« コスタリカ | トップページ | ハキリアリ »

2008/08/10

アトランタでのトランジット。

入国審査の係員が中国人で、
練習のつもりか、
最初は日本語で話しかけてきて
いたのだけれども、
そのうち英語で「昨日の開会式を
見たか」「ああ、そうか、東京で
見たのか」「ほとんどリアルタイムだな」
「東京と北京は、そんなに時差がないだろう」
「いやあ、すごかったなあ」
と次々と畳みかける。

誇りなのだろう。うれしいのだろう。

ゲートの近くの
モールでサミュエル・アダムズを飲む。
アメリカに来たなあ、という気がしてきた。

8月 10, 2008 at 05:58 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アトランタでのトランジット。:

» 農業専従者 トラックバック 御林守河村家を守る会
いちど荒らした土地は 簡単には田畑に戻りません。 毒餃子の問題が再燃して ふたたび食糧自給率の話題が取りざたされています。 白魚のような手をしたテレビタレントたちが、 農業の生産性を上げよう、 などと絵空事を言っています。 しかし残念なことに 農地は生き物... [続きを読む]

受信: 2008/08/10 6:34:10

» ノブレス・オブリージュ トラックバック 感性でつづる日記
「万年筆は、メールやブログに賛成です。」 昨日(8月9日)の日経新聞に折り込まれ [続きを読む]

受信: 2008/08/10 7:13:47

» ボクらの時代 古賀稔彦×小川直也×田村亮 トラックバック 須磨寺ものがたり
今日のフジTV「ボクらの時代」に、 登場した3人の男たち、 「柔」つながりである。 [続きを読む]

受信: 2008/08/10 11:21:35

» 北京オリンピックが開幕!! トラックバック Kashiroman's BLOG "ブログの王子様"
北京オリンピックが開幕しました。 [続きを読む]

受信: 2008/08/11 1:18:45

» 虚構の泉3 トラックバック Tiptree's Zone
 そして、サー・ポールは興味を引かれたんだ。まだ二〇代の若者で好奇心に満ちあふれていたからね。 「そのプロジェクトに僕が参加するかどうかはまだ決めかねますが、興味を感じています。もっと詳細な説明をお聴きしたいです」ポールは言った。 「そうか、では我々の機....... [続きを読む]

受信: 2008/08/11 2:05:28

» 北島康介 トラックバック 御林守河村家を守る会
有言実行。 男らしい男を見た気がする。 アテネオリンピックで金メダルを手にしてから 彼に訪れた地獄の季節。 4年間のスランプを乗り越え、 世界新で金メダルをふたたび手にした。 どれほどの苦しい夜を越えてきたのか。 どれほど歯ぎしりをして泳ぎつづけたか。 ... [続きを読む]

受信: 2008/08/11 21:20:08

» 虚構の泉3 トラックバック Tiptree's Zone
 そして、サー・ポールは興味を引かれたんだ。まだ二〇代の若者で好奇心に満ちあふれていたからね。 「そのプロジェクトに僕が参加するかどうかはまだ決めかねますが、興味を感じています。もっと詳細な説明をお聴きしたいです」ポールは言った。 「そうか、では我々の機....... [続きを読む]

受信: 2008/08/12 1:47:27

コメント

はじめまして!こんばんは。初めてコメントさせていただきます。もうコスタリカに着いたのでしょうか?お体に気をつけて楽しい旅を満喫してきてください!

投稿: | 2008/08/11 23:47:01

サミュエル アダムス、ボストンのビールですね。仕事の後の一杯が実にうまい夏です。ベートーヴェンとショパンのソナタを聞き較べた今夜はビールが切れて、麦茶でした。

投稿: | 2008/08/11 22:38:11

茂木さん、こんばんは★☆

コスタリカでのお仕事はいかがですか?

私はてっきり、
茂木さんのお帰りが明日だと勘違いしてて、

今、再度日記を確認しまして、落ち込みました…orz。
来週の火曜日のお帰りなんですね~(T^T)

でも
一週間~日本を離れるのは
茂木さんにはちょうどいいお休みにもなるでしょうね
美女も多いそうですし(笑)
なのでいつものドリンク差し入れはナシです(爆)

お土産話、楽しみにしていまーす

投稿: | 2008/08/11 20:58:02

水泳の北島選手のレース後の涙になぜかもらい泣き。
テレビのニュースでも、もらい泣きしている方をたくさん見ました。


目頭がじーーんってあつくなって、
脳みそが止まれ〜って指令を出したとしても、
決して止めることができないようなあの感覚。。。
反射神経で出て来るようなあの感覚。。。
脳みそはいったいどんな風に動いてるんだろうって疑問が、、、。

、、、脳みそと言えば、茂木先生。。。と、ふと先生を思い出し、
今は何をしてらっしゃるんだろう?と、
このブログを覗かせていただいてる次第です。

もしかしたら北島選手にもらい泣きされてないかしら?
とも一方的な想像をしていたんですが、
コスタリカにいらっしゃるんですね。
コスタリカから、オリンピックは観戦することはできるんでしょうか?

もらい泣き、、、私の脳みそでは解明できないもらい泣きの仕組み。
ですが、もっとたくさん、オリンピックで体験出来ますように。

もらい泣きでも、なんだかとってもすっきり嬉しい気分になるんですね。

投稿: せんだあずさ | 2008/08/11 18:01:59

クオリア日記さま
 
   積み重ねた 片側 縁月

     インターネットという世にも不思議な産物のお蔭

     ココラで チョッと   深く感謝

     困った脳  回復の兆し   すべては脳内現象  
                       
                             
                      
                        

投稿: | 2008/08/11 11:42:48

長旅ですね。。
コスタリカまで、こんなにかかるのかと、ビックリです(・ω・)!!

日本から飛行機にずっと乗っていて着いたアトランタ。ホッとするでしょうね

コスタリカまで、あと一息でしょうか
サミュエル・アダムズ(←どんな味なのかしら飲んだ事ないので興味津々)を飲み、ぐぃ〜んと、身体のばして、また飛行機の旅楽しんでくださいね(^ ^)

投稿: | 2008/08/10 21:00:10

茂木さん★お疲れ様です
サミュエル・アダムズというビールです!
もし、日本のビールが恋しかったら、
「これは麦とホップ」と自己暗示かけて
飲まれてくださいね

入国審査が中国の方でしたか!
開会式は素晴らしかったですよ!
はじめは孔子の論語から始まりましたよ~~
カッコ良かったです!
自国に誇りを持つということは良いことです★

ところでアトランタってアメリカですよね~
もうコスタリカにはつきましたか?
自然がきれいなところなんでしょうね♪
休憩しながら、自然と対話しながら、
お仕事できるとよいですね☆

投稿: ももすけ | 2008/08/10 19:30:55

コスタリカ、コスタリカ、地図を開いて確認。ありました、ありました!
まるい地球をひとっとび~~とは、いうけれど、交通手段が便利になった分だけ、短期間に移動が可能になった分だけ、やっぱりお身体に負担はかかると思いますので、どうぞ、どうぞ、お気をつけて下さいませ。

投稿: | 2008/08/10 18:49:49

世界のphilosophy of mindの研究者のHPやblogを見て来ました。結果、David J.Chalmers教授に大変興味をひかれました。
自身としては、哲学研究が構造主義(ポスト-)から現象学へ遡行という動きによって想起された「これから起りうるべき思考」というものに、思いを巡らすことの可能性に、強い関心を持ちました。
コスタリカは、憲法で常設の軍隊を廃止している国。美しいカリブ海、お時間の許す限り、楽しんできてください。お気をつけて。。

投稿: Nezuko S | 2008/08/10 12:15:50

今日は。

北京オリンピックの開会式を、ほんの少しだけ見たのですが、…いやぁ凄かったですね!…華やかな彩色と眩い光に溢れ、行進する各国の選手達の顔がみんな晴れやかに輝いて見えました。

“誇りなのだろう、うれしいのだろう”…何しろ、中国の人々にとっては初めてのオリンピックということで、人々の思いは弥が上にも上昇気流に乗っているようですね。

開会式を見に来られた北京市民の皆さんが口々に「中国、加油!」(中国、頑張れ!)を連呼されていたのが印象的でした。


p・s・この間のエントリー(「冥利」)に私が投稿したコメントで、春風亭昇太師匠のお名前が間違っておりました。何卒、お許しを!

投稿: 銀鏡反応 | 2008/08/10 11:52:27

茂木さん、おはようございます。アトランタでトランジット、アトランタオリンピックもありましたが、中国人といえば、私の周りも「凄いでしょ!」と誇らしげな表情でした。でもあの開会式は、本当にお見事でした!中国五千年の歴史といいますか、やはり文化面においても深い歴史をもつお国なのだなぁ~!と改めて感じました。ところできのうの「やわらちゃん」、金メダルは残念でしたが、銅メダルを獲得した後のインタヴュー、私は偉いなぁ~!と思いました!審判のくだした反則の判断はややおかしいのでは?と観ていた私たちさえ感じたのですが、特に夫は柔道をしていたので、「えっ!今のどうして?」と何度もおかしいよ!って。でもやわらちゃんは「審判の方の判断ですので。選手の方も素晴らしいし、自分の力がおよばなかった。」みたいな答え方でした
。あ~、この方はご自分の柔道をしてこられたのだなぁ~!と思い、その答え方の潔さに感動しました!それにしてもこの頃の柔道は、他国が日本を意識してか、「技あり!」「いっぽん!」というのが、そういう鮮やかな決め勝負!がなかなか観られず、小手先でちまちま・・・が多すぎて、また、ルールも改められ、どうなのでしょうかねー。昨日のやわらちゃんのを観ていてもそんな感じで仕掛けてもなかなか相手が応じない、まるで「勝つため」だけに行なっているような試合でしたねー。
以前、将棋の羽生名人が「勝つため」だけでは面白くない、チャレンジを毎回、試みる!とおっしゃっていましたが、そこに通じるような気がいたしました。それだけお国をかけての勝負「オリンピック」が特別な国際試合であることはわかりますが、それでも楽しみに観ている私といたしましては「歴史に残る」ような、感動試合!が観たいものです。う
~ん、昨日のやわらちゃんの負けは納得したくない!ですねー。(笑)
やわらちゃんらしからぬ試合でもあったらしいのですが・・・。でも、インタヴューでの答え方は最高!でした。感動しました!茂木さん、オリンピックの話になって、申し訳ありません。(笑)そういえば、私、
「犬のことば」という本を読んでいました、日高先生の著書です。どんなお仕事でコスタリカへ行かれていらっしゃるのでしょうか?クオリア日記、楽しみに拝見しています。よろしくお願いいたしま~す。(笑)

投稿: | 2008/08/10 8:20:43

コメントを書く