« 「歴史」の驚異 | トップページ | 脳を活かす勉強法 34刷 »

2008/09/11

『ひらめきの導火線』3刷

茂木健一郎
『ひらめきの導火線』ートヨタとノーベル賞ー
PHP新書
は増刷(3刷、累計8万部)となりました。

ご愛読に感謝いたします。

PHP研究所の丹所千佳さんからのメールです。

Date: Wed, 10 Sep 2008
From: "丹所 千佳"
To: "Ken Mogi"
Subject: 増刷のおしらせ[PHP・たんじょ]

茂木健一郎先生

おかげさまで、
『ひらめきの導火線』の重版が決定しました。
3刷で累計80000部です。ありがとうございます。

すでに寄せられている読者の声を見ていると、
この本自身が「種火」となっているように思えます。
それは何らかの「気づき」や一歩を踏み出す「勇気」、
あるいは文脈を引き受ける「覚悟」であったりと、
人によってさまざまではありますが。


。.・゜・.*。.・゜・.*。.・゜*
PHP研究所 新書出版部
丹所 千佳 ◆TANJO Chica◆

amazon 

9月 11, 2008 at 06:23 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ひらめきの導火線』3刷:

» 本「ひらめきの導火線 トヨタとノーベル賞」 トラックバック 富久亭日乗
 (茂木健一郎、PHP新書544)        ビジネス書もこの人が語るとこんな風になるのか。 以下、本書から気に入ったフレーズを_--.      ※  無名時代のアインシュタインは、どのような気持ちだっただろう。 「天才前夜」というには、あまりに心細く、孤独である。 一つの価値や権威を絶対視せず、相対化すること。 表に出た栄光や、輝かしい結末ばかりを見ないこと。 ひらめきの火は、そこにこそ灯る。     ※  緊張感を保ち続けるのはつらいことではなく、 むしろその状態にハマれば、脳は疲れないの... [続きを読む]

受信: 2008/09/20 10:03:46

コメント

コメントを書く