« あいのり | トップページ | プロフェッショナル 脳活用法スペシャル »

2008/10/21

バブル

このところ、「バブル」の問題に
興味を持っていて、
とりわけ、1637年にオランダで
起こった「チューリップ・バブル」に
関心がある。

オスマン帝国から輸入されていた
チューリップの球根が、珍しくて
人気のあるものを中心に値を上げ、
投機する人も参入して価格が
急上昇。ついには、球根一個が
熟練した労働者の二十年分の
賃金にまで高騰したのだという。

高価なチューリップの球根を
タマネギと間違えて食べてしまい、
警察沙汰になった例もあるという。

やがて、当然のごとく、
価格は暴落。
一山あてようとしていた
人たちの夢は潰える。

「たかがチューリップ」
そんなものに大金を張るのは
愚かであるが、
一方、当時の人たちがそこに
見た「夢」のようなものに共振する。

思えば、人生とは、感情の
バブルを起こすことで進んでいくのでは
ないか。

新しいステージに入る度に、
「きっと素晴らしいことがるに違いない」
と期待や夢が超新星爆発のように膨らむ。

やがてそれはしぼむ運命にあるとしても、
一度膨らませてみなければ、心が
動かない。

一日一度くらい、バブルの膨張と崩壊
があっていい。

『渋滞学』で知られる
東京大学の西成活裕さんが、新しく
『無駄学』を上梓された。

新潮社から11月20日に発売される。

発売を記念する対談が、「新潮クラブ」にて。

「無駄」とは何か。生命原理。
渋滞と無駄。日本の生産現場などについて、
西成さんと本当に楽しくお話させていただいた。

今回の本は、西成さんが「ムダ取り」で著名な
山田日登志さんの現場に同行して
渾身のリポルタージュをしている章があり、
たいへん読み応えがある。

理論とノンフィクションが入り交じった、
必読の本である。

「ぼくみたいに普段数学をやっている
人間があのように現場に行ったのは初めてなんじゃ
ないかと思います。」と西成さん。

ちょうど、西成さんがバブルの形成と崩壊の
モデルを作っているということで、
バブル談義にも花が咲いた。

10月20日は私の誕生日ということで、
新潮社の金寿煥さんが神楽坂から
ケーキを買ってきて下さった。

西成さんも一緒に祝って下さる。

みなさん、ありがとう!

心の中に、うれしく麗しいバブルが膨らんだ。


西成活裕さん、金寿煥さんと。新潮クラブにて。

10月 21, 2008 at 08:03 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バブル:

» お気に入りにフォルダをつくり トラックバック 須磨寺ものがたり
「ちあき なおみ」のCD全集のCMを見て、 家内が一体いくらぐらいするものかと聞くので、 ネットで調べようと、グーグルで検索してみることにした。 [続きを読む]

受信: 2008/10/21 8:37:27

» 巌頭之感 トラックバック 御林守河村家を守る会
人生の浮沈に心ゆれるとき しらず口ずさんでいる言葉があります。 曰く不可解、 この一節で知られる藤村操の巌頭之感。 悠々たる哉天壌 遼々たる哉古今  五尺の小躯を以て 此大を測らんとす  ホレーショの哲学竟に何等のオーソリチーを価するものぞ  万有の真相は... [続きを読む]

受信: 2008/10/21 16:58:13

» 銀杏が色づくころに トラックバック 御林守河村家を守る会
銀杏が色づく季節は もう間近です。 葉が色を変えるまえに 銀杏は落ちはじめるのです。 今日それを見に行ってきます。 梅の木オーナーの皆さまに 銀杏ひろいを楽しんでいただこうと思うのです。 多くの会員の皆さまに助けられて 今の私があるのです。 感謝の気持ち�... [続きを読む]

受信: 2008/10/22 6:13:16

コメント

茂木先生お早うございます。昨夜から、夜行バスにのり帰省しております。ですので私の大好きなプロフェッショナルを拝見させて頂く事が出来ませんでした(;_;)
チューリップバブルなるものがあるなんて、驚き、桃の木、山椒の木です。(°д°;;)!!
当時の労働賃金の20倍なんてなんて夢のあるバブルでしょうか。
チューリップにそのような逸話がありましたとは、やはり驚き桃の木なのです。
超新星の爆発、感情のバブル、そこに美を感じます。先生はやはり素敵ですなあ♪
周りの方も皆様素敵な方々が集まられ、お写真も和みます。(*^ω^*)
それでは今日も素敵な1日をお過ごし下さいませ♪

投稿: WAHINE | 2008/10/22 6:39:52

あした茂木さんの本かいにいきます
テレビでみて すごくわかりやすく興味もちました(^O^)

応援してます がんばってください☆

投稿: コゥちゃん | 2008/10/22 0:06:36

茂木健一郎さま

これが ひいき目ということでしょうか

NHKニュースの半井小絵さんの お天気解説を拝見して

あれ?今晩も口紅の色も素敵で なにもかも。

何故? 私の誕生日ですので、でも、ただ そう見えただけのこと
それは、そう第一 半井小絵さん私の誕生日など知っている訳ないし

でも ぱーっと明るい お洋服は

誕生日ケーキのロウソクの炎みたいなピン系のお洋服

まあね、年に一度の私、誕生日なので

そう見えた! ということにさせて下さい 


肝心の さて、お天気予報どうだったかな? そこまで見ていなかった
お天気予報ですよね
何を見ていたのかな私は。 

投稿: HIDEKI TOKYO | 2008/10/21 21:53:01

映画 がばいばぁちゃんの
「夢ば持っとかんといかんぞ!しょせん夢だから・・・」
というセリフを思い出しました。

キャンドルが明々としたかわいいケーキですね。
先生のネクタイ姿は 私は始めて拝見したように思います。

投稿: 穂 | 2008/10/21 20:14:51

続きです

それから、無駄学についてうぅむ、ぜひ勉強させて頂きます。

厳しい世界を生き残るには、無駄を削ることが大事ですよね…

自分の身の丈にあったシンプルな仕事や生活の仕方を見直すことは
豊かさにつながるかもしれません。

あと無駄をなくすことは、効率化やスピードアップにつながりますし…

スピード、スピードと言うと急かされているようで、

ゆとりを感じさせないイメージあるかもしれませんが、

逆に無駄をなくすことでゆとりを生み出し
付加価値の高い仕事に専念できるのでしょうね

私も早速実践します

金さんが持って来てくださったケーキもとても美味しそう

茂木さんは、
沢山の方から愛されてますね~(*^o^*)

今、20時前です…
段々眠気が生じてきました(;^_^A

22時前に起きられるよう、少し仮眠とりまーす★

投稿: ももすけ | 2008/10/21 19:53:03

茂木さん、こんばんは(*^o^*)★☆★

オランダの、チューリップバブル
オランダって、チューリップのイメージ強いから、意外でした
(゜O゜)

このチューリップバブルがきっかけで、
オランダはチューリップ王国になったのでしょうか

茂木さんおっしゃる通り、チューリップバブルも弾けたわけですが、

それでも、当時のオランダの人々にとっては、チューリップはとても可愛くて綺麗な美的価値の高いものだったかもしれませんよね、

そんなチューリップに夢を抱くのはわかる気がします(o^v^o)

いつか萎む夢もあるかもしれませんが、
また新しい夢も生まれますよね、
萎んだ夢から、いつか宝物をもらっていたんだと
気づくこともあるかもしれませんし、
誰かが萎んだ夢を受け継いでくれるかもしれません

1日の中に、小さな夢を持つことも素敵ですよね

続く

投稿: ももすけ | 2008/10/21 19:38:31

>茂木さん、こんばんは!今夜のプロフェッショナルが、楽しみで楽しみで!!
早く10時になれ~♪と思います。

いつも茂木さんの話して下さることは、ふむふむと興味深いのですが。行き着くところは、それを発しておられる『茂木さんという人間そのもの』に、驚くほど魅了されているのだと思います。

あんまり言うと、旦那がスネるでしょうか?笑。でも、うちの旦那も、わたしと似た感性なので、
同じように感じていると思います。

感情のバブル。膨らんで、しぼむからこそ、また膨らむ楽しみがありますね!
人は、しぼむ事を恐れたり嘆いたりするけれど、「心の動き」を味わえることにこそ、
意味があるのだと思います!!

ひとつのバブルがしぼんでも、また新しいバブルが生まれる。
悲しんでいる暇はないですね。終わりはないのだと思います。

投稿: 月のひかり | 2008/10/21 19:20:45

茂木さん、こんばんは。オランダで「チューリップ・バブル」
というのがあったのですね。でも、これに似たお話しはあちら
こちらでありそうですが、根付いて成功を収める人もいれば、
無念に終わる人もいる。泡となって消えてしまった後は、どの
ような思いが残るのでしょうか?

「人生とは感情のバブルを起こす・・・。」そうとも言えるの
かもしれませんね。信頼の絆が出来上がるまでは、幾度となく
期待や夢が膨らんだり、しぼんだりの繰り返し。

「無駄」とは何か?無駄に思うことでも価値はある!というこ
となのでしょうか?消費者の立場から言えば、無駄買いは慎ん
でと思いますが、売り買い以外のことで例えば回り道イコール
無駄とは限りませんし・・・読んでみたいですね。

またまた、お誕生ケーキ!どれも美味しそうですが、茂木さん
は、いったい幾つのお誕生ケーキを召し上がったのでしょうか
(笑)ジョギング、力こぶ!
今晩の「プロフェッショナル」は、茂木さんなくしては成り立
たないコーナーがあるのですね?!楽しみにしています!
では。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2008/10/21 18:33:00

バブルと言えば、自分の中ではあの’80年代後半の狂乱を思い出してしまうが…。

あの頃は何故か、無駄というか何というか、道行く人々の持っている夢や希望が、どんどん無限大に膨らんでいく、そんな不思議な熱気を孕んでいたように思われる。

たかがバブル、されどバブル。社会現象としてのバブルが弾け、それとともに人々の元気がなくなって久しいが、もうそろそろ、腹のそこから内なる希望の炎を燃やして、生きてみたっていいのではないか、と私は項垂れて未知行く今の人達に呼びかけたい衝動に駆られる…。

人生、一度や2度、いや何度でも、生きる望みや夢を大きく膨らましたっていいのかもしれないな。何せ人生には、一見無駄に思えることでも振りかえれば、決して無駄になっていない、というのだから。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/10/21 18:21:35

こんにちわ

知的バブルは、良いのではないでしょうか?(^^)

投稿: バブルのクオリアby片上泰助(^^) | 2008/10/21 11:38:45

素晴らしいお天気続きで気もそぞろ、おてんとうさまが、外へ誘うので。
 日本のバブルの頃、佐治先生のf分の1・・ゆらぎ・・扇風機は今年も愛用しましたが・・。あの頃、仙台の大学に佐治先生のご講義を聴きにでかけ、超新星爆発の実際の音も聴かせていただきました。凄い、生命誕生、宇宙の星の誕生の音で、人間の赤ちゃんの誕生と同じような感動でした。巨大な宇宙の生命のロマンに触れられたように、新しい世界に感覚の眼を見開かされれました。
 ここ何年も私はしぼんでおりましたが、あの頃素晴らしく膨らんだのだから、心が素晴らしく動いたのだから、感覚がスパークしたのだから、ちゃんと、期待や夢の時期をたっぷり過せたのだから、これでいいのだ!!ときずきました。今日のクオリア日記に感謝いたします。
 私ごとのゲシュタルト崩壊。ちっぽけです。しかし、わけもなく新しいステージにまたしても、性懲りも無く、期待と夢、面白がり屋の性質がムズムズと頭を表しはじめて、・・・バブルが膨らんだ!!感じです。

投稿: ぶらんか | 2008/10/21 11:10:14

お誕生日おめでとございます。

感情のバブル 出来ては消え。また膨らむ。 これが 楽しみ ということなんですね。大きなときも 小さなときも なんか ワクワクします。

投稿: 邦之 | 2008/10/21 11:00:22

変化 留まることなし         となる。

人が変わる  茂木健一郎 留まることなし 。・   

             島田雅彦  瞑想で動く  。・

                            
       滝田栄  仏像を彫る    夢の泡 。・  となる。


                    愉しみです。

投稿: 一光 | 2008/10/21 8:47:49

茂木健一郎さま

20日、私は21日

つづいてます、お誕生日

投稿: HIDEKI TOKYO | 2008/10/21 8:14:50

コメントを書く