« 冬眠から春日に | トップページ | 人生は短く »

2008/10/30

お金という幻想

ヨミウリ・ウィークリー
2008年11月9日号

(2008年10月27日発売)

茂木健一郎  脳から始まる 第126回

お金という幻想

抜粋

 お金は、本質的に社会的な存在である。今回の金融危機では、基軸通貨としてのドルの地位が脅かされていると指摘される。ドルに限らず、お金がお金として流通し、機能するのは、誰もがそれを「お金」として認めるという「期待」があるからである。
 もともとは紙切れであるものが、時には生活の根幹すら左右する重大な価値を持つのは、いわば人々の「共同幻想」ゆえ。万が一、「共同幻想」がなくなってしまえば、お金はただの紙切れに戻る。
 共同幻想を持つこと自体は、決して悪いことではない。そもそも、脳が認識するものは全て「脳内現象」であり、神経細胞の活動がつくり出した幻想である。目の前にある机は、確かに現実であるかのように思われる。しかし、もとを糾せば、机のイメージは脳の視覚野の活動がつくり出した「幻想」に過ぎない。手で触れれば確かに得られる木の感触も、脳の体性感覚野の生み出した「幻想」に過ぎない。
 私たちが使う言葉も、また「幻想」である。「時間」や「空間」、「私」、「あなた」といった世界にかかわる基本的な言葉も、突きつめていけばその根拠はわからない。そのように言葉の「底」が抜けているとわかっている人が、小説家となり、詩人となる。


全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

10月 30, 2008 at 08:00 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金という幻想:

» 未来の経済法則 トラックバック Tiptree's Zone
 全く労働をしなくても、誰もが少なくとも必要最低限の文化的生活を送ることができる時代は、必ず訪れることだろう。そして、その時代の到来において、決定的に変化するのは経済法則だろう。  その時代でも資本主義経済システムは謳歌しているのだろうか? その時代でも....... [続きを読む]

受信: 2008/10/30 15:24:05

» 速読 トラックバック Tiptree's Zone
 私の活字を読む速度は速いとはいえない。文庫の一ページにほとんど段落が無くビッシリと並んでいる活字を読むのに約一分間を要する。これでは速読とは言えない。  言葉の意味が何故心の中に生じるのかとという問題に未だ答えが無いことを、私は知っている。そして、そも....... [続きを読む]

受信: 2008/10/30 15:31:29

» 詩的に生きる トラックバック POPO
ハウツーをこよなく愛し ランキングサイトに身をゆだね 思考を放棄する 泣ける本が [続きを読む]

受信: 2008/10/30 22:59:27

» ほどほどを心掛けて トラックバック 須磨寺ものがたり
最近、景気の動向がいかにも悪く、 金融不安が世界中を覆っている。 ハイリスク、ハイリターンの世界に、 振り回された格好である。 [続きを読む]

受信: 2008/10/31 9:49:15

» 『HITOTSU学』と無意識 トラックバック HITOTSU学に学び、HITOTSU学を伝える
ここ数年、茂木健一郎氏の活躍をきっかけに、「脳」への関心が高まり、 人間が意識できている部分だけではなく、 「無意識」部分の「意識化」、「無意識」の能力開発への注目も高まっていると思います。(NLPなど) 具体的に無意識には、どのようなものがあるでしょうか。 ... [続きを読む]

受信: 2008/11/17 16:10:09

コメント

茂木さん、

遅ればせながら、お帰りなさいませ。
休館日のルーブル美術館で、ダヴィンチの絵をご堪能されたのですね。
ルーブルにまだ行ったことがありません、憧れです。
とてつもなく難しいことに向かい合う。。。それは私にとっては人の心かしら。
だけどやっぱり、善意を信じて生きていくのだな。。。

そしてまた、一日の休息もなしに日本でのお仕事。
本当にそのパワフルさには、毎回驚かされます。
急に寒くなって、風邪をひいている人が周りに多くなってきました。
お身体には気をつけて下さいね。

それで、皆様のコメントを読み、読売ウイークリーが休刊になることを知り、読売新聞のサイトで確認してしまいました。
脳から始まる、終わってしまうのでしょうか?
私も毎週楽しみにしていましたので、すごく残念です。それに、このシリーズの単行本も好きでした。

今後、茂木さんの書いた文章を探して、雑誌をめくりまくるかもしれないです。。

投稿: 楠 | 2008/11/01 1:12:13

茂木先生 こんにちは♪
「読売ウィークリー」休刊。いつも楽しみに拝読させていただいてたので、とても残念ですけど、終わりがあるから始めもあるんですね!また新しい始まりに期待します!「お金」と言えば生前祖母やまた母に「分相応な暮らしをしなさい」と言われてきました。分相応は人によって違うと思いますけど、私はお金のことだけではなく、物の考え方とか気持ちとか、いろんな意味で分相応はあると思います。ただそれが消極的に繋がる恐れもあるので、ポジティブな分相応?になりたいと思っています(笑)今は分相応な生活をしていると思うのですが、母には「贅沢」と言われています?なかなか分相応の基準は人によってまちまちですね!「お金」と聞いてこのことが浮かんだので、内容とは直接関係ないことですけどコメントさせていただきました♪

投稿: 平井礼子 | 2008/10/31 12:24:01

目の前に広がる景色も、手に触れた霧雨も秋風も、口にした秋限定ビールや、聞こえて来る鈴虫の音色も、自分の外と、同時に自分の中にある気がします。自分の外にいない自分は鏡台の前でnice to meet you.そして、映された自分を見る度、自分のアップデイト。同時進行に自分とダンスする。世界と頭の両方で同時に踊る自分。

投稿: 踊り子 | 2008/10/31 12:12:23

いつも茂木先生のヨミウリ・ウィークリーでの連載を楽しみにしていたのですが、創刊65年という年にその歴史に幕を下ろすことになったそうで...。今の連載も終わってしまうのでしょうか?

サンデー毎日の連載も楽しみですが、週に1回の楽しみが1つなくなってしまうのは寂しい限りです。

相次いで月刊誌の歴史に幕をおろすニュースを耳にします。インターネットの影響?ネットも大好きだけれども紙媒体にはそれのよさがあるような...。

残念です。

投稿: Kashiroman | 2008/10/30 23:54:48

概念の究極ですね。

茂木さんのおっしゃる「幻想」で身の回りの物を意識してものすごくものすごく客観視始めると、当たり前のように触れていたものが、どこかの惑星の産物のように見えてきそうです。

投稿: 小絲まめ | 2008/10/30 16:53:17

コメントを書く