« 『トゥープゥートゥーのすむエリー星』書評 | トップページ | パリでの早朝のトランジット »

2008/09/13

イスラエル

さいたま芸術劇場にて、
児玉桃さんのピアノ、野平多美さんの解説で
メシアンのレクチャー・コンサート。
とても楽しいひとときだった。

日本テレビにて、『世界一受けたい授業』の
収録。
ジョイマンの高木晋哉さんと入場。
成田空港へ。

これから、パリ経由でイスラエルに行きます。
9月17日(水)の夜に帰ってまいります。

この間、メールはイレギュラーですが
読める予定です。

9月 13, 2008 at 09:17 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラエル:

» 学力は低下していない?(13) トラックバック 御林守河村家を守る会
ノーブレス・オブリージュ。 聖書に語源をもつその言葉を、 私はとても気に入っています。 日本の城下町と西洋の城塞都市と、 世界史上そのふたつの都市にのみ 封建貴族が住んでいました。 領主は都市の中央に聳える城に住み、 それに仕える戦士は、 日本では武士、西... [続きを読む]

受信: 2008/09/14 7:49:32

» ボクらの時代 津川雅彦×真由子×長門裕之 トラックバック 須磨寺ものがたり
2人の兄弟は、俳優であり、 彼らの妻は、共に女優、 弟の娘は、女優、 俳優一家ならでの話が展開される。 [続きを読む]

受信: 2008/09/14 10:38:26

» 三国志 トラックバック メゾフォルテからあなたへ
実は三国志について何もしらない。 なんかちょっといかがわしいと思っていたんだけれど 日本では「三国志」ではなく小説の「三国志演義」の方が三国志に なっちゃったらしいの。 三国志については こちら 三国志演義については こちら 知らないっていうことは、もの....... [続きを読む]

受信: 2008/09/14 12:11:04

コメント

イスラエルと日本、なにか繋がりがあるのでしょうか。考えてもわかりません…最近、「伊勢ー白山 道」というブログを見つけました。おもしろいです。おせっかいですみません。

投稿: おせっかい | 2008/11/11 12:32:05

茂木先生 こんにちは♪…でしょうか? 毎日イスラエルからの日記や写真、とても楽しみにしています。それに先生のサングラス姿、お茶目で可愛いですね(笑)それから話しは全く違うのですけど、こちらの地方紙に「日本とユダヤのハーモニー」と言うことで「かごめかごめ」の真相にせまる。と言う記事が出ていて、カゴメはヘブライ語で、イスラエルの国宝とも言える「契約の箱」が絡んでいると想定すると「籠の中の鳥は」の意味は、ヘブライ語で、「堅固に封じられ、安置されているものを取り出せ!」の意味になります。と書いてありました。勉強不足で「契約の箱」は知りませんでしたけど、途中の長い説明を読むと、なるほど!と頷けました。まだこれには先があるみたいですが、先生がちょうどイスラエルに行かれているせいもあり、思わぬ所で日本と繋がっているんだなぁ~と思い、不思議な気がしました。道中お気をつけて!どこかで旅のお話し伺えるのを楽しみにしています♪

投稿: 平井礼子 | 2008/09/16 16:28:48

お気を付けて!
無事の帰国をお祈りしております。
(^-^)

投稿: みったん | 2008/09/14 13:45:17

お疲れ様でした。

メシアンって方の曲は初めて聞いたのですが、その不思議な音楽に驚きました。先生の言われていた曲名がわからないのですが、図書館に行ってメシアンって方のCDを探して聞いてみようと思っています。
なにかしら、自分の中で消化しきれていない物が残ってしまいました。

最初、このコンサートの申し込みの時にとても迷ったのです。
前にも言いましたが、ドビッシーの曲を聴いて、トランス状態(だと思う)になってしまったので、もしかしたら、また、起こるかも知れないと思っていたのですが、思っていたこととは全然違い、本当に不思議な
音楽ですね。パイプオルガンの音が鳴ったときは、「あ、、あぶないかも」って思ったのですが、最初の音につづく曲はとても広がってくれてパイプオルガンの新しい概念が生まれました。

それから、先生の言われていた、「好きな演奏家」の音楽を聴くことが、なお、一層いいとの言葉で、ある人を思い出し、迷って諦めて
いたことがまた、フッフッと動き出しました。

その人も不思議な音を繰り出す人で、初めて聞いたとき、
意識ではなく、生命がふわ~と湧き上がってくるのを覚えたんです。
しかも、口から、そのふわ~が出たい、出たいと意識に訴えかけてきて、本当に不思議な音楽でした。

7月に彼のコンサート(ライブしかしないみたいです。)のメッセージは、
「音を考え、音楽を考え、フォルクローレを考え、
行き着いた今回のテーマが「名もなき音の聲」。
民衆の生活から生まれ育まれてきた音の数々を、
「作品」という姿をかりてお届けします。
」と言うものでした。(私は行けなかったのですが)

9月にワークショップがあるのですが、心のよくわからない部分で
恐れ多くて近づけないって感じでしょうか?近づくのが恥ずかしいって
感じで、彼のレコードも買えないのです。(情けない…ショップでは売ってなくて彼のHPからしか購入できないんです。メール出すのが恥ずかしい。)

彼は、NHKのCDに関わっていらっしゃったみたいで、買いたかったのですが、高額で買えませんでした。

先生の言われた「好きな演奏家」を聞くと言う言葉。
私のこころを広げてくださいました。

今、こうやって、私がこころの世界を飛び回っている間に、先生は、世界を飛び回って
いるのですね。私の巡回先の地学先生もフィジーで飛び回って、歩き回っているころです。(実はこの地学先生もNHKに関係ありでした。)

イスラエル報告楽しみにしています。

PS 私が昔、空から宝石が雨のように降ってきたのを感じたのも(見たのも?)、音楽が鳴り、花吹雪が舞う中で天女達が踊る姿を見たのも、何らかの音との共感覚だったのかも…。
二つとも本当に綺麗で、感動でしたよ。


投稿: あすか | 2008/09/14 11:09:15

おぼゆれ    クオリア探知機

        イスラエルを指し


  智慮の旅路の  遠先を見る .....。    ..。


           ...。     お健やかに 


       

投稿: 一光 | 2008/09/14 9:31:36

はじめまして。

昨日のさいたま芸術劇場に茂木さんのブログから知りいってきました。
メシアンさんも児玉桃さんも存じ上げずただ茂木さんのトーク聞きたさに行きましたがとても楽しかったです。

その足でイスラエル。メシアンさんも敬虔なクリスチャンだっつたそうですが偶然ですね。1999年訪れた時のことが思い出されました。ヴィアドロローサや嘆きの壁など行かれるのでしょうか?また情報楽しみにしてます。

投稿: ヤハギ  | 2008/09/14 6:25:24

茂木先生はじめまして。

行ってらっしゃいませ、お気をつけて。

投稿: Riku | 2008/09/14 4:39:07

茂木さん、こんばんは。もう、機中の人ですね。イスラエルって、危険がいっぱい!というイメージがありますが、どうぞ、お気をつけて楽しんできてください。では、おやすみなさい。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2008/09/13 23:48:02

いってらっしゃいませ。
お気をつけて。

投稿: アンチジョイマン | 2008/09/13 23:03:33

彩の国。さいたま芸術劇場で芸術をもっと身近にという事をモットーに活動しているという話を以前テレビで見ました
近くに住んでいたら、絶対行きたいと思いました
そこでのコンサートだったんですよねすごいです

今度はイスラエルですかどんなクオリアが待っているのでしょう?
楽しみですね☆
道中、お気をつけて、いってらしてください(o^∀^o)

投稿: 奏。 | 2008/09/13 22:10:17

コメントを書く