« 「無記」が大切なのは | トップページ | 村松謙一さん »

2009/01/27

プロフェッショナル  村松謙一

プロフェッショナル 仕事の流儀
アンコール

どん底の会社よ、よみがえれ

~弁護士・村松謙一~

村松謙一さんのお仕事を、経済情勢が
窮迫している今だからこそ、
もう一度振り返りたい。

お金は大切だが、だからといって
それゆえに生活が破壊されるのは
許されない。

ましてや、命を絶つなどという
ことがあってはならない。

会社再建のために奔走する
村松さんの仕事の背後には、
人間に対する深い愛と、命のかけがえの
なさに対して十分な考慮を払わない
社会に対する強い怒りがある。

スタジオでお話した、村松さんの
温かいお人柄が忘れられない。

村松さんが再建の手助けをした親子の、
「その後」を追加取材で報告する。

NHK総合
2009年1月27日(火)22:00〜22:45

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

1月 27, 2009 at 07:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル  村松謙一:

» 「クオリア立国論」 茂木健一郎 トラックバック 須磨寺ものがたり
今日Amazonから茂木健一郎さんの「クオリア立国論」が届いた。 本の帯に興味ある一文が載せられていた。 [続きを読む]

受信: 2009/01/27 13:30:36

» 何かが変わった瞬間 トラックバック SWANの 「Trust me!」
 高校生の時に修学旅行で広島と京都に行った。  広島では定番の平和記念館に行ったのですが、なぜか昼食は平和記念公園で弁当を配布されて食べることになったのでした。(雨天だったら何処で食べていたのだろう?... [続きを読む]

受信: 2009/01/28 1:22:52

» 裏返してみると「環境との相互関係」が重要・・・? トラックバック Little Tree
今朝もすっきりとした青空が広がっています。 kirikouがイネを育てているバケツに、昨日は氷が張っていましたけれど 今日は、冷え込みがゆるやかだったのでしょうか? 一日一日の変化が、こんな風に眼に見えることもあるんですね。... [続きを読む]

受信: 2009/01/28 7:18:03

コメント

茂木先生、こんにちは~♪

自分はまだ見ていないのですが、夫が今回のプロフェッショナルを見て、感動して涙していました。

心配性の上に心配をあおってしまう私に、『たいした問題じゃない』が口癖だし、根拠のない自信の塊みたいな人間で毎日元気一杯な夫ですが、事業は我慢続きの日々に突入して、半年になります。

未来に対して怖い気持ちと同時に、人間って自分たちの作ったシステムで苦しんでいてなんだかなあなんて人ごとみたいに思ってしまったり。


『プロフェッショナル』は、自分を変えたい私に、毎回いろいろな感動を与えてくれます。
人生の中ではもう終わりだと思った時期や頑張れない時期もあったのですが、今は頑張れる時期だし、頑張れるということは、とても幸せなことです。
いい刺激をもらって、なりたい自分に近づけるように頑張りたい。

のうみそがまだまだ進化の途中というのは、ワクワクしますね^^

投稿: | 2009/01/29 13:55:06

茂木健一郎さま

日本のアイスホッケーチーム、イタリアにと
茂木健一郎さまの番組の前、ニュースのスポーツコーナーで

日本代表チームの

鈴木貴人主将

高木英樹です

貴人主将のコクド時代のジャージ、本物の

新横浜プリンスホテルスケートセンターにて
ファン感謝デーにて、と、書けば

高木英樹、私と、判るかと

イタリアの貴人主将に届いて欲しい

アイスホッケー界

これから!これから!

オリンピック最終予選

全力で!

投稿: | 2009/01/28 7:08:29

アンコールをじっくり拝見して、村松さんの取り組まれている企業再生の仕事が、如何に多くの人の、人生を救っていることか、改めて思い知らされました。

昨今の相次ぐ企業倒産の事件をニュースで見るたび、金銭合理主義と拝金主義(mammonism)は常に一対を為しているもののように思えてならない。

ある程度の力を持ってしまった時、金融合理主義はいとも簡単に、拝金主義の怪物と化す。その怪物は、企業の組織のみならず、人間の尊厳すらも、情け容赦なく、踏み潰してしまう。

村松謙一さんは、そんな拝金主義の怪物の跳梁を絶対許さず、常に法の利剣でその怪物と闘い、打ち勝ち、犠牲になろうとしていた企業や人々に、慈愛の心のこもった救いの手を差し伸べ、もらす事無く救っていっている人だ、という印象を受けた。

村松さんもこれからの時代、大変と思われますが、末永いご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/01/28 5:47:00

番組拝見致しました。
非常に感動しました。心がほんわか温かくなる心持ちがしたと同時に、生きるとは現実と正面から向き合うことの連続であるということも再確認できたように思います。
実は私は過去8年間うつ病と闘っています。過去には2度大量服薬による自殺未遂をしでかし病院に入院した経験もあります。今月も調子が悪く真剣に自らの死を恋い慕いました。ですから今晩の番組中で出てきました艱難の最中で自殺した中小企業の社長さんの心中は、私のケースとは違いながらも察するに余りあります。
村松さんは日々困難を極める案件と格闘しながらも泰然自若・春風駘蕩とした穏やかな佇まいを維持しています。無論それは彼の成育環境やご両親の愛情に負う所も大きいのかと拝察しますが、彼が現実から逃げないで向き合っている、そのことから逆にエネルギーを得ているような気がしてなりません。そのことを今晩村松さんから教えられた気がします。決して彼が左前の企業を見捨てないのと同様に、自分も自分の人生を見捨ててはいけない、決していけない!生きていれば必ずチャンスはある!そんな勇気を与えられました。
出色の番組に感謝致します。

投稿: 秋田いぬのゴン | 2009/01/28 0:13:39

“99%ダメでも1%の希望を捨ててはいけない”
“失敗を見つめろ!”
“窮地を救うのは正直”
“会社の救済=人生の救済”

など、村松さんの数々の言葉が深く心に響きました。
【見捨てないで守りきる強い使命感】の裏には娘さんの死と、依頼人の死があり、立ち直りはしないが少しずつ瘡蓋ができる、乗り越えようと思うと傲慢になるから、一緒に歩いていこうと。そして3年後、参議院財政金融委員会で「企業の再生は大事だが倒産寸前の会社を全て100%再建し続けなければいけないのか?」
(個人的にこの質疑にかなり腹立たしく感じたのですが…)
に対し村松さんの
「命にかかわる全てにおいて企業の再生は人の生死にかかわる」と断固として訴えたこと、ゆるぎない正義感に感動致しました。
 
今回も番組から色々と深く考えさせられ。。
有り難うございました。m(, ,)m

投稿: | 2009/01/28 0:13:00

初めまして。 僕は今年で高校3年生になるので、受験勉強の為に予備校に通っています。 そこで、茂木さんの本をたくさん買って読んでいくうちに、茂木さん流の勉強法を実践してみようと思ってやっていくと、勉強が楽しくなってきました。ふと疑問に思ったのですが、茂木さんが高校生の頃にも予備校というのはあったのでしょうか。あったとしたら、通っていましたか。大変お忙しい中、申し訳ありませんが、お返事よろしくお願いします。

投稿: | 2009/01/27 23:47:31

茂木健一郎様

2年前とあまりお変わりない^^

人間への愛があってこその仕事をしていたいという気持ちがふつふつ

..... 元気でました

ありがとうございます。

投稿: Yoshiko.T | 2009/01/27 23:36:01

茂木さん、こんばんは。
番組を拝見いたしました。

世の中には、こんなに心の温かい弁護士さんが
いらっしゃるのですね!

会社の救済は人生の救済。
本当にその通り・・・。

私も二年前に約四年間、店を営み、痛い思いを
したばかり。
今日の放送では、金利だけで四千万と大きいケース
?!だとは思いますが、それでも例え小さくても
やはり事業者の「失敗」はイコール「死」を考える
ものなのではないでしょうか?!

振り返れば、大好きなアーティストの歌詞を噛み締める
様に皆で励ましあい、精神を落ち着けさせるために本を
読み、何とか今、元気でいる私たち。(*^。^*)

でも、村松弁護士の様な素敵な弁護士さんにめぐり会い
たかった!ですね。

何事も正直に勝るものはないのかもしれないと、今日の
放送を拝見していて思いました!

村松弁護士は15歳の娘さんを亡くしていらっしゃる。
私も15歳になる姉を亡くしており、数年間は家族みんなが
亡霊の様な感じで、私は学校でよく嘔吐していました、当時。
それくらい、家族の死というのは、重くのしかかるものです。

生きてさえいれば、何とでもなる!
決して自らの命に代えて・・・などと思ってはいけない。
こんなに素晴らしい弁護士の方がいらっしゃるのですから!!

村松弁護士の様な方に、多くの人を救っていただきたい
ものです。

素敵な弁護士さんでしたが、有吉さんに少し似ていらっしゃる
様な気がいたしました?!(*^。^*)

では、おやすみなさい。

投稿: | 2009/01/27 23:16:05

茂木健一郎さま

半井小絵さんの気象解説にての、春が近づいている!半井小絵さん申され
茂木健一郎さまが司会をされているプロフェッショナル、拝見、その前のニュースから

スポーツニュースコーナー

西武アイスホッケー部主将で日本代表チームでも主将、鈴木貴人選手のインタビュー

アイスホッケー、久しぶりに観戦に参りたくなりました

もちろん

鈴木貴人主将がコクド時代の貴人主将が使っていた本物のユニフォーム、
アイスホッケーではジャージというのかな?

コクドバニーズ時代の

うさぎさんマークの持っています、私、貴人選手のサインも入った

アイスホッケー

今晩の再建がテーマの茂木健一郎さまの番組と重なります

西武アイスホッケー部廃部ですが

ぜひ

受け入れ企業さまが見つかり

鈴木貴人主将!

不安そうな顔

私は

笑顔の貴人選手と皆さんしかイメージがないので
西武アイスホッケー部は廃部

今、番組を拝見しながら
三方一両損

茂木健一郎さま
一企業では保てないのであれば
他の企業さまと共にとか
三方一両損ではないですが、
アイスホッケーの老舗
西武アイスホッケー
どうにかならないのかな
また
貴人選手の笑顔が私は、みたいです。

投稿: | 2009/01/27 22:24:15

茂木様

2つ質問があります

2人で話しているとき、3人で話しているとき、4人、5人、6人、7、8、9…
と、みなその時の人数によって違う自分で話しているように見えます。

私は普段せいぜい同時に2,3人としか会話しません
頭数によって呼び出す記憶を変えているのでしょうか?


脳と指などは密接に繋がっていると仰っていますが
成長期前に体(例えば小指)を損失した場合、脳の成長にも影響があるのでしょうか?


茂木様の活動を応援しています

投稿: | 2009/01/27 14:17:05

コメントを書く