« ATES 2008年11月号 特集「人生は笑いだ」 | トップページ | 感性の歴史 »

2008/09/29

面白さのしきい値

ヨミウリ・ウィークリー
2008年10月12日号

(2008年9月29日発売)

茂木健一郎  脳から始まる 第122回

面白さのしきい値
抜粋

 私の研究室では、大学院生たちが集まって、週に1、2回ゼミを行う。メンバーが研究の進捗状況を報告する他、それぞれが興味を持った論文を紹介する「ジャーナル・クラブ」をする。「ジャーナル・クラブ」はもともとイギリスで始まった慣習で、論文が掲載される雑誌(ジャーナル)をめぐる会合というような意味である。
 論文を他人に紹介するということは、研究者として良いトレーニングになる。内容をきちんと把握していないと、他人に説明ができない。研究の方法やグラフのデータの解釈など、十分に理解していなければ、他人に自信を持って語ることができない。
 だいたい、修士に入学してきた頃は、どんな人でも論文を読むのに一週間くらいはかかる。その分野のことを何も知らないし、専門用語を含む英語力も足りないからである。それが、場数を積み重ねて博士課程に進むうちに、徐々に速く読めるようになる。博士を修了する頃には、2、3時間あればだいたいのことはわかる。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

9月 29, 2008 at 08:34 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 面白さのしきい値:

» 面白さのしきい値 トラックバック 須磨寺ものがたり
生涯学びの連続であろうと、 常々感じていますが、 論文を読んでそ自分のものになったかどうかを、 判断する基準があると、 茂木健一郎さんがいう。 [続きを読む]

受信: 2008/09/30 14:37:48

コメント

コメントを書く