« 朝日カルチャーセンター 脳と宇宙 | トップページ | 朝日カルチャーセンター 《対談》「パイパー」 »

2009/01/16

朝日カルチャーセンター 対談・危機と脳

朝日カルチャーセンター 対談・危機と脳

対談 林春男 × 茂木健一郎

1.17阪神・淡路大震災メモリアル
《対談》危機と脳

2009年1月17日(土)
15時30分〜17時30分
朝日カルチャーセンター

ニューヨーク貿易センタービル・テロ、スマトラ島沖地震、ハリケーン・カトリーナ、中国四川省地震など、世界は大きな犠牲を伴う巨大な危機に見舞われ、わが国では首都圏直下地震の発生も危惧されています。
 1995年1月17日、阪神・淡路大震災。その日、社会心理学者の林氏は、壮絶な揺れで目を覚ましました。震災を自ら体験し、復興に携わり、いかに巨大災害に立ち向かうかについて研究を深めてきた林氏と、気鋭の脳科学者・茂木氏が、最新の脳科学の知見をふまえ、思いもよらないことが突発的に起こったとき、脳はどう働き、どんな心理状態や行動が起こるのか、また一刻も早く日常の生活を取り戻すためにはどうすればよいのか、ともに考え、語り合います。

詳細 

1月 16, 2009 at 12:19 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日カルチャーセンター 対談・危機と脳:

» 募金について考える トラックバック SWANの 「Trust me!」
最近大きな災害が続いています。 先日までミャンマーのサイクロン被害が話題になっていました。 今話題の中心は中国の四川省で起きた大地震となっています。 被災地の一刻も早い復旧を願うばかりです。 大災害は... [続きを読む]

受信: 2009/01/16 12:26:26

コメント

茂木せんせい、
おかえりなさい。

きのう仕事のスペースが空き、確認の電話をしてみればこちらもスペースありとの事。
急きょ受講させて頂くことに。
震災のお話しと言う事でしたが、お話しの内容は何処をとっても全てに通ずる。
林先生もおっしゃっておりましたが、今気になる事は、のちに繋がる様に思うと。
気のせいでしょうか、お話しが進むにつれ林望先生との対談時を思いました。
とても穏やか、なおかつ芯のある語りにおもわず、あっ!とどちらも姓は林さん…


そして、ご多忙すぎる健一朗くんのお風邪がはやくなおりますように!

投稿: | 2009/01/18 1:23:11

おはようございます!!
めでたく今日、茂木さんと林春男先生の対談を聴きに行きます!!
たった今電話で予約できたのです。嬉ーなー!!
本当は妹たちと手巻き寿司パーティーだったけど、明日に延期になったのです。私は空かさずチャンスを掴めた気がする。
対談楽しみです!!
よろしくお願いします!(^^)!

投稿: | 2009/01/17 11:36:20

あの17日の朝、明るくなってから
絶叫やモノが壊れる音のなか「誰かけが人はいませんか」
か細い声がアパートの中庭に響いてました。

外を覗くと近くの警察学校の若い学生さんが
制服を身にまとい懸命に近所へ声かけしてました。

あの日の朝、使命感に満ちて震える声で
他者を助けようとしていた若い警官。

自分も怖かっただろうに。
あの暗い中、制服に着替えて外に出て行ったんだね。

背中に怪我をした方を背負ってよろよろ階段を上がって行った
細い小さなその後ろ姿を思います。
茂木さん、人間ってそんなに悪くないですよ。

あの激動の日々に心底そう思いました。
明日の講演を楽しみにしております。風邪が悪化しませんように。


投稿: | 2009/01/17 0:37:35

コメントを書く