« 名人の手の震え | トップページ | スタジオパークからこんにちは »

2008/07/29

毬の糸

編集の松原梓さんやライターの網中裕之さん
と話しているうちに、おかしなことに
思いが至った。

もともと、人間の労働は身体を目一杯
使うものだった。
田植えをすれば筋肉が痛くなるし、
力仕事をすれば身体がしんどい。

近代「スポーツ」発祥の地は
英国。
つまりは、肉体労働をしなくて済む
「有閑階級」の贅沢だった。

世間は「脳を鍛える」ということに
熱心だが、
私が自分では一向に「脳を鍛える」
気にならないのは、要するに
朝から晩まで脳を酷使している
からだと気付いた。

「脳を鍛える」
というのは現代人にとっての
一つの贅沢かもしれぬ。

橋本麻里さんが橋本治さんと
京都にいるというので、
合流。


橋本治さんと。祇園花霞にて。

橋本さんとは、『小林秀雄の恵み』を巡って
『文學界』で対談して以来。

橋本さんの言葉は、思わぬところから
ふしぎな形と色を伴って飛んでくる。

やりとりを楽しんでいるうちに、
毬の糸をぐるぐると巻いているのか、
解いているのか、判然としない
いい気持ちになった。

7月 29, 2008 at 07:39 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毬の糸:

» 南米の脅威 道具を使うサル トラックバック 須磨寺ものがたり
石という道具を使い、 クルミの20倍の硬さのある、 椰子の実を割る「サル」が、 南米・ブラジルの奥地「ボアビスタ」というところで、 発見され、世界的な科学雑誌に紹介された。 [続きを読む]

受信: 2008/07/29 10:35:13

» 惑星系調査員 The End トラックバック Tiptree's Zone
 ミールは、この惑星で様々なものを見聞し、そして感動した。インドで瞑想に没頭するヒンズー教徒たち。ウィーンのオペラハウスで鑑賞したすばらしい音楽。エジプトで古代文明を探求する考古学者たち。ドイツの礼拝堂で賛美歌を歌う子供たち。・・・  この惑星の文化は捨....... [続きを読む]

受信: 2008/07/30 1:44:15

コメント

こんにちは。
橋本さんといえば、男の編み物を初めて世に出した方ではないでしょうか。

当時、母はその本が大好きで、いつも読んでいたのを覚えています。
最近は、布の端切れを使って編む「布ぞうり」にチャレンジしています。

それは本当に布を解いているのか、巻いているのか、判らない作業に見えました。
けれど、橙色の布を使っていたからか、ふしぎと形がトウモロコシのようになりました。
一緒に手伝っていた私や子供は、大笑いして楽しめました。

投稿: うさぎ | 2008/07/30 10:06:54

茂木さんおはようございます

茂木さんと橋本治さんの会話を想像したら、クリスタルが、
光を受けて、あちこちに、
色んな色がきらきら反射してる…
というようなイメージが浮かびましたよ。


昨日のスタジオパークは、
茂木さんて可愛らしい面をお持ちだな
って思いました

飾らない茂木さんが素敵だったです(*^o^*)

スタジオパークのことは、沢山コメントしましたが…
振り返ると、茂木さんかわいい~と思いましたので追加です。
新シブガキ隊の茂木さんに失礼ですね~

茂木さんは色んな魅力をお持ちで、とても素敵な方だな、ということをお伝えしたかっただけです

今日も暑いと思いますが、お体に気をつけて、お仕事頑張ってください

投稿: ももすけ | 2008/07/30 8:45:42

心地よい気分のまま
夢の中へ どうぞ
健康第一 健一郎さんへ

投稿: hisako | 2008/07/30 6:43:29

自分がとても幸せな人間だと思う瞬間があります。美術館の入り口に無性に惹きつけられ、内部では、濃密な感覚に全身を浸すことができること。外の空気と内の空気が全く違っていること。体中にそれが在ること。いつも何か足りないと思っている自分が充たされてしまうこと。
最近、ブログに貼り付けるために、動画を撮り始めました。仏か米のブログ用です。自作自演の不思議作品を撮りましたが、たまたま「あっ、いいな」の場所に遭遇したので、主演女優の顔、衣装、その他は普段のままで、再生したところ「ん~、ど~しよ」な感じです(笑い)

投稿: Nezuko S | 2008/07/30 2:04:59

こんばんは。

“毬の糸”ということで、何故かまず毛糸をぐるぐる巻いた“毛糸だま”を連想してしまいました。

何時の頃からなのか、丸いものが何故かけっこう好きで、ビーダマを集めて手の中で転がして遊んでいた。

中学生になった時、毛糸の編み物をやらせてみようと、母がクリーム色の毛糸とかぎ編み針とを渡してくれたが、何故か興味が沸かず、やらずじまいで、以来ずっと編み物には手を出していない。

編み物をするのも、手先を動かし、集中力の要る仕事なので、そういう意味では脳を駆使している作業ではないかと思える…そういえば、最近は毛糸の編み物に精を出す女性をあまり見かけなくなったような…。


最近も編み物の専門家が、編み針のかわりに自分の手指を使って毛糸を編む「指編み」が話題になったことがあった。チャンスがあれば、やってみようかな?と思うのだが…いやいや、チャンスは自分で作っていかなければ、ならないのだ!

…きょうのエントリとはやや関係ない方向に脱線してしまったけれど、脳を鍛える、という言葉は、今やすっかり世に定着したような感があります。

いわゆる肉体労働も、従事している時は、身体だけでなくて頭も駆使していることが多いから、身体も一緒に脳も鍛えていることになる。

今も書店に行くと“脳を鍛える”「パズル」とか「塗り絵」といった各種テキストが置いてあることが多い。この手のテキストを楽しんでおられる方々が今もってとても多いのだろう。

でも私が個人的に思うに、本当の意味で“脳を鍛える”とは、今ある人生を懸命に生きる中で、必死に何らかの智恵を働かせて活動する、ということなのではないか。(←とはいうものの、自分の実際の行動と、この理屈がいつもずれている感じがする…)(汗)


厳しい暑さの日々が続きます。明日が茂木さんや皆様にとって、よき日でありますよう…。

投稿: 銀鏡反応 | 2008/07/29 23:02:29

今日の「スタジオパークからこんにちは」をみて感じたものと今日の日記を読んだ感じ…似ています。

アナウンサーの方と茂木さんのお話が、ポンポン繋がれていく感じ。

これが共鳴…というのかしら?

脳科学は、自身を知ることができる。という言葉、今の私には、すぅ〜っと吸い込まれてきました。

蝶のお話。待つこと。。
子どもの頃の経験が、時間を経て役に立つ事(^ ^)


素敵な時間でした☆

最後に…キャッチ!!!
(//∀//)
ヾ(@゜▽゜@)ノ
o(^∇^o)(o^∇^)o
↑番組の最後に茂木さんが手を振っていたのを受け取った図

投稿: 奏。 | 2008/07/29 21:00:35

こんにちわ

自分を耕す、自分を鍛える、自分を磨く
芸を耕す 、芸を鍛える  、芸を磨く
頭を耕す 、頭を鍛える  、頭を磨く
脳を耕す 、脳を鍛える  、脳を磨く

スタジオパークを観て、出てきた言葉のマトリックスを作ってみました。

「耕す」≒「鍛える」≒「磨く」の、言葉は似ているのかも?(^^)

投稿: 研くのクオリアby片上泰助(^^) | 2008/07/29 17:23:02

茂木さん、今日は。大阪はお天気がよくないですが、さて茂木さんはもう、東京へバックされたのかな?!この後、スタジオパーク、拝見いたします。ところで、茂木さんの場合は脳を休めなければ!みんなとは逆ですねー。リラックス、できていますか。そういえば、茂木さんはご自分の髪の毛を鋏で切っていらっしゃるとお聞きしましたが、本当に?!(笑)私は愛犬の全身カットをするので、鋏には詳しいのですが、すき鋏をお使いですか?仕上げ鋏だとバスッ!とラインが入ってしまいますので、もしご自分でされる場合は「すき鋏」がおすすめです。
木工ばさみをお使いではないですよね?(笑)私も家人の髪を切ったりしていましたが、鋏を使い分けるとうまく仕上がりますよ~。茂木さんも結構、愉快な方なのですね?!シンメトリーに決めることが一番難しいと思うのですが、何故かよくお似合いですね。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2008/07/29 12:47:41

こんにちは。
橋本さんの、思わぬところから
ふしぎな形と色を伴って飛んでくる言葉・・・
シャボン玉みたいでふわふわ心地よいですね!

毬の毛を巻いているのか解いているのか
判然としないやりとり・・・にも普段酷使されている
茂木さんの脳をやさしく包んでる空気を感じました。
人を無意識にリラックスさせられるって、
素敵なことだなぁ、と思います。

投稿: 貴 | 2008/07/29 10:48:06

コメントを書く