« かくし芸大会 2009 | トップページ | Constraints and freedom »

2009/01/01

新・世界七不思議3

 新・世界七不思議3

 テレビ東京系列 
 2009年1月1日(木)21時〜23時24分

新・世界七不思議3

1月 1, 2009 at 08:09 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・世界七不思議3:

コメント

茂木健一郎さま

今晩は半井小絵さんではなかったので

明日の天気予報は
私の場合、磯釣りの日曜日でも金曜日の半井小絵さんの週末予報を見ましたら後は見ないんです

直近の予報を本来は見た方が良いんでしようが。
さて

カッパドキアの際

猫ちゃんが、あれは普通にカッパドキアに住んでいる、としか

猫ちゃんで、思い出します、私、車を駐車スペースに止めて要件ある方向へ急ぎ足、すれ違いに猫ちゃんが私の車に要件ある感じに急ぎ足

お互いに冬の寒い東京の町田市にて。

車の下が暖かい、知っているんですよね、ただしボンネット、猫ちゃんの足跡と滑った形跡の足跡、あれは、さすがに・・。

ところで北海道、実は東京よりも暖かい感覚です
着込んでいる?
ただ列車にしてもバスも宿泊先でも暖房管理が上手いので普通に寒さは感じません。

生活感あるカッパドキア、私の場合は猫ちゃんが普通にカッパドキアにで茂木健一郎さまと理由は違うと思いますが
私もカッパドキア良いな!

投稿: | 2009/01/02 0:19:24

茂木さん、番組を拝見いたしました。
途中、うたた寝しつつ、気がつくと
モン・サン・ミッシェルが始まっていました。

カッパドキアとモン・サン・ミッシェルは、
以前、行ってみたいと思いパンフレットを
かなり見ましたが、行き先を変更してしまい
まだ行ったことがありません。

トルコは西欧とアジアの文化が混ざり合っていて
とても面白い国ですね。

トンネルの家で思い出したことがあります。
私が小学校へ行く道中、トンネルの中なのですが、
防空壕があり、それを上手く利用して観音扉をつけて
その中で暮らしていたおじいさんがいました。
私たち子供の傘の修理をしながら?!生活をされていた
様なのですが、なんだか居心地がよさそうに思えたのは
やはり本能なのでしょうか?(笑)

モン・サン・ミッシェルは、神秘的ですねー。
海に浮かんでいる写真を昔、見た時、「うそぉ~。」と思い
ました。
巡礼者が亡くなったというお話しですが、人の手によって
便利になる反面、自然が破壊されてしまい、その良さや凄み
など、徐々に失われていってしまうことは残念ですね。

ヴィクトル・ユゴーのお話しは、初めて知りました。
レ・ミゼラブルはミュージカルも観ましたが、やはり
人に歴史あり!ですね。

たけしさんの発想は、なんとも、まぁ~、「どひゃ~」って
感じがありますね。(笑)

面白かったです。

今日は、おせちに祝い酒でもう眠いです。(笑)
しばらくお客様が続き、賑やかに楽しいお正月。

では、おやすみなさい。

投稿: | 2009/01/02 0:01:37

茂木先生こんばんは♪チラチラ目の保養をしながら、『脳とクオリア』を拝読しております。隠し芸は生放送だったのですね。新年早々お勤め本当にお疲れ様でございます。(>_<)
羽織袴似合っておいででしたよ。ヾ(●∀●)うしし♪
驚異なんてそこら辺にありふれている、宇宙は神秘の出し惜しみをしない…成る程なあと思いました。いも虫が蝶になるエピジェネティクスも、美しき驚異なのです。
満開の桜の花を見上げることができるよナ、ねえオケラくん、ゴマダラチョウの幼虫、ユズリカの卵よ…先生が手のひらに虫達を乗っけて優しく話しかけていらっしゃる姿を想像するのです。そして私もオケラくんになりたいのです。。(〃_ _)σ∥
 
命懸けの具体を見つけた人は幸せだと思います。
そして情熱を知る。

投稿: | 2009/01/01 23:02:10

茂木健一郎さま

あらためまして

あけまして
おめでとうございます。

小樽、天候、青空も幾分
本日も小樽天狗山スキー場さまでスキー
そして夜は
必見
放送、とても楽しみです。

ロシニョールさま、貸与のスキー板、本日より使わせて頂きます。

投稿: | 2009/01/01 8:25:56

コメントを書く