« 『クオリア立国論』講演&サイン会 | トップページ | プロフェッショナル 観覧者募集! »

2009/01/26

そんなに毛玉だらけのは

 京都へ。
 書画修復のスペシャリスト、
岡墨光堂
の岡泰央さんにお目にかかる。

 以前『プロフェッショナル 仕事の流儀』
にご出演いただいた、鈴木裕さん
にもお目にかかることができた。

日経BPオンライン 鈴木裕さん記事

同行した白洲信哉は口が悪い。

人のセーターを見て、
「そんなに毛玉だらけのは着るな!」
「一緒に歩いていて恥ずかしい」
とニヤニヤしながら言う。

確かに、今シーズンは私は一つの
セーターしか着ておらず、それは
毛玉だらけである。

「暇な時に、こうやって取るのが面白い
んだよ!」とやって見せると、
「そういうのは、毛玉取りで一気に
やるんだ!」という。

「裏側には、もっとあるんだよ。」
とセーターをめくって見せたら、
信哉はハハハと笑った。

1月 26, 2009 at 09:20 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そんなに毛玉だらけのは:

» 「ええ、そうなんですか」を連発した トラックバック 須磨寺ものがたり
何気なく通りを見ると、 見慣れない車が止まる。 どこかの店のお客さんかなと、見ていると、 弊店の方に歩いてくる人がいる。 [続きを読む]

受信: 2009/01/26 10:48:15

コメント

南方熊楠と茂木健一郎との対談!
私が一番立ち会いたい場面です。NHKさん!企画して!!

茂木さんへのメッセージは初めてです。
興味深く茂木さんの本を読んでいます。
クオリアっておもしろいですね。

素朴な疑問があります?→「電磁誘導」?,「磁場」?

朝起きて脳にスイッチが入ると出会えるみたいなのですが,外部の情報が取り込まれて脳内の神経細胞が興奮すると微弱な電流が流れて,脳内に成立するらしいのですが,神経細胞の微弱な電流でも,昔理科で習った「電磁誘導」って起きているんですか?。本の中には「磁場」の話はほとんど出ていないみたいですが,「磁場」の形成とクオリアは関係ないのですか?

投稿: 北方雑魚楠 | 2009/02/05 20:31:34

>>とある高校生さんへ
 
茂木先生の代わりに調べてみました。
1962年に茂木先生は誕生されたようですので
単純に18歳と仮定して1980年が大学1年生の頃となりますね

予備校でWikipediaで調べると

>>以下抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%88%E5%82%99%E6%A0%A1

大学受験予備校

明治時代の旧制高校・旧制専門学校の設置以来、予備校は存在しており、最も歴史の古いものには、研数学館、駿台予備学校などがある。今日の大手予備校は概ね1950年代の中盤から後半にかけて作られている。戦後の高度経済成長期頃から、大学受験の大衆化が進み、河合塾や代々木ゼミナールなどの大手予備校が急成長する下地が生まれた。

>>以上抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%88%E5%82%99%E6%A0%A1

とあるので当時はすでに予備校はあったと推測できますね。

茂木先生が予備校に通ったかどうかについては著書などを読まれるなどして調べてみてはいかがでしょうか?
先生へのコメントではないですがこのような繋がりも大事かなと思い投稿させていただきました。

投稿: はやぶさ | 2009/01/27 23:58:52

おはようございます。モギー先生。

「摩擦エネルギーの愛し子たちなんだよ、この毛玉は!」
「やたらと増えて困るから、今度君にも巣立ちを手伝ってもらうよ」

今度はそう返して、毛玉とり参加にお誘いしてみては?
子供じゃないだろう?と笑いながら取ってくれるかもしれない。
ちょっとふざけすぎかな(笑

半保存的な鋳型着用をお好みなんですね。
そのセーターは、モギー先生仕様に確実に進化を遂げてますね。
進化じゃなく変態かな。
一晩くらい保温できたら、毎朝ふんわか温かくて気持ちいいでしょね(笑

今日も何か楽しい発見あるといいですね!

投稿: | 2009/01/27 6:16:40

意識とはなにかの第6章のコミュニケーションから生まれるもの
を読ませていただいたのを思い出しました。
 自我とは、他者との関係の中から立ち上がるとあります。たとえば、喜怒哀楽は、第3者の視点がないと生じないと学びました。
大人になると、メタ認知ができるようになるので、実際に他者といなくても、自分の中で自分という第3者の目を感じているから、
喜怒哀楽が生じるのかもしれません。
 大人になるにしたがい、カメラの目線が増えていくのでしょうか。
そして、それらのカメラの中に本当のパーソナリティを貫くカメラはなく、関係性において、複数のカメラが生じることを知り、感動しました。

投稿: NHK | 2009/01/27 0:54:33

茂木健一郎様
毛玉のセ-タ-を着た茂木健一郎様に抱きしめてもらいたい-。なんちゃって、大変失礼致しました~。「人生は毛玉だらけのセ-タ-」もっともっと、本当の自分と向き合わなければいけないのかもしれない…☆心の扉に祈りを捧ぐ…

投稿: prayer | 2009/01/27 0:50:07

初めまして。 僕は今年で高校3年生になるので、受験勉強の為に予備校に通っています。 そこで、茂木さんの本をたくさん買って読んでいくうちに、茂木さん流の勉強法を実践してみようと思ってやっていくと、勉強が楽しくなってきました。ふと疑問に思ったのですが、茂木さんが高校生の頃にも予備校というのはあったのでしょうか。あったとしたら、通っていましたか。大変お忙しい中、申し訳ありませんが、お返事よろしくお願いします。

投稿: とある高校生 | 2009/01/26 22:00:58

京都でのお仕事、良いですね。一緒に行った白洲さんもお元気そうですね〜。
笑い声にあふれ、なんだか楽しそうな旅路(^ ^)♪
風邪が流行っているようですので、お身体に気を付けてください。

投稿: 奏。 | 2009/01/26 21:50:11

今晩は。きょうからまた、新しい1週間が始まりですね!

昨日は京都へと赴かれたとか・・・。

歴史が残していった数々の素晴らしい宝…それを後世へと美しい姿で伝える為に、地味で粘り強く修復の作業をなされていた…2年前に『プロフェッショナル』で拝見した鈴木さんのあのお姿が、おぼろげな記憶の積み重ねの中から浮かび上がってきました。

鈴木さんには何卒これからも末永く、頑張って欲しいと思います。


ところで、茂木さんのいつも着ていらっしゃる、素敵な色合いをしたグレーのセーター、トテモ馴染んだ風合いが出ていて、いいなぁ、と、講演会などで見るたびに何時も思うのですが…。

長く着こんだセーターは、仮令毛玉が沢山出ても、着る人の魅力と一体となって、その人のもつ味わいとひとつになるのではないか…と、いっても、それは、着る人次第ですが・・・(汗)

茂木さんの場合、毛玉の付いているセーターと茂木さんの魅力というか、味わいとが一体化している、という感じがしてて、いいですね…!

それでは、今夜はこの辺で。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/01/26 21:36:44

茂木さんっホントですか!
私もやってみます!(^^)!
100から3ずつ引いてみます!
頭の回転が早くなりそうです! いい事聞いちゃったぁ!!
ももさん、スゴイラッキーじゃないですか????!ラッキーだよ!!
やるしかないですね!!!!
心で応援しています!

鈴木さんが伝統の修復技術に医療で使う顕微鏡を使って紙を分析されていた事は驚きでした。自分の習熟に頼るのではなく、常に客観的正確な判断をされている事が偉いな、と思いました。
知人の輪が広がっていくのっていいですね!

茂木さんにそんな事をおしゃれるのは白州信哉さんしかいないかもしれませんね。茂木さんはうまいこと話を逸らしましたね!!なんかその茂木さんが可愛らしいですね。毛玉を許すしかないじゃないですか!(^^)!
私もセーターの毛玉に限っては毛玉を取りたくないのです。毛糸が薄くなってセーターが暖かく無くなってしまいそうだからです。たまに友達が暇つぶしに私のをむしるとイラッとします。あまりにも友達がやーやー言って面倒なのでたまにハサミで切ります。むしると正常な繊維まで引っ張って抜けるので、もっと薄くさせてしまいます。
茂木さんもセーターがお気に入りの様なので、抜く事は楽しいですが、長く着る為には抜くより切った方がいいですよ!!
ホントは付けとくのが一番!(^^)!!
ハサミを使う時は誤ってセーターの編み目を切らないよう気を付けて下さいね。その点、毛玉取りは安全です。毛玉が小さくて量が多い場合は毛玉取りが最適です。逆にハサミでやると手の筋肉が疲れます。時間がかかります。大きい毛玉はハサミでないと綺麗になりませんから仕方ありません。
また、言うまでも無いかもしれませんが、毛100%のセーターは専用の洗剤を使っても絶対に縮みます。逆に、繊維が詰まるので保温性は高まりますよ。1サイズ大きめを選んで暖かいセーターにするのはいい案です。茂木さんはあまり服を重ねて着ていらっしゃらない様ですから…。
イギリスではセーターは洗わないのが常識なんですよね?

私の結論は、大切な服は洗わないという事。
洗うと全てが変わるのです。化学反応と同じです。
高~いコートやジャケットは着た度に服のブラシで綺麗に汚れを落とすとクリーニングする必要は無いそうですよ。

投稿: 光嶋 夏輝 | 2009/01/26 21:28:51

こんにちは

茂木さんのセーターの毛玉を大きくして、「ポンポンセーター」すれば、逆に流行るかも?(^^)

投稿: 毛玉のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/01/26 21:01:26

感激してしまいました
流石、茂木先生!! ますます大好きになりましたっ

明日から早速実践してみます。
こつこつ暗算して、志望校に受かってみせます!
本当にありがとうございましたっ

投稿: もも | 2009/01/26 19:55:31

茂木様

こんばんは

毛玉って、気になりますよね・・・。

私もセーターだけでなく

会社の上着が、ポリエステルなので

毛玉がすぐに 出来てしまいます。


今日「脳にいいことだけを やりなさい!」を

注文しました。早く届くと良いな!!楽しみです。

ありがとうございます。

 千草

投稿: ちぐさ | 2009/01/26 19:07:17

はじめまして。初コメントです。
初めて茂木先生の本を読んだのは先月位だったのですが、
以来脳科学と茂木先生に興味が沸いてブログを見に来て見ました。
これからもちょいちょい来てはコメントを残すと思いますので宜しくお願いします。

投稿: 禁太郎 | 2009/01/26 17:56:03

Dear Dr. Mogi

How are you ?
I can see snow falling in the sun light out the window, it is so beautiful.

Any way,

However the Methodist Church said it thanked Professor Dawkins for encouraging a "continued interest in God".

I think this paradox tells everything. Religion and science are supposed to be the same thing at the roots, aren't they ? As well as life and death, etc...
Men like to turn the simplest things into something complicated ! But...maybe that's important; otherwise the world becomes a less interesting place to live.

Wishing you all the best, please take care.

投稿: tomoko | 2009/01/26 16:15:21

親愛なる茂木様
毛玉はさみでチョキチョキするの好きです。猫にもやらせて下さい。

投稿: 眠り猫2 | 2009/01/26 15:29:42

茂木先生 こんにちは♪
先生の毛玉のセーター、なんだか先生の体の一部のようになっていて、すごくいい感じです。普通毛玉って悪者ですけど、先生のセーターにかぎっては、なんだかとても可愛いい、生き物みたいに思えます。裏側に、もっと毛玉があるなんて、ぶちぶちとったら、気持ちいいでしょうね!その感じって、お菓子の箱に入っている、あの空気の入ったクッションをつぶして行く感じと似ている気がします。やりだしたら止まらずに、なんだか無心にやり続けてしまう、あの気持ちよさです…笑。ただ、毛玉が出来るようになると、あまり暖かくないと思うので、少し毛玉のセーターには、お休みを上げるといいかもしれませんね…笑♪

投稿: 平井礼子 | 2009/01/26 14:58:02

茂木さん!かなり面白いですね(笑)あと3枚ぐらいセーターを買ってみてはどうですか?

投稿: porn | 2009/01/26 14:21:12

毛玉とり機、気をつけないとニットの身を切ってしまうんですよ、大丈夫?

投稿: no name | 2009/01/26 13:50:44

茂木先生こんにちは♪京都へ行かれているのですね。
今日の記事思わず笑ってしまいました。((T∀T))

裏側にも毛玉が沢山いたとは。(°д°ノ)ノ
なんと言いますか私はそんな先生が可愛らしいなあなんて思いますの♪
 
スーツを着ている先生も、オバマTの先生も、毛玉セーターの先生も私はなんでも好きですよ。中身は変わりませんもの。
寧ろ毛玉になりたいくらいです●●●(*´∀`*)???

なんて。笑
それでは先生、午後からも良い時間をお過ごし下さいませ☆☆☆

投稿: wahine | 2009/01/26 13:43:17

茂木健一郎さま

私が持っているのは

妹夫婦がスエーデンに二年間に住んでいた時

セーターを買ってくれて
あと毛糸の帽子も

スエーデンの隣国のノルウェー製でしたか?フィンランドのかな?

タックを見れば分かりますけど、今は別の服装なので。

毛玉が出来る位、逆に着るべきでしょう

でも、なかなか

舶来、いや、空来?

あれですね、昔は船でしたので舶来製品と

空輸製品? お洒落になにか?

エアー製品?
飛び物?

落ち着くところ普通な
航空便?

エアーメールというのは
お洒落!

エアープレゼント!

妹からの
エアープレゼントでした、嬉しかったし今もです。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/01/26 13:22:17

茂木先生、こんにちは~!

茂木先生が服装に無頓着だとしたら、イメージとして科学者らしくてかっこいいですね^^

本人が気にしてない事を指摘することは虚しいと、結婚してから(笑)感じます。
『注意してくれる人がいるとありがたい』と言いつつ、『部屋を片付けることは、優先順位の上にないから』など・・・・。
感動屋さんの癖に物事に動じない夫は、小言に応えるどころか、楽しんでます。

見渡せば世の中変った人ばかりで、人間っておもしろいなぁと感心しますが、たまに非常にバランスのいい方を見かけると、尊敬してしまいます。
そういう方向へ努力すればできるものなんでしょうか?

茂木先生にもお暇な時間はあるのですか?

投稿: 優海 | 2009/01/26 13:11:28

茂木様、こんにちは!
毎日寒いですね!
毛玉取り、ジョリジョリ感が気持ちいいですよ。

投稿: akane | 2009/01/26 11:42:02

最後に白洲さんに笑ってもらえてよかったですね!!(お似合いですよ!!)

投稿: ふぉれすと | 2009/01/26 10:12:32

コメントを書く