« 京都造形芸術大学オープンキャンパス | トップページ | 人間らしく »

2008/08/04

一つの基準として立てる

 ソニー広報の滝沢富美夫さんの
友人の鹿野雄一さんのアレンジで、
 山中漆器の職人さんたちの
お仕事ぶりを拝見する。

 木工芸で人間国宝の川北良造さんを
はじめ、卓越した技を持つ方々
とお話しして、とても勉強になった。

 宿泊でお世話になったのは「日本一の朝食」
で有名なかよう亭。

 裏山の緑が露天風呂からも
すぐそこに見渡せ、生命の気配から
たくさんのものを受け取った。

 「かよう亭」の部屋から
 「ケータイ大喜利!」に挑戦するが、
あえなく撃沈。

 3つのお題で41万件の投稿という
壁は厚かった。

 鹿野雄一さんが副住職を務められる
医王寺でお話する。

 「本堂」での講演は初めて。
 どこか、「法話」をしている気分になる。

 特別な計らいで、「流しそうめん」
をして下さった。
 滝から直接水をとるという
ぜいたくな設い。

 水の中をそうめんがふしぎな生きもの
のように走り抜ける。

(photos by Tomio Takizawa)

 楽しかった山中温泉を離れて
京都へ。

 京都造形芸術大学のオープンキャンパスにて、
秋元康さん、和田秀樹さん、林真理子さんと
ディスカッションする。

松尾貴志さん、滝沢富美男さん、海豪うるる
さんも加わって、秋元さんお薦めの
見せ「ますだ」へ。
銀座「グレ」の山口さゆりさんも。

すばらしい味だった。
秋元さん、ありがとうございました。

グローバリズムの中、
世界的な視野に立ってその偶有性に
身を投じることは必要だが、
一方で、とりあえずローカルな
コミュニティにおいてあこがれと価値の
体系を作り、その中で切磋琢磨することも
またかけがえがない。

加賀百万石の頃は、
江戸に「徳川」の殿様がいても、
「前田」の殿様の方が大切だった。

ローカルなプライドの
体系があってこそ、漆器や
蒔絵は発達した。

何でもすぐにニューヨークや
東京と比べればいいというものではない。

そして、それは畢竟、
「自分」というものを一つの
基準として立てるということにも
つながる。

世間など関係なく、自らの
心がどれくらい動いているか。
厳しく脈動しているか。

朝のコーヒー一杯に
静寂を測る。

8月 4, 2008 at 08:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一つの基準として立てる:

» 山中温泉医王寺「茂木健一郎先生講演会」 トラックバック 山中だらけ/山中温泉余話
テレビで見ている通りでした。 [続きを読む]

受信: 2008/08/04 9:32:15

» 木屋町「ますだ」 トラックバック ピアニストの日本刺繍な毎日
昨日茂木さんが京都に来られる由、行きたかったんだけど、この暑さに負けて家を出るこ [続きを読む]

受信: 2008/08/04 11:34:26

» 自分の読んだ本が、音楽と繋がる トラックバック 須磨寺ものがたり
おそらく、人は不幸な時ほど、音楽を聴こうとする。 悲しみの中から音色を掬(すく)おうとする。 きっとそれが自分を救ってくれると願って。 一方、幸せの旋律というのはあまりにも朗らかに、 健やかになり響くために、さして耳をすます必要がないのだ。 ・・茂木健一郎「すべては音楽から生まれる」より... [続きを読む]

受信: 2008/08/04 15:35:17

» Again, トラックバック Tiptree's Zone
If it doesn't feel right You don't have to do Just leave a message on the phone and tell them to screw it After all is said and done You can't go pleasing everyone So screw it ---------------- Unthinkable surprises are about to hap... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 1:50:07

» テクノロジーとヒューマニズム トラックバック Tiptree's Zone
 先日は、コンピュータのメモリの増設やOSのインストールに没頭していた。  そして気づいたことは、テクノロジーに浸っていると、人文科学的命題が、自分の心の中から消え去ってしまうということ。  今現在文学の天才がいない原因の一つは、テクノロジーの趨勢かもしれ....... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 3:23:19

» http://www.community-platform.jp/cell15/modules/wordpress/index.php?p=974 トラックバック 御林守河村家を守る会
縁起観? 「此生ずるに依りて彼生ず。此滅するに依りて彼滅す」 ホントかな?と思う。 以下、講義中に思いついた走り書きを転載します。 ********************** 原因があって結果があるわけではない。 このような結果を招いたのは、 おそらくこれが原因ではなかろ... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 5:50:06

» 朝一番のセミの声・・・ トラックバック Little Tree
今年、セミの声を初めて聞いたのは… 思うに熊本のお城近くだったような気もしつつ 先ほど、家の近くでもセミの鳴く賑やかな声が聴こえてきました。 「まさに、夏真っ盛り」の青空に 白い雲がソフトクリームのように、モクモクと伸びています。... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 6:47:04

コメント

茂木先生 こんにちは♪
「かよう亭」の朝食。名旅館の朝食比べで、見たことあります。朝しっかり美味しい物を食べることは、一番の元気のもとですね!それと「ローカルなプライド」。私の住んでいる千葉県のS市は、日米修好通商条約の時に活躍した、お殿様が住んでいる所です。少しのご縁があるので、先日「ハリス公像」の建立除幕式に出席させていただきました。アメリカ大使館広報部の方や火縄銃空砲の方がいらして普段体験出来ないことばかりで、とても刺激を受け、少し誇らしく感じました。若い時はあまり感心がなく、母まかせだったのですけど、年齢的なせいか、S市の歴史や自分の家のご先祖様のこと、もっと知りたくなりました。住んでいる場所や先祖を知ることは、自分自身を知ることだと思います。先生の言っていることと、少し意味が違うかも知れませんけど、「ローカルなプライド」を持って、生きて行きたいと思います♪

投稿: 平井礼子 | 2008/08/05 14:27:47

茂木さんのブログは
ブログ超えて一種のコミュニティに近いと思うので、
いっときの感情に振り回された発言は慎まないと。
って思ってます。
コミュニティの中で
責任とれないような発言はリスク伴うし、
ここは茂木さんのブログですから・・・
何度もお手数おかけして
申し訳なく思ってます。


今日も暑くなりそうですね、
茂木さんも夏バテには気をつけて、
お仕事がんばってくださいね

投稿: ももすけ | 2008/08/05 9:33:06

珍しく眠いのを頑張って「ケータイ大喜利!」見ていたのですが…残念でした。(笑)
毎日精力的に書かれる日記や講演、執筆、めまぐるしいほどのご活躍に、茂木先生の充実ぶりが窺われるようで、楽しみに訪れています。
スケジュールがもっと早く分かれば行きたかったなぁと思う事がしばしば。
でも、他人の日記だけでこんなに心が動くなんて。
やっぱりブログっていいなぁ…と思いました。

投稿: そらまま | 2008/08/05 3:11:01

今日は何となく、物悲しいような人肌恋しいような気分。。

問題は私自身の内面。

それでも…えいやっ!と身体を動かし始めるとなんとか動いてくれるようなので、↑の気分もとりあえず横に仮置きに(^^ゞ

ケータイ大喜利。私も撃沈です。皆さんの見て、ゲラゲラ笑わせてもらったので、面白い経験でした☆

本堂での講演会。茂木さんのバック、ものすごい!重厚な感じ。
法話みたいというのも頷けます!

流しそうめんの薬味…ミョウガやネギ加えるたもの美味しいです(*^□^*)


世間など関係なく、自らの心がどれくらい動いているか。の一文が心に響く。。

投稿: 奏。 | 2008/08/04 22:18:41

こんばんは。

最近では、私の近所でも、郷土が生んだ偉人や文物、歴史的な遺構を残し、あるいは活かしていこうという気運が高まっています。

地球上の、どこの世界へ行っても“郷土の誇り”がある。仰るように世界有数の大都市などと比べたりしても、しょうがないな、と本当に思います。

郷土の誇り…ローカルなプライドって、本当に大切だ。それがなくては郷土の優れた文化も、そこに住む人々の矜持も育たない。

今は何処でも「大都会」の「真似」をしたがっている。東京でも、たとえば、神楽坂は、料亭や芸者の置き屋があった昔からの粋でしっとりした風情が残っているのに、昨今では周りに現代風のマンションが立ち並び始め、ゆえにそうした風情ある街並みが少なくなり、折角この町のしっとりした雰囲気を楽しみにしてきた、外国からのおのぼりさん達をがっかりさせていると聞く。

自分の土地の文化を、切磋琢磨しながら、大切に育てていくことが、かえって世界中の人達を感嘆させられると思うのに。


投稿: 銀鏡反応 | 2008/08/04 21:27:19

こんにちわ

携帯大喜利の番組をよく観ているのですが、「あれ?!茂木さん出てる!!」と、思い、見ていたのですが、「茂木さんの回答が出なかった!!」と、二度びっくり!!。

番組の途中で「ピロリロリン、ピロリロリン」と、音が鳴って、ゲストと会話しながら、回答すれば良かったのでは、と、思いました。


最近、頭の中で「無能家、猛々しい」(「有能家、悠々しい」ポジティブ化)と、ふと、言葉が思いついて、自分も気をつけなければ、と、思っています。(^^)

投稿: 携帯大喜利のクオリアby片上泰助(^^) | 2008/08/04 20:09:10

お寺の講演面白いですね。写真でみても面白い。
茂木さんのヘアスタイルが、まるで仏像みたいに見えてくる!
行きたかったです。

大喜利は難しかったですか?
私は一度選んでもらってます(笑)。はまってます。
でも、遠い昔の一度だけですけど〜。

茂木さんの大喜利の解をブログで見せてください。
ぜひ、お願いします。

投稿: Kom | 2008/08/04 16:46:58

こんにちは。
今日のクオリア日記にも、ハッとさせられました。ローカルなコミュニティ。プライド。なんでもニューヨークや東京と比べればいいというものではない。  自分というものを一つの基準として立てる。  世間など関係なく、私の心は?   静聴静思。                    
  林の中は、ひんやりして気持がいい。 
  フトンチッドの中で身体を休める。 

  心おきなく、たっぷりの時間を、愛するものたちと過したい。 
  自分の生活に愛をこめて暮らす。 

  愛は脳を変える。 
  白魔術が ほほえむ。
 
  
今~こんな風に変えれば、すべては、生かされると考えられるようになりました。            
 

投稿: ぶらんか | 2008/08/04 15:05:52

茂木さん、今日は。山中漆器の職人さん達や木工芸で人間国宝の方へお会いになられて、貴重なお話や職人魂に触れられ、茂木さんにとってまた、官能の旅だったのでしょうね。先ほどより他の方のコメントを拝見していますと、ファンの方、茂木さんのことを心配されていましたね?
でもよい旅だったようで、少しお元気になられたのではないですか?そうだとしたらよいのですが。さて、「日本一の朝食」、どんな朝食だったのでしょう?興味があります。それから「ケータイ大喜利!」、すっごく真面目な表情ですね?(笑)多くの方がチャレンジしておられるのにはびっくりいたしました。「本堂」での講演とは、珍しいですね。厳かな気持ちになれそうですね?!滝のおそうめんもなかなか味わえないかもしれません。山中温泉は初めてづくしの旅だったのですね。そして京都へ!林真理子さんも「赤毛のアン」がお好きで、確か、アンは「サクセスストーリー」と以前、何かの雑誌に書いていらっしゃいました。
面白い視点だなぁ~!と思いました。松尾さん、昔、キッチュとおっしゃっていたころ、大学の文化祭でご一緒しましたねー。実によいお声ですね。私と同じ専門スクールですよ~。同じ鬼の特訓を受けられたのでしょうか?!さて、グローバリズムの中、ローカルなコミュニティで・
・・おっしゃる通りだと思います。前田利家は私も大好きで大河ドラマも毎回、拝見しておりました。東京やN・Yにはないもの。地方にはあっても都会にはないもの!はたくさんありますね。でもそこに気づくには
どちらも見てみないとわからない。まず知ることが大切なのではないのかなぁ~と。朝のコーヒーは、私も欠かせません。朝は血糖値を上げるとよいので、甘めのオーレを毎朝、ネルドリップコーヒーでこだわってたてて飲んでいます。頑張ろう!という気になりますね?!世間など関係なく?何だか茂木さんに強い印象をもちました。本当にこころ優しい人はやはり強さも持ち合わせているのかな?と、思ったしだいです。私は世間の風は結構、気にするタイプ。単に田舎者なのでしょうか
?!(笑)とにかく茂木さんがお元気になってよかった!


投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2008/08/04 14:14:05

茂木さん、こんにちは
いやあ、今日も暑いですね!!
お昼ですけど・・・どうぞ♪

ケータイ大喜利、
お電話の声はお元気そうに聞こえましたが、
実際はとても眠そうなお顔されてたのですね!
深夜のお仕事、
お疲れ様でした

そして、お寺でのご法話と、
滝の水の流しそうめん!!
美味しそうですね・・・じゅるる。

茂木さん~ご法話姿お似合いですよ★
医王寺…というお寺の名前からして
薬師如来系のお話だったのでしょうか。
石川は浄土真宗が多いと聞きますが。
んーー私は親鸞も好きです。
悪人正機説は涙出ますよね。
(浄土真宗のお寺じゃなかったらごめんなさい)
罪の自覚、
先日の泥の中から美しく咲く蓮の花を思い出しました。


「ローカルなプライドの
体系があってこそ、漆器や
蒔絵は発達した。

何でもすぐにニューヨークや
東京と比べればいいというものではない。」

本当にその通りですね!
東京の人の中には、
一部勘違いしている方も
けっこういらっしゃいますからねえ。

私は沖縄という、特殊な環境の中で育ったので
東京在住中、
出会った人と話が弾むと
どちらのご出身ですか?と聞いてました。
お国の特産物は?!っとか(笑)
だって、東京はいろんなルーツを背景に持つ人ばかりで
人間観察がおもしろかったんですよ★
沖縄以外の都道府県のお話も聞きたかったし!
でも、地方の人の中には
ご自身の出身地のことを
田舎で知名度低いし恥ずかしい、と
なかなか言わない方もいらっしゃいましたねえ・・・・
恥ずかしいことなんてないのに!

髪を切りに美容院に行った時、
美容師さんと話が弾んで、
「どちらのご出身ですか?」って聞いたら
恥ずかしがってなかなか言わなかったんですけど、
「鳥取です」ってようやく言ってくださって!

鳥取、というと、
鳥取砂丘が素敵ですよね!!と返事すると、
その美容師さん、
勢いづいて
「実は砂丘よりも、温泉の方がお勧めなんですよ~」とか、
「特産物はカニ!」(笑)とか、
鳥取のいろんなお話を聞かせてくださって、
すごく楽しかったです(#^.^#)

平均的な価値観を押し付ける一部の都会人は
私は大嫌いですな。
あほらしーーー
はっ、また黒ももすけになってしまった・・・

茂木さんも、たまには黒茂木さんになっても
いいんじゃないですかねえ。
そのほうが、お疲れ取れますよ★
今日の茂木さんのお写真は
珍しくにっこりしてなくて、
かえって新鮮でした★

投稿: ももすけ | 2008/08/04 13:07:25

コメントを書く