« カツブシ | トップページ | 存在の精緻さ »

2008/08/20

10分の1も

成田空港から、東京へ。

集英社の岸尾昌子さん、
カメラマンの中野義樹さんと
一緒に集英社近くの「ラーメン二郎」
の向かいにある「ちょうなん」で、
つけめんを食べる。

渋谷のセルリアンタワー東急ホテル。

作家の古川日出男さんと対談。

古川さんの2000枚を超える
大作『聖家族』をめぐって。

http://www.shueisha.co.jp/furukawa/ 

『聖家族』は、東北をめぐる歴史や、
特異な運命を背負った家族や、現代の
風俗や、もろもろが実験的かつ
エンターティンメント性に満ちた
多声の中に展開する傑作。

2時間しゃべっても、
論ずべきことの10分の1も語れなかった
ように気がする。

大森林を疾走す。

古川さんは野心的かつ元気な人。

私は、爆発するような元気に満ちた
人が好きだ!

『聖家族』を執筆中、100日間
編集者にも連絡をとらず閉じこもって
いたことがあるという。

街でたまたま編集者に会ってしまって、
その時は手をあげてそのまま通りすぎて、
「声をかけられないオーラが出ていたみたい
です。ははは。でも70日目くらいから
おかしくなりました。宗教の修業で100日とか
区切りがあるのは、一つの叡智ですね。」
と古川さん。

話が大いに盛り上がって、
共通の知り合いである大竹伸郎さんと、
古川さんがずっとその表現に
注目してきたという金森穣さんに電話して
しまった。

大竹さん、金森さん、突然すみませんでした。
久しぶりにお話できてうれしかったです。

つけめんを食べて、古川さんと
「金田中」ですっぽんを食べて、
なんだかおいしい日本帰国の夜だった。
さあ、元気でバリバリ働くゾ!

小説すばる編集部の伊礼春奈さんから
メールをいただいた。

From: 伊礼 春奈
To: 茂木健一郎さん
Subject: ありがとうございました! 小説すばる・伊礼

茂木健一郎様

本日はコスタリカからのご帰国早々に
古川日出男さんとの対談にお越しいただき、
ありがとうございました。

まさに茂木さんと古川さんのパッションがぶつかりあい、
爆発する瞬間に立ち会えたように思います。
素晴らしい時間でした。

お忙しいなか、本当にありがとうございました!


集英社・小説すばる編集部
伊礼春奈(いれい はるな)


古川日出男さん、小説すばる編集部の伊礼春奈さん、
小説すばる編集長の徳永真さんと。

8月 20, 2008 at 07:38 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10分の1も:

» 法話を思い出す トラックバック 須磨寺ものがたり
昨日、道すがら、 顔見知りの人に、 「暑いけど、風が秋やなあ」と声をかけられた。 [続きを読む]

受信: 2008/08/20 10:31:45

» 本「こころと脳の対話」 トラックバック 富久亭日乗
(河合隼雄&茂木健一郎、潮出版社)  昨年亡くなった臨床心理学者の河合隼雄さん、 生前、脳科学者の茂木健一郎さんとの対話を本にした。  河合「・・・細部に飛びつかない、という姿勢がものすごく大事ですね。 そうじゃなくて、その人を全体として見る。 全体として見ていると、本当に人間といのは面白い。 人間は誰でも、何をやらかすかわからん可能性をもっている」 河合「脳科学がこれだけ進んで、使えるけれど、 それで心がわかるというのは間違いだというのは、 すごくはっきりしていますね」 茂木「脳科学がいま科学とし... [続きを読む]

受信: 2008/08/20 21:46:37

» 虚構の泉9 トラックバック Tiptree's Zone
 好都合なことにその頃、ポールはアメリカのカリフォルニアに在住していた。彼のハッカーの師がそこに住んでいたという単純な理由で。  ポールはジョージア州アトランタへと飛んだ。そして、そこでミニジェット機をチャーターし、パイロットを一人雇った。今回の旅路の目....... [続きを読む]

受信: 2008/08/21 2:46:35

» 依存症? トラックバック 感性でつづる日記
「人は常に変わっている。」 「1年後の自分は、現在と同じ自分ではない!」 数年前 [続きを読む]

受信: 2008/08/21 4:43:16

» 『十五少年漂流記』が好きです トラックバック 御林守河村家を守る会
熊懐女史は フランス語のTOIEC980点という 極めつけの才女でした。 島田進学スクール講師に応募してきましたので、 その採用面接をしたときのことです。 「広島大学の博士課程では  フランス文学はなにを専攻されたのですか?」 「ラブレーです。ガルガンチ�... [続きを読む]

受信: 2008/08/21 6:12:30

コメント

こんにちわ!今日は涼しくていいですね☆
帰国されてすぐお仕事で都内へ…との事でしたが、
セルリアンタワーだったんですね!!
近所でびっくりしました(笑)

今日もお仕事がんばってください!

投稿: myuta | 2008/08/21 16:18:19

茂木先生、こんにちは。
 100日間閉じこもるなんて、絶対無理ですが、私のなりに、こんな事を考えました。

 自分に、寄り添う。変容。
  今、行けなくても無くならない。
  今、行っても得られない。

  今、林の中で創造できる。

  カイロスクオリア記憶を使って、再生する。
  表現者傷を使って、脳の再編成をし、タナトスとする。

不思議な事は、極上の傷を得ることができて良かったと受け止められるようになった自分です。

それから、行ける時にエネルギッシュに惹かれる処へ行って、体感しておいて良かったと言う事です。

 今は、身体の修復期。よきたくらみをしながら、新たな希望の準備をいたします。
 御著書や、クオリア日記から、毎日新鮮なヒントやインスピレーションか゛発動してきて愉しい,楽しいです。

投稿: ぶらんか | 2008/08/21 10:39:37

こんばんは。
  
茂木先生、お帰りなさい。
帰国直後のお仕事、本当におつかれさまです。

伊礼さんのメールの
「パッションがぶつかりあい、爆発する瞬間」
いい表現ですね。
爆発する瞬間。そこがエネルギーの生まれる瞬間でもあるような。
(ちなみに私は爆笑した瞬間にかなりのエネルギーを得ている感覚があります。)

>さあ、元気でバリバリ働くゾ!
 ↑ 待ってましたぁ!(笑)。 
茂木先生はとどまることなく発火し続けてください。
元気な人の元気な言動に接するとき、
なぜでしょうか、純粋にパワーをもらえるんですよね。

投稿: s.kazumi | 2008/08/21 0:35:42

今晩は。

2つの美味しい味覚、つけめんとすっぽんに巡り合えてよかったですね!

『聖家族』、生憎まだ呼んでいないけれど、何だかとても奥深そうな作品のような気がします。

私事で失礼ながら、東京からほとんど一歩も出ずに、熱波にむせる日々のなか、毎日働いていたため、体力がだいぶ減った気がする。

ここのところ、へとへとになって帰宅する日々が続いている。けれど、どんなに草臥れていても、『クオリア日記』を読ませていただくと、疲れが吹っ飛んでしまう(あまりに疲れ過ぎて、日記が読めない時もありますが)。

茂木さんや古川さんのように、何時もパワフルな人の言葉や姿、振るまいを見ていると、こちらの中から、じわじわと元気が出て来そうだ。

夏の疲れが出てしんどいけれど、何とか頑張って生きていきたい。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/08/20 22:41:04

茂木様、こんばんは。初めてコメントさせて頂きます。
先生に惹かれてからの時間はとても浅いのですが、
先生がご出演されるTVはよく拝見させて頂いております。
実は昨日、先生と同じ飛行機に搭乗しており、
斜め後ろの席に座っておりました。
先生に気付いた時は鳥肌が立ってしまいました。
サインをお願いしようか・・・写真をお願いしようか・・・
散々悩みましたが、きっとお仕事でお疲れのことと思い、
遠慮致しました。
先生と同じ飛行機に半日以上も同乗させて頂けただけで感激です。
私は長いフライトに疲れ、今も時差ボケの中に居りますが、
先生はお仕事もこなされ、ブログも更新されていらっしゃり、
驚きました。
私も先生のようにパワフルに頑張ろう!と思いました。
まだまだ暑いので、お身体、どうぞご自愛下さいませ。

投稿: Karen | 2008/08/20 21:46:27

茂木さん、帰国されて最初に召し上がったのは「つけめん」でしたか。今の季節だと「ひやもり」が格別に美味しいですね。さて作家の古川日出男様、先ほどホームページを拝見。朗読とありましたのでお聴きしましたところ、何やら特徴のある朗読の仕方でありました。かなり面白そうなパーソナリティーですね!百日間の閉じこもり・・・想像してみましたが、何だか息苦しい感じがいたします。(笑)仕事があって、愛犬とお散歩し、チャリンコで気ままに出かける毎日が、私には欠かせない
と思いました。そういえば昨日、チャリンコで自宅から心斎橋の輸入食品雑貨屋さんへ行ったのですが、コーヒーコーナーに目をやると「コスタリカコーヒー」の缶入りがあり、その缶にあの美しいケツァールの鳥の絵があり、思わず購入。でも直ぐに飲んでみたのですが、軽くて、飲みやすく、ブラックで飲む方にはよいかもしれません。私の暮らしの中にクオリア日記が入り込んでいます。(笑)そして「すっぽん」ですか
。ご馳走ですね。すっぽんは大分で仕事をしている時に、取材で生き血
を飲まなければならず、往生しました。(笑)骨が多くてでも芳ばしくて美味しいですね。大分県はすっぽん料理が有名で、宇佐郡安心院(あじむと読みます)町は清流を利用した養殖が盛んな所です。
すっぽんが町の名物料理となっていますので、茂木さん、安心院へ行かれた時は是非、すっぽんをお召し上がりください。でも、何だかジャングルから戻られてすっぽんを召し上がるというのは「野生」プラス「滋養強壮」、どこまででも突っ走っていく茂木さん!という感じがいたしました!(笑)


投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2008/08/20 17:56:11

こんにちわ

70日で、おかしくなりそうになっても、エンターテイメント本が書けると言うのは、作家の不思議です。(^^)

100日間、一つの事に集中すれば、何かすごい事が出来そうな感じがしてきました。(^^)

投稿: 100日のクオリアby片上泰助(^^) | 2008/08/20 17:21:33

無事にお戻りになられたこと、嬉しく思っております。

世の中には元気な人、パワーに満ちあふれた人がいらっしゃいますが
茂木先生ほど元気な方はおられないのではないか、と思う今日この頃です。

元気な人のパワーは伝染していくので、きっと茂木先生の周りは元気な人
ばかりが集まってこられるのではないでしょうか。

そんな人になるべく、今日も一日楽しく過ごします。

投稿: yuzuriha | 2008/08/20 10:51:01

おはようございます

長旅されてきて恋しかった日本の味、食べられて良かったですね〜
身体の中にも、ふわっと日本の味が広がったかしら。。

早く日本の時間に身体慣れると(戻ると)良いですね。

投稿: 奏。 | 2008/08/20 9:53:42

茂木さん、おはようございます~

元気な茂木さん★、
お写真からも、文章からもにじみ出ていて、
おおお~良かったなあ、と安心しました

東京で渋谷かぁ

個人的に良かったなあということがありまして、
東京とか、渋谷とか、思うと
しみじみ、嬉しいなあ。
私もがんばらんと!

茂木さんも元気だから、
私もがんばらんと~~!って思いました♪

写真の茂木さん、
とてもさっぱりとした
よいお顔されてますね

投稿: ももすけ | 2008/08/20 8:18:28

コメントを書く