« 合田さんの言葉 | トップページ | 小惑星がびゅんと飛んできて »

2009/04/30

Art in you

せんだいメディアテークにて、
宮島達男さんと対談。

宮島さんはデジタルの数字を
使った作品で世界的に知られる
現代美術の作家である。

東京の六本木ヒルズ横の
テレビ朝日には、巨大な白い壁の上で
数字が変化する宮島さんの作品がある。

宮島さんは、東北芸術工科大学の
副学長をされていて、
大学主催のイベントとして、
対談させていただいた。

せんだいメディアテークは
仙台市の中心にあり、
先日『プロフェッショナル 仕事の流儀』
にご出演下さった建築家の伊東豊雄さんの
代表作の一つ。

対談に先立ち、せんだいメディアテークの
中を歩き、光に満ち溢れた館内の空気を
堪能した。

対談中、宮島さんは「Art in You」という
ことを言われた。
すぐれた作品を見て感動する時、
作品は「きっかけ」に過ぎない。

作品をきっかけとして生まれた
感動は、潜在的には、
あなたの心の中にあったもの。

「芸術は、あなたの心の中にある。」

忘れてはならない真理だろう。

4月 30, 2009 at 06:31 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Art in you:

» 茂木健一郎先生、白洲信哉氏、フジテレビ、とくダネ! トラックバック 御林守河村家を守る会
月曜朝8時、 フジテレビの「とくダネ!」コメンテーターに 白洲信哉さんが出演していました。 [続きを読む]

受信: 2009/04/30 9:36:12

» [Health]豚インフルエンザの本質とは トラックバック 有限(言)生活 [ugen27の日記]
■ヒトハドウシテココマデオソレルノカ。 ■豚インフルエンザ。  この言葉を聞いてビクッとされる方、あるいは何も驚かれない方、あるいは知らない方などさまざまな人がおられることでしょう。  知らない方のために解説を。 ブタインフルエンザとは何ですか? ブタインフ... [続きを読む]

受信: 2009/04/30 10:54:16

» etude66 トラックバック 御林守河村家を守る会
こんなふうに考えています。 [続きを読む]

受信: 2009/05/01 8:27:59

コメント

いつも間の抜けた反応で申し訳ないのですが…。

 創造主としての神の存在を仮定したら、人はその神の前に人生のすべてを差し出して向き合うことになるなぁ、と考えていたところ、爆笑問題の番組の中で、原研哉さんが“アートというのは他の人がなんと言おうとそれと向き合うことだけれど、デザインは共感が大事…”、と話していた。
 信仰はアートに似ているなぁ、じゃぁ、宗教はデザイン?と思った。
 
 大いなるものへの思いは同じような感覚として人の中にあると思うが、人生の中でそれを具体的な言葉に表すものと、どのように出会うかで思いの形が違ってくる。それは極めて個人的なことだから、語るのは難しい、と私は感じる。

投稿: masami | 2009/05/13 8:04:01

茂木さん はじめまして。こんにちは。
仙台人です。あの日、朝のバス中 『人は死ぬから生きられる』を読んでましたら‥なんと そのまま豊雄さんのメディアテークの宮島さんとのトークに引き込まれました。
私流にゆうと まさに偶有性×縁 でした。
恥ずかしながら宮島さんの凄さは知りませんでしたが、得がたい場×空間でした。当日の定禅寺通はうららかで、あの時の陽射しはひと時であっても、心の今に残っております。ありがとうございました。マイブログです。よかったら見てください。
http://d.hatena.ne.jp/tenti/20090429

投稿: tenti | 2009/05/01 21:53:07

こんにちは。
空は曇っているようでいて、良いお天気ですね。

南さんとの本を読んで、
ここ1年くらい、ずいぶん感動することから離れてしまっていたんだなあ
と気づいたんですが、
これは自分の心のあり様だったのを
この日記を読んでわかりました。

このごろは心がすこしづつ
戻ってきたのを感じてうれしいです。


豚は横浜までやってきたみたいです。
若くて元気な先生
くれぐれもお大事になさってください。

投稿: M | 2009/05/01 14:48:00

茂木健一郎様

せんだいメディアテーク…岩手から娘と高速バスで出掛けました。
素敵な空間でしたね。
あんな所が近くにあったなら…毎日通ってしまいそうです。

仙台はカフェの多い街で…若葉のアオと涼やかな風の中…物思いに耽るにもなかなか良い場所ですね。
娘と良い時間を堪能できました。

『地獄変』は…普通の人ならきっと迷うことさえなく娘を助けるだろう…事と、そこで迷うことが宮島さんの芸術家としての鬼(キ)の部分…天才の部分…作り手の部分なのかも知れない…と作品を是非見に行きたいと思いました。

投稿: maa | 2009/05/01 10:24:20

一日遅れの投稿です
明治大学で講義を受けました

先生のTVを良く拝見したり
本を拝読しておりましたが

なかなか機会に恵まれず
初めて生の声をお聞きしました

やはりメディアを通して
お会いすると印象が
違うものですね

TVで拝見したところ
物静かな印象を受けて
いたので

本を読むときも
しらずしらず
そのような感覚で
読んでしまっていたのですが

とてもエネルギッシュで
研究者とは思えない
ぶっちゃけトークに
愕然としました

また新しい感覚が
私の脳の中に
芽生えました

会社を抜け出して
参加した甲斐がありました

特に印象に残ったのは
テーマである
脳と哲学の関係です

私はあるときから
心理学に興味を持ち
色々本を読みながら
自分とはなんだろう
と 考えていましたが

数年前
知り合いと話していて
自分の悩み 世の中の現象は
心理学より哲学かな
と ふと感じ 哲学に
触れるようになりました

そして最近は
心理学 哲学
といっても

結局 脳の
働き 脳科学に
答えはあると
結論付けて
それらに関する本を
むさぼり読んでおりました

そんな日々をすごしていたところ
先般の講義を受け

最終的には
哲学なくして
科学は語れないのかな
と 考えるように
なりました

新たなる気づき
をいただきありがとうございました

先生のおっしゃるように
講義はきっかけで
それを機に
また思考を深めたいと思いました

またお会いしたいです

投稿: akzamasu | 2009/05/01 6:11:15

茂木健一郎様
おはようございます今日もクオリア日記、楽しみに心待ちにしております。今日も茂木さんにとって、幸せな1日であります様に

投稿: yuuki | 2009/05/01 5:44:10

茂木健一郎さま

おはようございます

いま、午前3時20分すぎです。

昨晩の小絵さんの気象解説

ちなみに小絵さんとは
半井小絵さんです

着こなし!それそれ私も昨日は、そういうイメージ
シャツを出してラフに
でも、私、なにげに昼の食事でガラス越に
下はジャージ風なので
ただ、だらしない!だけみたく

あ!この着こなし!
恰好よい小絵さん

そして小絵さん気象解説で四国周辺を指し示されながら晴天!

まさに!昨日のような天気を期待しつつ

本日は渡船に乗るつもりで、それで、この時間からです。

昨日は沖州地区という徳島の開発された駐車場も完備の堤防にて釣れはしませんでしたが楽しく

茂木健一郎さま

文庫本
大切です
航空会社さまへの預ける荷物
シビアに15キロ以内を目指しの私

文庫本、茂木健一郎さまの書籍、今回は文庫本を
助かりました文庫本の有り難さです。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/05/01 3:35:50

仙台メディアテークでのトークライブ拝聴いたしました。お話に引き込まれて一時間半立っていた疲れも感じないほど楽しいひとときでした♪ 散歩がてら毎日のように訪れている場所でこんな素敵な体験ができるなんて幸せです☆

投稿: Rouge | 2009/05/01 2:17:24

茂木さんこんばんは。
『音楽の捧げもの』の刊行記念講演会に参加させて頂き、色々なお話が聞けて、そして考えられて良かったです。有り難うございました。天才とかスターとか個人の努力に帰するように考えがちだけど実際は二度と繰り返さない時代の状況の果実であると言って、ここに居る皆さんも二度と繰り返される事のない果実なんですよ。言って頂いた時、ふとある日本のあるミュージシャンの事を思い浮かべていました。もう30年以上前ですが表参道付近で暮らしいてる時、小学生だった私はカフェの脇を通って、友達の家に皆で行こうと通りかかった時「可愛い」と言ってお兄さん達が5,6人かまってきて怖くて身動き出来なくなっていたら、カフェの奥から一喝するお兄さんが居てパッと場が引き締まり、お兄さん達もとっても礼儀正しく優しく「ごめんな」って言って離れたのですが、一喝したお兄さんのまっすぐなオーラというか硬派な格好良さは忘れられませんでした。後に自分が大人になって自伝の本やテレビを見て兄弟に「もしかしてあの時のお兄さんて・・。」と問うと「なんだ、気付いてたかと思ってた。レコード会社のすぐ近くだし」とあっさり。成り上がってる最中だったんだ!しかも未だにあの真剣さで熱狂的なライブを一人で引っ張っていて、二度と真似出来ないし同じ人は出てこないんだろうなぁ。時代の果実だと感じます。そしてまっすぐで真剣な青年の姿を見て育った自分も今、ここにしか居ない自分。思い出させて頂きました。有り難うございます。そして私自身にとって今の時代の果実は茂木さんでしょう。やっぱり。と思います

投稿: 楽園 | 2009/05/01 2:16:36

40代の主婦にとっても芸術は癒しです。芸術にふれる度、子供たちが天使になります。表現するということ、もっと子供たちに教えたい。そんな教育をしていきたいし、望んでいます。

投稿: みちか | 2009/05/01 0:31:14

"藝術はあなたの心の中にある"…『Art in You』この真理を何時までも、死ぬまで忘れずにいたい。

実をいうと、小さな頃から、文字と数字には“魂”が宿っているように感じられていた。

それがデジタルという形になっても、ちゃんと宿っていることを教えてくれたのは、宮島達男さんの作品だった。

例の六本木ヒルズ・テレビ朝日の「1から9まで変わっていくデジタル・カウンター」のオブジェの前に何度か立ち寄ったことがある。

そこにはまるでデジタルの世界で息づく生き物のように、時間差で数字が1から9まで数えられている。

それを見て生まれた感動の中に、躍動するエネルギーのようなものが生まれて来る。

そうだ、畢竟、藝術も、その己の魂の打ち震えるような、あるいは躍り出すようなエネルギーから生まれてくるのだ。

宮島さんの「藝術はあなたの心の中から生まれてくる」という言葉は、それが真理のひとつであることを、確証してくれる。

きょうのエントリーを読み、宮島さんの「HOTO」というご著書を、いまだ手に入れていないことに気がついた。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/04/30 23:20:12

芸術は、あなたの心の中にある。
キラキラとして、素敵な言葉です(^o^)

すぐれた作品を見て感動するのは、心の中にあったものが、作品を見ることによって響きあうからなんですね(^^)

いつもの私なら、だとしたら…もっと感受性を高めたいなぁ…って考えると思います。

でも今の私は、どんな事に響きあえ、感動出来るかな〜って考えています☆

考えや感じ方、変わるものですね(*^_^*)

投稿: 奏。 | 2009/04/30 23:16:43

Beauty is in the eye of the beholder.という言葉を思い出しました。
私自身のアンテナを研ぎ澄ませておかなくては!

投稿: Kaori | 2009/04/30 22:29:43

   突然 art  唐突 art  2009.4・30

寸暇の テレビ   シャルダン が来た。

術も無く 地元出身演歌歌手  ポスター貼る壁の日

     縁ある art は、突然に 目前に

              顕在する

         

投稿: 一光  | 2009/04/30 22:13:33

スーザン・ボイルさんの歌声を聴き、
『Art in you』を感じとることが出来ました。
たとえこの感動が儚い一過性のものだとしても、
『感じとれたこと』そのものに意味があることを信じます。
この『感情』を共感することができ、また感動を覚えました。
本当にありがとうございます!
先生も、輝く素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。

投稿: さくら | 2009/04/30 19:46:22

ベ-コンは泣けました。表面の私ではなく、心の奥に埋め込まれた自分自身が泣いていたのだと思いました☆

投稿: m | 2009/04/30 16:22:55

芸術ってきっかけだったんですね!
そう言われてみれば、すごい作品見たときって内側から感情が溢れてくる気がします

投稿: フクちゃん | 2009/04/30 14:56:33

「芸術革命」

せんだいメディアテークは、「プロフェッショナル」で紹介されたとき、
ホォーっと思いました。
伊東さんの言われていた人を自由にする建築の感触が伝わり、
自分の住む街にあんな空間があったら素敵だなぁと思いました。

『すぐれた作品を見て感動する時、
作品は「きっかけ」にすぎない。

作品をきっかけとして生まれた
感動は、潜在的には、
あなたの心の中にあったもの』

Art in you
いいお言葉。
芸術家に野心があるとしたら
響き合いたい
響くことで
変える。
これまでの世界とはすこしちがう
光の粒のダンスを

投稿: 島唄子 | 2009/04/30 13:48:29

たった3言でも、充分伝わってきます。
『Art in you』。
よい言葉を頂きました。
ニュートラルな心で、ヒトの言葉に耳を傾ける。
その姿勢を養うために、日々生きている気がします。
ありがとうございました。

投稿: ゆみっち | 2009/04/30 12:49:05

「アートが世界にできること」という表題に惹かれ、せんだいメディアテークへ。
興味深く拝聴させていただきました。

「コモディティとしての芸術作品」と「Art in you という芸術の捉え方」では、社会における芸術の有り様や活用の仕方はだいぶ違うように感じました。

Art in youという芸術の捉え方をすることで、ポジティブに芸術が社会へ機能活用できるという希望が持てます。

しかし宮島氏がそのようにおっしゃる背景を勝手にイメージしてしまい、現代における「コモディティとしての芸術」の役割に限界と絶望を感じてなりませんでした。
プライマリープライスとセカンダリープライスの差額に群がるコレクターのための芸術作品。コモデティとしての芸術作品に人間を救済することは可能か?

『地獄変』は他人事ではありません。
宮島氏の受難と情熱(the PASSION)はこの先も続くのでしょうか。
そしてわたしのPASSIONは社会でどのように開花するのだろうか。

そんなことを道すがらおもったのでした。
興味深く楽しいお話、そしてはっちゃけた茂木さんがおもしろかったです。
ありがとうございました。

投稿: 亀十吉 | 2009/04/30 12:33:26

毎日、感動を味わうきっかけをたくさんもらっているんだなあと思いました。
自分が耕されているのを感じます。
そこに育っているものを大事にしたいなと思います。

投稿: らくがきやせい | 2009/04/30 11:15:26

茂木健一郎様

Art in You

茂木教授のお話や著書や、表わされる全てのArt in Youに
魅了されていくのでしょうね。

投稿: Yoshiko.T | 2009/04/30 8:08:15

朝のウォーキングから帰ってきて、日記が更新されておりハッピーな1日のスタートです。
“Art in you”
宝物のような言葉をありがとうございます。
音楽は頭ではなく、心で感じて感動するもの。
アートを提供する側も、全てを語るのではなく、相手の記憶の扉を開く「きっかけ」となるような、そんな「なにか」が提供できればいいですね。

投稿: シリンクス | 2009/04/30 8:06:13

       真理は
           相応しい場所に 歩み寄る

投稿: 一光  | 2009/04/30 6:38:23

コメントを書く