« とてつもなく難しいこと | トップページ | お金という幻想 »

2008/10/30

冬眠から春日に

帰りの飛行機は、映画Get Smartを
見た。

スパイもののパロディー。
主演のSteve Carellというのは
どこかで見た人だなあ、と思ったら、
アメリカ版The officeで主演している
人だった。

見終わって眠り、それからずっと
仕事をしていた。

他の用事がなければ、ずっとずっと
仕事をしていても良い。

冬眠するクマが張りめぐらせる仮想
の網のように、いつまでもつむいで
いても、それで良い。

隣りに座ったフランス人のおじいさんは
どちらかというと偏屈な人のようで、
アテンダントに対する物腰が、他人が
見ていてもはらはらする。

何かを頼むときにも、言葉を
発せずに、ぐいと腕を突き出したりしている。

一度、コンピュータの電源プラグの
スイッチを見てもらいに立った時など、
アテンダントのつけた小さな室内灯を、
私と彼女がちょっと通路に立った間に
ぱちっと消してしまった。

飛行機を降りる時、急いで立って
行こうとする。

困った人だな、と思いながら、
「どうぞお先に」と譲ったら
目が合って、その瞬間、
まるで古代の恐竜の表情に
春日が差すように、にこっと
笑った。

成田空港からの帰途は、千葉で激しい雨が
降ったと思ったら、都内は曇りだった。

冬眠から春日に、
やがて激雨を経て冷たい風が吹く
曇りへと至る。

10月 30, 2008 at 07:44 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬眠から春日に:

» 光の差す森 トラックバック 御林守河村家を守る会
森にひかりがあふれていました。 (株)ヤナザイさんのおかげで 暗い森があかるく再生しました。 この森は37年ほどまえに 母と私とで植林した杉檜の混植の森です。 ひかりのとどかない暗い森には しめったシダ類しか繁殖せず、 しだいに土地がやせてゆくのです。 �... [続きを読む]

受信: 2008/10/30 8:38:20

» 毀誉褒貶 トラックバック 御林守河村家を守る会
毀誉褒貶(きよほうへん)はひとに委せよ、 勝海舟の口から この言葉がもれたことがあると、 恩師岡不二太郎教授から 教えていただいた記憶があります。 勝が幕府代表として官軍司令官西郷隆盛と会談し、 江戸城の無血開城を決したあとのことです。 それを不服として江... [続きを読む]

受信: 2008/10/31 7:54:28

コメント

茂木先生 お疲れ様でした♪ 長い機中なかなか個性的なおじいさまとご一緒で(笑)さぞかし大変だったとお気持ちお察しいたします。先生の説明でフランス人のおじいさまの様子が手にとるように想像出来ました。ほんとに世の中にはいろんな方がいて(人のことは言えませんが…)だからそれが面白いし、それでいいんですよね。ただ自分が身動きとれない場所にいる時には、だいぶ辛いものがあると思いますけど…最後に「にこっと笑った」それが救いだと思いますけど、先生だから、にこっと!してくれたんだと思います。何も話さなくても隣りの人の人柄はわかりますから。ただ鼻高々の完璧な美女が隣りだったより、良かったのかも知れませんが…?やっぱりそちらのほうがいいのかな?とにかくお疲れ様でした!の一言です!お肩モミモミして差し上げたいです(笑)♪

投稿: 平井礼子 | 2008/10/31 12:51:03

おはようございます。段々と布団から出にくい季節になってきました(笑)
冬眠から春日に…優しい光が射したような感じが致します。
微笑みは全てをとかす潤いですなあ♪
ちょっとした心遣い忘れてはいけないなあと。素敵な瞬間ですね。(*´∀`*)
張りめぐらせる仮想の網のようにいつまでもつむいでいてもそれで良い…天気の移り変わりにしても、先生のてにかかれば銀の鈴のように響きます。
それでは今日も良い1日をお過ごし下さいませ。(*^ω^*)ノシ

投稿: wahine | 2008/10/31 6:52:35

古代の恐竜の表情に
春日が差すように、にこっと
笑った。

古代の恐竜の表情に春日・・・

恐竜の表情に・・・・

ぷぷっ 困ったちゃんな おじいさんが・・・?
先生もちょっと 困っちゃった?

投稿: ジョディ | 2008/10/30 23:32:32

茂木さん、おかえりなさい。御無事でなによりです。

そのフランス人のおじいさんは、本当はとても気持ちのやさしい人なのかもしれませんね…!

世の中には、一見気難しそうに見えるが、実は優しくて繊細な面を秘めている人が結構いる。

何かの拍子で、相手の心が少し揺らいだ時に、表に現われている面とは違った、その人のもう一つの一面を垣間見られるものなのだなぁ…。

人間と言うのは、ただ一人であっても、様々な姿をその心の中にもっているのだろう…まるで多面形のように。

思えば、自分という1人の人間にも、様々な心の顔を隠し持っているのに違いない。何かの拍子で其の中のどれかが、表の顔に現われるのだ。

きょう、この日記を読み、そんなことをつくづく感じた。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/10/30 20:37:37

茂木さん偉い!!

人って、
愛されないと人をなかなか愛せないと思うのですが・・・。

私も見習いたいです!

投稿: いもうと | 2008/10/30 18:45:57

茂木健一郎さま

飛行機のパリから日本への移動時間 お心の動きを冬眠と ゆっくり時間を楽しむ お心に感じました機内での ひとときを
お時間的には短いフランスご滞在でも中身が凝縮されて、そして冬眠のように飛行機での移動も楽しまれ 日常の日本に
さりげなく格好良いです 佇まいとして普通に凄いこと、されていることに。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2008/10/30 18:36:35

昨日は、機中にいらっしゃると分かっていたので どう過ごしていらっしゃるのだろうと、想像を楽しませて頂きました。
想像外のフランス人のおじいさんのお話は、クスクス笑わせて頂きました。先生のその時の表情を想像すると、また たまらなくおもしろくなってしまうのです。
困ったおじいさん、ありがとう・・・なんて・
古代の恐竜の表情に春日って言うところは、本当にniceですね。
冬眠から心の天気もお忙しく・・・お帰りなさい。

投稿: 穂 | 2008/10/30 17:32:07

モギ―先生、こんにちは!
 今日も、あはははは  と、笑えてしまいました。むかし、むかしのおおむかし、象さんよりも、もっともっと、硬い皮膚をした、笑ったことなく化石のように強張って、固まってしまっていた顔に、奇蹟のように、やわらかな春の陽射しが訪れたこと。  それは、きっと、絶対、モギ―先生だからですね!!  素晴らしく、チャーミングなお顔の表情だったのでは?素晴らしい、素敵な出来事ですね♪  笑い方を忘れていた方なのかも・・・と、いろいろ想像してしまいました。

投稿: ぶらんか | 2008/10/30 15:33:41

"まるで古代の恐竜の表情に春日が差すように、にこっと笑った。"
すごくいい表現だな~と思ってついメモってしまいました。
フランスからお帰りになったんですね~。
イギリス留学中にパリにはいったことがあるのですが、
実は秋のパリを知らないので、それはそれは趣があるんだろうな~と
うらやましく思います☆

投稿: みねまみこ | 2008/10/30 15:27:36

お帰りなさいませ
お隣のフランス人のおじいさんがうらやましいです
私も、もしお隣に座れたら何かと質問したいことを話かけて茂木さんを困らせてしまうかもしれませんね
今日も茂木さんのお人柄でおじいさんのような方からも笑顔を引き出したのですね

投稿: ヌーヌーママ。 | 2008/10/30 14:09:30

こんにちわ

フランスのおじいさん、ビジネス出来たのか?、親類に会いに来たのか?、それとも、一人で観光?、気になります。(^^)

投稿: フランスのクオリアby片上泰助(^^) | 2008/10/30 11:56:03

茂木さん、こんにちは。
昨日は、沈黙(?!)のご帰国、さぞかしや
お疲れだったのでしょうか?

機内でたま~に「困ったちゃん」は、いますね。(笑)
狭~い空間での出来事は、気になりますね。

何だかお天気がめまぐるしく変化し、茂木さんのご機嫌は
いかがなものでしょうか?
お元気ですか?

本日もお仕事がた~くさんあるでしょうから、お疲れかと
思われますが(?!)今日も一日、スマイルで乗り切って
くださ~い!

そういえば、昨日の新聞で「読売ウィークリー」の記事を
読みました。
毎週、楽しみにしていましたので、残念です。
茂木さんのページは、味のあるイラストがありそれも併せて
楽しみにしていたのですが・・・。
この頃、どこも本当に元気ないですね。

だから茂木さんは空元気であったとしても元気に!振る舞って
くださ~い!(笑)
では、今日も一日、明るくスマイルで!お過ごしくださいね!!

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2008/10/30 11:11:40

コメントを書く