« 冬のフェア | トップページ | サプライズとは何か »

2008/11/09

味噌カツ

 エンジン01の「夜楽」会場で、
山本益博さんといろいろ
お話する。

 NHKの山本隆之さん(タカさん)
が来たのでびっくりした。

 タカさんは、みなさんご存じの通り、
『プロフェッショナル 仕事の流儀』
のデスクとしてずっと活躍された後、
今年の夏に名古屋放送局にチーフプロデューサー
として栄転されている。

 天才編集マンの小林幸二さんが、
たまたま、編集の仕事で名古屋に
来ていた。

 名古屋で山本さん、小林さんと
一緒に飲むことになるとは、
本当にびっくり。

 わいわいがやがやと盛り上がる。

 三枝成彰オヤビン、奥田瑛二さん、
中丸三千繪さん、原島博さんなどなどと
談話する。

 名古屋の街を歩いているうちに、
なぜか、ふと、「やっと馴染んできたな」
と思った。
 
 人は、行動する時には、何か一つを
選択せねばならない。
 しかし、認識においては、必ずしも
そうではない。

 どうなるかわからぬ。
 印象は拡散する。

 そのやわらかな日差しの中に、
とどまることができるか。

 朝の部屋で缶コーヒーを飲む。

 今週は名古屋にずいぶんいた。

 今や、
 ボクの身体の一パーセントは
味噌カツでできているんじゃないかしら。

11月 9, 2008 at 08:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味噌カツ:

» ボクらの時代 地井武男×小野武彦×村井国夫 トラックバック 須磨寺ものがたり
俳優座養成所同期だった3人の男たち、 共に60歳を超え、 同じ時代を生きてきたものどおしの、 遠慮のないトークが楽しい。 [続きを読む]

受信: 2008/11/09 9:43:48

» 気づきの中に トラックバック ただいま妄想中
その昔。子どもの頃。いろんな人に尋ねていた。 「しあわせって何・・・?」 おばあちゃんは、ポツリと言った。 「気づくこと。築くことじゃないよ。」 「・・・ふぅん。」 なんだか、わかったような、わからないようなまま 時は過ぎて行った。 先日、視覚障害の方が聴かれる本を読む 朗読奉仕の研修に行ったとき。 日本語の美しさを、先生が教えて下さった。 山わらう・・・・・春 山したたる・・・夏 山よそう・・・・・秋 山ねむる・・・・冬 季語の表現力の豊かさに、胸が熱くなった。 それをきっかけに... [続きを読む]

受信: 2008/11/09 10:01:51

コメント

とうとう大晦日ですね。
茂木さんのお話を聴くようになって、数えたら三回目になっていました。 

書きたいことがたくさんあって、
長くなってしまうかもしれません。。

きのう感じたこと  日記を読んで、
ああ、わたしは駄目なんだな.. と思いました。
ようやく納得できるのかもしれない、と思いました。

無理をしても、スケルツォなどとうてい
ただのノイズになってしまう気がしました。

茂木さんはときどき駄目だしをされるのですが、
その、こういうのはだめだ..というのに
ことごとく私が当てはまっているようで、
その都度自信を喪失してしまいます。

多くの時間をかけないと、どうしても納得できないことや、
昇華できないことってあるんですね。。


読んでからかなりの時間こう思っていて
しばらくたって読みなおして、きちんと読めていないのに反省しました。

衝突のかけがえのなさについてのお話でした..
それについて、もっと自覚をしなければいけないと思いました。

明けてきょう

ひとのこころが判ることが教養であるということばの、
そこだけ聴いたときにざらざら、ざらざらしたものを感じてしまうのは、
わたしが断絶にたいして深く思ってしまうところがあるからなのかと思いました。

そう思えることがほんとうに教養というものなのか.. 
実際にそうしようと思うと途方もなくむずかしいですが、
実際にそうできるのがほんとうの教養なのかもしれない..など
いろいろ考えるところのあることばで、それを思い出しました。
すばらしい日記でした。


美禰子の真意は最後までわからぬままですね..
徹底して三四郎の側から書かれていて。
先生の本はそうですね。
ファースト・インパクトについてのものというのは合点がゆきました。
小説をかく人は、その人はどういう気持でこうしている、というのを細かく設定して書くものなんでしょうか。。
先生にだけは彼女の真意はわかっていたのでしょうか。
それとも自分の経験から、わかる部分だけを書いたのでしょうか。

浅読みで悩んだおかげで、大切なことを思い出しました。
止めるのも、停まるのも、続けるのも、決定権はすべて自分にあること。。
ぜんぶ自分できめることができる..
私はそれをしばらく忘れていました。

自分がこころの底から大切だと思えるもの、心酔できるものを見極めて、
それを大事にすればよいんだな.. と
すっきりとしました。

考えすぎてしまうとよくなくなるので、
来年は、もっとシンプルに
自分の感覚を見極めて、感じたことにもっともっと忠実になるようにしたいです。


一昨日は、博士とおなじく鎌倉にいました。
向かうバスの中でコメントを書きました。
お会いしたかったですが..
風邪を引いていて、道が込んでいるうちにわるくなって、
バスを降りたら真っ赤になって、ひどい顔をしていたように思うので、
恥ずかしかったかもしれません。

人がたくさんでしたね。。
鳩サブレーと、牛肉を買いました。
おいしく良心的で、今ごろめずらしく竹の皮につつんでくれる
すてきなよいお店です。

時間がかかってしまいました。
掃除をしなくては。。
ほんとうに、長くなってしまってすみません。

ことしは身辺ばたばたつづきで、
先生のお話を聴ける機会が減ってしまったのが残念でした。
来年は良い年になるとよいなあ。。 

茂木さんはことしも、め一杯ご自分の力を生かされて
活躍なさいましたね。
いろいろなことを教わって、考えることができました。
ほんとうにありがとうございました。

お体さぞお疲れになっていると思います。
いつまでも健やかにいられるように、
つかの間でもゆっくりお休みになれるとよいですね。。

柔らかな日差しのなかに、ずっといられることを祈っています。

どうぞお大事に
よいお年をお迎えください..


投稿: | 2008/12/31 11:09:30

毎日、知らない事ばかりの世の中と出会う日々。

 最近の出会いの中のひとつが生物分子学。

生物分子学上、生き物は、食べ物と入れ替わっているらしい。
つまり、実存するものがあるわけではなくて、流れがそこには
あるのみ、、、なんですと。

 まちがいなく、茂木さんの体は味噌カツと入れ替わっている
ということで。。。。
ちなみに、わたしは、天ぷらと入れ替わっている。


投稿: | 2008/11/10 15:14:49

PS:脱字(誤字も?) をなおし直す前に送信しちゃいました。
ごめんなさい。リリィ

投稿: | 2008/11/10 10:44:23

おはようございます。 
拝見しながらコーヒー引用中です。

味噌カツ、お好きですか?
いいレシピがあります。 パルシステム(Kinari)のものです。

 
材料(大人2名分)

A★しょうが焼用の豚ロース(約200g)

B★ねぎ(1本)
     <白い部分のみでよいと思います>

C★しょうが(1かけ分 ※すりおろし)、みそ(大さじ1)、
みりん(大さじ2分の1)

D★塩、こしょう、片栗粉、小麦粉、パン粉、揚げ油

Aの1枚を半分に切り、塩、こしょうを適宜に振り、肉のふちに片栗粉をつけます。
     <それにどんな効果があるのかは分かりません。>

Cの材料を適当なボールに混ぜ合わせておきます。

ねぎを、好きな厚さ・太さで斜め切りにし、ボールに入れ、Cの材料とよく混ぜ合わせます。

肉で、上記の‘ねぎみそ’を挟みます。それらを、小麦粉-卵-パン粉を順ぐり、つけます。
     <肉が薄ければミルフィーユ状に何層にも‘ねぎみそ’を挟んだり、肉2枚で‘ねぎみそ’を挟んだり、アレンジはし放題だと思います>

油で揚げます。
     <わたしは170度の中火で揚げました。上記で作ってきた‘ねぎみそぶた’の厚さによって、油の分量は変わってくると思います。薄ければ、パン粉自体も薄めにつけ、油少なめで揚げ焼きがおすすめです>

奥さまへぜひおねだりしてくだいね。 育ち盛りの息子さんもいらっしゃるのですよね? そしたら材料を倍量にしてください。
もしかして、もうおうちで食べたことのある味かなぁ。
簡単なので、茂木さんが作られのもよいかもしれませんね。

Bon appetit


投稿: | 2008/11/10 10:39:02

おはようございます。
最近は落ち着いて勉強に取り組めています。茂木先生のお言葉のおかげだと思っています。ありがとうございました。
名古屋にいらしたんですね。私は名古屋に数ヶ月住んでいたことがあります。味噌カツは苦手でしたが、ひつまぶしは絶品でよく食べていました。
先生も機会があれば、熱田蓬莱軒でひつまぶしを召し上がってみてください。鰻でパワーも出て、お仕事もはかどることと思います。

本格的に寒くなってきましたが、風邪などひかれないよう、お体御自愛くださいね。

投稿: | 2008/11/10 10:23:26

はじめて。

私は脳のことも詳しくないし、賢くもないので、コメントを書いて良いのか躊躇しました。でも書いてしまいます。

私は茂木さんが好きです。最近は、「好きなタイプは?」と聞かれたら「茂木さん」と答えます。中には「知らない」とか「なんで?」と聞く人もいます。多分、私や周りの人の年齢が低いからです。
「ほら、あいのりに出てる‥」と言うとわかってくれます。
私は名古屋に住んでいるので、ブログを読んで 茂木さんも名古屋にいたんだ!と嬉しく思いました。

上手く書けてないかもしれませんが、これからも頑張ってください。

投稿: | 2008/11/10 3:58:39

今回の名古屋滞在で味噌カツに包まれた茂木さん、
次回はぜひエビフライに包まれてみてください♪
愛知の喫茶店ではモーニングといって
コーヒーなど注文するとサービスでトーストやサラダが付いてきます。
モーニングサービスタイムはお店によって時間もまちまち、
付いてくるものもまちまちなので、モーニングはしごをぜひ!
もうすでに体験済みかな???
わたしは名古屋から30分ほど電車に揺られたところに住んでいますが
ちょっと田舎だけにモーニングはなかなかゴージャスですよ☆

投稿: | 2008/11/09 23:12:00

茂木先生、こんばんわ。

日々を(私が動いて…これを主体的に。と言うのかな?)楽しみ過ごす事。

○○がないから…時間がないから出来ない。ではなくて、○○がなくても、時間がなくても、身体はあります!動いてみると何とかなるもの。

最近、だんだん気持ちと身体の動きが、合ってきた…と、ふっと感じる事があります。

新たにやってみたい事(行ってみたい所)が出来、今年中にそれをしてみたいと思います!

出来ることを楽しみにしております。
あれこれと考えるのも大事だけれど、行動しなくちゃ!

それらやりたい事が一つにまとまっていけば良いなぁと思います。

投稿: | 2008/11/09 22:06:29

茂木先生の体の10%位は味噌カツが占めてしまいましたか??
エンジン01に参加しました。茂木先生のクラスは初日はとれませんでしたが、なんでも質問大会は参加しました。茂木先生の答えは、早口だけど簡潔で分かりやすく興味深かったです。
「夜楽」は中沢新一学長の所へ。これまた面白かったです。
こんな機会が名古屋であってホント楽しかったです(茂木先生のかわいい絵付きの本が買えず残念でした・・・)

投稿: | 2008/11/09 21:36:58

 はじめまして。
 茂木健一郎さんの『脳を活かす勉強法』『脳と仮想』…、高橋悠治氏との対談、また、江村哲二氏との御活動を通じ、ファンになりました。
 私は、高校2年生の男子です。
 私は、ここ最近ワクワクしていませんでした。輝かしい未来への妄想は、気が付くと白けた男性器のように委縮しておりました。
 しかし、茂木さんの著作等に出会い、幼少のころのような「夢中」を取り戻しました。ありがとうございました。
 私にとって、茂木さんは「かっこいい」存在なのです。

投稿: | 2008/11/09 20:48:09

韓国の百歳酒という薬膳酒がありますのでお試しください。おいしいくて飲みやすいです。ブラジルのイグアスコーヒーはインスタントコーヒーですが大変おいしいです。これまた、お試しください。自然世界の食べ物で出来た人の身体は博物館のようですね。魚の遺伝子、野菜の遺伝子などまぜこぜになるのでしょうか。まるで人の身体は遺伝子のカクテル、遺伝子の丼。空間に散らばる空気は身体を駆け巡り、溜め息混じりで世界に揺らめいていくような感じです。空間を身体は移動します。身体という入れ物に食べ物を移動させます。そして食べ物は形を変え空間に解き放たれます。自然世界という入れ物にいろんな入れ物が動いたり、じっとしたり。世界は入れ物の入れ物の入れ物入れ物。意識しない呼吸は時には溜め息となって空間を漂い何度も何度もあなたや私の身体に舞い戻る。溜め息はコーヒーや百歳酒と混じり、遺伝子カクテルに感情や情報を提供しますね。二日酔いです。

投稿: | 2008/11/09 19:05:00

茂木先生 こんにちは♪
今朝の夢に先生が出てきて下さいました。夢の中で朝カルに行く途中のコンビニで、先生が店員をしていました。私はお金を払う時にあっ!と思い、そしたら先生も気付いて下さって「さっきシートと上げたでしょ!」と。安くなるらしいものです!?私はお財布の中身を全部レジの前に開けてしまい、小銭ばかり山盛りになっている所から、1300円だけとらなくてはならないので大変でした。そうこうするうちに朝カルの時間は近付いて、先生は行かれてしまい、レジには誰もいず長い行列が出来て困っていたら、先生がまた戻って来てくれました。夢って不思議です。先生はいろんな方の夢にまで出て働いているんですね~(笑)お忙しい所ありがとうございました。「行動は一つを選択。認識は必ずしもそうではない」を読んで、なぜか今朝の夢が思いだされました。でもコンビニの店員お似合いでしたけど…(笑)♪

投稿: | 2008/11/09 15:16:48

味噌カツうまいだらー(三河弁です)。

今日の日記を読んで、昼に「八丁味噌カツ煮込みうどん」を食べに行っちゃいました。煮込みうどんにとんかつがトッピングされたやつです。

冷え込んだ今日みたいな日には

「お~ぅ、温まるー!」

思わず、店を出た時につぶやきました(笑)。

投稿: | 2008/11/09 13:49:53

こんにちわ

最近、毎日(日曜日、雨の日を除く)サイクリングしています。それで、毎日、筋肉体脂肪計付き体重計で体重を計っていますが、500グラムぐらい行ったり来たりしながら少しずつ筋肉が増えています。また、休んでいると、脂肪が増えていくのが、目に見えてわかるのが怖いです・・・。


体重の1%と言うと、数百グラムですから、茂木さんの体の1%は、本当に味噌カツなのかも?(^^)

投稿: | 2008/11/09 13:34:37

先生こんにちは。 名古屋で素敵な偶然があったのですね♪
地元に居た頃は、伊良湖に行った帰りにはよく味噌カツを食べてました。『僕の身体の1%は味噌カツでできてるんじゃないかしら』、なんて可愛らしいのでしょう☆(スミマセン(汗))
でも確かに味噌カツは“うみゃー”のですよ♪
おひつまぶしやメロンも好きですが。(*^ω^*)
人は行動する時には、何か1つを選択せねばならない。しかし認識においては、必ずしもそうではない…これもまた深いお言葉だなあと。
馴染んでくると帰る時少し切なくなるのは、私だけかしら。?
それでは、午後からも良い1日をお過ごし下さいませ。今日お帰りでしたらお気をつけて。(*´∀`*)ノシ

投稿: | 2008/11/09 12:36:35

茂木さん、こんにちは。
大阪の空は、何だかハッキリとしない
どんよりした感じで、雨になってしまう
のかなぁ~。

さて、昨日は名古屋で賑やかに楽しいひと時を
過ごされたご様子。
タカさんこと、山本チーフ・プロデューサーにも
お会いできてよかったですね!

「やっと馴染んできたな」?! (笑)
「どうなるかわからぬ。印象は拡散する。」とは???(笑)
偶有性ということなのでしょうか?!
昨日の「サンタクロース」に繋がっている様な感じですね?!

何だかハッキリとはわかりませぬが(笑)。
何か「対象」に対して拡散するということは、そこに
向けられる強い気持ちが「ある、ない」なのではないかと
考えてみました。
何かを学ぶ時や出会いや仕事においても
「これは外せない。何がなんでも!」という強い思いが
そこにあれば、それを生かしていけるのではないかな・・・。
と思いました。
以前、確か茂木さんもこのブログで「継続すること」を
どなたかにおっしゃっていましたね。
そこから見えてくるもの、そこから生まれる関係性という
のは、あるのではないでしょうか?
違いますか?(笑)

「読売ウィークリー」に‘幸せって何だろう?’とありましたが
そこにも「たったひとつのリンゴとうまく向き合えれば・・・。」
とありましたね?!
そう思います。

私は公私にわたっていろ~んな方とお目にかかりますが、
その中にあって、やはり「あ~、この方とは何かご縁がある
のかな?!」というのは、直感でか、感じるものがありますね。
かといって、能動的な方ではない私は、特に行動を起こすわけ
ではないのですが、何か、そういう人とは仕事で度重なったり
するものです。
不思議なことですね。
時同じころ、同じ事を考えていたのね!びっくり!!
な~んてこと、ありませんか?!
不思議な感覚ですが・・・。
それは、きっと何か「ご縁」があると言えるのかもしれません。
思考や居る場所?何かが近いのかな? 繋がる何かがあるのかも
しれませんね。

「味噌カツ」ですか?
名古屋と言えば、「八丁味噌」ですね~。
お味噌汁も赤だし。
独特の辛さがありますが、好きです。
私は九州なので、麦味噌なのですが。(あわせ味噌にして)
お味噌もいろいろあって、味も風味もそれぞれ楽しめて
よいですね。
そういえば、奈良には白味噌のお鍋で「あすか鍋」という
のがありますが、召し上がったことはありますか?
ベースはスープ・牛乳・白味噌なのですが、これが美味しい!!
ホワイト・シチューに近い味で和風なのです。
作ってみてください。(笑)

では、今日もよいことがいっぱい!ありますように!!


投稿: | 2008/11/09 12:16:06

こんにちは。

名古屋といえば、金のシャチホコ、名古屋コーチン、八丁味噌、それからあと、やっぱり、味噌煮込みうどんと、味噌カツですか…。

名古屋は結構、味噌味の食べ物が多いみたいですね。個人的には塩味がすきですが、味噌味もおいしいですね…!

ここ数日の寒い日々には、あったかい味噌もの料理がいちばんだと思います。身体もポカポカになりますし。

これから冬に向かっていく時期、自販機のカン珈琲も、だんだん、「あたたかい」の表示に変わっていく。

冷えきった時、自販機で買って手にする、あつあつのカン珈琲…何と有り難いことか!

以前、カン珈琲を買うときに失敗した時が実は何度かある。

ある年の冬の酷く寒い日のこと。あたたかいカン珈琲を買おうとして、つめたいほうのボタンをつい押してしまい、お蔭でわが手にはキンキンに冷えた冷たいカン珈琲が…(涙)。

この“ついうっかり”は、印象の拡散と直接には関係ないと思われるけれども…自分がこれだと決めた何かを買おうと行動しても、その決めたものではない別なものを買ってしまって、あっしまった!と思った時は数えきれず…。(特に自販機でこの失敗をやらかす事が我ながら多い)

これもひょっとしたら“自由意思”の問題と、深い所で繋がっているのではないか…とこれを書きながら思っています。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/11/09 11:54:22

茂木さん、おはようございます!

名古屋が近いからか、わたしの出身地・岐阜でも
味噌カツをよく食べるんですよ~!美味しいですよね!!

あの甘さに慣れると、ソースじゃ物足りない感じですね。

それにしても『身体の1%が味噌カツでできている』
おもしろすぎデス!!笑笑。たくさん食べられたんですね~♪

明日への活力ですね!!

投稿: 月のひかり | 2008/11/09 10:26:35

茂木健一郎さま

本日も狭山スキー場にスキー行ってきます。

味噌カツ

食べたことないので想像なんですが

お肉を味噌に浸していたのを かな

少し辛いのかな?逆に甘味噌もあるので甘いのかな
ただ
甘いとご飯に合わない?

ソース、つけるのかな?
カリカリした食感なのかな? それとも、トロッとしているのかな 

私 味噌カツ 今度 食べないと!! 


投稿: | 2008/11/09 8:57:41

茂木健一郎さま

名古屋 参ったことないです、と いきなりの書き出し

テレビを観ていてプロ野球 
かつての名古屋球場 レフト方向だった記憶があります 
タイミングが合えば新幹線を ちら見 本当 テレビCMの

チラ!チラチラ!! チラ!
じゃないですが  本当 タイミングが合えば。

あとは名古屋というと テレビ塔にシャチホコ

そして あれは地鶏? 名古屋コーチン 食したことないので

新幹線の早いのでしたら 時間的には近いんですよね東京から。

投稿: | 2008/11/09 8:39:36

おはようございます

味噌カツになじまれたようですね。私は学生の頃豊橋に住んでいましたので名古屋にはよくいきました。

>その柔らかな日差しのなかに、とどまることができるか

わたしもそう感じることがあります。でも体はひとつですです。

そこがもどかしくなることがあります。

それでも認識の自由を信じたい気持ちです。

投稿: 腹出し | 2008/11/09 8:32:16

コメントを書く