« 音楽の捧げもの 刊行記念 講演会 | トップページ | 寂しさからfreedomへ »

2009/04/22

contingent behavior

 鏡の中のイメージが自分であるか
どうかがわかる「鏡のテスト」に、
鳥類のカササギ(magpie)が合格した
という論文 
を、Journal Clubで読む。

 カササギはカラス科の鳥。カラス科の
種たちは鳥類の中で最も知性が高く、
道具を使用したり、餌を隠す時に
近くにいる仲間を覚えていたり、
エピソード記憶を保持していたりする。

 カササギを鏡の前に置くと、
身体を左右に振って、鏡の中のイメージも
また追随することを確認する
などのcontingent behaviorを見せる。

 contingent behaviorというのは面白い
概念で、さまざま行動をとった時に、
その結果として何が起きるか、
感覚のフィードバックとして何が
戻ってくるのか、その間の連関を
認識し、学習していくのである。

 カササギはcontingent behaviorを
繰り返すことで、鏡の中のイメージが
自分のものであることを
学んでいく。

 学習は受け身のものではなく、
自分自身の行為が神経回路網の
変化を促す「環境」をつくる。

 つまりは、どのようなcontingent behavior
を行うかによって、自分自身の学習も
また変わってきてしまうのである。

 ねんざをして以来、走ることは
控えてきたが、ここ二日間は朝
近くの公園の森を走っている。

 右足首がまだ少し痛いので、
気をつけて「巡航速度」で行く。

 そもそもねんざをするきっかけと
なった木々の間の急斜面。

 一気に駆け下りようとして、
足首をかくっとひねった。

 そこを過ぎる時には、どうしても
慎重になる。少し速度を落として、
ゆっくりと進んでいく。

 しかし、4回目くらいにその場所を
通るときには、もう危険であるという
ことを忘れかけていた。

 走ることもまた、contingent behavior
であろう。こうするとこうなるという
ことを確認していく。

 「離れる」ということも学習の一側面である。

 チンパンジーは最初は鏡に興味を持つが、
そのうちに飽きて見なくなってしまうと
いう。

4月 22, 2009 at 07:40 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: contingent behavior:

» [瞑想的宇宙] 合わせ鏡の無限鏡映 トラックバック 蒼雲山蓮風洞備忘録
 茂木健一郎氏『クオリア日記』をひさしぶりに拝読。  曰く“contingent behavior”。  わたしは数奇な統合失調症を発症して苦労しているが、それもこれも contingent behavior による学習が積み重ねられてしまったが為。この病気を治癒する術があるのであれば、茂木先生... [続きを読む]

受信: 2009/04/22 16:09:29

コメント

茂木健一郎さま

カササギの自己認識に関する論文、辞書を引きながら読んでみました。
科学論文を読むなんて(しかも英語の)「脳とこころを考える」の
講義を受けるまで考えたこともありませんでした。

自分の手の届かない所にある世界のように思っていたのです(笑)

アフリカ象に関する論文の時もおもしろいと思いましたが、哺乳類
以外で同じようなテストができるのですね。
動画が上がっていたので見ましたが、ここまで提供してもらえるなんて
学習する側にとってはなんていい時代なんだろう、とあらためて思ったりしました。

いつも素晴らしい知恵をありがとうございます。

投稿: | 2009/04/23 17:36:20

茂木さん おはようございます!

こうしたら、こうなる という学びが人間は長けていたから人間社会が豊かに発展してこれたのですね。

個人においても、その学びをしっかり自分のものにする事が成長につながるのですね。
気付きや学びには個人差があると思いますが、
あきらめずに前進する事が大切ですねー!(^^)!

失敗を恥ずかしがるのでは無く、
直視してそれを次に生かせるように学ぶ!!

直視することで強くもなれる気がします。

投稿: | 2009/04/23 7:50:38

         鏡よ☆ かがみ
 
 人 一体 全体         実像を見ることの不可能

     まぶた反らして  鼻先わずかに  見えるばかり

       足は太い  手は・・・

       顔を見ることの  不可能

    目の色 髪の色  見せないように設えた  理由

         光の加減   本当の色

    茂木健一郎の顔  質感は見た! クオリア☆でした!

投稿: | 2009/04/23 7:48:35

予期せぬ出来事に出会うたび、人間は成長し、ある時は、それが次の段階へのパスポートとなることが、あるような気がします。
ところで、かささぎは賢い鳥なんですね。
「泥棒かささぎ」の題名にも納得です。

投稿: | 2009/04/23 7:34:35

こんにちは

カササギは、鏡を見て、「自分を真似する仲間」と、思っているのかも?(^^)

投稿: | 2009/04/23 3:18:07

奥が深い記事ですねぇ。
深く考えれる場所があるっていいなって思います。
私は新しい仕事も覚えてきて新たな問題に直面しています。
それは自分の精神的なもろさ。
自分で世界を理解しようとする頭の回路が繋がるとすごくスムーズに事が進むんですが、途切れてしまうともんもんとすることが多く仕事のミスも多くなってしまう。
それは自分よりタフな人を見るとよく思う。
自分、何か弱い部分あるな。
外見にこだわるとこうなるのかな。
タフな人は外見にはとらわれない。
それがすごくかっこよく思う。
その人たちは再来月に辞めてしまう。
すごく寂しい。
その人に多くの事を学んできた。
人間らしくて心に響く。
人を笑わせるのも上手で、いいなぁと思う。
やっぱりコミュニケーション上手って大事だなぁと思う。
これからどうしようか。
外見では無く中身の人間になりたいと思った。
そんな強い人になれるかな。
またコメントします(^_^)v

投稿: | 2009/04/23 1:31:56

茂木健一郎さま

一側面として、微妙に良い表現で安心な表現。

チンパンジーが鏡に飽きて離れる

同じ文章を拝読しても受け手により、さまざまですよね、思考の範囲は。
例えば、
そうか!判った!チンパンジーですら当たり前のこと鏡の中の自分、見るのも飽きた、飽きることは良いと!

納得し判った!で終わる
それとも
それはカササギとの対比であり、チンパンジーは鏡に対して飽きた
チンパンジーは鏡の価値、使用方法には頭脳は起きないのかな?

チンパンジーが自分の髪型を気にして鏡を見てムースなりドライヤーを駆使しなどしないですよね。
あくまでも人間がテストとして鏡を見せてですからね。

チンパンジーは鏡に飽きた
では人間は鏡に対して、どうします?
私は、更新の、記述を拝読させて頂きまして、そう感じました。

さてさて

半井小絵さん素敵な恰好よい気象解説でした水曜日も。

ゴールデンウイークの四国は徳島、お天気はいかがかな?

投稿: | 2009/04/23 0:11:07

茂木健一郎さまへ

御身足大切に

ご無理なさらない事を
いつも願っています。

毎日 心のよりどころとして
拝読させていてだいております。
しかし
日記としるされている
心の一ページにアクセスする事に
ほんの少しだけ、ためらいもあります。
でも
時々 茂木さまの文面に共鳴できる事に
ひとり歓喜しています。

これからも、読者のひとりとして
メッセージを書かせていただきたいと
思っています。

投稿: | 2009/04/22 23:00:10

“こうするとこうなるということを確認していく。”
“「離れる」ということも学習の一側面である。”

茂木先生、そうなんですね!ありがとうございます。
貴重なヒントを頂きました。

自分を映す関わり行動(で、良いのでしょうか?)自分自身の行動から自らを確かめることも鏡、もしかしたら自分が起こした行動が、周りの人や環境に影響を及ぼして、その結果自分に返ってくる反応も、自らを映す鏡なのかも?しれないですね!

鏡を覗き込みすぎても煮詰まってしまう。時には離れて冷却期間をおいて、また少しずつ関わり行動を、だんだんと確かめながらしてみる。それがいいのかもしれないということでしょうか。
仕事に対しても、家族に対しても、自分らしさとか生き方にも、当てはまりそうな気がします。
覗き込みすぎずに、確かめながらやってみる。返ってくるもの、反応とか手ごたえとか信頼の気持ちが繋がった感じとか、手探りながらも確かめながら、少しずつ。

茂木先生、ねんざの足の痛みが和らぎ、治られますように。お大事になさって下さい。


投稿: | 2009/04/22 21:22:36

茂木さん、また走れるようになって、良かったですね!でも、くれぐれも再度の怪我には気をつけてくださいね。

水ぬるみ行く春の日、ぬくもっていく風に吹かれながら、道を走るのは本当に気持ちのいいものですよね!

カササギ君が鏡をみて、うつった相手を自分とちゃんと確認できたことは、鴉の仲間の知性が如何に高いかという、ひとつの大きな証明なのだと思った。

街中で良く見かける嘴太鴉君でも「鏡のテスト」をしてもらったら、きっとその鴉君も、鏡にうつった自分の姿を、「これは僕だ」と認識できるかもしれない。

それにしても、鴉の頭の良さは鳥類という種を越えていて、サル並だという学説もあるくらいだ。

ずっと以前に、TVの番組内で、クルマがバンバン通る道の真ん中あたりに、鴉が山で拾った胡桃を置いて、通り過ぎる車に轢かせて、割って食べていた光景を見かけたことがある。

ある時、鴉とふっとすれ違った。その時見た彼の眼が、好奇心にあふれているように思えた。人も鴉もそもそも、好奇心旺盛。現在は鴉のほうが人よりも逞しく、シタタカに生きているような感じがする。

ところで、カササギ君も、チンパンジーと同じように、長いこと鏡を見つづけたら飽きてしまうのだろうか?

学習することの楽しさは、自分で進んで興味のある事に飛びこんで、没入して学ぶことで、身をもって味わえるのだと、つくづく思う。

自分で、これは!と思ったことは、何を差し置いても、夢中になって知ろう、学ぼうとするものだ。

これから生きていく中で、私はどんなことに興味をもっていくのだろう。わからないだけに、学び続ける人生は面白いと思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/04/22 20:25:01

親愛なる茂木ィ先生 (・ω・)/
今日は初夏のような陽気ですね。新緑にツツジが綺麗です。
今、昼休みです~
小生も本日のブログと同じような実験をしたこと思い出しました。
小学1年くらいでしたでしょうか?当時の飼い犬モモコちゃんに鏡を見せた所、最初うーワンワンと吠えていたのですが、やがて首を左右にふりだし、最後に自己認識をしていたと思います!なんだかシュンとなってしまったのです。
やがて鏡をむけても、「あたし興味ないもん!」とぷいっと横を向くようになりました。否認?!
おそらく自分は人間だと思っていたのでせうか…?
悪いことしちゃったかもしれません…(後悔)
ちなみにモモコは犬格に優れていて、家族で喧嘩をすれば仲裁に入り、泣けばなめてくれ、病気の時は心配そうにずっとそばにいてくれる、天使のようなワンちゃんでした。
子供時代からずっとそばにおりましたので、死んじゃった時はつらかったです。
しかし今はきっと生まれ変わって健やかに幸せに過ごしていると思っております~(・ω・)/
そうだ、南直哉師との対談集買いました~
読むの楽しみです!
では失礼します~('-^*)/

投稿: | 2009/04/22 14:43:54

もう走られてるのですか!お大事になさって下さいませね。contingent behaviorですか。脳は面白いですね。少しずつ著書で脳の事を分かってからは、自分自身を行動に移しやすくなりました。本当に感謝しております!いつも、ありがとうございます。

投稿: | 2009/04/22 14:28:38

茂木様

こんにちは
今日は、良いお天気!!
桜・富士桜・芝桜・つつじ・こぶし・木蓮 etc 遅めの春です。

鳥たちは、歌を歌えると言うことで 人間に近いですよね。

でも、そんなに賢いとは 思いませんでした。

楽しい発見ですね。

チンパンジーが 飽きてしまうところ、

人間も 野生動物に近くならない様

しっかりしなくちゃ!!

ありがとうございます。

投稿: | 2009/04/22 12:39:53

茂木健一郎様

走られているのですね。
さわやかでしょうネ。
ねんざの治療は続けておられますか?
湿布を継続しているとよろしかったの
ですが。じっとできないのですもの
どうか湿布、を留意されてくださいませ。
忘れそうになるのでしたら、そこのところ
を走るのはおやめになりませんか?

刹那なひとときでも爽やかでありたいと
思うと日常が変化してまいります。

以前おっしゃっていた人は楽器だからと
いうことを意識することでも変化が
あります。

茂木さんの影響がもっともっとひろがると
きっと素晴らしいことが起きて行く予感が☆
ありがとうございます。
 


投稿: Yoshiko.T | 2009/04/22 11:28:47

「猫のチョンチョン」

ものごころついた時から猫といっしょにいますが
猫も鏡の中のイメージが自分であるとわかるみたいです。
仔猫のとき初めて鏡を見せるとギョッとして、
バシ!とパンチを食わせたり、
チョンチョンと触ったり、匂いをかいだり、
後ろに回ったりします。
それを繰り返すとそのうち反応しなくなります。
あれれ、ここまで書いて思ったんですが、
あれはほんとうに「自分」だとわかっているのかしら。
手で触ってみて、つめたい、かたい鏡。
いい匂いも、いやな匂いもしない。
後ろに回っても何もいない。
そこに映ってる猫みたいなやつも、反応しないどうってことないやつ…
と思ってる可能性もあります。
猫のチョンチョンはじつに多くを語ります。
強度や、回数、爪の出し具合などによって、
異なるニュアンスを伝えます。
たぶん人やほかの猫の反応をフィードバックして、獲得したんでしょうね。
わたしの好きなチョンチョンは
寒いから布団に入れて、と
1回だけそっと頬に置かれるそれです。


投稿: | 2009/04/22 11:21:48

今朝テレビを見ていたら、軍艦島をリポートする
若いアナウンサーが映っていました。
彼は、新しい観光地が出来ました!とばかりに
はりきってしゃべっていましたが、
私はその様子を見て違和感をおぼえました。
たぶん、軍艦島に関わる人の思い入れや歴史を
自身の身に引き寄せて思いやる余裕が
なかったんだろうなぁと思いました。
もちろん、自分があのアナウンサーの立場だったら
もっと悲惨な結果になっていたでしょうけど、
それはそれとして、自分にフィードバックしてきた
この感情は何なのだろうなぁと、ふと思いました。

鏡の中のイメージが自分であるか
どうかがわかるのが「鏡のテスト」なら
けさ私が体感したのは「テレビのテスト」
だったのかもしれません。

投稿: ひみつのあこ | 2009/04/22 9:25:34

              効能

どの調剤が効いているのか  一錠 一錠 効いているのか


           確かめる!  安易に飲まない

                      そして  頻度


              

              

投稿: | 2009/04/22 8:12:28

コメントを書く