の仕事に入らせて頂いて、まだ日が浅い私は、入居者さんの(その切ない境遇からどうにもならず由来する)叶わないと思いたくなくて望む事(帰宅願望等)と、その実現がどうにも難しい現実(自宅での家族介護は不可能等)とのギャップを、苦痛にならないようにどうにか埋めなければいけない現状を目の当たりにして、日々感じ、迷い考えることに、非力な自分がこれからどうしたらよいのか、大きな道標を貰えるかもしれないと期待しています。

『人は死ぬから生きられる』も是非拝読したいと思っています。良い本を教えて下さり、ありがとうございます。あきらめずに生きる力を充電できそうと御著書にすがる思いでいます。

茂木先生のこの『クオリア日記』と、プロフェッショナル仕事の流儀
『すみきち&スタッフブログ』、拝見して良かったです。
目からウロコだった茂木先生の『プロに学べ脳活用法スペシャル』放送時に、番組放送が予告された時、ガーン!と衝撃を受けた、武装解除の直談判が出来るしなやかな力を持った憧れの日本人女性に、今夜会えると思うと今から楽しみです。感動&パワー充電します。ありがとうございます。

投稿: 発展途上人 | 2009/04/21 21:28:06

茂木健一郎様

「組織の枠を超えて輝く個人の力 
 武装解除・瀬谷ルミ子」

読ませていただきました。
こころにさわやかな風が吹きました。
自分に最高に似合う生き方をしていきたいと
思います。


投稿: Yoshiko.T | 2009/04/21 11:50:45

コメントを書く