« そんなに毛玉だらけのは | トップページ | 「無記」が大切なのは »

2009/01/26

プロフェッショナル 観覧者募集!

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
脳活用法スペシャル 公開収録
観覧者募集!

くわしくは、番組ホームページを
ご覧下さい!

http://www.nhk.or.jp/professional-blog/200/15493.html 

1月 26, 2009 at 08:06 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 観覧者募集!:

コメント

いつもプロフェッショナルの流儀を食い入るように見ています。
最も自分の心に響いてくる映像、言葉。
生きているということを実感する瞬間でもあります。
この時間を共有するたびに、自分の生き方を見直しています。
テレビに登場するプロフェッショナルに負けない、プロフェッショナルになるという決意をいつも新たにしています。

茂木さんそしてこの番組に関わるスタッフの方々に感謝を申し上げたくてメールさせていただきました。

これからも、楽しみにしております。

投稿: 川本 真 | 2009/01/27 22:56:07

参加できないのでここで思いを一席。

湯川秀樹博士の自伝、「旅人」を十年ぐらい前に読んでから、繰り返し思い浮かぶ場面があります。

縁側で積み木遊びをする幼い湯川秀樹さん
そばにいる祖母に、
「おばあちゃん、お宮さん作ったよ」
と、積み木で作ったお宮さんを見せる
目を細め、感心した様子で積み木を眺めると
「どれ、お参りさせていただきましょうかね」
と、丁寧にお参りする祖母
その祖母の姿に、誇らしい気持ちになる幼い湯川博士

私の中で多少作りかえられた、博士の幼い時の記憶。
昨年暮れごろ、頻繁に思い出すので、なぜ?と考えてみました。

「あーっ」と思いました。、
この祖母とのやり取りで、博士のなかの聖性が確かなものとなり、その晩年まで、病を押してでも平和のために活動し続ける原動力となったのではないか。幼いころ、自分が作ったものを聖なるものとして大切にしてくれた祖母の行為が、聖なることをなしうる人としての礎を彼の中にしっかりと打ち立てたのではないか、と。
すべての人がその生を受けた瞬間から持っている聖性。
子供たちのなかの聖性が、人との触れ合いの中で大切に育まれることを心から願っています。

投稿: masami | 2009/01/27 19:01:13

右に左に、陽だまりのような先生のお顔がにこにこ振れると かわいいかも
見ているみなさんも、陽だまり気分かも、ねぇ

投稿: no name | 2009/01/27 13:45:14

はじめまして
コンバンハ

いつも楽しみにblogを見てますが…驚きましたっ!
生茂木健一郎先生にお会いできるならと
早速NHKプロフェッショナル~に申し込んできました!!
3月5日お会い出来ること夢見てます☆


投稿: セガワ | 2009/01/26 22:20:03

茂木さん、行きたいなぁー!!!!
今、茂木さんへの質問を考えているところです。
聞かれると思いつかないのは なぜ…?¿?¿ (`´)?¿チンプン?

投稿: 光嶋 夏輝 | 2009/01/26 21:54:06

親愛なる茂木様
茂木先生、今閃いたのですが、茂木さんに切なるお願いがあります

プロフェッショナルで取り上げてほしい人物が二人いるのです!
一人は、写真家の長倉洋海さん。もう一人は、ホスピス医から今は在宅医に転身された山崎章郎医師です。

お二人とも素晴らしいプロフェッショナルです!
長倉さんはフリーのフォトジャーナリストで、世界中の紛争地をまわり、アフガニスタンでは、かの地の英雄マスードと行動を共にし取材された方です。

山崎医師は「病院で死ぬということ」も映画化されましたが、その後の山崎山崎医師の活動も取り上げていただけたらなと、今急に思いました。
皆さんにもっともっと知っていただいて、感動してほしいのです。

茂木さんのファンの一意見として、ハヤベンの有吉さんにお伝え頂ければ幸いです。

日本には優れた方々が存在する…それは社会の希望になると思います\(^_^)/

投稿: 眠り猫2 | 2009/01/26 21:39:45

コメントを書く