« 空と私がつながっている | トップページ | ごはんの味 »

2008/09/30

プロフェッショナル アンコール 田村恵子

プロフェッショナル 仕事の流儀

圧倒的な反響にお応えして、
アンコール放送いたします。

希望は、必ず見つかる

~ がん看護専門看護師・田村恵子 ~

人間は、いつかは死ななければならない。
その事実を現代文明はできるだけ
隠そうとしている。

ところが、真実に向き合わない時、
人間の心は弱くなってしまう。

生きる力さえ、失われてしまうのだ。

田村さんは、患者さんたちが真実に
向き合うことの手助けをする。

そこにあるのは、人間というものの
中に潜んでいた荘厳な生き方の
可能性である。

NHK総合
2008年9月30日(火)22:00〜22:45

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

Nikkei BP online 記事
真実を直視する覚悟
〜がん看護専門看護師 田村恵子〜
(produced and written by 渡辺和博(日経BP))

プロフェッショナル日記 涙の収録

9月 30, 2008 at 06:59 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル アンコール 田村恵子:

» 真実と向き合う トラックバック ☆カウンセリングルーム心の休憩所blog☆
今朝の茂木健一郎さんのブログより >人間は、いつかは死ななければならない。 >その事実を現代文明はできるだけ >隠そうとしている。 >ところが、真実に向き合わない時、 >人間の心は弱くなってしまう。 >生きる力さえ、失われてしまうのだ。 死が、もっと身近だった時代、人はもっとたくましかったのかもしれません。 釈迦は、生後一週間にして実の母を亡くしたそうですが、釈迦はもの心ついたときから、人の死について考え続けていたそうです。 釈迦が、産まれてすぐに母を亡くし... [続きを読む]

受信: 2008/09/30 19:18:07

» 田村恵子・がん看護専門看護師「希望は、必ず見つかる」 トラックバック 知識をチカラに!ビジネス書の書評・ビジネス誌・テレビ メルマガブログ
 ⇒ 田村恵子・がん看護専門看護師「希望は、必ず見つかる」    (「プロフェッショナル 仕事の流儀」 2008年6月24日放送分    http://www.nhk.or.jp/profession... [続きを読む]

受信: 2008/09/30 21:13:20

コメント

茂木さん、こんばんは★

「人は死んだら無になるのです」

マスコミや権威ある宗教学者も
そのようなことを言う
末法の世です。

「人は死んだら無になるのです」
不治の病にかかっている人が聞いたら
どんな思いをするのかなあ、と。

”楽になる”と言って自殺して行く人を
不治の病の人は
どんな気持ちで見ているのでしょう。

科学的に証明されていなくても
科学の統計学だけがすべての人を救えないように

私は希望をもって
「あの世はあるんですよ、
人の魂は滅ぶことはないんですよ、
神様はいらっしゃるんですよ、
安心してください」
と言いたいです。

田村さんのような病院ばかりじゃないんです。
まだまだ
日本にこのような緩和ケアをしているホスピスは
少ないです。
たいていの人は
癌の痛みに耐えかねて死んでいくのです
希望もなく。

自殺者年間三万人。
これ何年続いてますか。

本来、人の心を救うべき宗教が
その役割を果たしていない。

「死んだら無になるから、
早くこの苦しみから逃れよう」といって
自殺する人の多いこと。

こういうのを末法の世というんでしょうね。

投稿: | 2008/10/06 1:15:08

介護や看護の質が問われることが多いですが、
こういうリーダーが社会に求められていますね。

仕事とはいいながら、常にベストを尽くす姿勢は
誰しもの共感を得るものです。

私も少しでも近づけたらと思います。

投稿: jiro | 2008/10/02 11:23:25

ただ、ただ感動し何度も何度も見て泣きました。田村さんの言葉や患者様に対する姿勢を思いだしながら介護の仕事を頑張ろう!と思いました。田村さんにお会いしたいです。

投稿: | 2008/10/01 21:59:40

昨日の回は初めて観ましたが、感動しました。

死を目前に認識した人が、ありがとうと他人に感謝できる。どうしてあんなに強くなれるでしょう!
彼らの表情も、言葉も、紡いだメロディも、全て本質に触れているようで、私のこころに直接鳴り響いて涙腺に達しました。

観て良かったです。ありがとうございました!

投稿: Atsushi Kaneko | 2008/10/01 10:45:33

こんばんは。茂木先生とても感動しました。(;_;)上手く言葉に出来ませんが、死と向きあった時にはじめて生の尊さ本当の意味を知る事が出来るのかなと感じました。
普段自分の死など意識して生活していませんでしたが、必ずいつか死ぬと改めて考えると正直こわいです。
自分の人生には何もない癌になっただけと聞いた時は胸が張り裂けそうでしたが、そこから死と向き合いバイオリンやフランス語まで挑戦し、幸せだったと笑顔で亡くなった方。娘さんの晴れの姿を見届け亡くなった方。今の私の何百倍も一生懸命生きていかれたんだなと感じました。
田村さんの気丈に振る舞い沢山の方を支え笑顔で見送られている姿や希望は必ず見つかるという言葉も深く胸に刺さり、どう生きていくかと言う事を自分なりに考えさせられました。
真実に向き合うことの大切さを噛みしめ明日から新たな気持ちで限られた時間悔いのないよう生きていきたいと思います。

それではお休みなさいませ(*´ω`*)

投稿: | 2008/10/01 1:01:48

茂木さん、こんばんは★☆★

田村さんの放送は、何度見ても号泣ですね…

茂木さんのクオリア日記でも、
希望についての内容が多いですけど、

癌末期の患者さんを思い、医療者の皆さんが祈っていらっしゃるシーンが今日はぐっと来ました。

自分が死に行くときに、こうして沢山の方々に祈ってもらえたら、幸せな気持ちで満たされるのだろうな。

先日、自己実現や成功のための祈りについてコメントさせて頂きましたが、

祈りの最も美しい姿は、他者の幸福を神に祈るものだと感じますし、田村さんのお姿を拝見して強く確信しました。

自己実現の一つとして仕事があり、その仕事を通して、多くの方々の幸福に繋がってゆくことは、本当に素晴らしいことだなと、改めて気付かせて頂きました、

本当にありがとうございました。

投稿: | 2008/09/30 23:03:25

あることが当たり前と思っている「命」「物」「人」

もし なかったらと思うと すべてのことに「感謝」できます。

そう過ごすと 毎日が キラキラして見えます。

ありがとうございます。

投稿: 平井ななえ | 2008/09/30 20:22:32

前回の放送をみました。

見ると心苦しくなるかもしれない…と、
いつもこのようなテーマの番組を避けているのですが、
「プロフェッショナル」だから、
きっと、何か自分の学びになるテーマが
あるはずだと思い、勇気を出してみてみました。

結果…本当に見て良かったです。
夫と二人、悲しみの涙ではなく、感動の涙を流しながら見ました。

「生ききる」

患者さんにその事を伝えた田村さん、
そして、生ききった患者さん。
両者とも、輝いていて格好良かったです。

この放送を見れた事、
プロフェッショナルを作っている皆様に感謝です。

投稿: myuta | 2008/09/30 14:36:38

コメントを書く