« 精神的陽光 | トップページ | ライプツィッヒから »

2009/01/12

ライプツィッヒ

の空港にいます。これからデュッセルドルフ経由でミラノへ。

明け方の空に満月がさえざえと輝いていました。

1月 12, 2009 at 03:57 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライプツィッヒ:

» 月の光 トラックバック POPO
どこまでもどこまでも せせらぎは流れつづけ ときに歌うように穏やかに ときに囁く [続きを読む]

受信: 2009/01/13 0:02:24

コメント

窓から月明りが差し込んで来てとても綺麗な夜になってます
Guten Abend 茂木さん。
朝見る満月と夜見る満月は雰囲気が違ってまさに芸術そのものに思えます
人が生みだし作品は、例え地球が滅びても…またどこかで語り継がれ少しだけ形違えど曲は流れる。もぅこれは立派な世界遺産。なんて言ったら怒られるかな(笑)

話変わります。
明日、学校の授業でドイツ語をならいます。初めての授業。初めての教室。少し緊張してますが…頑張るぞ('-^*)
私的話ですみません。ではGute Nacht。

投稿: 鞠 | 2009/01/12 23:21:53

僕も今日は雪かきをしていたら
強い風が吹き
積もった雪の上の軽い部分が舞い上がって何とも幻想的な風景を味わえました

投稿: たか | 2009/01/12 18:57:03

茂木健一郎先生こんにちは、今こちらでは、NHKスペシャル「女と男」をみてます。性別に脳のメカニズムの違いを解明して、男女の友好的な会話の仕方を、第一回では学ばせていただきました。日本の番組では、「アハ体験」などの脳トレで先生の講義を見聞きすることが多いのですが、男女の脳の違いについても先生のご意見を伺いたいと思っております。まだ、後半がありますのでもしかしたら登場されるのでは?と期待しております。

投稿: souru-syadou | 2009/01/12 18:33:34

明け方の空に満月がさえざえと…まだ薄暗い闇の中、凍てつく空を遠く見つめる美しい男。冬の旅の終わりに優しい月の光が彼を照らす。やがて登りゆく太陽との静寂の間に。。
たまには詩人風にいってみました。(*´ω`*)ヾ
 
茂木先生今からお帰りなのですね。こちらは夕刻であります。ですので先生が見られた同じ月が見えますねえ♪ああ、地球は回っているのやわあ…としみじみと嬉しくなります。恒例の(私の中では)月と星空に先生がご無事に戻られますようお願いしたいと思います。こちらも寒いですからくれぐれも暖かくしてお帰り下さいね。
(*⌒∀⌒*)/〇☆〇☆

投稿: wahine | 2009/01/12 17:23:48

デュッセルドルフ空港にいらっしゃるんですか!!?家から15分です。何時頃の通過になるんでしょうか?南に飛んで行く飛行機を地上から見守ってます!ここには日本人が大勢いますので(6千人以上)、本当に次回お出でになる時には講演会を期待しています!!

投稿: (マ)ゴグ | 2009/01/12 16:18:40

素敵なお見送りでしたね。

投稿: 光嶋 夏輝 | 2009/01/12 16:17:56

茂木健一郎さま

ミラノ

私のイメージ ファッションのリーダー的な都市

パスタ?

ラ スカラ??と申すのでしょうか ミラノ スカラ座

ザワザワしている あくまでイメージ的な印象

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/01/12 16:15:59

茂木健一郎さま

お月様をとの

日本で私などが見ている お月様を

テレビドラマでは見たことがあります

同じお月様をと 遠く離れた方も同じ お月様

テレビドラマどころではないです

茂木健一郎さまのブログ
びっくりします。

今晩 お月様 私、見ようと。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/01/12 16:10:35

茂木健一郎さま

ミラノとは あのミラノスカラ座の

そうなんですよね

地球人 茂木健一郎さま

地球上のどこかに確実にいらっしゃる訳なんですが

凄すぎです ミラノ

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/01/12 16:06:47

コメントを書く