« 『感動する脳』 16刷 | トップページ | 「科学する心を育むために」 »

2008/10/18

報酬は○○であることが前提になっているじゃないか

仕事が立て込んでいるときは、
眠る時間がある程度少なくなって
しまうのは仕方がないことで、
気合いで乗り切るけれども、
困るのは「走る」ということの準備が
できないことだ。

 朝一番、草を踏みしめ、木漏れ日を
感じ、空気を切る。

 そのことの意味は、「太陽を
浴びる」ということにもあるんだなあ、
と感じた。

 いつも同じ場所でひなたぼっこをしている
おじさんたちがいる。
 
 おじさんたちも、
 一日の始めに日を浴びることで
生を「キックスタート」するのであろう。

 前日眠っていないと、走っていても
何となく気合いが入らない。
 だから、できるだけ眠ろうとは思う
んだけど。

 『プロフェショナル 仕事の流儀』
のチーフプロデューサーの有吉伸人さんは、
慢性的な睡眠不足らしく、
 打ち合わせの時など、いつも眠そうに
している。

 そのくせ、カメラを構えると気配を
察知して、ぱちっと目を覚ますのだ。
 
 行ったことはないけれども、
サバンナの動物というものはこういう
感じなのかな。

 動物写真家、モギケンが撮影した、
珍獣、アリヨシノブートの生態をお送りします。


ソニーコンピュータサイエンス研究所にて、
所眞理雄さんとお話しする。

脳科学研究グループの会合。

須藤珠水が博士論文の内容を発表。
立派にまとまってきて、良かったなあ。

高野委未さんが新生児における
顔の表情認知をNIRS(Near infrared spectroscopy)
を用いて研究した論文を紹介する。

高野さん、一日をかけて丹念に論文を
読み込んできました!

立ち話。
田谷文彦とネスプレッソの話をする。

石川哲朗とコンビニに行く。

「石川君に、こんな実験ができないかと
議論をふっかけるシリーズ」。

「あのさあ、石川さあ」

「はい」

「この前、反証可能性の実験ができないか
とか言っていたじゃん。」

「はい。」

「今度はさ、報酬の○○性について実験をして
みたいと思うんだけど。」

「そうですか。」

「脳科学においてはさ、報酬は○○であることが
前提になっているじゃないか。でもさ、本当は
他者との関係においては○○なわけだろう。
そこのところの○○変数をさ、明示的に変化させて
○○させたらどうだろう。」

「そうですねえ。」

石川くんは、オレがべらべらしゃべっている
のを聞き流して、冷静においしいお菓子を
かごに入れていた。

石川は偉いやつだ。


石川哲朗氏

道徳教育の研究をされている先生方の
前で、いかに生きるべきかということに
ついてお話させていただいた。

どう生きるべきかということについては
正解がない。

だからこそ、生きるということは面白い。

正解がないことについて、「実は正解が
ないのです」とお話しながら、
熱烈に脳の弁護をする。

生きることの弁護をする。

10月 18, 2008 at 08:37 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55852/42823864

この記事へのトラックバック一覧です: 報酬は○○であることが前提になっているじゃないか:

» 村祭り トラックバック 御林守河村家を守る会
今日は大代神社の秋祭り。 朝七時から幟立てに行ってまいりました。 神社の名称を もとの「大寶神社」にもどすことは出来るのでしょうか。 神社庁に聞いてみようと思います。 名称は、それにまつわる歴史をも伝えてくれますから 安易に変えてしまうのはいかがかと思�... [続きを読む]

受信: 2008/10/18 11:44:55

» 生と死について トラックバック Tiptree's Zone
 生を否定するつもりは無い。生きることには、それなりの価値があることは認める。  だが、死を真っ向から否定することは、今の私にできることではない。苦しくて苦しくて逃げ出したくなることがあることを知っているから。また、そもそも、生きるに値しない生よりも死を....... [続きを読む]

受信: 2008/10/18 19:37:14

» ナギナタガヤが トラックバック 御林守河村家を守る会
ナギナタガヤが芽吹いています。 梅園のそこかしこに、 3センチほどのほそい芽が見えかくれしています。 きのう村祭りの幟を立てたあと、 豊志くんと喜彦君がその芽を見にきました。 この試みがうまくいけば 来年から彼らも種を播きたいということでした。 二人とも... [続きを読む]

受信: 2008/10/19 7:57:25

» ボクらの時代 小錦八十吉×曙太郎×武蔵丸光洋 トラックバック 須磨寺ものがたり
ハワイ出身の3人の大男たち、 合わせて体重が、 600kg以上となる。 元外国人相撲取りが集まり、 自分たちの相撲人生について語り合う。 [続きを読む]

受信: 2008/10/19 10:03:55

コメント

兎にも角にも、眠る時間が足りないというのは、シンドイものですね…。

最近は8時ごろでも、ひどく疲れたら、PCにも向かわず自室の布団に潜って眠ってしまうようになった。

人間、朝日を浴びないと、身体全体のスイッチがonにならないというのはよく聞かれる事だが、精神が深く萎えている時は、太陽の光を浴びるのが億劫になるようだ。

昨夜眠っている時、深い夢の中にいた。それは非常に不思議な夢であった。祇園あたりの舞妓さんや芸者さんと一緒に、お菓子を分け合ったり、ゲームをしたりする夢だった。

おまけに、夢の風景全体が、何故か茜色に染まっていた。秋の所為であろうか、こういう深い夢をよく見るようになった。

しかし、そういう夢を見るほど睡眠時間が取れないときは、こちらは気合どころか、ぼわぁんとしてしまいがちです。


ところで、どんなに寝不足でも、カメラが入った瞬間、バチッ!と眼が開く有吉さんは本当に凄い人だなぁ、と思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/10/19 8:45:09

茂木さん、おはようございま~~すhappy01sunshine

サバンナの珍獣・・・・アリヨシノブートサンの生態っ?!!

ああ・・・
どの写真も輝くばかりの素晴らしさshineshine
笑顔も素敵ですが、
特に目覚めてあとの伸びが素敵ですねshineshine

有吉さん、どうぞお体ご自愛くださいm(__)m

茂木さんはいたずらっ子ですね!
で・・・でも、茂木さんの文章が面白くて、笑いを抑えるのが大変でしたsweat01
(有吉さん、すみませんm(__)m)

ではでは。
今日も一日お仕事がんばってくださいませnote

投稿: ももすけ | 2008/10/19 8:44:11

茂木さんのお話しより、「走る」という事、気持ち良さそうです。
その時の感じは、体に沢山の空気と陽射しを浴びて、気持ち良かった、あの感じかしら?と色々思い浮かべました。(走るのは苦手ですが、ご近所一周の散歩をした事があります。)

反証可能性の実験のお話等、難しくて一歩二歩下がってしまいつつ…脳を活かす勉強法や仕事術を読ませて頂き、喜び・楽しさが大切とつくづく感じました。

不安や、よく見せたいという思いが強く出てしまい、それ故 本音を隠したり、後ずさりする私。(他から見て、こうなのよ、あなたは。と言われ、イヤだ馬鹿みたいと思った)
…不安や緊張して後で後悔やイヤな気持ちに追い込まれるより、何とかしたい!と。

投稿: 奏。 | 2008/10/19 0:00:43

先生こんばんは♪
楽しみにしておりました♪そして思わず吹いてしまいました(T∀T)有吉さんがアリヨシノブートなる珍獣に( ̄○ ̄;)!!!それにしても動物写真家モギケンさんはいたずら好きなのですなあ(笑)
先生、住吉さん、スタッフ皆様大変素敵な方々だからこそ、あんなに素晴らしい番組になるのですね。(*´∀`*)
議論ふっかけるシリーズも実にユニークでございます。(特にシリーズ化されている所と、妙に冷静な石川さんが(笑)お菓子買ってますし)
報酬の〇〇とは不確実性の事でしょうか?神経経済学というのをやろうと思っていると「茂木健一郎の脳科学講義」にありましたので。先生の脳内は常に花火のようにヒラメキが溢れお身体もさる事ながら1000億の神経細胞達もせっせと活発に活動されているのだろう、と思ってしまいます。先生の疲れが少しでも和らぎますように☆☆☆それではお休みなさいませ。(*^ω^*)星に願いを☆☆☆

投稿: WAHINE | 2008/10/18 23:43:53

茂木さん★こんばんはshineshine

睡眠時間が短いって、辛いですよね
ピーチネクターでも
にんじんリンゴジュースでも
沢山飲んで、体力気力ともに栄養いっぱいつけてくださいねnote

それから、ご講義ファイルありがとうございます(^v^)shine

なんというか、私は多眠症?!なところがありまして、それが一定の周期でやってくるのです…もう何をしてなくとも眠いというか
(`ε´sweat02)sweat01

睡眠時間削って働いていらっしゃる茂木さんに恥ずかしいくらいなのですがsweat01

眠いと茂木さんのご講義も頭に入らないので、シャキーンshineshineとしてから、ゆっくり拝聴させて頂き、感想をお送りしたいと思いますm(__)m

お忙しい上にそちらは寒いと思いますが、
どうぞお体ご自愛くださいnote
お仕事頑張って下さいねnotenotenote
てぃだsunパワーshineお送りしておきますsunsunsunshineshine

投稿: ももすけ | 2008/10/18 20:25:08

茂木さん、こんにちは。今日もまた、お忙しい一日をお過ごしかと思いますが、朝の目覚めにおいて「草を踏みしめ、太陽を浴びる。」というのは完璧によいことだと思いますが、夜は身体をリラックスさせて睡眠がとれる様に何か考えられた方がよくないですか?!私が少しだけかじった知識?!ではありますが、アロマのラベンダーは眠気を誘うらしく
身体もリラックスできるらしいのです。私は眠れない時は、とにかく身体を動かして、例えばストレッチをして、入浴剤を入れたお風呂に入ると効果があります。でも、仕事のことが気になって眠れない、寝られないとなると話は別ですが、今は平気でも年を重ねていくと後で病気を患ってしまうことになるかもしれませんから、睡眠はしっかりと取られた方がよろしいですね。有吉さんも慢性的というのは・・・お身体、大丈夫なのでしょうか?お大事になさってください。それから、女性のみなさん、研究をされ頑張っておられるのですね!素晴らしいことですね!
私は本当に物理&科学(化学も)とかは弱くてよくわかりませんが、理系で女性たちが頼もしく頑張っておられるって、凄いと思ってしまいます。最後に「報酬の○○」とは何でしょう?私は自分が働いたことへのまぁ~、お礼金のようなもの!と捉えていますが。もちろん、ボランティアは何をしても無報酬なわけですが。どちらも生きていく上で必要だと感じています。(報酬をいただくこと。無報酬のボランティアをすること)夫も少年の頃、「ボーイ・スカウト」として活動をしていたので、
夫の母からも「ボランティアをすることはよいことです。」と言われましたが、これも「いかに生きるべきか。」のひとつですね?!生き方には正解がない。明日はどうなるかわからない。ましてや何年か先の自分なんて全くわかりません。先ほど、音声ファイルを聴かせていただきました。茂木さんがとっても真面目にお話をしておられました。(笑)でも、私はいつになくいろ~んなことを考えさせられました。考えている内に、「私はこんなことでよいのだろうか・・・。」と思うこともありました。もう一度、聴かせていただいてから感想を送らせていただきます。では、お忙しいとは思いますがお身体にお気をつけください。では
・・・。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2008/10/18 14:21:40

生きるということ

     後悔しながら 悔やみながら

            夢見ながら 諦めながら

     ささやかな ≪偶発≫ を待つ  セレビンティ☆ティー☆ 。・ ☆ !


                  コリント 13章  司る

          コワレタパソコンハアキラメテ ナレナイパソコンカラ  ソウシン

投稿: 一光 | 2008/10/18 14:01:59

こんにちわ

アリヨシノブートの写真1
「ZZZzzz・・・。」

アリヨシノブートの写真2
「よぉ、茂木さん、ぼく、起きてますよ。」

アリヨシノブートの写真3
「ぼくを甘く見ちゃーダメですよ。」

アリヨシノブートの写真4
「くぅ~、仕事が終わった!!」

(^^)

投稿: アリヨシノブートのクオリアby片上泰助(^^) | 2008/10/18 12:39:00

            ○・・対価・・○

値千金  秋の空 ・・ すすき まつたけ ぎんなん さんま

            コスモス 宇宙

            黄金いも 栗

愛の位置付け   対価報酬 ・・ コリントへの手紙 13章

                    魅せられて   変性

     

        

投稿: 一光 | 2008/10/18 11:41:37

茂木健一郎さま

カタカナ表記

本当 つい最近から拝読の私 茂木健一郎さまが ご自身で

モギケン 表現されていたこと知らず

 茂木健さまと 恐る恐るの過日 

モギケン  モギケンさまカッコいいと思います

投稿: HIDEKI TOKYO | 2008/10/18 9:11:26

茂木健一郎さま

おはようございます。
昨日、甲野善之さまとの対談
「響きあう脳と身体」、買い求めました。

むさぼり読み状態です。
お二人の響きあい、ですねまさにこれは。
こころの「果たし合い」というか、
読んでいるこちらが手に汗握る対談です。

「命が一番大事」なんて
身も蓋もないこと言ってると
人生がほんとうにつまらないことになる  by甲野

現代人の根本矛盾は
「脳の暴走に身体がついていっていない」こと by茂木

一言一言への、両者のハラのくくり方が
こちらのおなかにまでズーンと届きます。
切り合い・必殺技の繰り出しあい、といった醍醐味で、
いやもう、しびれっぱなしです。
「ご両人!」と、歌舞伎の大向こうから
声をかけているような読書体験でした(笑)

読書もまた、身体の体験なんだ、と
読んでるはなから実感しました。
至福の時間でした。ありがとうございました。

出版元の「バジリコ株式会社」
この社名がまたいいですねぇ!
社長さんがパスタ好きなのかな。。。

おくだ健太郎・歌舞伎ソムリエ

投稿: おくだ健太郎 | 2008/10/18 8:57:53

コメントを書く





絵文字を挿入