« アトランタでのトランジット。 | トップページ | コスタリカのイメージ »

2008/08/12

ハキリアリ

 ハキリアリの行列を見つけた!
 どこまでも続いている。追いかけると、
川の方に至った。
 
 川にはワニがいるそうだ。

 夜になって、最後に午前1時くらいに
なっても、ハキリアリたちは
葉を運んでいた。

 ところが、朝になって見ると、
同じところに行列はあったが、
もう葉を運んでいないのだ。
 
 植物から切った葉が、尽きた
のだろうか。

 ジャングルの夜はさまざまな音がする。
シンフォニー空間では、万物が
共演せざるを得ない。

8月 12, 2008 at 04:02 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハキリアリ:

» 農業専従者(2) トラックバック 御林守河村家を守る会
高度成長経済がはじまったのは 45年ほど前のことでしたでしょうか。 池田内閣が国民所得倍増計画を打ち立て 高速道路網や新幹線が完成して 東京オリンピックに日本中が沸き立ち やがて田中内閣の列島改造によって 日本全土は完全に工業国家への変貌を遂げました。 日... [続きを読む]

受信: 2008/08/12 6:22:43

» 思い込みを捨てる! トラックバック 感性でつづる日記
自分も含めて、人の「思い込み」というのは、 厄介なものだなぁ…とつくづく思う。 [続きを読む]

受信: 2008/08/12 6:46:34

» まだ、まだ私の夏はつづく トラックバック 須磨寺ものがたり
「汗かきついでに、2階掃除するは」と、 家内がもうすでに汗だらけのTシャツで、 がなっているので、その乗りでわたしも、 「そんなら、こっちもするわ」と、掃除を始める。 [続きを読む]

受信: 2008/08/12 11:06:04

» 虚構の泉4 トラックバック Tiptree's Zone
 それから四年間の歳月が流れた。  プロトタイプビジョン社という名称の企業が、人間の脳とコンピュータとを直接的につなぐインターフェイスの技術を開発したと発表した。安価で人々にプラグインのインプラント手術を行うことができた。そのころインターネットの通信速度....... [続きを読む]

受信: 2008/08/13 2:50:41

コメント

無事コスタリカに到着されたのですね…!

ハキリアリの行進との遭遇。日本では決して見られない、密林の住人の不思議な姿。

万物の命の声が響き合う、広大な森の中で、日高さんと茂木さんの前に、いったいこれから、どんな出会いが待っているのだろう…!


日本では北京オリンピックの水泳と柔道で、2人の選手がそれぞれの種目で金メダルを獲得し、国民みんなが沸いている。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/08/13 5:53:22

茂木先生 こんにちは♪
…でいいのでしょうか?
ハキリアリ、テレビでよく見ます。ほんとに綺麗に葉を切ってますね。アリの行列と言えば、庭のアリも、卵や幼虫を加えて、新しい巣に移動させているのをよく見ます。よく観察すると、途中で卵を落として、うろたえている人(笑)や、いろいろで、ほんとに飽きませんね!アリひとつ取っても、軍隊アリとか、水中を泳げるアリとか、いろんな人がいて、ほんと興味は、つきません(笑)今度は誰のお話しでしょうか?とても楽しみにしています♪

投稿: | 2008/08/13 2:06:14

なんだかステキですね…

投稿: | 2008/08/12 21:59:20

写真も見せていただきました
自然溢れる良いところですね。

ハキリアリというとテレビで自然番組をみたことがありますが、そこで見たアリ達は、自分の体の何倍もある葉っぱを えっちらほっちら運んでいたのを覚えています。凄いなぁと思いました


サミュエル・アダムズって、ビールなんですね皆さんから教えていただきました(皆さん、ありがとうございます!)


万物が共演した事により生まれる音楽。
喜びや癒しであって欲しいと思いますが、それだけではなく…深みのあるものであって欲しいと思います。なんというか…聞いて良かったと思えるようなとも言えるでしょうか(^^ゞ

音楽=パッション=人に伝わり響きあうもの
人生に似てるかも
と、ここ最近感じました。

投稿: | 2008/08/12 16:44:41

茂木さん、今晩は。ジャングルの中は珍しい植物や動物たちがいて、夜のしじまの中、その鳴き声だけが響き渡っている感じなのでしょうか。ワニや大蛇もいて怖いイメージがありますが、野生の生き物たちがうごめく空間なんて、私たちの普段の生活ではなかなか体験できないこと。きっと少年のころの気持ちになって、好奇心でいっぱいなのではないでしょうか?やはり「アリ」というのは働き者!なのですね?それからコスタリカのイメージ写真、綺麗ですね。心なしか、緑の色がクッキリと濃い感じがいたしますが。きっと同じ色でもジャングルの中の色は、鮮やかだったり、深かったりするのでしょうね。あのお花は?スミレとパンジーとセントポーリアをあわせたような感じですが、美しいです!蝶もよ~く見ますといろんな色があって、面白いものですね。コンドルやなまけものまで、野生の生き物を目の当たりにして観る!というのは、感動ものなのでしょうね?道中ご無事でありますように!また、お写真や茂木さんのジャングル日記、楽しみにしています。

投稿: | 2008/08/12 11:19:48

茂木先生の息遣いも、時には感動の声も、ジャングルの葉を踏みしめる音も・・・・・ともにシンフォニーを奏でていたのですね。
森という、ひとつの命に内包される感覚でしょうか。命のシンクロでしょうか!?

私も時々、こんな感覚に襲われます。
地球が一人の人間だとしたら、木々は樹状血管であり、忙しく動き回る人間たちは、もしかしたら貪欲なマクロファージなのかも!?

いつも、茂木先生の自然哲学詩を、感動しながら読ませていただいています!

投稿: どじょう | 2008/08/12 7:39:50

おはようございます。茂木先生質問です。やらなくちゃいけない事が出来きず、やめなくちゃいけない事がやめられません。どうすればよいのでしょうか?

投稿: | 2008/08/12 6:09:50

はじめまして。

ナイロビで同じ気分を味わった記憶がよみがえりました。
文章を読むだけで、あの時の空気感や自分の気持ち(ヒポにテントを壊されたらどうしようという…)を思い出す。
人の脳みそってホントにすごい。

朝、早く起きて茂木さんのブログを見るのが好きです。

投稿: ゆうひ(お返事) | 2008/08/12 5:30:49

コメントを書く