« 本日 | トップページ | 新しき村 講演会 »

2008/11/04

枯れ葉

 ふだんは穏やかに世間と
つきあっているつもりだけれども、
時々、さまざまな要素が
ロイヤル・ストレート・フラッシュの
ように符合して、いわば
「パーフェクト・ストーム」となって
荒れくるう。

 そんな時、無意識のうちから、
伏流となっていた情念が
吹き出してくる。
 
 青山学院大学や、
丸善でのトークで、自分の内から
熱気が吹き出しつつある
のを感じて、やばいやばい、
押さえなければと思った。

 いかん。まだ若造だな。

 青山祭の実行委員の学生たちと
記念撮影。
 素晴らしい運営でした。
 アリガトウ!


青山祭の実行委員の方々と。

 『脳を活かす勉強法』
 『脳を活かす仕事術』
があわせて100万部になった
ということで、
 PHP研究所の方々が
くす玉を用意下さった。

 長く生きているが、くす玉を
割ったのは初めてのことである。
 
 担当の木南勇二さんを始め、
みなさん、深謝。

 いち、に、のさんで見事
落下しました。


100万部突破のくす玉。

 心の中の嵐はうまく振り向ければ
きっと良いことに作用してくれるだろう。

 くるくるくるくる

 木の葉がすごい勢いで回転しながら
舞っているのが見えるよ。

 ボクの心の中には、二十年前、
ロマンティックアイロニーのただ中にいた
頃の枯れ葉がまだ積もっていたんだね。


丸善丸の内本店での講演にて。

(photos by Atsushi Sasaki)

11月 4, 2008 at 07:54 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枯れ葉:

» 無意識を意識化する トラックバック 須磨寺ものがたり
いつものことで、自分がネガティブモードになりそうだと、 茂木健一郎さんの本を手元に引き寄せ、 自分を鼓舞するようにしている。 [続きを読む]

受信: 2008/11/04 10:24:40

» 河村祭(15) トラックバック 御林守河村家を守る会
河村氏の祖河村秀高の子、 嫡男義秀は相模河村城を 四男秀清は奥州大巻城を 居城としていました。 800年以上昔のことです。 金谷河村氏が義秀の末裔であることは 『駿河記』に記され、 奥州河村氏が秀清の末裔であることは、 『吾妻鏡』に記されています。 ゆえに�... [続きを読む]

受信: 2008/11/05 8:05:57

コメント

茂木さん(^O^)ノ★☆

私はいつも頭が違うところをさまよっているので、

枯葉の意味を勘違いしたかなあと
こちらの日記再度読ませて頂き思いました
(^_^;)

情熱溢れるのは良いことですよね(o^v^o)

茂木さんがお元気そうで良かったです。

投稿: ももすけ | 2008/11/05 16:21:20

サインに「英語を学べ」と所望しましたが、書かれていたのはそんな次元とは異なる、はっとする素敵な言葉でした。
オスカー・ワイルドの"We are all in the gutter,but some of us are looking at the stars."の「何人か」であるよう、
綴れ織る日々を生きていきたいです。

投稿: しずく | 2008/11/05 9:49:25

茂木先生おはようございます。
青学での講演に参加させていただきました。
先生は、学生と<対話>なさるときが
一番活き活きしていらっしゃるんですね。
いやあ、面白かったです!

思い出せない記憶も自分を構成しているかけがえのないものであること、
自分を決め付けないこと、組織に属することで安心しないこと等等
どれも示唆に富んだ素晴らしいお話(アジ)でしたが、
中でも受難と情熱のお話が一番身に染みました。
私のような未熟者は、
ことが起こるとすぐに自分の外に原因を求めてしまいますが、
それでは何も変らないのですね。
マイナスをプラスに転化させられるよう、
passionとともに生きなくては!
…どこか「運命愛」に通じるものがありますね。

そうそう質疑応答の際に、とてもよいことを聴きました。
私も常々、茂木先生を師匠と呼ばせていただきたいと勝手ながら思っておりましたが、
「そういう方面」であれば弟子をとってもいいというお考えがあるのでしたら、
無謀にもその道で弟子入り志願します!
ともかくまずはアウトプットですね!
あ、そのために無意識のアーカイヴも充実させていかなくちゃ!
今から修行です。弟子として入門を認められることを夢見て!

投稿: ちはる | 2008/11/05 6:44:19

茂木先生おはようございます♪
大変素敵なお写真ですね。先生の笑顔に木の葉がキラキラ舞っています。
心の中の嵐はうまく振り向ければきっと良いことに作用してくれる…無限の力が湧いてくるような力強いお言葉でございます。(*^∀^*)
そして、ロマンティックアイロニーは創造性、新しいことを生み出すクリエイティビティ…いつも沢山の学びを与えて下さる先生に感謝しながら☆☆☆
それでは、先生今日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。(*⌒∀⌒*)ノシ

投稿: wahine | 2008/11/05 6:24:35

茂木先生、こんばんわ。
100万部達成、おめでとうございます!!

青山学院大学と丸善での講演会、聞きに行った方々は、ワクワクして素敵な時間を過ごされたでしょうね。

素敵な編集者の方々ですね。

今晩は、空が澄んでいて綺麗な月とお星様が見れました。
空気も澄んでいて、気持ち良いです。
明日は寒くなりそうですね。
お身体、大切になさってください。

投稿: 奏。 | 2008/11/04 23:42:10

綺麗な月に誘われるように、帰宅途中でブログを拝見いたしました。
「詩人だなぁ」と、うっとりしていると家路に急ぐことを忘れ、
電車を見送り駅のベンチで佇んでいました。

すると、一枚の絵が浮かんできました。
東山魁夷さんの「木枯らし舞う」という作品です。
先生はご覧になられたことがありますか?

この絵の前に立つと、今にも妖精が舞い降りて来そうな錯覚に陥ります。
そして、その一本の道のずっと先には、とても輝かしい何かがあるような気がしてなりません。

先生の心のなかの枯れ葉に勝手に重ねていました
夜風にあたりながら、私の心はなぜかとても潤いました。
いつも、ありがとうございます


寒さが感じられる頃になりました。
お疲れのお身体、くれぐれもご自愛ください。


投稿: ボレロ | 2008/11/04 23:09:48

丸善丸の内本店の講演で一番最初に質問させていただいた
「愛妻家」です。

>自分の内から
>熱気が吹き出しつつある
>のを感じて、やばいやばい、
>押さえなければと思った。

茂木先生の熱が伝わってくる講演でした。

私にも自分基準で選んでいるライバルがいます。
ライバルを、ますます偏愛しようと想いました。

講演では、ありがとうございました。

投稿: 愛妻家 | 2008/11/04 22:52:33

事前に知っていたら聴講させて頂きに行ったのですが、残念でした。

もっとも、今回の主役の2冊の御著は、遥か以前から、購入・拝読・蔵書とさ
せて頂いています。

2冊とも、内容が、参考的意見に留まらず、茂木博士の熱さが伝わって発奮す
るとても良い本です。値段も御手頃です。

皆さん、注文してでも買いましょう!

さあ、書店にダッシュだ!

投稿: ALBANIA | 2008/11/04 21:29:15

茂木さん、ご無沙汰してます~~
といっても一週間くらいでしょうか、
なかなかネットをすることができませんでした

茂木さんの中の枯葉…
私の中にも枯葉はありますよ。
一昨日も、半狂乱になっていましたわ。

でも、茂木さん、
茂木さんの素晴らしい長所を伸ばし
お仕事をこつこつ頑張っていかれたら、

絶対、心の中の枯葉はいつか養分となって春の息吹につながると
私は確信してます!

私の一昨日の半狂乱は、私の中の毒が、私の体から出ていったのだと理解してます。

それは私が自分を元気にするために自らを癒す努力をしているからです。

癒す方法は千差万別、茂木さんにあった癒し方があると思うので

ご自身の幸福のためにも、心の中の枯葉を、養分に変えることができるといいですね。

投稿: ももすけ | 2008/11/04 21:27:03

> 心の中の嵐はうまく振り向ければ
きっと良いことに作用してくれるだろう。

 くるくるくるくる

 木の葉がすごい勢いで回転しながら
舞っているのが見えるよ。

・・・

くるくるくるくる

飛んでく
飛んでく
どこへ行く?

こっち こっち

垣根の側

さむ~い北風ぴゅーぴゅー吹いてきた。

♪垣根の垣根の曲がり角
焚き火だ 焚き火だ 落ち葉たき
「あたろうか?」「あたろうよ」
相談しながら歩いてく♪

…その木の葉きっと、誰かの凍えたこころを暖めてくれるね。

投稿: あすか | 2008/11/04 21:26:58

今回は、二十年前のロマンティックアイロニーただ中のくるくる枯葉が舞い上がり かなり熱くなられたようで、私「やばいやばい」の逆に拝見させて頂きたかったです、とても。
いつもの講演の語り口も元気だなぁと思っていたのですが、それ以上に情熱的だったのでしょうね。
100万部突破、おめでとうございます。

投稿: 穂 | 2008/11/04 20:20:00

何時もは穏やかに色々なものや人と触れ合って過ごしていても、人というのはきっと、心の何処かに熱く燃えて渦巻く情熱の嵐をずっと抱え込んでいるのかもしれない。仮令、どんなに意気消沈しているときでも。

それにしても、嗚呼!せめて学園祭にでも赴いていればよかった…。

燃える思いを内に秘めて語られる、茂木さんのお姿、見たかったなァ。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/11/04 19:23:07

茂木 健一郎様、

はじめまして。
先日、青山学院大学での講演会を聞かせて頂きました、文学部二年に所属しております、山田と申します。
その際は大変興味深いお話をして下さって、誠にありがとうございました。茂木様の書籍を何度も繰り返し読ませて頂いてましたので、直接お会いすることができとても光栄でした。

残念なことに、以前から気になっていたことは質問することはできませんでしたが、また茂木様のお話が聞かせて頂けるような機会がありましたら、是非参加させていただきます。
私自身、これから目標を目指して精進していく身でございます。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

『脳を活かす勉強法』『脳を活かす仕事術』
100万部突破、おめでとうございます。

山田

投稿: sakura | 2008/11/04 18:27:00

サイコロを振って1の目が出る確率は6分の1ではないです


それはサイコロを600回ふって1の目が100回でるという
ごまかしにすぎません

投稿: 伊達泰弘 | 2008/11/04 14:56:07

 初めて茂木さんの本を読んで、
なんてセクシーな人なんだろうと思ったけれど、
周りに賛同者がなかなかいない。

 もちろんみんなの意見は
茂木さんは激しく素晴らしい人だけれど、
セクシーかどうかは、、、、、、
ということなのだけれど。

けれど、ようやく気づいたのは。
詰まるところ、
茂木さんのアグレッシブさや情熱的なところに
セクシー!!!と反応した
私が、マゾだっていうことでした。

ただ自分自身を経験するのだ
と言った
ツラトゥストラはえらい。


 木の葉のダンス。  
‘世界の果てでダンス’を書いたのは
ゲド戦記の作者でしたね。

ゲドも、ツラトゥストラも山に登って
籠もっていたっけ。

風が落ち葉を運ぶように、
こころの嵐が
あなたを山まで運んでくれると
いいですね。


投稿: 温 | 2008/11/04 14:22:32

モギー先生こんにちは。

「枯れ葉」の輪舞だったらいいですね。
森の中の踊る紳士のように。
風とともに華麗に走りながら
ステップ踏んで。

落葉ならね 身をばやるわれも、
かなたこなた吹きまくれ 逆風よ
…てな感じです。
私は。

アウフヘーベンして、
次なる展開へいきたいものです。

吹き飛ばされないように
モギー先生 体に気をつけてくださいね。
先生はみんなの心に風をおこさなければ!

投稿: | 2008/11/04 12:45:55

この季節 日課 落ち葉掃き

        掃き溜めて 腐葉土となり 土着サイクル

        伏流水 間欠泉  ・・・ 貫ける 治山治水


情念の伏流  これもまた 貫く? 抜く?  ヌクヌク

投稿: 一光 | 2008/11/04 8:43:55

おはようございます。

100万部 おめでとうございます!
ミリオンセラーですね。。。古いか、たとえが!

「99万9998人も、おなじ本の読者仲間がいるんだなぁ」
という嬉しさも、実感としてあります。
それを感じさせるのも、ご著者の人徳ですね、ぜったいに。
ますますのご健勝と、素敵なアウトプウトを
お祈り申し上げます。

おくだ健太郎

投稿: おくだ健太郎 | 2008/11/04 8:36:42

茂木健一郎さま

格好、いいんです

佇まいの格好良さ

茂木健一郎さまのサイン入り書籍、もし私も購入のチャンスが巡ってきた際は、拝読用ではなく
飾っておきたい宝物にです。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2008/11/04 8:19:51

コメントを書く