« たどり着いた | トップページ | 『すべては音楽から生まれる』22刷 »

2008/08/01

泉から流れ出る水

高校の頃、人生に絶対の
目的など理論化できないと
思い定め、
だからこそニーチェの「舞踏」
(Tanzen)の概念が自分の
座右の銘となった。

今になって、より実際的な
見地からふりかえれば、
とにかく「元気」であること
が大事だということ。

四の五の言わずに、
何かをしていれば、巡り会える
気付く、開ける。

講談社の西川浩史さん、それにライターの
三浦愛美さん、石井綾子さん相手に
『赤毛のアン』についてしゃべること
三回目。

作品の最後までたどり着き、
小学校5年生の時に出会った
この小説の「本当の姿」がはっきりと
見えた時には驚いた。

ああこれが、というようにくっきりと
わかる。

掘り起こされた彫像に、しばし
手を休め見とれる。

『赤毛のアン』のことを考えている
場合じゃないよ、と昨今の忙殺に
負けていたら、この姿は見ることが
できなかったなあ。

万事そう。とにかく、ガタガタ
言わないでやれ!

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の収録。

プラスティックの光ファイバーの
研究で世界的に著名な慶應大学の
小池康博さん。

1910年に出版されたアインシュタインの
光学に関する論文に導かれて、
14年の苦闘の末ついにブレイクスルーに
至った小池さん。

そこにどんな困難があっても、どれほど
無理に見えても、とにかく「元気」
にやっていくのが良い。

「元気」という泉から流れ出る
水のうちに、さまざまな生きものが
暮らすようになる。

意味など問わなくていい。
ただ、踊り続けることで、
精神の生態系は充ちていく。

8月 1, 2008 at 06:47 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泉から流れ出る水:

» ご無沙汰しました トラックバック 御林守河村家を守る会
山間の地も暑い夏がつづいています。 梅園はもうすっかり夏草に覆われて 白い名札が風にゆれています。 7月3日に、サーバーがハッカーの攻撃を受けて それ以来ブログ休止状態でしたが、 今日から復活です。 もう一か月経つのですね。 いろんなことがありました。 ... [続きを読む]

受信: 2008/08/01 11:13:10

» 牡丹 トラックバック 須磨寺ものがたり
小林秀雄の文章は、難解なところも多いが、 その批評精神が小気味よく、 言葉の鋭さとは、うらはらに温かさを感じる。 [続きを読む]

受信: 2008/08/01 12:03:51

» ロシア文学とぼくらの時代(6) トラックバック 御林守河村家を守る会
学生時代、 それはいまから35年ほどまえ、 ながい夏休みに、 ふたつの演劇部に所属していたころのことです。 深山さんはご存じかもしれません。 「モーターサイクル・ミュージカルショー」で舞台に立つ以前に、 私はもうひとつの演劇部で、 シーリングの2という役を... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 7:32:55

» 「いのちの授業」を、もう一度 トラックバック 感性でつづる日記
いつもなら、前日にあった出来事や感じたことを 翌日の朝早く起きてすぐにブログにま [続きを読む]

受信: 2008/08/03 7:39:12

コメント

茂木さん、おはようございます。
日々あたしがバッグにしのばせている
夏目漱石「草枕」
文庫本のうしろの扉に、本エントリーから茂木さんのことばをそぉっと書き写しました。
すると文庫本が妙に愛おしいものに変わりました。

投稿: | 2008/08/04 10:39:21

四の五の言わずにやる 
向いてるとか向いてない なんてことは考えず(笑)
『今』をひたむきに生きる


溶岩台地の 高原を行く
尾根沿いの道を まっすぐに
今を 盛りに咲く花々の中

頂き 近く
砂れきの崖
谷底から 強く吹き上がる風に
岩燕が 乗る
岩燕が 乗った風が 通り過ぎていく

投稿: | 2008/08/04 10:05:49

茂木さん、こんにちわ。私は、弦哲也のカラオケグランプリの予選が受かりテレビにでることになりました。自分で考えたオリジナル練習法でがんばります。歌う曲はだれにも教えてないけど、こっそり教えます。マッキーがつくった小林幸子さんの悲しみの帳です。すごくいい曲なのでぜひ聴いてみてください。ではでは。ローカルですからみることはできません。

投稿: | 2008/08/02 17:05:04

茂木先生、はじめまして。
先生がみんなに知られるようになる前からファンです。
(本当にご本人が読まれるのかと思うだけで、する~!)


 いつも先生のことばや笑顔に元気を頂いていますが、
今日のメッセージを読んで、涙が出そうでした。
だいたい いつもは元気人間の(それしかないといってもいい)私なのですが、このところ落ち込んでいたので・・・。

 やってもやっても報われない。
これは、もう無理! と放り出そうかと思っていたけれど。

 茂木先生に元気をもらったので、
初めてコメント書いて(内容ないけど)
今から 部屋の片付けと掃除をして
髪切って
がんばろう!
 
 茂木先生
とにかく ありがとう

投稿: | 2008/08/02 10:14:03

おはようございます。

さっき、「ちはるさん」のコメントを読んで、アンの事を
知りました。

私の知人に「アンは永遠の恋人」と豪語している人がいたのですが、
カルピス子ども劇場でしか知らなかったのですが、ただの、ロマンチストでコツコツ自己を築きあげていった女性と解釈していたのですが、
まだまだ、知らない世界が存在しているのですね。

今度、読んでみます。

投稿: あすか | 2008/08/02 8:59:24

コスモスの秋来     秩序ある宇宙の襲来と読みます。

          カオス    破壊の先に  創造ありき

  側頭葉 前頭葉  収束の時だと思いませんか? 
               ・
               ・

               ☆ 

投稿: | 2008/08/02 8:44:11

茂木さん★おはようございます

日記の内容とは関係ないのですが・・・

今日は★ケータイ大喜利の日ですね!
放送が深夜生放送なので大変かと思いますが★
がんばって・・・

イヤ、ケータイ大喜利では、
ライバル★ですよっ!!
私も投稿するので(笑)

ヨン様を見て目の栄養補給?
したあとに、大喜利チャレンジしま~~す
でも採用されないかも!(笑)
私の大喜利、
極寒なので~~~(笑)

では茂木さん、
今日も暑いかと思いますが、
お仕事がんばってくださいね

投稿: ももすけ | 2008/08/02 8:32:55

「元気になって」と、朝の光の中に連れ出したいような気にさせられた人がいました。今日の博士は、男で、大人で、父親であると、そんな印象を強く受けました。

投稿: Nezuko S | 2008/08/02 5:08:29

残暑お見舞い申し上げます。

時代が如何変化しようと、とにかく「元気」でいること…。

今宵(08/01)の朝カルで「元気」や「赤毛のアン」について茂木さんがお話をされていたことは、これからを生き抜く上でとても参考になったと思う。

まだ青かった頃、自分の世界が無限に広がっていくような気持ちになっていた時期は確かにあった。

今でも自分の何処かに“青春の気概”を忘れなければ、わが世界はまだまだ、広がりつづけるのではないか、そんな風に思える。

時は流れ、今はあらゆる意味で怒涛の時代にはいったかのように思える。私も気がついたら、人生のターニングポイントに来ていた。

しかし、何故か肉体的にはいつも元気でいる、そんな感覚がずっとある。

中天にメラメラ燃えるお天道様が高く上る灼熱の日々…。地獄の如き暑さと、もやもやした世の憂さにめげる事無く、兎に角元気で行きたいものだ。
(ただし酷暑が続くゆえ、必ずしも無理は出来ないが…)

最後に…この混迷し転変しようとする時代、本当に元気に生きていくには、やはり人生哲学という「羅針盤」がいると思う。

この羅針盤を手放さずに、これからも様々なものたちと出遭っていこう。

“青春の気概”を忘れる事無く…!

投稿: 銀鏡反応 | 2008/08/01 23:28:02

そうそう、アンも、『仕事の流儀』で紹介されるプロフェッショナルな方々も、茂木さんも、み~んな元気ですよね。
元気だからハツラツと仕事ができるし、アンのように周りの人を幸せにすることができます。
私はまだまだ夢を追いかけることで精一杯な毎日ですが、これも健康で元気なお陰。幸せなことですよね。
今日も元気な茂木さんのメッセージを見て元気出ました!

投稿: | 2008/08/01 21:13:38

茂木さん、今晩は。今一度、茂木さんにとっての「赤毛のアン」について、考えてみました。茂木さんは以前、「赤毛のアンは、私にとっての敗戦であった。」また「赤毛のアンは要石のような感じ。」とおっしゃっていました。要石はその意味を知れば知るほど、なるほど!と思えますし、素敵な表現の仕方で私にとっても要石かなぁ~!と思えます。でも「敗戦」?何かしら、茂木さんの中でアンの世界はその場所も人々のこころも美しくて素晴らしいのだけれど、到底かなわないなぁ~と思える何かがおありなのですか?!と思いました。(笑)でも、今日の日記に掘り起こされた彫像とありますが、茂木さんにとっての女神像のような人?!なのかなぁ~!って。(笑)何が見えたのでしょうか?とにもかくにも本の出来上がりを楽しみにして待っています!

投稿: | 2008/08/01 19:10:31

「元気」なモノは、人を惹き付けるように思います☆

茂木さんの座右の銘のニーチェの「舞踏」の概念とは何でしょう?
『赤毛のアン』の小説の「本当の姿」とは?

心惹かれ、気になっています(*^□^*)


そして「四の五の言わずに、何かをしていれば、巡り会える気付く、開ける。」の言葉に、力をもらいました。

今日から8月。暑さ続きますが、お身体ご自愛ください。

朝晩は涼しいので、日中鳴かない蝉たちの合唱が聞こえます(^ ^)

投稿: | 2008/08/01 18:51:46

「とにかく、ガタガタ言わないでやれ!」
どき!

そういえば、遠いかなた、『赤毛のアン』を
たらたら読んでいたら、最終章は高校生になってしまっていました。
感想は、「人生って、づ~っと長く、長く自分が主人公のまま
続くんだ・・・。私は何になりたいのだろう。。。」でした。

踊り続けて(そのまま本当に踊っているのですが)自分の人生は
脱線したかのように見えましたが、茂木先生の多才ぶりに刺激され、
何もかも、ある一定以上まで到達すればいいことなのだと、
満たされた気分です。

・・・何も、一定以上のレベルまで行かないのが、問題なだけですね。

投稿: 茂木先生崇拝者 | 2008/08/01 18:25:42

『赤毛のアン』の「本当の姿」ってどんな姿なのでしょう??
私も、「その掘り起こされた彫像」にしばし見とれてみたいものです。

意味など問わなくていい。ただ、踊り続けることで、
精神の生態系は充ちていく。・・・力強い言葉です!

考え過ぎずに、やるべきことをし、行動していく、
そして、行き詰ったら、
「元気」から流れる泉の水(とても清らかな感じがします!)
をイメージしてみたいと思います。

投稿: | 2008/08/01 18:00:15

こんにちわ

「元気があれば、何でも出来る、1、2、3、ダッーー!!」のアントニオ猪木さんの言葉を思い浮かべます。

元気の出ない時は、元気の泉を探そう!!(^^)

投稿: | 2008/08/01 12:49:52

こんにちは
茂木さん、だいじょうぶ?
ふと、スタジオパークで、幼い子供の頭に触れていた情景を思い出し、
茂木さんは、だいじょうぶ!
と思いました。
自分に必要な存在がちゃんと分かっているから。
そしてやっぱり、もう復活しましたか…。

『赤毛のアン』

“輝く湖水”“歓喜の白路”

読みだすとすぐに、アンの世界を見つめるきらきら輝く眼、美しい景色を言葉に映しだそうと思いを巡らすいきづかいにつつまれてしまいます。
そして、それは、モンゴメリーのいきづかいでもある・・・。
私のクオリアのとらえ方が間違っていなければ、クオリアがちりばめられた本で、だからわたしは『赤毛のアン』が、ただただいとおしいのかな、と思いました。

投稿: | 2008/08/01 11:11:53

ガタガタ言わずにやる!しかも元気に!笑 案ずるよりうむが易で実際飛び込んでもがいていると自分が思ったよりも案外淡々とこなせてしまう時もありますね(^-^)飛び込む、という小さな「決断」の積み重ね。"人生は最悪という道が突然現れるのではなく日々のchoiceの結果道が繋がっていく"というのをどこかでききました。茂木さんの場合、選択の問題どうこうよりもいかに"元気"でやっていくかのほうに重点が置かれるでしょうが…それにしても赤毛のアンには深い思想があったんですね、知りませんでしたw(゚o゚)w 機会があったら読んでみたいです。

投稿: | 2008/08/01 9:37:18

茂木さん、おはようございます。
このエントリー、まるごと手帳に書き写します
これからあたしが旅を続けていく上で必要だと予感しました。

投稿: | 2008/08/01 8:03:43

茂木さん、おはようございます

「万事そう。とにかく、ガタガタ
言わないでやれ!」

ぎっくううう!!
自分のことを言われたような気がしました(@_@;)
頑張っているつもりでも、
先日のプロフェッショナル国村さんのように、
必要な一点を探す努力を怠って、
無意味に打ち続け、
頑張っているような気になることは
よくあることですわ

茂木さんがおっしゃる「元気」であることは
本当に大切!!

昨日は、ひさしぶりに東京の友達とお話をして
忘れかけていたことを思い出しました。
それをまた思い出したら
少しずつ元気復活!!!
うちのうさぎは、
私の精神状態に敏感なので
(地震の予知はできませんが(笑))
昨日から
うさぎもすごく穏やかになっています。

うさぎといえど、
対する生き物は合わせ鏡ですわ~~
頭なでなでして、
「いつもありがとね」とお礼を言いました。

ニーチェの舞踏ですかあ、、、

私は荘子の”遊”です
逍遙遊、道に遊ぶ。
むっは~~~
イメージふくらませるだけで、
幸せになります

今日も一日暑いかと思いますが、
茂木さんもお体はお大事に、
お仕事がんばってくださいね

投稿: ももすけ | 2008/08/01 7:58:30

酷暑お見舞い    補給の夏

              弱りながら強く 鍛えながら軟く

              巡り  コスモスの秋来

投稿: | 2008/08/01 7:35:52

コメントを書く