« 蝶の道、人の道 | トップページ | 脳を活かす仕事術 2刷 »

2008/09/18

縄文の浄化

サンデー毎日

2008年9月28日号

茂木健一郎 
歴史エッセイ
『文明の星時間』

第31回 縄文の浄化

一部抜粋

 小学校の頃、自転車で時々出かける蝶が舞い飛ぶ森があった。ある時、友だちとふらふらと歩いていると、赤土がむき出しになっている広場があった。足下を見ると、土器のかけらがある。たちまち「あそこには遺跡がある」と仲間うちで噂になった。
 それらのものは、大地の下にどれくらいの間埋まっていたのだろうか。年月を経て、今や太陽からの放射にさらされた器のかけらたち。ふしぎな原初の光を放っていて、私たちを夢中にさせた。

全文は「サンデー毎日」でお読みください。

http://www.mainichi.co.jp/syuppan/sunday/ 

9月 18, 2008 at 08:09 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縄文の浄化:

コメント

今年の夏、遺跡発掘バイトをした友達に、どこで発掘してたの・・
どこか、郊外の崖を想像していたら、新宿の高層ビルの合間に
発掘現場があったそうです。

数千年前の人々の生活が眠る真上で、立ち並ぶ高層ビルでくらす
私たち、はたして古代の人は私たちを進歩と見るのでしょうか?

ふと考えさせられたことがありました。

投稿: オカモン | 2008/09/21 23:16:46

コメントを書く