« 文明の星時間 未知の贈りもの | トップページ | ラグジュアリーライフスタイル国際会議 »

2009/02/17

そういえば、ヒンズースクワットは

永田町のNTTドコモで
「脳と創造性」のお話をさせて
いただく。

となりは首相官邸。

道を渡る風が冷たい。

 ソニーコンピュータサイエンス研究所

 みんなでチェゴヤで昼食をとる。
電通の佐々木厚さんも。

 田谷文彦とコンビニに歩きながら
議論する。

 池上高志、田森佳秀、郡司ペギオ幸夫
に電話する。

 6月にベルリンで開かれるASSC13の
アブストラクトを書く。
 たくさん、次から次へと書く。

 学生たちの下書きに、私が手を
入れて仕上げていく。

 フジテレビキッズが募集していた
第一回Be 絵本大賞

 入賞作品についてのコメントを撮る。

 新宿へ。

 作家の椎名誠さんとお話しする。

 椎名さんのことは、講演会の中で
必ずといってよいほど触れるので、
なんだか「ネタに使ってすみません」
という思いである。

 「ぼくは時々作家の椎名誠に
似ていると言われるんですよ。10年くらい
前も、道で前から歩いてきたおじさんが、
いきなり、あんた! 作家の椎名誠に似ているね!
と言うんです。ファンなので、まんざらでもない
気持ちでいたら、続いて、もっとも、あんたは
ちょっと肥えとるけどって。よけいなお世話だヨ!」

 「女の人は思春期になると
鏡を見て化粧をしますけれども、男は鏡を
見るのを潔しとしませんよね。作家の椎名誠さんは、
男子トイレで男が鏡の前に立って髪の毛を
直しているのを見ると殺意を感じると良く
言っています。」

椎名さんと、とりあえずはビールで
乾杯する。

さまざまな話に及ぶ中で、習慣の
話になった。

私は、今でも時間があれば近くの森の
中を走っている。

走るというのは人生において当たり前
のことだと思っていたけれども、よく考えると
たまたまそういう習慣がついていたのである。

小学校の頃から、校庭をぐるぐる回っていたし、
高校、大学、大学院、その後、とずっと
走っていた。

大学院の時は本郷キャンパスを出て
上野公園を走ったし、
イギリスではチェリーヒントンの公園に
向かって走っていた。

だから、走るのは当たり前だと思っているが、
世間ではそうでもないらしい。

というのも、公園や道路を走っている人の
数はあまり多くない。

多くの人にとって、
私のように走るのが習慣だったら、
もっと人があふれるだろう。

走るのは習慣であるが、「筋トレ」
については一向に熱心になったことがない。
つまりは習慣化していないのだ。

ボクはジムでやるマシーン・トレーニング
というのが嫌いである。

椎名さんもそうで、「男は一日一回床と
勝負しろ!」と言われる。

腕立て、腹筋、スクワット。これを200回ずつ
やれば充分である。

椎名さんは、夜、酔っぱらって帰ってきても
必ず200回ずつやるという。

「寝る前に歯を磨かないと気持ちが悪いでしょう。
それと同じですよ。」

椎名さんは、高校の時から柔道をやっていて、
それ以来ずっと「200回ずつ」をやっている。

だから、あのような体型になる。

ぼくは筋トレを習慣化したことがない。
だから「ちょっと肥えとるけど」
になる。

ところが、
二週間くらい前から、人生で何回目かの
「それじゃあ、筋トレでもやってみるか」
というモードになり、ほぼ毎日やっている。

だいたい、60回ずつくらい。
そこで筋肉がへこたれる。

椎名さんの200回にはまだ及ばない。

「そういえば、少し締まってきたようだねえ。」
と椎名さんが目を細めて言った。

「続けることが肝心だよ。うん!」

できるかわからないけれども、
師匠の言葉を信じて、それぞれ
200回できるようになるまで、
続けていこうと思う。

「椎名さん、そういえば、ヒンズースクワットは、
なぜヒンズーって言うんでしょうね。」

「それは、以前からボクも疑問に思っていたんだ
よ。ちょうどいい機会だから、調べてみよう!」

世の中には、いろいろな疑問の糸口がある。

「それじゃあ!」

対談を終えて、椎名さんは風のように去って
いった。

習慣が大事なのは、カラダもアタマも
同じこと。

60回が200回になるような変化が、
様々なところで起こっているのであろう。

2月 17, 2009 at 07:01 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そういえば、ヒンズースクワットは:

» etude26 トラックバック 御林守河村家を守る会
「○○○○○○○のためのエチュード」 連載26回 英国公使館襲撃事件に戻りましょう。 オールコックは事件のあとの惨状をみて、 日本刀の切れ味の凄さに驚いています。 たとえば、 日本刀は冑(かぶと)を断ち割ることができると聞かされていて、 刀剣を売る店先で... [続きを読む]

受信: 2009/02/17 8:05:45

» モバイル トラックバック POPO
いま ここ わたし おわれているよ いま ここ わたし つながってるよ いま こ [続きを読む]

受信: 2009/02/18 0:46:41

コメント

茂木さんおはようございます☆
少し前の記事にコメントします。
茂木さんの文を読むと、元気になり
前向きになります。
たくさんの私の知らない世界を見せていただいています。
ありがとうございます。

投稿: おか | 2009/02/21 1:41:16

おはようございます。調べてみました。ヒンズ-スクワット、一説によれば、力道山がインド出身のプロレスラ-に教わったことからこの名前になったと。200回達成→頑張って下さいね!

投稿: m | 2009/02/18 6:21:04

TBSラジオ「ストリーム」という番組の ゲスト紹介ページ
http://www.tbs.co.jp/radio/st/
にも、椎名誠さん似の、茂木先生の顔写真が載っていますね。
他のゲストの出演日時を確認したとき、偶然見つけて、あ、と思いました。
18日午後1時から生放送でしょうか?

他のゲストの人たちは、必ずしも笑顔の写真じゃないけれど、
茂木先生は 笑顔でハンサムに写っていらっしゃいますね。
こういう所には、みんな、笑顔の写真を載せたらいいのになと思います 

投稿: Mizno Yuli | 2009/02/18 1:34:34

茂木健一郎様

今日の筋トレはすませられましたか。
ああ、心の筋力はスクワットで強くなりますか?
茂木様の日記を読み、本を読み、講演会に出かけ、
元気をいただき、駆け出していると、生きている
ことが、これまでより瑞々しく感じられ、
爽快です。
哀しいことがあると、これまで以上に哀しく
感じられて、これもありがたいことです。
これでいいんだって思いますが、
流したくなかった涙にであいました。

幸いなことに今日は筋トレについて書かれてありました。
ああ、もっと自分を鍛えなくっちゃ。
すべてを鍛えなくっちゃと思わせてくださいます。
ありがとうございます。
えーいッ!もう全身全霊鍛えなおします。
私も走るのが習慣だった頃があります。
始めてみようと思います。

投稿: Yoshiko.T | 2009/02/17 23:20:25

毎日の生活で、60回が200回になるような変化って、どうゆうものでしょうか?
なんだかワクワクもします(^o^)
私自身、ホッとする場所や、会いたい(だけではないですが…)顔があります。この二つは、どちらも同じ人(*^_^*)
私の場合、茂木さんの云う変化があるのは…もとに戻り、それが先に進めたときだと思います(^ ^)
そうすること。続けたいです…もう一度チャンス頂けますか?
伝わっていると信じています(^_-)何とか今までの私から変わりたくて…行きました!

投稿: 奏。 | 2009/02/17 23:10:48

おはようございます!

割れたお腹をいつか見れるのかしら❣¿??
楽しみっ❣❣

茂木さんは忙しいのにいろんな活動の時間がおありなのですね。
円グラフで時間割を見てみたいです。

茂木さんがおっしゃった100-3や、ナンバープレートのたし算を、朝の出勤時にやっています。
100-3の正解は3で割った時に必ず1余る数です。!(^^)!
(当たり前だろっ!てつっこみを入れたくなるところをグッと我慢)
ナンバーの足し算は数字を見た瞬間に答える!ことが目標。
日に日に速くなってます!(^^)!
4つの数字を瞬間的に覚えて計算することは、局所的な集中力が連続で必要です。(車はあっという間に過ぎ行く!!)
とてもいい訓練になります。
+ - × ÷ が仕事の常で、その計算が楽になってきました。
実感が嬉しい。

誰もが継続は力なり、と言います。
しかし、それが一番難しいことですよねー。
きついことを習慣にする事は簡単でない。
椎名さんは励ましをくれて大きい心の方ですね。
褒められると頑張れますもんね。
険しい道中に、持つべきものはそんな大切な仲間ですね。

習慣かぁ!
茂木さんのブログへの返答と、自分の日記、
朝の計算、
あと、何か運動を取り入れてみます
続けますよォ\(~o~)/

投稿: 光嶋 夏輝 | 2009/02/17 22:12:29

茂木さん、筋トレ、是非頑張ってくださいね!

自分は小学校5年生~6年生にかけ、級友と一緒に、校舎の周りをグルグル、10周くらいマラソンをしていた。卒業の年まで、まさにそれは習慣のようになっていた。

中学校にはいり、走るのをパタンとやめたころ、自分の習慣は、自転車で遠出することに変わった。

地元の町を自転車をキコキコ漕いで、風に吹かれながら、見知らぬ街を訪れるのがトテモ好きだったのを覚えている。

今はもっぱら、土曜の仕事が済んだあと、徒歩とバスと電車とで、もっと遠いところに出かけていき、地元とは違った風の感触を味わうようになった。

でも今でも、時々は、神保町や湯島あたりにまで、自転車を漕いで出かける時がある。春、夏、秋はいいけれど、冬は流石に辛い(´~`;)

何はともあれ、いい習慣は、心身をナイスな方向へもっていってくれると思う。

風はまだまだ冷たいけれど、いよいよ春が近いです…。今から1ヶ月もすれば、走る時に感じる風も、すっかりやわらかになりますね。

近所の早咲き寒桜が、きょう見に行ったら、やっと開き始めました。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/02/17 21:31:55

上半身が押す動作だけだと筋力バランスも崩しますし、肩を痛める可能性も高いです

なのでチンディップスタンドなど購入されてみてはどうですか?上半身はコレだけでも十分です。
チンニング(pull ups ,chin ups)限界回数3set~5setセット間の休憩は一分、最初は胸を張って動作ができないので普通の懸垂でいいです(出来なければ跳びついてゆっくり降ろす動作を行ってください)

ディップス(bar dips)限界回数3set~5setセット間の休憩は一分、最初は出来ないと思いますので腕立て伏せで行ってください、こちらも降ろす動作から兆戦してみてください。

下半身の筋肉をつけるには自重スクワット(スロースクワットでも)ではちょっと筋肉には刺激が足りなさ過ぎますし、無駄に時間がかかります。
心肺機能向上目的なら良いですが、まだ自転車の方が良いです。

下半身体幹には場所もとらないのでロシアンケトルベルというものを使うのも良いと思います(12キロか16キロから始めてください)
下半身体幹にはスウィングと言う種目だけで良いです、15~20回3set~5setセット間の休憩は一分、回数は足りなければ増やす。
この器具も心肺機能向上に使われますが動作がバリスティックなので筋肉への刺激は強いです、重量を上げていけばより強くなります。

各種目の間には3分~5分程度の休憩を挟んでください。

チンニング、ディップス、スウィングを週1回です。
今では4~7日位に一回というトレーニングが一般的でなのですが
日本人にも週1回で良いという実態を知ってもらえばもっとトレーニングする人が増えると思うのですが・・・難しいですね、筋肉の回復の遅い中高年は2週間に1回位が良い場合も多いです。

長くなって申し訳ないです。
各種目の詳しい情報はネット(you tubeも含む)で調べてください。
興味があれば行ってみてください。

投稿: | 2009/02/17 16:45:33

茂木ィ先生、こんにちは♪
今地元温泉で裸足で過ごしてます。ラグジュアリー?!
さっき一句できました。ホカホカです。
「木漏れ日や葉脈透ける若葉かな」

(・ω・)/ダメですか?
今日は空気が澄んでいますね。清春とはよくいったものです。
しかしくしゃみがよくでる(汗)花粉症なんですよねぇ…(涙)惜春て言葉はあるのに惜冬はないのでしょうか。
雪景色みたかったなぁ……
茂木さんは、椎名誠さんに目元が似ています。 しかし椎名さんは野生ライオンみたいで容易に近づけません(笑)
なんかガブリとやられそうな危険な匂いがします?
茂木さんは、慈母のような所がおありなので、なぜだか安心?です。
もしかして茂木さんはお顔がお母様似じゃありませんか?
時々そう思います。

週刊西洋絵画の巨匠フェルメール発売されてました~
帰りに買おうと思います。
フェルメールの描く世界には物語と秘密が秘められているので、魅了されます。秘すれば花なり。なんだなぁ……
最後に好きな一茶の句です。
「三日月やふはりと梅にうぐいすが 」
「うまさうな雪がふうはりふうはりと」
「梅さけどうぐいすなけど一人かな」

一茶と梅見ながらお酒のみたかったデス…(涙

投稿: 眠り猫2 | 2009/02/17 14:37:25

Hola.Mr.Mogi♪

先生、思わず吹いてしまいましたヨ。((TдT))余計なお世話だヨってねえ。。笑,笑

男が鏡の前に立って――殺意を感じる…流石、椎名誠さまです。m(_ _)m
 
私も長年朝の習慣のようになっているものはあります。
マラソンは勝手に先生に影響されて始めましたがなかなかまだ習慣にはなっておらず、日々葛藤が。でもやはり太陽を浴びると1日が違うのです。
 
“男は1日1回床と勝負しろ!”格好いいですなあ!
 
継続は力、何ごとも続けることが大事ですものね。うーん、毎日の計画を立て直さねばいかん。
 

私の師匠は先生です!(これまた勝手にそう思わせていただいております(≧ω≦))

それでは先生、午後からもお仕事頑張って下さいませね。
(*⌒∀⌒*)ノシ☆☆☆

投稿: wahine | 2009/02/17 13:42:46

インドの伝統武術、kushtiのトレーニング法のひとつが、後にヒンズースクワットになったと聞いたことがあります。

投稿: ibonze | 2009/02/17 10:53:28

俺にもたまには声かけてよ。

投稿: 羽尻公一郎 | 2009/02/17 9:59:19

おはようございます、茂木さん。
ヒンズースクワットのヒンズーはヒンズー教から来ていて、インド式のスクワットという意味ですよ!! 力道山の時代にインド人の名レスラーがいて、そのスクワットの仕方を取り入れました♪ 普通はスクワットをする時は立ったり、しゃがんだりするだけですが、 ヒンズーは足の運動と連動してボートのオールを漕ぐ様な手の動きが付きます。
レスラーが入門して最初に何千回も練習させられるスクワットですが、一方では膝を悪くすると言われています。
昔、来日した外人レスラーは日本人レスラーの足腰が強いのは和式トイレを使っているからだと言ったそうですが、真実はスクワットとブリッジの練習をするからです。 ネットでなく少年期にプロレス雑誌『ゴング』を読んで知っていました。 後は梶原一騎さんのプロレス漫画、空手漫画なども愛読書でした♪

投稿: ケン | 2009/02/17 7:42:11

こんにちわ

ヒンズーって、ヒンズー教の事だろうか?、ヒンズースクワットは、ヨガの一種?

ところで、ヨガをする人はなぜスマートなのだろう?(^^)

投稿: ヒンズースクワットのクオリアby片上泰助(^^) | 2009/02/17 7:24:02

コメントを書く