« トップ・スピード | トップページ | 不在 »

2009/04/24

脳科学と哲学の対話

脳科学と哲学の対話

茂木健一郎、合田正人

明治大学駿河台校舎アカデミーコモン
3階 アカデミーホール


2009年4月28日(火)
5時限 16時20分‐17時50分

http://www.meiji.ac.jp/koho/hus/html/1239584079.pdf 

(合田正人先生の「西洋思想史」の枠で開催されますが、
どなたでも聴講可です)

4月 24, 2009 at 12:36 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳科学と哲学の対話:

コメント

茂木先生こんにちは。

昨日の講義とても楽しかったです。

それほどは遠くない席に掛けたはずが
合田先生のお顔も茂木先生のお顔ももんやりと、
いつの間にかだいぶ目が見えなくなってしまったのに気づきました。
もっと近くに掛けたらよかったと思いました。

合田先生の冒頭のお話は知識が足りなく難しかったですが、
先生の日記で読んでいたニーチェの言葉などから
とても面白い対話の試みがなされるのかなというわくわくを感じました。

講演とはまたすこし違って、久しぶりのお話に満たされました。
家の猫に鏡を見せてあげてもしらーとしているんですが、
私がご飯をたべだすと欲しがるのがわかった気がします。

質疑で
 化粧をしたときの顔を他人だと認識しているということですか
という問がありましたが、私もとても気になったので
もうすこしくわしく知りたかったところです。


ちょうど帰りに三省堂で直哉さんとの新書を買って、電車の中で読み始めました。

日記ですこし読んでいたまえがきから、
先生の真剣味というか
気概がひしひしとつたわってきて、期待が膨らみました。


冒頭の直哉さんの6行で、もうとても感動していました。
とてつもなくひっぱられてしまうような
すごい方なのですね。。

無記は広がることというのも
目がぱっちりしました。

これから続きを読みます。

先生のテレビのお話にすこしうなってしまいましたが、
昨夜番組で若い食道楽のライターさんが出ていて、
そのかたは、一つの店のすべてが素晴らしいというのではなく、
とくに力を入れている皿なども当然あるから
この店のこの料理という風に具体を書いているそうで、
何事でも一局でないと力は配分されるのものだから
何を読むか見るか自分で選んで、
よいと感じたことを大事にすればいいんだと
あたりまえのようなことを新ためて思いました。


きょうはとても長くなってしまいました。
しばらく忘れていた大きな感動がやってきたのだと思います。

石川さんの日記も拝見しました。
すばらしい対話のあったことがつたわってきて
文章もですが、感覚がすばらしいですね..


また一般参加できたら講義を聴きたいです。
もっと前にかけます。

たのしい時間をありがとうございました。


投稿: M | 2009/04/29 15:11:34

茂木先生 こんにちは♪
今日は「コルテオ」を見に行くため、チケットを買ってしまっていたので、行かれなくて残念でした。御茶の水は、行きやすいので、大学で話されている先生を、拝見したかったです(笑)コルテオは、すごく面白くて、座席が比較的前のほうでしたので、アドバルーンに乗った女性が、フワフワと客席まで来た時も、下から足を、持ち上げさせてもらうことも出来て、少しでも参加出来ると、楽しさも倍増になり、せっかくいい一日になるはずが、階段で転んで、膝を打って青アザを作ってしまい、ベソベソしながら帰ったので、今日のコルテオは、違う意味でも、忘れられない思い出になると思います…笑♪

投稿: 平井礼子 | 2009/04/29 1:59:24

茂木さんお疲れ様でした!

合田教授の始まりのお話は本当に「ココハドコ?ワタシハダレ?」って思いました。

自由意思。自分の意識と脳の行為は別なんですね。
(今更何言ってんの!)
(というか、そういう風にまず捉えるのは合ってますか?)
いろいろたくさん分からない事ができました。
今日までは考える余地も無く、全くのチンプンカンプン∽だったので嬉しい!
たくさんの欲望も生まれました。
このように素敵な講義を与えてくれた明治大学と茂木さんに感謝致します。

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/04/28 22:23:45

こんにちは

きょうはすごく気持ちがいい気候ですね。
お話を聴けるのを楽しみにしています。

投稿: M | 2009/04/28 16:04:37

※ ごめんなさい! 先ほど送信ボタンに触れてしまったようで、送信になってしまいました。書き途中で。 最近、勝手にカーソルが動くのです

 こんばんは。明日、本当はぜひ拝聴したかったのに、
 なんだか、成田空港始発の電車に乗る確率が高い所に、今、いるので、泣く泣く、出席を取り止めました。ガックシです....。
 豚インフルエンザめ...。自己免疫疾患を抱えている上、抵抗力がかなり落ちているので..明日は、大人しく、『GINGER』と、『脳を活かす生活術』と、合田先生の「サルトル 『むかつき』 ニートという冒険」を、お家で読んでいようと思います。

 空港出入りの激しそうな茂木さんも、くれぐれも、お気をつけて

投稿: 才寺リリィ | 2009/04/27 22:55:54

 こんばんは

 あ~

投稿: 才寺リリィ | 2009/04/27 22:47:44

せっかくの機会なので、仕事を休んで行ってみます!

湯島聖堂やニコラス堂もついでに見てみます!

行って見たかったんですよねぇ~

投稿: ぱろっと | 2009/04/27 21:28:43

茂木先生こんにちは。
脚の具合だいぶよくなられてきたようで モギケン ファンとしてうれしく思います。筋肉、靭帯、骨、硬膜はそれぞれは別々のように習いますが筋膜により全身くまなく(アナトミートレイン)繋がっており影響するといわれております。なのでたかが足首されど足首の捻挫です。決して無理をせずくれぐれもお大事にしてください。 (ガレノスやダビンチの絵にはすでに筋膜系のような細かな図が描かれているのがすごいと思います)

投稿: ベンたろう | 2009/04/25 7:31:49

おもしろそう。
大学時代は哲学科にいながら
およそ「学」というものには
ほど遠い状態でしたが。
「脳科学」と「哲学」を登場人物に
そのダイアローグに耳を澄ましてみたい気がします。

投稿: 島唄子 | 2009/04/25 6:46:41

  【脳科学と哲学の対話】


           象と雀

 ゾウは ひたすら 一本の道を歩み

          スズメ 百まで 踊り忘れず  心の媒体

投稿: 一光  | 2009/04/25 5:59:10

mogisann,
zehi,ittemitaidesu!!!
zehi,sannkashiyouto omoimasu♥(^^)!

mayowazu tadoritsukerukanaaa〰❣

kyouha jinnseide toppu3 ni hairu
subarashi〰sougeikaiwo taikenn shimashita.
watashiga moratta subarashii kanndou ijounomononi
tsukurikaete yoni okuridashite ikanakyanatte
kannjimashita.
tonikaku kotobadeha hyougennshikirenaitoha konokannjouno
kotodeshou!!!
kono uchuuni kannshawo itashimasu!!!!
watashiha saikouni shiawase desu!
motto motto iki iki shimasu!!!!

deha,kyoumo sutekina kagayaku 1nichide arimasuyo〰ni♥♥♥

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/04/25 1:45:09

はじめまして!
今日初めて茂木さんのブログを見ました。

今日、地下鉄の駅で電車を待っていて、「わっ、鳩だ。」と思ったら、女の人の足でした。
他にも、雑誌の束の影が人の横顔に見えたり、ゴミをじっーと見ていると動いているように見えます。
昔からそうです。
ちょっと気持ち悪いです。

あと、小さい頃、月を見ると、どう見てもウサギが餅をついているようにしか見えませんでした。今では何にも見えません。
どっちが正しいですか?

投稿: マルコポーロ | 2009/04/25 1:25:20

コメントを書く