« アトミック・サンシャイン | トップページ | 裏山の人 »

2008/08/23

固有の力学に従って

「桜島はここのところ
活発なので、いつ噴火するかわかりません」

その言葉に、いつ来るかと
心待ちにしていたが、
今のところ「花火の音を大きくしたような」
響きは聞こえてこない。

鹿児島の不動産は、桜島が見えるところが
値段が高いのだという。

目に見える活動はなくても、地下では
マグマが固有の力学に従って変化を
重ねている。

人もまた同じ。いかに
アンダーグランドの「パス回し」
を続けるかであろう。 

8月 23, 2008 at 03:09 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 固有の力学に従って:

» 身近にいた聞き上手の達人 トラックバック 須磨寺ものがたり
聞き上手の達人といえば、 昨年、お亡くなりになった、 河合隼雄さんのことを思い浮かべます。 ところが、私の身近にもいたということに、 気が付いたのです。 [続きを読む]

受信: 2008/08/23 15:53:25

» 生であるということ トラックバック ただいま妄想中
泳げないわたし{/kaeru_en2/} この人生という大海も。 思うように泳げないばかりか むしろ、海底にどっしりと腰を下ろしている。 そのもっと深くでは、 赤黒く、ドロドロとしたマグマが ドクドクと流れている。 爆発しないように、 その動きを止めてしまわないように。 ちょうど良く生きるのは、むずかしい。 怒って泣いて、怒って、怒って、泣いて、笑う。 涙と鼻水と海水と。 ぐしゃぐしゃ、ひとつの潮から成る。 泡となって消え果てても 青い海は、その静寂を保つ。 きらきら、太陽の光を反... [続きを読む]

受信: 2008/08/23 22:49:11

» 脳学習の最良の果実は「人格」 トラックバック 御林守河村家を守る会
私もそのように努めたいと思います。 文藝春秋「日本の師弟89人」のなかの 茂木先生の言葉です。 良く生きることが何より大事に思います。 他に心に残ったのは、 ひとりを慎め、という今東光の言葉です。 (つづきは後刻) [続きを読む]

受信: 2008/08/25 6:09:32

コメント

茂木さん、今晩は。鹿児島はいかがでしたか?アンダーグラウンドの「
パス回し」が重要。そうですね。異業種交流を始め、人と人との出会いの場となり、いろんな地域が!地場産業が!活性化していくとよいですね。「九州創発塾」、大きな意味も成果もありそうですね!私ごとですが、今日はちょっとしたお祝い事を兼ねて琵琶湖の近くの美術館へ「北斎」と水庭の中に水没する樂吉左衛門茶室を見に行ってきました。茶室は細かい「気」のいき届いた素晴らしい空間でした!車にお気に入りの音楽をたくさん積んで、じっくりと聴いて、とっても楽しい一日でした
。今日はTBSのクイズ番組で「赤毛のアン」が。茂木さん、ご覧になったのでしょうか?今年はイベントもたくさんあり、私は嬉しいかぎりです。では・・・。

投稿: | 2008/08/24 0:03:37

茂木さんの本を、愛読させて頂いている者です。科学を通して『人間』を深く見つめられているお話の数々、とても興味深いです。脳を活かす勉強法の「安全基地からのチャレンジ」は、本当に共感させられました。いま茂木さん著書『生きて死ぬ私』を手にしています。わたしは一僧侶でありますが、プロセスは違えど、真理はひとつであることを思います。ちょうどわたしも、心のマグマについて書いたところで(稚拙でありますが)コメントさせて頂きました。

投稿: 月のひかり | 2008/08/23 22:48:11

こんにちわ

無意識も地下のマグマの固有の力学的のように働いていて、アンダーグラウンドのパス回しが、夢として現れるのではないでしょうか?(^^)

投稿: | 2008/08/23 19:30:20

茂木先生、お疲れ様です。

先日は神保町でつけ麺を食べていらっしゃてたのですね。
美味しかったですか?
次回は是非、猿楽町の龍龍軒にいらして下さい。あんまりきれいなお店ではないけれど、それはそれで味があるかと。。。(^_^;)

そして今回は鹿児島なんですね。本当に毎日世界を股にかけて飛び回ってますね。美味しいもの食べて、スタミナ付けて頑張って下さい!

心に秘めたマグマが表面に出てくるのはいつでしょうか?
私は今のところ、ライブの日の予定かしら?ぱーっと噴火できれば気持ちいいでしょうねえ。。。

投稿: | 2008/08/23 19:25:54

篤姫の故郷ですね
すてきです
茂木さんの日記から、桜島の息遣いを感じられました。

そうですね。
人もまた同じ。。

投稿: | 2008/08/23 19:13:20

地球は地殻一枚割れれば真っ黄色に燃えるマグマが渦巻き流れている。いつ噴きだして、あたりを焼き尽くすかを定めているかのように。

富士山もいまは休火山だが、いつ何時目をさまし、桜島のようになるかはわからない。

やはり、我らも生き物なら、この地上も生き物なのが地球の実相なのだろう。

人の意識のその又無意識の、壁一枚を隔てたところには、そのマグマのように、むき出しの生命の踊り狂う動きが秘められている。

一人でいるとき、頭の隅っこでいつも、そんなことを時折思う。

ところで”桜島”といえば、特産の大根が有名ですね。桜島の土壌からうまれるという、大きくて真っ白な丸い大根。茂木さんは召し上がられたでしょうか。

子供の頃、何かのTV番組で、初めて桜島大根をみたとき、この世の大根とはとても思えない!と仰天したのを覚えているような、いないような・・・。

それでは、このへんで。東京はついに雨が降り出しました。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/08/23 17:16:39

コメントを書く